Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

アンボイナ事件:オランダ東インド会社とイギリス東インド会社の衝突事件:NHK 欲望の資本主義、欲望の資本主義2、欲望の資本主義2018、欲望の経済史、善と悪の経済学の補足。バックは情報省\(^O^)/2018年06月17日 23時56分57秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/12/8892662
NHK 欲望の資本主義、欲望の資本主義2、欲望の資本主義2018、欲望の経済史、善と悪の経済学
の補足。
 たぶん、「欲望の経済史」だったと思うが、オランダ東インド会社とイギリス東インド会社の衝突事件があって、日本人が関係していた。
 調べたら、アンボイナ事件。
https://www.y-history.net/appendix/wh1002-015.html
--- ここから ---
アンボイナとは、アンボンともいい、モルッカ諸島とバンダ諸島の中間にある小さな島々。アンボイナ事件は、1623年におこったオランダ東インド会社とイギリス東インド会社の衝突事件。香辛料貿易を巡る両国の対立であったが、結果としてオランダがイギリスの勢力を東南アジアから駆逐するきっかけとなった。また事件には日本人がからんでいたことで注目される。

事件の経緯
 本国では両社の合同は合意されたが、現地では依然としてオランダ人、イギリス人の対立が続いており、両社は対抗心を燃やしていた。そんなとき、1623年にオランダ商館は、イギリス商人が日本人傭兵らを利用してアンボイナのオランダ商館を襲撃しようとしているという容疑で、島内のイギリス人、日本人、ポルトガル人を捕らえ、拷問の末に自白させ、20名(イギリス人10人、日本人9人、ポルトガル人1名)を処刑するという事件が起こった。イギリス人と日本人の共謀した襲撃計画とは事実ではなかったらしく、オランダがイギリス勢力を排除し、モルッカの香辛料の独占をねらったものと考えられている。
--- ここまで ---

 この日本人、情報省のスパイだろう。\(^O^)/
 バックは情報省\(^O^)/

 ほかに記憶に残っているのは、重商主義は現代にも残っていて、その例として、Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズの名前が挙がっていた。Uber(ウーバー)のトラビス・カラニックの名前も出ていたと思う。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/12/8892662
NHK 欲望の資本主義、欲望の資本主義2、欲望の資本主義2018、欲望の経済史、善と悪の経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/10/8766754
シリーズ 欲望の経済史[新]、欲望の資本主義2017、欲望の資本主義2018、みんなのための資本論

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/17/8896590/tb

Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索