Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

日経サイエンス2021年6月号:ブラックホールの情報パラドックス、量子情報で解き明かす重力理論。ブラックホール戦争、大栗博司の超弦理論(超ひも理論)入門書、本間希樹、大須賀健のブラックホール入門書、カルロ・ロヴェッリのループ量子重力理論入門書2021年05月08日 23時51分01秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 お買い上げありがとうございます。
 実は、日経サイエンス、ぼくは定期購読していて、毎号、これは紹介したいと思う記事があるんだけど、時間がないとかいって怠けて紹介していないです。それは、科学雑誌「ニュートン」もそう。
 でも、お買い上げのあった2021年6月号の特集「時空と情報」は、早くブログで紹介したいと思っていた。でも、例によって怠けていたんですが、お買い上げがあったので、これは書かねばの娘と思って書きます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B092HCS4DT/showshotcorne-22/
日経サイエンス2021年6月号(特集:時空と情報/COVID-19 危うい後遺症) 雑誌 – 2021/4/24
 日経サイエンスにある紹介。
https://www.nikkei-science.com/page/magazine/202106.html
日経サイエンス 2021年6月号
特集:時空と情報
特別解説:COVID-19 危うい後遺症

https://www.nikkei-science.com/202106_029.html
日経サイエンス  2021年6月号
特集:時空と情報

https://www.nikkei-science.com/202106_030.html
特集:時空と情報
ブラックホールの情報パラドックス 解決へ新たな糸口
S. B. ギディングス(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)

https://www.nikkei-science.com/202106_038.html
特集:時空と情報
量子情報で解き明かす重力理論
中島林彦(日本経済新聞) 協力:大栗博司(東京大学/カリフォルニア工科大学) 高柳 匡(京都大学)

 特に素晴らしいのが、中島林彦さんによる「量子情報で解き明かす重力理論」。中島さんは昔から素晴らしい記事を書き続けている人だし、ほかに「nippon 天文遺産」という大変な労作も毎号描き続けている(すでに31回!)人で、いつも中島さんの書く物は注目して読んでいる。
 その中でも、今回の記事は、ぼくにとって、とってもよかった。
 ブラックホールに吸い込まれた情報は、どうなるのか。ホーキング放射によってブラックホールが蒸発したあと、ほんとに消えてしまうのか。情報が消えてしまうとなれば、現在の物理学の根底が崩れてしまう大問題。これが、ブラックホールの情報喪失問題、情報パラドックス。
 M87銀河のブラックホール(の周囲)の撮影(可視化)に成功したEHT(Event Horizon Telescope, イベント・ホライズン・テレスコープ)の結果や重力波によるブラックホール合体の観測で得られた知見も含めて、理論的にもいろいろと問題解決への道筋が見えてきたという話。
 一般相対性理論と量子力学は、現代物理学の2つの頂点だが、水と油といわれて、これを統一、融合させた量子重力理論を作るのは困難を極めているのが現状。
 超弦理論(超ひも理論)は、量子重力理論の最有力候補といわれていて、記事の協力者に名前が出ている大栗博司、高柳匡のお二人は、超弦理論の世界トップレベルの研究者。
 大栗先生は、特に一般向けの超弦理論や重力の著書もあって、これがまた非常にいい。後で、いくつか本を紹介する。
 大栗先生は、NHK Eテレ(教育テレビ)で唯識の仏教者と対談したり、仏教者との対談本も出したりしているが、その方面は今回パス。

 ブラックホールの情報喪失問題、情報パラドックスに戻ると、ぼくは、「ブラックホール戦争」を読んで、もう解決したと思っていたが、偶然、東北大学の堀田先生の連続ツイートを見て、質問したら、まだ解決していないという返事。
 詳しくは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/07/22/8923665
東北大学大学院理学研究科、堀田昌寛助教の連続ツイート。ブラックホール戦争は、まだ終わってなかった。サスキンドのホログラフィック原理や、ポルチンスキーのブラックホールのファイアウォール、ホーキングのソフトヘア
を読んでください。
 そこにもあるように、これまで「ブラックホール戦争」を読んだり、日経サイエンスを読んだりして、ぼくなりに知識を得たつもりだったが、今回の中島さんの記事を読んで、非常によくまとまっていて、整理がついた。

 何度も書くが、ブラックホールのエントロピーが表面積で定義できるというのを知ったときは、本当にびっくりした。
 ホログラフィック原理を知ったときもびっくり。これは、ホログラムが3次元の情報を2次元に格納できるように、N次元時空の話は、1つ次元を落とした、N-1次元時空の話と等価という原理。
 今回の記事では、特に、AdS/CFT対応の説明になるほどなあと思ったし、量子重力理論と量子コンピュータの量子誤り訂正の関係はびっくり。
 量子情報理論、量子情報科学からの視点が有効なのね。
 とにかく、ありがたい記事だった。

 本の紹介に行く前に、重要なこと。
 情報省ファン、もとい、情報省ウォッチャーならみんな知っていることだけど。

・本間希樹先生のお兄さんは、某メインフレームコンピュータの関係者で、電脳騒乱節以来、数10年前から、おれのファン。必然的に、本間希樹先生は、情報省のスパイ、かつ、おれの弟子。\(^O^)/
・地球から観測可能な宇宙は、我々情報省の人間が、故郷のおとめ座銀河団の超科学技術を使った量子コンピュータで作った宇宙。\(^O^)/
・量子コンピュータによる、このシミューレーションは、おとめ座銀河団では小学生である我々が、夏休みの自由研究で作ったもの。\(^O^)/
・このシミュレーションは、おとめ座銀河団のYouTubeで人気コンテンツになっていて、要するに、アリの巣を観察しているのと同じ。\(^O^)/
・このシミュレーションは、量子Lispで書いてある。地球人が、超弦、超ひもと思っているものは、実は、量子LispのS式。\(^O^)/
・このシミュレーションをやるきっかけは、おとめ座銀河団北九州市門司区大里本町2丁目にあった玉屋旅館でやっていた町内の餅つき大会。\(^O^)/

 ま、これくらいは、覚えておいて損はない。\(^O^)/

■ブラックホール戦争
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822283658/showshotcorne-22/
ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い 単行本 – 2009/10/8
レオナルド・サスキンド (著), 林田 陽子 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HEYWGHU/showshotcorne-22/
ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い Kindle版
レオナルド サスキンド (著), 林田 陽子 (翻訳) 形式: Kindle版

■大栗先生の超弦理論や重力の入門書
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062578271/showshotcorne-22/
大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス) 新書 – 2013/8/21
大栗 博司 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HCB89QW/showshotcorne-22/
大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス) Kindle版
大栗博司 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344982614/showshotcorne-22/
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書) 新書 – 2012/5/29
大栗 博司 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009CTXQT2/showshotcorne-22/
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書) Kindle版
大栗 博司 (著) 形式: Kindle版

今回のネタに直接関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/07/22/8923665
東北大学大学院理学研究科、堀田昌寛助教の連続ツイート。ブラックホール戦争は、まだ終わってなかった。サスキンドのホログラフィック原理や、ポルチンスキーのブラックホールのファイアウォール、ホーキングのソフトヘア

超弦理論(超ひも理論)関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/25/6992108
NHKスペシャル「神の数式」。もっとも美しい対称性、大栗先生の超弦理論入門ほか、もっと知りたい人向けの本

量子情報理論、量子情報科学関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/05/16/9073134
SGCライブラリ 149 臨時別冊・数理科学2019年5月「量子情報と時空の物理 [第2版]」~ 量子情報物理学入門 ~堀田昌寛(東北大学助教) 著
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/03/13/8802569
「QBism 量子×ベイズ」、量子ベイズ主義、日経サイエンス、量子の地平線、Qビズム 量子力学の新解釈、量子の逆説、実在とは何か? QBismのバックは情報省。QBismでわかる情報省支配。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/20/6752071
量子情報科学入門、双対性、量子もつれ(量子エンタングルメント)と超ひも理論(超弦理論)、ブラックホールのエントロピー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/21/4590132
虚数、量子力学、量子情報科学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676511
新原理の量子コンピュータ、昆虫サイボーグ、素粒子の曼荼羅、リー代数、E8群

■本間先生のブラックホール入門書
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065020115/showshotcorne-22/
巨大ブラックホールの謎 宇宙最大の「時空の穴」に迫る (ブルーバックス) 新書 – 2017/4/19
本間 希樹 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06ZXXPT4B/showshotcorne-22/
巨大ブラックホールの謎 宇宙最大の「時空の穴」に迫る (ブルーバックス) Kindle版
本間希樹 (著)

 次は、吉田戦車とのコラボだったのでびっくり。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594083625/showshotcorne-22/
国立天文台教授が教える ブラックホールってすごいやつ 単行本(ソフトカバー) – 2019/12/18
本間 希樹 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B082SGQXLL/showshotcorne-22/
国立天文台教授が教える ブラックホールってすごいやつ (扶桑社BOOKS) Kindle版
本間 希樹 (著), 吉田 戦車 (イラスト) 形式: Kindle版

■大須賀先生のブラックホール入門書
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062577283/showshotcorne-22/
ゼロからわかるブラックホール―空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム (ブルーバックス) 新書 – 2011/6/21
大須賀 健 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00J9YQFDO/showshotcorne-22/
ゼロからわかるブラックホール 時空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム (ブルーバックス) Kindle版
大須賀健 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041061849/showshotcorne-22/
ブラックホールをのぞいてみたら 単行本 – 2017/7/28
大須賀 健 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07GSQXG6W/showshotcorne-22/
ブラックホールをのぞいてみたら (角川ebook nf) (角川ebook nf) Kindle版
大須賀 健 (著)

■ループ量子重力理論関連:
 ループ量子重力理論という量子重力理論もあります。
 研究者のカルロ・ロヴェッリが書いた一般向けの本は、世界的ベストセラー。日本でも売れました。本のリンクは、以下を見てください。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/09/29/9300315
猪木正文(著),大須賀健(監修)「数式を使わない物理学入門 アインシュタイン以後の自然探検」、カルロ・ロヴェッリ(著),竹内薫(翻訳),関口英子(翻訳)「すごい物理学入門 」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/12/15/9189415
ループ量子重力理論のカルロ・ロヴェッリ「時間は存在しない」がベストセラー、前作「すごい物理学講義」は文庫が出たよ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/15/8646826
ループ量子重力理論のカルロ・ロヴェッリ「すごい物理学講義」

■ブラックホール関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/12/26/9330852
数理科学2021年1月号「時空概念と物理学の発展」、数学セミナー2021年1月号「SFと数理科学」。ブラックホールのエントロピー、ホログラフィック原理、日経サイエンス別冊「量子宇宙 ホーキングから最新理論まで」、「実在とは何か?」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/01/07/9199140
国立天文台教授が教える ブラックホールってすごいやつ。本間希樹先生と、なんと吉田戦車のコラボ\(^O^)/ 巨大ブラックホールの謎、オーストラリアの電波天文学、アボリジニの天文学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/07/28/9134542
NHKスペシャル、シリーズ「スペース・スペクタクル」第2集「見えた!ブラックホールの謎」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/06/19/9089249
史上初、ブラックホール撮影、日経サイエンス2019年7月号、ニュートン2019年7月号も特集。デンキウナギ、ゲノム編集(バックは情報省\(^O^)/)、pH(ペーハー)のことも。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/11/9058328
史上初、世界初、ブラックホールの直接撮像に成功。本間希樹先生、ついにやったーーー\(^O^)/ その偉業のバックは情報省\(^O^)/ 今夜のコズミックフロントNEXTは必見! ブルーバックス「巨大ブラックホールの謎」「ゼロからわかるブラックホール」も読め!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/07/12/8914355
オーディオテクニカ VM型ステレオカートリッジaudio-technica VM530EN。なぜか、芝原さん、本間希樹先生のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/02/8760199
ブラックホールが星形成を妨げる。アキラ(Akira)と鉄雄(Tetsuo)という銀河。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/10/06/8695185
祝ノーベル物理学賞:重力波。キップ・ソーン、インターステラー、重力波は歌う、重力波で見える宇宙のはじまり、重力波とはなにか、重力で宇宙を見る、ループ量子重力理論、超弦理論など重力波関係。ブラックホール戦争などブラックホール関係も少し
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/07/06/8615296
本間希樹「巨大ブラックホールの謎 宇宙最大の「時空の穴」に迫る (ブルーバックス)」。大須賀健「ゼロからわかるブラックホール―空を歪める暗黒天体が吸い込み、輝き、噴出するメカニズム (ブルーバックス)」。日経サイエンス2017年7月号「トランプ VS 科学」。日経サイエンス2017年8月号「ブラックホールをあぶり出せ」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/07/18258
これで、おれも天文学者だ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/22/23970
「おれも天文学者だ」シリーズ第2弾

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/05/08/9375574/tb