Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

青土社、ユリイカ、現代思想。特に「現代思想」が異様に面白そうにみえる2011年04月09日 22時27分16秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/23/5754573
ユリイカ2011年2月号ソーシャルネットワークの現在、メルロ・ポンティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/25/5756207
現代思想2011年1月号、特集はGoogleの思想
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702190/showshotcorne-22/
ユリイカ2011年2月号 特集=ソーシャルネットワークの現在 Facebook、
twitter、ニコニコ動画、pixiv、Ustream・・・デジタルネイティブのひらく世界
[ムック]
小林弘人 (著), 濱野智史 (著), 東浩紀 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712218/showshotcorne-22/
現代思想2011年1月号 特集=Googleの思想
の名前を出した。

1 へえ、いま、ユリイカや現代思想は、こんなことをやっているんだと思っ
たが、行きそびれていた青土社のウェブに行ってみた。

http://www.seidosha.co.jp/
青土社
http://www.seidosha.co.jp/index.php?magazine
青土社 雑誌
http://www.seidosha.co.jp/index.php?back-eureka10-19
ユリイカ バックナンバー
http://www.seidosha.co.jp/index.php?back-pensee10-19
現代思想 バックナンバー

 一目、ユリイカでこれをやったのかと興味深いのは、
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C5%C5%BB%D2%BD%F1%C0%D2%A4%F2%C6%C9%A4%E0%A1%AA
ユリイカ 2010年8月号 電子書籍を読む!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702115/showshotcorne-22/
ユリイカ2010年8月号 特集=電子書籍を読む! [ムック]
京極 夏彦 (著), 佐々木 俊尚 (著), 堀江 貴文 (著), 桜坂 洋 (著),
前田 塁 (著)
 それと、これ。
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B8%BD%C2%E5%A5%D4%A5%A2%A5%CB%A5%B9%A5%C8%CE%F3%C5%C1
ユリイカ 2010年4月号 現代ピアニスト列伝
をみると、山下洋輔の名前がある。\(^O^)/
ジャズ/ピアノ・アローン 88鍵のマチエール/山下洋輔
[聞き手=大谷能生]
 これは買わねばの娘か。
 アルゲリッチのCDは、何枚か売れていた記憶がある。調べないけど。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702077/showshotcorne-22/
ユリイカ2010年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、
ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像 [ムック]
青柳 いづみこ (著), 小池 昌代 (著), 渋谷 慶一郎 (著), 島田 雅彦 (著),
山下 洋輔 (著), 大谷 能生 (著), アリス=紗良・オット (著)

 現代思想のほうに目を移すと、前述の「Googleの思想」以外にも、
うつ病新論 双極■型のメタサイコロジー
認知資本主義とは何か 転換する世界経済
臨時増刊 アラブ革命 チュニジア・エジプトから世界へ
ガロアの思考 若き数学者の革命
臨時増刊 古事記 1300年目の真実
東日本大震災 危機を生きる思想
と、最近のは、読みたいのばかりだ。

 さっそくリスト。
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A4%A6%A4%C4%C9%C2%BF%B7%CF%C0
現代思想 2011年2月号 うつ病新論
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712226/showshotcorne-22/
現代思想2011年2月号 うつ病新論 双極II型のメタサイコロジー [ムック]
内海 健 (著), 大澤 真幸 (著), 斎藤 環 (著), 鈴木 國文 (著),
小泉 義之 (著), 美馬 達哉 (著)

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C7%A7%C3%CE%BB%F1%CB%DC%BC%E7%B5%C1%A4%C8%A4%CF%B2%BF%A4%AB
現代思想 2011年3月号 認知資本主義とは何か
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712234/showshotcorne-22/
現代思想2011年3月号 特集=認知資本主義とは何か 転換する世界経済 [ムック]
アントニオ・ネグリ (著), 岩井 克人 (著)

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%A2%A5%E9%A5%D6%B3%D7%CC%BF
現代思想 2011年4月臨時増刊号 アラブ革命
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712242/showshotcorne-22/
現代思想2011年4月臨時増刊号 総特集=アラブ革命 チュニジア・エジプトか
ら世界へ [ムック]

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%AC%A5%ED%A5%A2%A4%CE%BB%D7%B9%CD
現代思想 2011年4月号 ガロアの思考
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712250/showshotcorne-22/
現代思想2011年4月号 特集=ガロアの思考 若き数学者の革命 [ムック]

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B8%C5%BB%F6%B5%AD
古事記
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712269/showshotcorne-22/
現代思想2011年5月臨時増刊号 総特集=古事記 1300年目の真実 [ムック]

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2
東日本大震災
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712277/showshotcorne-22/
現代思想2011年5月号 特集=東日本大震災 危機を生きる思想 [ムック]

 「うつ病新論」は、どういう話が出ているんだろうなと思う。日経サイエン
スでも、ときどき脳の病気の記事がある。別冊については、別途。

 認知資本主義って、何?と思って、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/認知資本主義
をみたら、そういうことなのか。なるほどね。
 これまで、

動物化したポストモダン
昆虫化したポストモダン
群体化したポストモダン
粉体化したポストモダン
ボース・アインシュタイン凝縮体(BEC)化したポストモダン。
量子化したポストモダン
などと表現してきた現象が発生したのは、そういうことだったのか。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/20/4588845
命名 量子化したポストモダン(QPM)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/04/08/3018395
宮台・東対談『動物化するポストモダン』を読む
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/11/4572556
命名 カモリーマン。カモリーマンビジネスの呪縛からこうやって抜け出せ!

 認知資本主義(cognitive capitalism)は、ぱっと見だと、もうAI(人工知能)
の世界の言葉に思えるね。
 AIに資本主義をコントロールさせねばならない。人間に任せると何するかわ
からんので、世界経済破綻、地球文明破滅になるから。なんて話が出てきそう
な雰囲気。
 「感情労働(Emotional Labour)」という言葉もすごいね。
--- ここから ---
フレキシブルな蓄積は、非物質的労働の重要性を押し上げる。そこにおいては
記号やシンボルの操作とやりとり、知識の生産と加工やさまざまなネットワー
クの形成、つまりコミュニケーションこそが際立った特徴となる。
--- ここまで ---
--- ここから ---
物的生産が消滅することを意味するのではなく、物的生産に情報技術が全面的
に入り込んでいることを前提とする
--- ここまで ---
--- ここから ----
資本制的生産が生命体・種(類的存在?)としての人間の能力そのものを包摂
し、商品化しつつあるということを示す。
-- ここまで ---
--- ここから ---
むしろ、知識がいかに利潤を生みだす商品へと転換されるか、そのためにいか
に広義の労働が動員され編成され、その成果が管理されるか、コモンズとして
の情報環境や認知的協働がいかに横領され搾取されるか、ということにある。
知的所有権をめぐっての折衝は典型的である。
--- ここまで ---

 Google(グーグル)を、単に無料で便利だと思って使っているレベルの人に、
こういう問題意識はない。すでに巧妙に搾取されてるのに、気づかない。なぜ、
無料なのかすら考えない。
 複雑に相互リンクしたコミュニケーションが重要だという部分。
 おれの言葉でいえば、「アノテーションの時代」だということ。
 個人レベルで、人が物に、人が人に、物が人に、物が物に、どんどんアノテ
ーション、注釈を付けていく。
 あれはいい商品、悪い商品。あいつは悪い奴は、あの人は立派。目に付いた
ものに、どんどんレッテル貼りをやっている。
 ネットの普及と発達によって、従来、社会に流出し得なかった、こういう個
人レベルの評価、それも素人の印象評価が、大量に出回るようになった。
 ウェブからブログになって爆発的に広がり、SNSやTwitter(ツイッター)によ
って、さらに爆発に、互いにアノテーションを付けまくっている。Twitterの
リツイートなんて最たるもの。
 拡張現実(AR, Augmented Reality)技術で、リアルの世界、現実世界に、タ
グをつけまくるのも、アノテーションを付けまくっているのだ。
 以前、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480065911/showshotcorne-22/
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) [新書]
佐々木 俊尚 (著)
が売れていた。
 キュレーションとアノテーションと、言葉は違うが、似た問題意識なのだろ
う。しかし、商品説明を読む限り、おれ同様、考えが浅い。
 すでに、「つながり」ですら、商品化され、金銭化され、ユーザは搾取され
ていると指摘するのが、認知資本主義。
 その立場からすれば、商品説明を読む限り、おれ同様、佐々木俊尚は認識が
甘く、脳天気すぎることになる。
 実際、Mixi、フェイスブックなどSNSにしろ、Twitterにしろ、YouTubeや
「ニコニコ動画」にしろ、ユーザの投稿自体、行動自体が商品化され、ユーザ
はそれと知らずに搾取されている。
 アマゾンのアフィリエイトも同様。おれも好きでやってるからいいが、かな
りの時間を割いて文章を書いても、1つ売れて数パーセントの報酬だから、わ
ずかなお小遣い。そこだけみれば、搾取そのもの。アマゾンは大儲け。
 これは、Web 2.0で喧伝されたCGM(Consumer_Generated_Media)、UGC(User
Generated Content)全体にいえる。
 CGMは、認知資本主義の搾取手段として有効なのだ。ソフトな監視社会を作
れば、お金もついてくるということでもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Consumer_Generated_Media
http://ja.wikipedia.org/wiki/User_Generated_Content

 Web 2.0という言葉、みんな、まだ憶えているかな?
 梅田望夫という、おバカな提灯持ちがいたことを、みんな、憶えているかな?
 憶えてないよね。
 いま、福島第一原発の事故で、放射能、怖い、怖い。福島差別、しろ、しろ。
東北差別、しろ、しろ。東日本大震災、被災者、死ね、死ね。これで、みんな、
頭がいっぱいだもんね。

 「ガロアの思考」は、面白そう。名前を知っている、文章を読んだことがあ
る人は、黒川信重、小島寛之、佐藤文隆、竹内薫だけだが。
 なんで、いま、ガロアなのかと思ったら、今年2011年は、ガロア生誕200周
年なのか。
 この前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722517
「なっとくする群・環・体」、「量子力学 着実に学ぶための手引き」
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061545728/showshotcorne-22/
なっとくする群・環・体 (なっとくシリーズ) [単行本(ソフトカバー)]
野崎 昭弘 (著)
は、買ったが、まだ手をつけていない。問題解きながらやる時間がなかなか取
れない。
 それから、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774143456/showshotcorne-22/
天才ガロアの発想力 ~対称性と群が明かす方程式の秘密~ (tanQブックス)
[単行本(ソフトカバー)]
小島 寛之 (著)
も読みたい。
 お前、買い込むばっかりやな。以前も書いたが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622075482/showshotcorne-22/
ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方 [単行本]
ブライアン・ヘイズ (著), 冨永 星 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576848/showshotcorne-22/
ガロアの群論 (ブルーバックス) (新書)
中村 亨 (著)
も、積ん読やろ。
 はい、そうですね。\(^O^)/

 「現代思想」は、アリストテレスやプラトンを現代から論じたり、ニーチェ
やハイデガーがどうしたこうした、せいぜいポストモダンがどうしたこうした
をやっているという、漠然としたイメージがあったが、やっぱりおれが大バカ。
 現代思想の名に違わず、「いま」にヴィヴィッドに反応していて、けっこう
ミーハーで、ポップだったのだ。
 いやあ、これで、おれの好きな宇宙論でもあったら、現代思想、すごすぎ!
 と思ったら、あった。\(^O^)/
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B1%A7%C3%E8%CF%C0%A4%C8%A4%CE%C2%D0%CF%C3
現代思想 2005年10月号 宇宙論との対話
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791711416/showshotcorne-22/
現代思想2005年10月号 特集=宇宙論との対話
というのがあった。
 調子こいて検索したら、青土社、おれの好きそうな本をいろいろ出している。
 だいぶ出版年が古いから、宇宙論や物理学関係も昔からやってたんだ。おれ
が無知で知らなかっただけで。
 たとえば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791751663/showshotcorne-22/
越境する宇宙論―科学の極限 [単行本]
リチャード モリス (著), 松浦 俊輔 (翻訳)
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B1%DB%B6%AD%A4%B9%A4%EB%B1%A7%C3%E8%CF%C0
越境する宇宙論
 「任侠する宇宙論」は、おれが書く。\(^O^)/

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%CE%CC%BB%D2%CE%CF%B3%D8%A4%CE%A5%A4%A5%C7%A5%AA%A5%ED%A5%AE%A1%BC
量子力学のイデオロギー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479175591X/showshotcorne-22/
量子力学のイデオロギー [単行本]
佐藤 文隆 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791761243/showshotcorne-22/
宇宙に法則はあるのか [単行本]
ジョン・D. バロウ (著), John D. Barrow (原著), 松浦 俊輔 (翻訳)
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B1%A7%C3%E8%A4%CB%CB%A1%C2%A7%A4%CF%A4%A2%A4%EB%A4%CE%A4%AB
宇宙に法則はあるのか

 「科学は哲学に近づいて、しかもこんなに面白い」とあるが、しばしば言う
ように、現代宇宙論を理解できていない哲学者をおれは信用しない。相対性理
論や量子力学を理解できていない哲学者をおれは信用しない。数学力がない哲
学者をおれは信用しない。それらを理解できていない哲学者は、哲学ではなく、
地球文明論、地球人論、地球の知的生命体論、地球社会論をやってるだけ。そ
れは哲学の小さな小さなジャンル。
 おれの出身地である、おとめ座銀河団の哲学者は、数学力もあるし、当然の
基礎として、相対性理論。量子力学、宇宙論、ブラックホール工学などを学ん
だ上で、文明論、社会論や知的生命体論を、少なくとも銀河団レベルで考えて
いる。\(^O^)/

 おれ、ごくごく少数の記事(主に連載)以外、歯ごたえがなく読みどころが少
ないクーリエ・ジャポンの定期購読を止めて、現代思想の定期購読にするかな。

 そういえば、IT Mediaの「Business Media 誠」のメルマガ「ビジネス通信
誠」。
 3月末までに、IT MediaのIDに移行してください。移行してくれないと、も
うメルマガが届かなくなります、移行してくれたら抽選でアマゾンのギフト券
が当たりますなどと、何度も何度もしつこくメールが来て、最終号に近い頃、
編集長の吉岡綾乃が、まだ3割くらいしか移行が進んでないので、ぜひぜひお
願いしますと必死に訴えていたが、移行してなかった。
 鷹木創という、どうしてこんなレベルの低いのが編集長をやっているんだ、
ウェブメディアのお里が知れると思う「誠Biz.ID」とは違い、「Business
Media 誠」のほうは、メディアの記事も載せているし、評価はするが、いつも
読みたいもの、読まねばの娘はいっぱいだし、別にメルマガがなくても困らな
いし、これを機にメルマガが1つ整理できると思って、移行しなかった。
 すっきりして、いいもんよ。断捨離(だんしゃり)だ。

 いま、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702190/showshotcorne-22/
ユリイカ2011年2月号 特集=ソーシャルネットワークの現在 Facebook、
twitter、ニコニコ動画、pixiv、Ustream・・・デジタルネイティブのひらく世界
[ムック]
小林弘人 (著), 濱野智史 (著), 東浩紀 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791702077/showshotcorne-22/
ユリイカ2010年4月号 特集=現代ピアニスト列伝 アルゲリッチ、内田光子、
ブーニン、ポゴレリチ、辻井伸行・・・鍵盤と指先の肖像 [ムック]
青柳 いづみこ (著), 小池 昌代 (著), 渋谷 慶一郎 (著), 島田 雅彦 (著),
山下 洋輔 (著), 大谷 能生 (著), アリス=紗良・オット (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712218/showshotcorne-22/
現代思想2011年1月号 特集=Googleの思想
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712234/showshotcorne-22/
現代思想2011年3月号 特集=認知資本主義とは何か 転換する世界経済 [ムック]
アントニオ・ネグリ (著), 岩井 克人 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791712250/showshotcorne-22/
現代思想2011年4月号 特集=ガロアの思考 若き数学者の革命 [ムック]
を注文してみた。
 楽しみ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/14/5680361
大相撲の八百長、ZAKZAK,ビジネスメディア誠におれのパクリ記事\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/14/5636304
日本語ソート、日本語照合順番、和暦、陰暦。旧暦、南北朝、日本語組版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/30/5052699
日本の報道機関の恥部。記者クラブ問題、警察、検察の裏金作り
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/28/5652213
「どげせん」と断捨離(だんしゃり)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/19/5749034
マイクロソフト元社長の成毛が相変わらず軽いので、ツイッターで話題になっ
ていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2012年05月11日 05時48分59秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/10/6441629
数学のDVDや本が、あれこれ売れてる

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2015年12月22日 01時29分37秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/15/7949555
人工知能ビジネス、機械学習、深層
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索