Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

徳田雄洋「離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる (ブルーバックス)」、「工学基礎 離散数学とその応用」、「グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎」など離散数学系、「アルゴリズムクイックリファレンス 第2版」などアルゴリズム本関連2018年06月01日 07時07分29秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 気づいてなかった。徳田先生が、ブルーバックスに登場。\(^O^)/
 離散数学は、コンピュータをやるなら、特にソフトウェア、プログラミングをやるなら、必須。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065117569/showshotcorne-22/
離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる (ブルーバックス) 新書 – 2018/5/16
徳田 雄洋 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07D34XD57/showshotcorne-22/
離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる (ブルーバックス) Kindle版
徳田雄洋 (著)

https://twitter.com/shownakamura/status/1002107442073763840
--- ここから ---
徳田先生がブルーバックスを! 徳田雄洋 の 離散数学「ものを分ける理論」 問題解決のアルゴリズムをつくる (ブルーバックス) https://amzn.to/2srkCpe
17:40 - 2018年5月31日
--- ここまで ---

 徳田先生は、以前、カーネギーメロン大学(CMU)で、MachというマイクロカーネルのOSの研究をしていて、リアルタイムMachを作っていた。そのころ、ちょうど、CMUを訪問する機会があった。その辺の話は、全米ツアー敢行記として、「電脳騒乱節」に書いた。雑誌発表は、ざっと30年前。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Mach
https://en.wikipedia.org/wiki/Mach_(kernel)

 全米ツアー敢行記が入っているのは、次。雑誌発表は30年前の1988年。単行本になったのは、1991年。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874084419/showshotcorne-22/
電脳騒乱節〈VOL.1 書き殴り西麻布日記編〉 (リターンブックス) 単行本 – 1991/7
中村 正三郎 (著)

 離散数学のブルーバックスなら、次もいいです。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576198/showshotcorne-22/
離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス) 新書 – 2008/11/21

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ZR7XQN4/showshotcorne-22/
離散数学「数え上げ理論」 「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス) Kindle版
野崎昭弘 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/14/4009198
野崎昭弘著「離散数学「数え上げ理論」 (ブルーバックス)」

 離散数学のグラフ理論は、やっておくとソフトウェア開発のいろんなところで役に立つと思って、調べた。数学より、もっとプログラミング寄りがいいなら、後述のアルゴリズムの本のほうが、手っ取り早いと思う。
 高くてしっかりした本もいろいろあるが、入門的なものだと、この辺?
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901683101/showshotcorne-22/
工学基礎 離散数学とその応用 (新・工科系の数学) 単行本 – 2003/12/1
徳山 豪 (著)
 サイエンス社にある紹介。目次もあって、集合論は当然として、グラフ理論や木構造の入門もあってよさげ。
http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=ISBN4-901683-10-1
新・工科系の数学 A-2 工学基礎
「離散数学とその応用」
徳山 豪(東北大学教授) 著

 コードが知りたいプログラマ向けなら、次はどう?
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4764905361/showshotcorne-22/
グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎: 数理とCプログラム 単行本 – 2017/4/28
浅野 孝夫 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B072HLSGD6/showshotcorne-22/
グラフ・ネットワークアルゴリズムの基礎:数理とCプログラム Kindle版
浅野 孝夫 (著)

 この先は、アルゴリズムの本を読めばいいと思います。理論的な話とコード(疑似コードの場合もある)が載っていることが多いので、それで勉強すればいいと思います。
 次は、ほんとにお勧め。上記2冊が話題にしているような話もあるし、ソートやサーチの基本はもちろん、グラフ理論や木構造もあるし、それぞれ計算量の話もちゃんとある。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117852/showshotcorne-22/
アルゴリズムクイックリファレンス 第2版 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/24
George T. Heineman (著), Gary Pollice (著), Stanley Selkow (著), 黒川 利明 (翻訳), 黒川 洋 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。目次をみただけで、よさげなのがわかると思う。
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117850/
アルゴリズムクイックリファレンス 第2版

 それから、つい最近、ちょー久しぶりに改訂新版が出た次もお勧め。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774196908/showshotcorne-22/
[改訂新版]C言語による標準アルゴリズム事典 単行本(ソフトカバー) – 2018/4/19
奥村 晴彦 (著)

 技術評論社(技評)にある紹介。目次やサポートページもある。
http://gihyo.jp/book/2018/978-4-7741-9690-9
[改訂新版]C言語による標準アルゴリズム事典

 アルゴリズム本のことは、いっぱい書いているので、上の検索窓に「アルゴリズム」と入れて検索してください。
 といいつつ、ちょっと検索して、よさげなものをピックアップ。

アルゴリズム関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/04/29/8835802
セジウィックのアルゴリズム本。「Algorithms in C Parts 6-8」のお買い上げ。でも出版予定が2020年2月\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/04/27/8834319
セジウィック:アルゴリズムC 第1~4部復刊、Introduction to Programming in Pythonほか、セジウィックのアルゴリズム本。アルゴリズムイントロダクション 第3版 総合版 (世界標準MIT教科書)のKindle版、いまだけ?半額と思ったら元に戻った(泣)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/04/08/8821877
奥村晴彦[改訂新版]C言語による標準アルゴリズム事典
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/08/8448832
アルゴリズムクイックリファレンス第2版、アルゴリズムイントロダクション第3版総合版、楽しく学ぶアルゴリズムとプログラミングの図鑑
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/03/05/8392369
「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」、「コンピュータを使わない情報教育アンプラグドコンピュータサイエンス」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/02/03/8349193
なっとく!アルゴリズム
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/01/8207331
Python言語によるプログラミングイントロダクション: 世界標準MIT教科書
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/04/8038237
コルメン本のエッセンス本「アルゴリズムの基本」が出ますね
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/05/7725089
アルゴリズムが世界を支配する、図解でかんたんアルゴリズム、史上最大の発明アルゴリズム、世界でもっとも強力な9のアルゴリズム
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/26/6492218
「データ構造とアルゴリズム」「プログラミングの宝箱」ほか、計算幾何学やアルゴリズム本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/30/5832183
計算困難問題に対するアルゴリズム理論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/05/13/5083387
アルゴリズムクイックリファレンスほか、アルゴリズム本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/25/3782920
アルゴリズムデザイン、Algorithmic Game Theory

 なお、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/04/7724143
橋本環奈、アルゴリズミ子研究所でわかる情報省支配
は、必読。\(^O^)/

[改訂新版]Swift実践入門、Software Design総集編【2013~2017】、超簡単DIRECT3D11、現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法、日経ソフトウエア2018年7月号2018年06月01日 08時09分31秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 ひょっとしてひょっとこ。同じ人の大人買いかもしれません。
 お買い上げありがとうございます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477419414X/showshotcorne-22/
[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/17
石川 洋資 (著), 西山 勇世 (著)

 Swiftは、言語仕様の変化が激しくて安定しておらず、マルチプラットフォーム性も低いし、現状は、仕事にはなかなか使えないですね。

 次は、2,160円だから、お買い得ですね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774197386/showshotcorne-22/
Software Design総集編【2013~2017】 単行本 – 2018/5/26
Software Design編集部 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00URQZ1UQ/showshotcorne-22/
超簡単DIRECT3D11: 買ったその日からDirect3D11使いになれる (Northbrain) Kindle版
鎌田茂雄 (著, 編集)

 お買い上げは、Kindle版。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798154121/showshotcorne-22/
現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法 (AI & TECHNOLOGY) 単行本(ソフトカバー) – 2018/4/19
太田 満久 (著), 須藤 広大 (著), 黒澤 匠雅 (著), 小田 大輔 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07BHJZ19L/showshotcorne-22/
現場で使える!TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法 Kindle版
太田 満久 (著), 須藤 広大 (著), 黒澤 匠雅 (著), 小田 大輔 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07BZB64JT/showshotcorne-22/
日経ソフトウエア 2018年 7 月号 雑誌 – 2018/5/24
日経ソフトウエア (編集)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07D9D4BWD/showshotcorne-22/
日経ソフトウエア 2018年7月号 [雑誌] Kindle版
日経ソフトウエア (編集)

【特集1】驚異の能力 人工知能API ---Google/Amazon/Watson
 AIは、この数年、雑誌「インターフェース」や「ラズパイマガジン」がいろいろやってるし、日経ソフトウェアもやらざるを得ない。幸い、前述の雑誌は、ハードウェア寄りなので、日経ソフトウェアとしてソフトウェア寄りでやれるから棲み分けはできるかも。

 これらのAPIを提供している企業のサービスにデータをアップロードすると、利用規約上は、これらの企業が事実上自由にデータを使っていいという許諾を与えたことになるのが普通なので、その辺は気をつけたほうがいいですね。
 Amazon, Apple iCould, Google Drive, One Driveなどのクラウドストレージもそうだし、GmailやGoogle Officeなどのサービス、Facebookやインスタグラムなどもそう。
 彼らは、無料でサービスを提供することで、膨大なデータをかき集めて、ビッグデータとしてAIの機械学習に使うし、個人情報をかき集めてマーケティングに使ってるんですよね。だから、無料。
 なぜ、こんなに便利なサービスが無料なのか。そこを考えたほうがいいです。
 インスタ映えなんて、せっせと写真をアップロードしている人をみると、わかってやってるのかな、バカだなあと思うけど、仕方ないよね。ソフトな監視社会だと、一般ユーザは、無料、利便性に負けるからね。

 次は、ちょっと興味がある。
--- ここから ---
【特集3】文書改ざんはブロックチェーンで防げる! カギとなるハッシュ関数を基礎から学ぶ

公文書の改ざん問題では、世の中が大騒ぎをしましたね。
こうした問題への対策に、ブロックチェーン技術を利用することが期待されています。
本特集では「改ざんを防ぐ文書管理システム」について、ブロックチェーン技術をどのように利用すれば実現できるのか、関連技術を踏まえつつ解説します。
--- ここまで ---
 技術がわかってないのに、Javaは流行らなかったをはじめ、ビジネスパーソン向けにトンデモ技術解説を繰り返す、経済学者野口悠紀雄も、ブロックチェーン芸者状態で、文書改竄はブロックチェーンで防げると言って、困ったもんだと思っている。
 野口悠紀雄に原稿を依頼したり、インタビューしている雑誌、技術解説を含む本を出している出版社、彼を講演に呼んでいる団体などは不見識。野口悠紀雄は、嘘や筋が悪い解説の常習者であることを認識しておくべき。
 要するに、いい加減なダイエット本や健康本の類と同じレベルなんですよね。
 ということで、この特集3では、どういう解説をしているのか、少し興味があるね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/07/8846493
Interface(インターフェース)2018年6月号「新人も学生も先パイもセンセイも ちゃんとはじめる学習コンピュータ[事典付き]」。コンピュータサイエンスを学びたい人向けの特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/07/8765164
Interface(インターフェース) 2018年02月号は、AIチップ/AIプロセッサ大特集 その2。世の中、すっかり変わっていて、浦島太郎を実感。パタヘネ本、ヘネパタ本も、オープンソースRISC版があるのね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/04/8761983
Interface(インターフェース) 2018年02月号は、AIチップ/AIプロセッサ大特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/06/8763554
ラズパイマガジン大人買い。GoogleのAIスピーカーを自作\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/16/8647948
これ1冊でできる! ラズベリー・パイ超入門。600円で始めるラズパイ超入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/03/07/8799640
算数&ラズパイから始めるディープラーニング、Machine Learning: A Probabilistic Perspective, Deep Learning, 深層学習、PRML Pattern Recognition and Machine Learning
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/07/16/8621588
「詳解 ディープラーニング TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理」「TensorFlowはじめました1、2」「Interface(インターフェース) 2017年08月号「算数&ラズパイから始める人気AI ディープ・ラーニング」」のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/07/05/8614646
雑誌インターフェイス2017年8月号は、ディープ・ラーニング特集しかもラズパイで! ほかの号は、IoTやウルトラ大集合やらいろいろ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/03/05/8392361
ラズパイでAI(人工知能)、Interface(インターフェース) 2017年 03 月号
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/12/22/8285847
雑誌インターフェース:ラズパイでスーパーコンピュータ、トランジスタ技術:IoT電池入門。スパコンもAIも中国が世界一になるそうです

アイデア商品:計量みそマドラー、お助けスプーン、パイプ・ワイヤー・チェーン!何でも簡単に切断!特大ワイヤーカッター2018年06月01日 08時11分16秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 これ、よさげですね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0086BGQEY/showshotcorne-22/
オークス レイエ 計量 みそマドラー LS1500
オークス
 簡単に大さじ1と大さじ2の味噌が取れて、しかもすぐ溶かせる。
 簡単なことなのに、なぜ、これを思いつかなかったのかと思うけど、そこがアイデア商品である理由でしょうね。
 素人評には、酒粕にも使えるって。たしかにそうか。
 味噌に似たものなら、いろいろと使えるんですね。

 次は、何かいいのか、最初、わかりませんでした。
 商品説明にある写真をみてびっくり。ちょーでかいスプーンで、これが料理の取り分けなんかに便利なんだ。
 あー、なんか、チャーハンが食べたくなった。\(^O^)/
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004DL1YNO/showshotcorne-22/
お助けスプーン 11643
下村企販

 ときどき、工具のお買い上げがあって、本気で自転車をやっている人の自転車向けの工具だったりするが、これは自転車のワイヤーロックを切るのに使われることが多いみたいね。特大だから豪快ですね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HIACDSC/showshotcorne-22/
パイプ・ワイヤー・チェーン! 何でも簡単に切断! 特大ワイヤーカッター
クロスワーク

 素人評が面白い。
いたずらでスクーターのタイヤにワイヤーロックをされたときに、これがあればなあ。
とか、
前の住人が自転車の防犯ワイヤーを付けていったまま退去したので、これで切った。
とか、
ボルトナットが錆びて外せないので切断した。
とか。

#アイデア商品
#キッチン用品
#台所用品

 関連は、キッチン用品、台所用品関連のアイデア商品だけ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/05/03/7626053
アイデア商品:ブラックまな板、傾斜まな板、刑務所で作られたまな板
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/01/18/7196180
アイデア商品:ネジザウルス、あく取り名人、ぶたの落しぶた、コアドライバーセット、ヘアーエプロン、肌にやさしいおしりふき、超極細繊維メガネ拭き

 アイデア商品は、いくつも紹介しているので、上の検索窓に「アイデア商品」と入れて検索してください。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索