Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

将棋ネタ。門司出身、つるの剛士と戸辺誠六段のNHK将棋講座、振り飛車2012年01月08日 23時52分39秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 将棋のことはいっぱい書きたいことがあるけど、これだけ。
 昔から芸能界一の将棋ファン。アマ二段の、つるの剛士さん。
 10月から、ついに、NHK将棋講座の司会役。
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogi/index.cgi
戸辺流振り飛車で目指せ!初段

 つるのさんが北九州市の門司出身であることは、門司のゆるキャラじーも君
とともに、何度も紹介している。
 講師は、振り飛車の雄、戸辺誠六段。
 少々に無理にみえる攻めでも攻め倒してしまう戸辺攻めで有名。
 講座でも、戸辺攻めが出てくる。
 居飛車と振り飛車のどちらかといえば、振り飛車が好きなので、この講座は
非常に面白い。
 特にこの数年の振り飛車は、昔の常識を覆して、角道を開けたまま、あるい
は角交換をしてしまう振り飛車。振り飛車ルネッサンスといっていいくらい。
 振り飛車ルネッサンスの英雄といえば、久保利明二冠(棋王、王将)。
 ゴキゲン中飛車と石田流三間飛車がすごい。
 もちろん、戸辺さんの講座でもやってるよ。

 山崎隆之七段の「ちょいワル逆転術」も、従来にないユニークな講座でした。
 あれ以来、子供たちからは、「ちょいワルのお兄さん」と呼ばれているらし
いです。
 あと、前代未聞、前人未踏の竜王8連覇という偉業を達成した渡辺竜王。東
日本大震災の被災者のために、対局数×10万円を寄付しています。
 丸山忠久九段との竜王戦のことは、股の機械に。
 簡単にいうと、丸山九段の大食いシリーズ。\(^O^)/
 特にマンゴーね。あれ以来、おれは丸山九段のことを、マンゴー丸山と呼ん
でいます。\(^O^)/

 ぎえええ。講座のテキスト、でたらめな値段。元は530円なのに。
 アマチュアに人気の振り飛車の講座、それも最新振り飛車の講座だから人気
があるんだろうね。
 上記、NHKから買ったほうがいいです。
 一応、リスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005JE5YJE/showshotcorne-22/
NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌] [雑誌]
中古品の出品:3¥ 2,649より
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005QPQFV2/showshotcorne-22/
NHK 将棋講座 2011年 11月号 [雑誌] [雑誌]
中古品の出品:2¥ 1,520より
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005ZUT6VY/showshotcorne-22/
NHK 将棋講座 2011年 12月号 [雑誌] [雑誌]
新品の出品:1¥ 530より 中古品の出品:2¥ 1,455より
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006FY536Q/showshotcorne-22/
NHK 将棋講座 2012年 01月号 [雑誌] [雑誌]
中古品の出品:1¥ 1,555より

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/08/6283740/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年05月31日 06時30分20秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 夜中に目が覚めて、NHKを観たら、「昭和のSL映像館2」というのをや