Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

世界的大ベストセラー、世界的大ヒット番組、カール・セーガンの「コスモス」の続編が、書籍は、日経ナショナル・ジオグラフィックから、番組は、ナショジオ・チャンネルで! カール・セーガンの「コスモス」「コンタクト」「人はなぜエセ科学に騙されるのか」「悪霊にさいなまれる世界」。40年前のコスモスの大ヒットは、情報省のおかげだった。バックは情報省\(^O^)/2020年05月30日 11時10分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 放送が迫っているので、珍しく間に合うように、あわてて書く。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4863134835/showshotcorne-22/
COSMOS コスモス いくつもの世界 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/5/15
アン・ドルーヤン (著), 臼田-佐藤 功美子 (監修), ナショナル ジオグラフィック (編集), 藤井 留美 (翻訳)
--- ここから ---
カール・セーガンが残した、世界4000万部の不朽の名著「COSMOS」。40年ぶりの続編が満を持して登場します。

ナショナル ジオグラフィックが贈る、珠玉の科学ドキュメンタリー!
宇宙という大洋に乗り出した探求者たちの物語

米国の科学者カール・セーガンとアン・ドルーヤンによってつくられ、40年前に科学ブームを巻き起こした「COSMOS」シリーズの最新作。美しいビジュアルとともに本書が伝えるのは、これまで語られることのなかった、世代を超えて宇宙の真実を果敢に求めた人たちの物語。彼らの行跡や発見を通じ、私たちがやがて目にするかもしれない輝かしい未来を描く。
--- ここまで ---

 日経ナショナル・ジオグラフィック社にある紹介。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/20/040900014/
COSMOS コスモス いくつもの世界
日経ナショナル ジオグラフィック社
--- ここから ---
カール・セーガンが残した、世界4000万部の不朽の名著「COSMOS」。40年ぶりの続編が満を持して登場。〔日本版25周年記念出版〕
--- ここまで ---

 番組は、英語の字幕版は、シリーズの終わりに近づいているが、日本語吹き替え版は、2020/06/01(月曜日から)。
 字幕版は、シリーズ第8回の土星探査機カッシーニから見始めたが、やっぱり、いいね。
 宇宙だけではなく、生命や人類の文明、いろんなことにスポットライトを当てている。
 あの宇宙船に乗って、宇宙を飛び回りたい。\(^O^)/
 今回の番組ホストは、天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン。ちょくちょく科学番組のホスト、司会をしていたが、この番組でもいいよ。

https://natgeotv.jp/tv/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2723
コスモス:いくつもの世界
原題:Cosmos: Possible Worlds
--- ここから ---
悠久な時間と広大な空間にある、いくつもの世界の探査と物語は無限大の可能性を持つ。地球の過去・未来、そして宇宙を探る、希望に満ちあふれた旅に出かけてみませんか?きっとあなたは現実の狭間から、これから起こりうる未来を発見するでしょう。1980年に放送された伝説の宇宙番組「コスモス」待望の続編。番組ホスト:ニール・ドグラース・タイソン博士

■60分x13話
ココが見どころ
テレビ史上最も多くの人に視聴された科学番組「コスモス」シリーズ
テレビ史上最も多くの人に視聴された科学番組のひとつであり、世代を超えて愛される稀有なドキュメンタリー番組である「コスモス」シリーズ。「コスモス」(1980)に始まり、「コスモス:時空と宇宙」(2014)、さらには最新シーズンとなる「コスモス:いくつもの世界」(2020)がこれまでに製作された。伝説的宇宙ドキュメンタリー番組となった「コスモス」(1980)では、高名な科学者でありスターでもあったカール・セーガン氏が番組ホストをつとめ、科学者ならではの視点で. 視聴者に分かりやすく人と宇宙のつながりを語り大人気を博した。そして「コスモス:時空と宇宙」から引き続き、「コスモス:いくつもの世界」の番組ホストを託されたのは、天体物理学者であるニール・ドグラース・タイソン博士。
--- ここまで ---

 「コスモス:時空と宇宙」(2014)は、知らなかった。残念。
 今回は、全話、録画してちゃんと観よう。

https://www.youtube.com/watch?v=leO6S5W8lw8
予告編

https://natgeotv.jp/tv/
ナショナル・ジオグラフィックTV

■カール・セーガンの「コスモス」
 今回の「コスモス」のオリジナル版である、カール・セーガンの「コスモス」。
 これは、世界的な大ベストセラーになったが、ぼくも20歳くらいのときに読んで感動した。テレビ番組も感動した。

 ほぉ、文庫の出版は、1984年だ。単行本を読んだ記憶があるので、単行本出版は、もっと前だろうね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022602694/showshotcorne-22/
コスモス 上 (朝日文庫) (日本語) 文庫 – 1984/4/1
カール・セーガン (著), 木村 繁 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022602708/showshotcorne-22/
コスモス 下 (朝日文庫) (日本語) 文庫 – 1984/4/1
カール・セーガン (著), 木村 繁 (翻訳)

 朝日選書から新しく出ている。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022630035/showshotcorne-22/
COSMOS 上 (朝日選書) (日本語) 単行本 – 2013/6/11
カール・セーガン (著), 木村繁 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022630043/showshotcorne-22/
COSMOS 下 (朝日選書) (日本語) 単行本 – 2013/6/11
カール・セーガン (著), 木村繁 (翻訳)

--- ここから ---
セーガン,カール
1934年、米国ニューヨーク市生まれ。シカゴ大学で天文学を学び、カリフォルニア大学、ハーバード大学などを経て、71年からコーネル大学教授。惑星大気の研究などをしながら、米航空宇宙局(NASA)の太陽系惑星の探査計画に指導的な役割を果たしてきた。宇宙や生命の起源についての優れた科学啓蒙家としても知られる。96年12月死去
木村/繁
1932年、熊本市生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。朝日新聞東京本社科学部長、調査研究室幹事などを歴任。87年11月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--- ここまで ---

 ひゃー、何十年も経って判明。
 翻訳の木村繁さんは、熊本出身。はい、情報省のスパイ\(^O^)/
 大発見。40年前のコスモスの大ヒットは、情報省のおかげだった。バックは情報省\(^O^)/

 カール・セーガンは、SF小説「コンタクト」も書いているし、科学精神に基づいた健全な懐疑主義を啓蒙する「人はなぜエセ科学に騙されるのか」、「悪霊にさいなまれる世界」も書いた。以前、全部、読んで、感動、感心した。

 東日本大震災の福島原発事故のときもそうだったが、今回の新型コロナウイルスでも、訳のわからんグッズやら詐欺やらスピリチュアルやらあれれこれやにだまされる人がいっぱい。
 おれは、大学に入って、福岡で一人暮らしを始める前に、母や父から、特に母から、
「あんたは世間知らずでだまされやすいんやけ、気をつけとかんといけんよ」
と言われていたから、「人はなぜエセ科学に騙されるのか」、「悪霊にさいなまれる世界」のような本や、詐欺の手口やら闇社会の本やら、なるべく読んで手口を知ってだまされないようにしてきたよ。
 それらの本は、最後にある関連をみてね。

■コンタクト
 これはとても面白かった。
 映画も面白かった。ジョディ・フォスター、よかったよ。
 たしか、北海道の秘密基地が出たような。あれが、九州に秘密基地だったら、絶対、バックは情報省だったのに、残念。
 お前、いっつも、そんなことばっかり考えとるんか。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102294015/showshotcorne-22/
コンタクト〈上〉 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 1989/7/1
カール・セーガン (著), Carl Sagan (原著), 池 央耿 (翻訳), 高見 浩 (翻訳)5つ星のうち4.4 484個の評価

 ああ、監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の監督、ロバート・ゼメキスだったのか。何十年も経って気づいたわ。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003GQSXYA/showshotcorne-22/
コンタクト [Blu-ray]
ジョディ・フォスター (出演), マシュー・マコノヒー (出演), ロバート・ゼメキス (監督) 形式: Blu-ray

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0056A1PAI/showshotcorne-22/
コンタクト 特別版 [DVD]
ジョディ・フォスター (出演), マシュー・マコノヒー (出演), ロバート・ゼメキス (監督) 形式: DVD

■人はなぜエセ科学に騙されるのか
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102294031/showshotcorne-22/
人はなぜエセ科学に騙されるのか〈上〉 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2000/10/1
カール セーガン (著), Carl Sagan (原著), 青木 薫 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410229404X/showshotcorne-22/
人はなぜエセ科学に騙されるのか〈下〉 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2000/10/1
カール セーガン (著), Carl Sagan (原著), 青木 薫 (翻訳)5つ星のうち5.0 4個の評価

■「悪霊にさいなまれる世界」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150503567/showshotcorne-22/
悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (日本語) 文庫 – 2009/7/5

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150503575/showshotcorne-22/
悪霊にさいなまれる世界〈下〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (日本語) 文庫 – 2009/7/5
カール セーガン (著), Carl Edward Sagan (原著), 青木 薫 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/27/4459505
カール・セーガン「悪霊にさいなまれる世界」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック