Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

世田谷文学館「萬画家・石ノ森章太郎展」。サイボーグ009で、50年ぶりに、また、泣いた2019年05月04日 06時19分47秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 世田谷文学館で開催中の「萬画家・石ノ森章太郎展」に行って来た。
https://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html
萬画家・石ノ森章太郎展
ボクは、ダ・ビンチになりたかった
--- ここから ---
概要

写真提供:石森プロ
マンガ家として『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』など数々のヒット作で知られる石ノ森章太郎(1938-1998)は、エンターテインメント作品を量産する一方で実験的作品『章太郎のファンタジーワールド ジュン』や『マンガ日本経済入門』など画期的なテーマにもチャレンジし続け、万物を表現できるメディアとしての<萬画>を提唱しました。また、後進育成のための、マンガ入門書やエッセイ刊行の他、晩年は郷里貢献活動として、「マンガを活かした街づくり」に尽力するなど、教育者や作家、社会企業家(社会変革の担い手)としての側面も併せ持ちます。本展では「世界一多作なマンガ家」の多様性、先見性をご紹介します。
--- ここまで ---

 改めて、石ノ森章太郎の多作ぶり、ジャンルの幅広さを実感できる。
 入って最初は、「仮面ライダー」。この作品から、実写テレビドラマの原作が始まるんだね。「キカイダー」「ゴレンジャー」「ロボット刑事」も、よく観たなあ。
 「ジュン」は、ほとんど読んだことがないから、展示が興味深かった。
 時間の表現、精神世界の表現など、石ノ森章太郎が編み出した表現をまとめたコーナーもあった。
 こういう表現を考えて、絵にするのは、どれくらいかかったのかな、苦労したんだろうな、いや、石ノ森章太郎なら、案外、すぐ描けたのかも、などといろいろ考えた。
 ぼくは絵がからしきだめなので、こういう表現を生み出せるのは、うらやましい。
 取材メモ、創作メモは、実に興味深い。これらには、作品を生み出すエネルギーと苦悩が凝縮されている。

 石ノ森章太郎の原画を初めて間近に観たが、やはり迫力がある。
 一番感激したのは、サイボーグ009の名シーン、009と002ジェットが流れ星になるシーン。あれの原画があったんです。連載時に観てから、50年ぶりかな。小学生の頃、あのシーンで泣いたが、今回、また、泣いたわ。

 009の名シーンを思い出すと、同時に、必ず、思い出すシーンがある。それは、幻魔大戦。
 石ノ森章太郎にとって急死した姉の存在が非常に大きなものだったことは、よく知られているが、幻魔大戦には、姉の残留思念が、主人公の東丈を守るシーンがある。小学生のころには、まだ、石ノ森章太郎にとって姉の存在が大きかったことを知らなかったので、後に知って、ああ、あのシーンは、お姉さんがあの世から見守っていることを描いているんだなあと感動した。残留思念という言葉、あのシーンで覚えたもんね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/幻魔大戦
によると、お姉さんの名前は、東ミチ子(あずま みちこ)だ。

 マンガの幻魔大戦の最後、月が地球に落ちてくるシーンも忘れられない。
 その後は、平井和正の小説を読んだが、幻魔大戦以外に、新幻魔大戦、真幻魔大戦とかあれこれ出て、訳がわからなくなった。(>_<)
 ウルフガイシリーズを読み終わったら、平井和正作品を読むことはなかった。
 そういえば、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/493913895X/showshotcorne-22/
フリースタイル42 筒井康隆インタビュー by 矢作俊彦 単行本 – 2019/4/12
筒井 康隆 (著), 矢作 俊彦 (著), 山上 たつひこ (著), 矢吹 申彦 (著), 鏡 明 (著), 関川 夏央 (著), 山口 文憲 (著), 鈴木 正文 (著), 片岡 義男 (著), とり・みき (著), 和泉 晴紀 (著), 「フリースタイル」編集部 (編集), 朝倉 世界一 (イラスト)
単行本
¥ 959
に載っている、「筒井康隆インタビュー by 矢作俊彦」で、筒井さんが平井和正が宗教に入れ込んでいたころのことを語っているね。

 そうそう。筒井さんといえば、世田谷文学館で同時に開催されていた
https://www.setabun.or.jp/exhibition/collection.html
仁木悦子の肖像
2019年4月20日(土)~9月23日(月・祝)
[会場]
世田谷文学館 1階展示室
に、筒井さんからの年賀状が展示されていて、面白かった。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061884
筒井康隆、平成最後の大傑作、新潮2019年5月号、筒井康隆「ニューシネマ「バブルの塔」」、フリースタイル42 筒井康隆インタビュー by 矢作俊彦

■関連本
 世田谷文学館で買った関連本は、2冊。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309979696/showshotcorne-22/
総特集 石ノ森章太郎: 萬画の天才、誰がために闘う。 (文藝別冊) ムック – 2019/4/22
河出書房新社編集部 (編集)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4484182327/showshotcorne-22/
ペンブックス27 石ノ森章太郎とサイボーグ009 (Pen BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/1
Pen編集部 (編集)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07KVRY1Z4/showshotcorne-22/
Pen Books 石ノ森章太郎とサイボーグ009 Kindle版
ペン編集部 (編集)

 次の3冊は、あったかもしれないけど、気づいていない。自伝的ストーリーの一部は、展示があったようにも思う。勘違いだったらすみません。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477963718X/showshotcorne-22/
石ノ森章太郎 の物語 [ 生誕80周年 - 石ノ森自身が描いた15の自伝的ストーリー 漫画作品集 - ] (SAN-EI MOOK) ムック – 2018/8/6
石ノ森 章太郎 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800286476/showshotcorne-22/
生誕80周年記念読本 完全解析! 石ノ森章太郎 単行本 – 2018/8/22
石森プロ (監修)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476830995X/showshotcorne-22/
石ノ森章太郎クロニクル 魂 仮面ライダー キカイダー サイボーグ009 and more. 単行本 – 2018/8/22
石ノ森章太郎 (著), 玄光社 (その他)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/08/28/6557122
雑誌「Pen(ペン)」のサイボーグ009完全読本、最高\(^O^)/

 うわあ、上記で紹介した
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008OXASZM/showshotcorne-22/
Pen (ペン) 2012年 9/1号 [雑誌] 雑誌 – 2012/8/16
は、紙の雑誌は、めちゃくちゃな値段になっている。
¥ 3,500 より
¥ 3,500 より 6 中古品の出品
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00I9CSN46/showshotcorne-22/
Pen (ペン) 2012年 9/1号 [雑誌] Kindle版
Pen編集部 (編集)
Kindle版
¥ 514

府中市美術館「へそまがり日本美術」「かわいい江戸絵画」、江戸かわいい動物、日本おとぼけ絵画史、歌川国芳 21世紀の絵画力2019年05月04日 06時20分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 あと少しで終わりになるので、あわてて書くが、我が府中市の美術館で開催中、「へそまがり日本美術」に行った。4月の最初に行ったと思うので、前期のころだった。
 府中市美術館は、年に1回は行く。府中市美術館がある府中の芸術の森公園は、ぶらぶらするのにもいいし。
 さて、「へそまがり日本美術」。
 実に楽しい。いわゆるヘタウマの絵が多いが、どの作品も、くすっと笑ったり、え?となったり、うーんと唸ったり。
 あの人が、こういう絵を描いたのかと思うものも、いろいろ出ている。
 仙厓さん(仙厓義梵)の、ほんわかした絵があるのは、やっぱりあるよねと思ったが、円山応挙があったり、若冲もあったり、夏目漱石もあったり。
 現代のイラストレーターもあって、たとえば、ヘタウマを確立した湯村輝彦、熊本出身で情報省のスパイ、蛭子能収とかね。
 中でも、徳川家光の兎図と鳳凰図、徳川家綱の親鶏雛図は、すごいわ。現代的なイラスト感覚も感じる。
 しかし、江戸時代初期に、この絵を観たら、将軍だもんね、下手ともいえず、家来は困ったろうね。

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/index.html
府中市美術館
 府中市にあるパブリックアートについては、後述。

http://fam-exhibition.com/hesoten/
へそまがり日本美術
http://fam-exhibition.com/hesoten/highlight.html
「へそ展」みどころ
 あ、こんなのがある。
http://fam-exhibition.com/hesoten/special.html
「へそ展」紙遊び

 こんなへそ曲がりな企画を考えた人は、どんな人だろうと思っていると、京王電鉄の京王沿線情報誌「あいぼりー」に、「へそまがり日本美術」を企画・実行した学芸員の金子信久さん、音(おと)ゆみ子さんが出ていました。
https://www.keio.co.jp/press/ivory/list/index.html

Vol.113 2019年3月16日
を見てください。次の号が出てバックナンバーになったら、PDFになります。
 これも、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061883
ブルーバックス「フォッサマグナ」、雑誌ニュートンもフォッサマグナ特集、ブラタモリ 地質学会などの表彰、日本列島100万年史、日本列島の下では何が起きているのか、列島誕生 ジオ・ジャパン、日本列島5億年史
で、雑誌ニュートンのところに書いたけど、最新号もバックナンバーとして出すべき。そうすると、パーマネントなリンクとして参照できるのに。その点、日経サイエンスは、さすが、偉いです。情報空間のこと、ハイパーリンクがよくわかっている。

 アマゾンで、目録が売られている。しかも、
ベストセラー1位- カテゴリ 仏教美術
だって。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065150469/showshotcorne-22/
へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/16
府中市美術館 (著)

 あ、おれ、「かわいい江戸絵画」、行ってない。さっき、ネットで調べたら、「かわいい江戸絵画」は大評判だったのね。
 それと、後述するが、2010年の展覧会で国芳ブームを起こした府中市美術館だって。
 府中市美術館、すごいのぉ。市民として誇りに思うわ。
 府中市議会じゃ、買った作品がどうのこうのと、あれこれ言われたみたいだけど。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763013246/showshotcorne-22/
かわいい江戸絵画 大型本 – 2013/8/23
府中市美術館 (編集)

 金子さんは、すでに本でいろいろやってたのね。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062194333/showshotcorne-22/
江戸かわいい動物 たのしい日本美術 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/6
金子 信久 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062199858/showshotcorne-22/
日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術 (講談社ARTピース) 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/4
金子 信久 (著)

 音(おと)ゆみ子さんとの共著もある。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062205068/showshotcorne-22/
歌川国芳 21世紀の絵画力 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/10
金子 信久 (著), 音 ゆみ子 (著), 府中市美術館 (著)
--- ここから ---
2010年の展覧会で国芳ブームを起こした府中市美術館。7年ぶりに世に問う、新たな国芳展覧会の図録が書籍に!これぞ国芳決定版!
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/22/6343653
府中市美術館、石子順造的世界、赤瀬川原平、超芸術トマソン、つげ義春「ねじ式」原画、キッチュ、みうらじゅん
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/13/7309372
オライリー・ジャパンの矢野さんから、すごい情報が。神様、仏様、矢野様。\(^O^)/ 籔内佐斗司の童々広場ほか、府中市のパブリックアート

 府中市にあるパブリックアートについては、上記関連にあるリンクは、もうなくなっているが、府中市にはまだちゃんとある。

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/public.html
府中市美術館パブリックアート
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索