Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

田口善弘「はじめての機械学習(ブルーバックス)」、「砂時計の七不思議(中公新書)」、「生命はデジタルでできている(ブルーバックス)」、ルールを知らないのにゲームで勝ちまくる最強AI「MuZero」2021年10月11日 11時16分06秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 やっと紹介する。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065239605/showshotcorne-22/
はじめての機械学習 中学数学でわかるAIのエッセンス (ブルーバックス) 新書 – 2021/7/15
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0996248CH/showshotcorne-22/
はじめての機械学習 中学数学でわかるAIのエッセンス (ブルーバックス) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 数学を使わず、算数レベルで、機械学習のツボを解説するんだから、映画や小説やいろんなたとえ話で解説しているが、こりゃ、大変だなと思った。
 量子コンピュータまで出てくるのは、ちょっとびっくり。説明を読んで、なるほどとは思ったけど。
 付録部分には、本書を読んだら、勉強してほしいことに役立つ本がたくさん紹介されている。

 電子書籍はすでに買っていたけど、ある日、府中の分倍河原にできて間もないマルジナリア書店に行ったら、なぜか、この本のサイン本があったんです。即、ゲット!
 なぜ、あったのかは知らないけど、とにかく、ラッキー\(^O^)/

マルジナリア書店
ツイッター
https://twitter.com/marginaliaBS
インスタグラム
https://www.instagram.com/marginaliabs/

https://book.asahi.com/article/14256588
マルジナリア書店(東京) 本屋の空白を10年ぶり埋めた、ドーナツと人文書大賞と

https://www.yohakushapub.com
マルジナリア書店 よはく舎

 最近、機械学習、深層学習方面でびっくりした話題は、
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/technology/00007/00032/
東大松尾ゼミの「深層学習」研究会 第24回
最強AI「MuZero」とは ルールを知らないのにゲームで勝ちまくる
2021年03月29日 読了時間: 12分
 論文、読まずに言うけど、ほんとにそんなことが可能なのかな。
 勝ち負け、引き分けのルールすら知らずに強くなれるの?
 ゲームの終了条件は与えてないと、ゲームが終わらないんじゃないの?
 将棋だって、玉を詰ますと終わりという条件を知らないと、終わらないと思うし、千日手や持将棋のルールだって知らないと、将棋は指せないと思うけど。よーわからん。

 ぼくにとっては、田口善弘は、なんといっても、「砂時計の七不思議」。これはめちゃくちゃ面白かった。ああ、1995年出版だって。時は流れるのぉ。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121012682/showshotcorne-22/
砂時計の七不思議―粉粒体の動力学 (中公新書) 新書 – 1995/10/1
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B087YVD898/showshotcorne-22/
砂時計の七不思議 (中公新書) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 あ、これ、知らんわ。買おうっと。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065195977/showshotcorne-22/
生命はデジタルでできている 情報から見た新しい生命像 (ブルーバックス) 新書 – 2020/5/21
田口 善弘 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B088K5LPQM/showshotcorne-22/
生命はデジタルでできている 情報から見た新しい生命像 (ブルーバックス) Kindle版
田口善弘 (著) 形式: Kindle版

 ぼくがもう10年以上前かな、高木利久先生(当時、東大(東京大学))たちのお手伝いなどしたバイオインフォマティクスなんて、完全に情報処理だもんね。

 NBDCでは、まだセンター長紹介に出てる。
https://biosciencedbc.jp/about-us/welcome-from-director/
センター長挨拶・略歴
 高木先生は、いまは富山国際大学の学長。
https://www.tuins.ac.jp/about/philosophy/
富山国際大学 学長挨拶・理念

 高木先生とも、もう何年も会ってないし、飲んでないね。
 東大の柏キャンパスができて間もない頃は、柏駅前もあまり整備されてないし、バス便も少ないし、交通渋滞がひどくて、柏キャンパスでミーティングするのは、けっこう大変だった記憶がある。今なら、オンラインミーティングだろうけど。
 同時期かな。九大(九州大学)も伊都キャンパスに工学部などが移転して、当時九大の荒木啓二郎先生から呼ばれて講義に行くのも遠くて大変だった記憶がある。
 東大の柏キャンパスも九大の伊都キャンパスも、当時、付近にいい飲み屋がなくて、飲み屋から遠いのがいかんよね。\(^O^)/
 伊都キャンパスは、中洲から遠くなったもん。(>_<)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/06/10/9256069
ゼロから作るDeep Learning ❸、はじめてのディープラーニング2、AIエンジニアを目指す人のための機械学習入門、実践GAN(敵対的生成ネットワーク)による深層学習
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156
「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/04/28/9240231
仕事ではじめる機械学習、Pythonデータサイエンスハンドブック、Pythonによるデータ分析入門 第2版、東京大学のデータサイエンティスト育成講座
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/09/01/9148266
未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス、Newton(ニュートン) 2019年09月号、PythonによるWebスクレイピング第2版、ゼロから作るDeep Learning
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/09/9057505
TensorFlowは死んだ\(^O^)/ AI(人工知能)、機械学習、ディープラーニングの話題
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/26/8983981
最近出ているPtyhon, TensorFlow, Keras, scikit-learn, PyTorch、Chainer本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/25/8983156
「機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする」、ディープラーニングの検定がある、「深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961672
西垣 通(編集)「基礎情報学のフロンティア: 人工知能は自分の世界を生きられるか?」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/06/10/8891720
scikit-learnとTensorFlowによる実践機械学習、ゼロから作るDeep Learning, ゼロから作るDeep Learning ❷ ―自然言語処理編, PythonとKerasによるディープラーニング, Deep Learning with Python, 現場で使える! TensorFlow開発入門 Kerasによる深層学習モデル構築手法, Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/17/8852867
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」、週刊東洋経済 AI時代に勝つ子・負ける子、週刊ダイヤモンド AI時代を生き抜く プログラミング&リベラルアーツ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/05/05/8844368
週刊東洋経済「ビジネスのための使えるAI」「ビジネスに効く! 教養としてのテクノロジー」などが99円。週刊ダイヤモンド「企業も個人も生死を分ける AI格差」、AI化する銀行、FinTechの法律改訂版、AI(人工知能)まるわかり (日経文庫)などビジネスパーソン向けAI本。野口悠紀雄たちにカモにされないで
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/12/24/8754229
ニュートン2018年1月号は、AI(人工知能)大特集。日本列島 創成史、惑星系形成理論、スーパー望遠鏡「アルマ」、輝く星の一生、そして、情報省の恐るべき生物兵器も出ていた。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/14/8595649
別冊日経サイエンス:別冊216 AI 人工知能の軌跡と未来 竹内郁雄 編
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/18/8564076
続:日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠。電子書籍の出来は?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/12/8555381
日本AIベンチャーの雄、Preferred Networks(PFN)が、総務省の開発指針に反対する理由でわかる官僚お得意のガイドライン行政の罠
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/04/28/8503277
AI(人工知能)、機械学習、深層学習、ディープラーニングの本が百花繚乱
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/18/8231611
Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装。これからの強化学習、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/10/04/8210532
ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装、TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~、機械学習と深層学習―C言語によるシミュレーション、強化学習、ロボットインテリジェンス―進化計算と強化学習、進化計算と深層学習 -創発する知能
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/25/8095668
関数型オブジェクト指向AI プログラミング―Scala による人工知能の実装、Scalaのバイブル、Programming in Scala 3rd Edition, Guide to Play2 Scala
AI, 機械学習関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/04/8038226
はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI、ITエンジニアのための機械学習理論入門、初めてのディープラーニング、イラストで学ぶ ディープラーニング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/29/8004524
GoogleのTensorFlowより高性能!? MicrosoftのCNTK。コンピュータ囲碁、深層学習(ディープラーニング)で、プロ棋士を撃破島倉千代子。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/22/7997853
東芝が独自のニューラルネット。Google発の深層学習フレームワーク「TensorFlow」。現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/19/7995816
KS情報科学専門書シリーズの新刊、イラストで学ぶディープラーニング。PacktはMachine Learning Week 2016なう
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/22/7957248
進化計算と深層学習 -創発する知能、現代思想 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/15/7949555
人工知能ビジネス、機械学習、深層学習、Deep Learning、ITエンジニアのための機械学習理論入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/10/02/7822147
岩波からデータサイエンスシリーズが全6巻で刊行開始。データサイエンティスト養成読本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750507
機械学習プロフェッショナルシリーズ第2期、異常検知と変化検知、サポートベクトルマシン、統計的学習理論、確率的最適化
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/10/7704579
クラウドではじめる機械学習、体験する機械学習、「人工知能 人類最悪にして最後の発明」、「イラストで学ぶ 人工知能概論」の感想なども
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/15/7669313
ディープラーニング、深層学習、人工知能(AI)、機械学習プロフェッショナルシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/06/7484259
オライリー・ジャパンは、データサイエンス、機械学習、統計の新刊続々だった。関連書も

NHK BS1「世界のドキュメンタリー 新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」の前後編が今日、再放送。2021年10月12日 15時25分14秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 もうすぐ始まっちゃうから、慌てて書く。
 NHK BS1の「世界のドキュメンタリー」
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31101
BS世界のドキュメンタリー
「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(前編)
VACCINE THE INSIDE STORY EPISODE1(イギリス 2021)
【放送予定】10月1日(金)前0:10(木曜深夜)
「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(後編)
VACCINE THE INSIDE STORY EPISODE2(イギリス 2021)
【放送予定】10月2日(土)前0:10(金曜深夜)

 これ、面白かったよ。
 ファイザーの女性幹部が、おそらく当時のトランプ大統領を念頭においた発言と思うが、「政治は科学に介入すべきではない。政治は科学に従うべきだ」などと述べていた。
 安倍ちゃんも、同類。無知、無能、無策、無責任で、逃げ足だけは速かったね。
 ファイザーは、まだワクチンの効果がはっきりしない段階で、5億ドルだったかな、投資を決めて勝負に出たとか。
 オーストラリアは、ワクチンでHIVの陽性反応が出て、解決できずに開発中止。
 中国は武漢の封じ込めがうまく行き過ぎて、治験のためにワクチンを試す被験者がいなくて困ったとか、アメリカは被験者の選び方に黒人差別の歴史があって、それが影響して、被験者の人種の多様性を確保するのが難しいとか、いろいろ複雑な話があるね。
 とにかく、みんな、文字通り不眠不休でのワクチン開発。

 NHKオンデマンドにもあるけど、今日(2021/10/12)、再放送がありますね。
https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/episode/te/G5GGL5V7G2/
「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(前編)
(NHKBS1)
10月12日(火)
午後6:05~午後6:50(45分)
https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/episode/te/N1RY5KPQ3Q/
「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(後編)
(NHKBS1)
10月12日(火)
午後7:00~午後7:46(46分)

 NHKオンデマンド。
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021115894SA000/
BS世界のドキュメンタリー 「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(前編)
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021116422SA000/
BS世界のドキュメンタリー 「新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」(後編)

 新型コロナウイルスが、細胞を破壊する8K映像を撮影する番組もあったが、それは別記事にします。今日か明日に書けるかなあ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/07/26/9401748
祝・新型コロナパンデミックご一行様歓迎、東京オリンピック・パラリンピック。府中を通過した自転車ロードレース観戦で、大丈夫か新型コロナの感染。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/07/15/9398318
ぼうごなつこ「100日で収束しない日本のコロナ禍」。東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナの緊急事態宣言下で、無観客開催。これ、安倍ちゃんの責任。ほんとの反日は安倍ちゃん
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/05/18/9378800
情報省大活躍:新型コロナでパーティ自粛を訴えていた日本医師会・中川俊男会長、自民党自見英子の政治資金集めパーティの発起人。自見英子は自見庄三郎の娘、二人とも情報省のスパイ\(^O^)/ なぜか、竹中平蔵、斎藤精一郎、中谷巌、野口悠紀雄、スティグリッツ、クルーグマンのことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/02/13/9346867
「町山智浩のアメリカの今を知るTV in Association with CNA」、新型コロナのワクチン関連。オーストリアのポリミューン社。日本で開発中の次世代ワクチン、レプリコンワクチン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/02/06/9344688
新型コロナで情報省大活躍: 小耳症の子に“救世主”、耳にかけないマスク。黙食。ワクチン用超低温冷凍庫。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/01/18/9338713
元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ、大村大次郎、お金の流れで読む日本の歴史、お金の流れでわかる世界の歴史、お金の流れで探る現代権力史、新型コロナと巨大利権、消費税という巨大権益、税金ビジネスの正体
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/07/31/9273972
クイズ:新型コロナ:Go Toキャンペーンで思い出すコンピュータサイエンスの超有名論文の執筆者とタイトルは?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/06/14/9257311
府中の青木屋、アマビエ和菓子、アマビエクッキー。新型コロナ退散で大人気のアマビエは情報省のスパイ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/05/27/9251082
新型コロナウイルスで大人気の妖怪、かつ、情報省のスパイであるアマビエ。北九州小倉で竹アマビエ、福岡博多のアマビエラーメン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/05/15/9246831
新型コロナウイルスにハチミツが効くと煽った番組は、テレ朝「林修の今でしょ!講座」。新型コロナウイルス対策本。メディア、科学、フードファディズム、詐欺商法。高カカオチョコレートの健康効果も評価定まらず
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/05/05/9243005
新型コロナウイルスの今、ペスト菌、天然痘でわかる情報省支配。ナイチンゲール。なぜか、「マンガ 統計学入門(ブルーバックス)」も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/02/25/9217873
新型コロナウイルスのPCR検査は、モンティ・ホール問題だった\(^O^)/ 条件付き確率、ベイズの定理の世界なのね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/01/28/9207403
祝 新型コロナウイルスパンデミック記念、みんな、ニュートン2020年2月号のウイルス特集を読め! そして、新春恒例 勝手に講談社ブルーバックス祭り。\(^O^)/ 「生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像」など

NHK BS1スペシャル「ウイルスハント タイムラプス 世界初 8Kで迫る新型コロナ」、生命科学映像のプロ集団「ヨネ・プロダクション」、デジタルカメラ用顕微鏡アダプターのマイクロネット社、美舘(みかん)イメージング社、8Kプロジェクタのアストロデザイン社、武村政春「生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像(ブルーバックス)」2021年10月13日 10時39分53秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/10/12/9431575
NHK BS1「世界のドキュメンタリー 新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」の前後編が今日、再放送。
の最後で書いた、新型コロナウイルスのタイムラプス映像のこと、ちょー珍しくすぐ書く。
 主にリンクのみだけど。
 光学顕微鏡を使ったタイムラプス動画で、新型コロナウイルスが細胞を破壊していくのがよくわかる映像だった。後述、美舘(みかん)社のページに動画が少しだけある。

 特に面白かったのが、ウイルス学者、研究者たちに、この映像を観てもらったとき。
 ウイルスは小さすぎて、光学顕微鏡では写らない。だから電子顕微鏡を使った写真、静止画しか、ウイルス学者、研究者の人たちは観たことがない。
 ライムラプス動画では、細胞の中に黒い点々が出てそれが動き回って細胞を破壊しているように見える。ウイルス単体は小さすぎて写ってないにせよ、この黒い点たちは、ウイルスの集合体みたいなものじゃないかというので、観てもらったわけ。
 普段は、電子顕微鏡写真なので、こんな動画は初めて。みなさん、困惑していた。それが面白かった。

https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/episode/te/BNGR6YKR3Q/
「ウイルスハント タイムラプス 世界初 8Kで迫る新型コロナ」
初回放送日: 2021年3月27日

 NHKオンデマンド。
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2021112914SA000/
BS1スペシャル 「ウイルスハント タイムラプス 世界初 8Kで迫る新型コロナ」

 タイムラプス映像を撮影したのは、生命科学の写真や映像のプロフェッショナル集団である、ヨネ・プロダクションという小さな会社。山椒は小粒でぴりりと辛い。

https://www.yoneproduction.jp
ヨネ・プロダクション

http://yoneproduction.blogspot.com/2021/04/421bs1-8k.html
--- ここから ---
2021年4月19日月曜日
再放送のお知らせ4/21(水)BS1「ウイルスハント タイムラプス 世界初 8Kで迫る新型コロナ」
好評とのことで、再放送が決定したそうです。
--- ここまで ---

http://yoneproduction.blogspot.com/2021/05/nhk1-55-04814759.html
--- ここから ---
021年5月3日月曜日
再放送のお知らせ;NHKスペシャル「新型コロナ“第4波” 変異ウイルスの脅威」 (NHK総合1・東京) 5月5日(水) 午前0:48~午前1:47(59分)
昨夜オンエアされた

NHKスペシャル「新型コロナ“第4波” 変異ウイルスの脅威」が再放送されます。

この中で弊社撮影部が阪大で撮影した
新型コロナウイルスに感染した細胞の映像が使用されます。
--- ここまで ---

 後述、マイクロネット社のデジタルカメラ用顕微鏡アダプターを売っている、美舘(みかん)社
https://www.mecan.co.jp
美舘(みかん)
正式会社名 株式会社美舘イメージング

 次のページに、動画が少しあります。
https://www.mecan.co.jp/microscope/Digital/NHK_Covid.html
【世界初】光学顕微鏡によるコロナウイルスの8Kタイムラプス撮影に成功
新型コロナに感染した細胞の変化のタイムラプス顕微鏡動画撮影の快挙

 デジタルカメラ用顕微鏡アダプターのマイクロネット。
https://www.microscope-net.com/
マイクロネット

https://www.microscope-net.com/news/【世界初】光学顕微鏡によるコロナウイルスの撮/
--- ここから ---
2021年07月12日
【世界初】光学顕微鏡によるコロナウイルスの撮影に成功「スーパーアダプターによる快挙」
NHK BS1スペシャル にて、マイクロネットのデジタルカメラ用顕微鏡アダプターを使って新型コロナウィルスを撮影する試みが紹介されました。
--- ここまで ---

 8Kプロジェクタのアストロデザイン社。
https://www.astrodesign.co.jp
アストロデザイン

https://www.astrodesign.co.jp/product/usecaseof8kprojector
アストロデザインの8Kプロジェクタ
--- ここから ---
2021年春、NHK BS8KとBS1(HD)で 「BS1スペシャル ウイルスハント タイムラプス 世界初 8Kで迫る新型コロナ」という番組が放送されました。新型コロナウイルスに感染した細胞の世界初の8Kタイムラプス撮影を行い、その映像を試写するまでの一部始終に密着した3ヶ月のドキュメンタリーです。

 アストロデザインは、光学顕微鏡を使い感染細胞内部を8Kタイムラプスで撮影した映像の試写に協力しました。
--- ここまで ---

 タイムラプスの番組には、巨大ウイルスのブルーバックスやNHK Eテレ(教育テレビ)の高校講座の生物で登場した武村政春先生も出ていた。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065020107/showshotcorne-22/
生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス) (日本語) 新書 – 2017/4/19
武村 政春 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07227T5TG/showshotcorne-22/
生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像 (ブルーバックス) Kindle版
武村政春 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/10/12/9431575
NHK BS1「世界のドキュメンタリー 新型コロナワクチン 開発競争の舞台裏」の前後編が今日、再放送。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/01/28/9207403
祝 新型コロナウイルスパンデミック記念、みんな、ニュートン2020年2月号のウイルス特集を読め! そして、新春恒例 勝手に講談社ブルーバックス祭り。\(^O^)/ 「生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像」など