Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

かわぐちかいじ「空母いぶき」。映画化記念で、スペシャルプライスパック\(^O^)/ ミグ25亡命事件のことも2019年05月28日 07時02分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 かわぐちかいじのマンガ「空母いぶき」。映画が公開されました。

https://kuboibuki.jp
映画『空母いぶき』公式サイト

 スタートは好調らしい。
https://www.oricon.co.jp/news/2136336/full/
映画『空母いぶき』公開3日間で3.3億円 好調スタートで20億円も視野
2019-05-27 19:28

 ネトウヨが、俳優、佐藤浩市のインタビューにいちゃもんつけて騒いでるらしいけど、インタビューがビッグコミックに載ったのは、映画公開前だし、騒いでる連中の多くは、インタビューを読まず、又聞きで騒いでいて、もちろん、原作も知らず、実力派俳優、佐藤浩一の役者魂も想像できず、父の三国廉太郎も知らず、三国廉太郎の生い立ちや、三国と佐藤の確執も知らず、典型的なネトウヨのパターン。
 無知、思考力、読解力なしの野次馬、金魚の糞状態。
 昔、珍左翼、今、ネトウヨ。昔と違うのは、電子的に記録されてプロファイリングの材料になって、こいつらの氏名、住所、家族構成、経済状態もバレる時代だということかな。
 かわいそうに、煽られて操られて使い捨てにされるだけなのに、ま、それに気づかないから、珍左翼、ネトウヨなんだけどね。

 小説もそうだけど、そもそも、原作がドラマ化、映画化されたら、それは別の作品。長さも設定も違うしね。

 さて、「空母いぶき」。
 第1巻から第3巻までのスペシャルパックが600円(税抜き)。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4098603330/showshotcorne-22/
空母いぶき 映画公開記念 SPECIALプライスパック (ビッグコミックススペシャル) コミックス – 2019/3/25
かわぐち かいじ (著), 惠谷 治 (監修)

 映画は中国と名指しではなくて、架空の国との戦闘になっているそうだが、原作では、もう中国と開戦して、ずいぶんの巻を戦闘に使っている。
 自衛隊の戦闘は、もどかしいのよ。中国軍は自衛隊員を殺しに来ているが、自衛隊は、以下に敵を殺さずに戦意喪失させるかに腐心している。
 専門家の意見も聞いているかもしれないが、これが、かわぐちかいじが考える、専守防衛の国是を掲げる自衛隊の戦い方ということでしょう。

 おれ、空母も好きだけど、空母より、潜水艦大好きだから、潜水艦戦が面白かった。

 最新刊は、第12巻。これ、もう中国の空母、広東を叩きに行ってるところです。
 中国の戦闘機 殲-20 と日本のF35の戦い。戦闘機の数は中国の方が多いんだよね。
 おれ、連載しか読んでないので、確かめてないが、最初の頃は、F-35Jという架空の、おそらく日本仕様のJが付いたF-35だったのに、いま、F-35でJがつかなくなってるね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/J-20_(戦闘機)
https://ja.wikipedia.org/wiki/F-35_(戦闘機)

 中国に急襲されて、島の基地にあったF-35Jは、滑走路を破壊されて飛べなくなって、宝の持ち腐れになったんだよね。
 空母も甲板をやられたら、もうだめよ。だから、空母を守る軍艦が周りにいないと、積んでる戦闘機は、宝の持ち腐れになるもんね。
 太平洋戦争、ミッドウェー海戦で、アメリカに日本の空母がみんなやられたでしょ。
 飛んで行った戦闘機は、戻ってくる場所がなくて、海の藻屑になるしかなくて、空母を失ったのも大打撃だけど、あれで、優秀な戦闘機乗りをたくさん失ったのがもっと打撃だったと思う。
 まあ、でも、戦時中のマスコミは、そんなのは報じない。いわゆる大本営発表で、マスコミは軍部と結託して、国民をだますのに専念していたからね。
 安倍ちゃん(安倍晋三)の一強時代が長くなったいまとそんなに変わらんか。\(^O^)/

 そうそう。「空母いぶき」のマンガで気になっているのは、単身、戦闘状況の島に乗り込んでいったジャーナリストのその後。かわぐじかいじがどう描くかなと思っている。
 今の日本のジャーナリストに、そんな奴、どれだけいるのかな。少なくとも大手マスコミはいないし、いても、会社が許さない。それでも、取材に行く奴がいるのか。いないだろうなあ。フリーのジャーナリストに命がけで行ってもらって、それを買うのがせいぜいじゃないかと予想している。

 あら、F35Jで検索島倉千代子したら、こんな小説を書いた人がいる。
https://ncode.syosetu.com/n7602bj/
F35J逃亡
作者:スリムハウス

 この前、三沢基地から飛び立ったF35が行方不明になったでしょ。第一報を聞いたとき、墜落した可能性と亡命した可能性を考えたよ。
https://twitter.com/shownakamura/status/1115585083417620481
--- ここから ---
これ、亡命だったら?
自衛隊F35戦闘機 レーダーから機影消え連絡途絶 青森沖
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190409/k10011878581000.html
20:59 - 2019年4月9日
--- ここまで ---

 いまのロシア、当時のソ連から、最新鋭戦闘機ミグ25で、北海道に亡命してきたでしょ。あの逆パターンの可能性を一瞬考えた。あれ、衝撃だった。1976年だから、まだ高校生だな。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベレンコ中尉亡命事件

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/02/06/8783209
佐賀の神埼で、自衛隊のヘリ墜落。安倍ちゃん擁護の情報洪水攻撃、情報爆発攻撃か。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/09/25/8683403
原書房編集部「民間防衛 あらゆる危険から身をまもる」、下園壮太「自衛隊メンタル教官が教える 折れないリーダーの仕事」、北朝鮮のミサイル危機の本質、中国+統一朝鮮軍 vs 日米連合軍の軍事衝突はいつになるのか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/31/8662936
羽鳥慎一モーニングショー、玉川徹「そもそも総研」、北方領土返還難航の原因、日米地位協定の秘密マニュアル、日米合同委員会の闇
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/27/8660242
石破茂氏激白!「防衛相には自衛隊への限りない愛が必要だ」、軍事評論家・岡部いさく氏に聞く「尖閣・南西諸島を守るために必要な兵器は何か」。ゴルゴ13のオスプレイ撃墜について
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/07/26/8627825
正三郎旅日記: 横須賀の海上自衛隊の基地見学と横須賀軍港クルーズ。海軍カレー、海上自衛隊カレー。航空自衛隊府中基地のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/06/01/8581797
海上自衛隊、航空自衛隊、陸上自衛隊、ステルス、空母、潜水艦などサイエンス・アイ新書祭り(笑)。F-35も、かわぐちかいじ「空母いぶき」、軍事評論家 (故)江畑謙介さんの本も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/01/7967594
かわぐちかいじ「空母いぶき」「沈黙の艦隊」「ジパング」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2019年06月02日 21時46分03秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 アメリカのネオコン(ネオコンサヴァティズム)と呼ばれる連中の煽動で、大量破壊兵器もないのにブッシュ大統領のアメリカは、イラ
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索