Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

スパイ大事典、スパイ事典、スパイ図鑑、実戦スパイ技術ハンドブック、最強 世界のスパイ装備・偵察兵器図鑑2017年08月02日 04時22分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 こんな本が出ている。でも、高い。
 誰か買ってプレゼントしてくれ。\(^O^)/
https://www.amazon.co.jp/dp/4846015912
スパイ大事典 単行本 – 2017/7/6
ノーマン・ポルマー (著), トーマス・B・アレン (著), 熊木信太郎 (翻訳)
単行本
¥ 13,824

 他にも、スパイの事典、図鑑があるね。けっこう出ているもんですね。
 情報省のスパイは、上記やこれらは、必読だぞ。\(^O^)/

 上記に比べれば、だいぶ安い。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4751523279/showshotcorne-22/
スパイ事典 (「知」のビジュアル百科) 大型本 – 2006/5
リチャード プラット (著), Richard Platt (原著), 川成 洋 (翻訳)
大型本
¥ 2,700

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893094718/showshotcorne-22/
スパイ図鑑 単行本 – 2009/5/1
ヘレイン ベッカー (著), 高畠 那生 (イラスト), Helaine Becker (原著), らんあれい (翻訳)
単行本
¥ 1,620

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562040971/showshotcorne-22/
実戦スパイ技術ハンドブック 単行本(ソフトカバー) – 2007/9/11
バリー・デイヴィス (著), 伊藤 綺 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054063764/showshotcorne-22/
最強 世界のスパイ装備・偵察兵器図鑑 単行本 – 2015/12/22
坂本 明

 佐藤優が大絶賛していた、スパイのテクニックはビジネスでも使えるという本は、以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/11/7385699
CIAのテクニックを応用するビジネス書、CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる
で紹介した
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492533389/showshotcorne-22/
CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる 単行本 – 2014/6/27
J.C.カールソン (著), 佐藤 優 (解説), 夏目 大 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LTJLKZU/showshotcorne-22/
CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる Kindle版
J.C.カールソン (著), 夏目 大 (翻訳), 佐藤 優 (その他)

 次は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676506
CIA秘録、スパイのためのハンドブック
で、以前、紹介して、自分でも買った。積ん読だけど。^^;
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150500797/showshotcorne-22/
スパイのためのハンドブック (ハヤカワ文庫 NF 79) 文庫 – 1982/3/30
ウォルフガング・ロッツ (著), 朝河 伸英 (翻訳)

 CIA秘録やFBI秘録も、単行本を買って積ん読。
 情報省のスパイになりたかったら、勉強してね。\(^O^)/
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163708006/showshotcorne-22/
CIA秘録上 [単行本]
ティム・ワイナー (著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163708103/showshotcorne-22/
CIA秘録 下 [単行本]
ティム・ワイナー (著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163900179/showshotcorne-22/
FBI秘録 上 その誕生から今日まで [単行本]
ティム ワイナー (著), Tim Weiner (原著), 山田 侑平 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163900187/showshotcorne-22/
FBI秘録 下 その誕生から今日まで [単行本]
ティム ワイナー (著), Tim Weiner (原著), 山田 侑平 (翻訳)

 スノーデン関係も必読。
 次は、今年になって出たばかり。知らなかった。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087208761/showshotcorne-22/
スノーデン 日本への警告 (集英社新書) 新書 – 2017/4/14
エドワード・スノーデン (著), 青木 理 (著), 井桁大介 (著), 金昌浩 (著), ベン・ワイズナー (著), 宮下紘 (著), マリコ・ヒロセ (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B072KZRMFB/showshotcorne-22/
スノーデン 日本への警告 (集英社新書) Kindle版
エドワード・スノーデン (著), 青木理 (著), 井桁大介 (著), 金昌浩 (著), ベン・ワイズナー (著), マリコ・ヒロセ (著), 宮下紘 (著)

 その他のスノーデン関係は、関連をみてください。
 日本でも、監視されてないと思っている人は、よほど、おめでたい。
 おれがトップに君臨する、宇宙最高最強のスパイ組織、情報省の情報爆発攻撃、情報洪水攻撃の援護で、安倍ちゃん(安倍晋三首相)がなんとか共謀罪(テロ等準備罪法)を成立させたし、監視島倉千代子、盗聴島倉千代子。\(^O^)/
 なお、北朝鮮のミサイル発射など、いまだに、情報省の情報爆発攻撃、情報洪水攻撃は続いているぞ。詳しくは、股の機械に。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/11/7385699
CIAのテクニックを応用するビジネス書、CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/10/7341084
スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実、暴露:スノーデンが
私に託したファイル
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/19/7314879
暴露―スノーデンが私に託したファイル
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/02/20/7227078
情報省のスパイ必読! FBI秘録、CIA秘録
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/27/6960408
海底ケーブル盗聴済み。GCHQ, NSA, CIA, スノーデンのネタも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/06/17/6868607
元CIA職員スノーデンが暴露したNSAの監視システムPRISMネタ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/02/6797112
スパイ必読か。MI6秘録
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/11/5676506
CIA秘録、スパイのためのハンドブック
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/11/6408104
中国スパイ秘録、FBI秘録、CIA秘録、世界インテリジェンス事件史
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/07/6566950
孫崎享「戦後史の正体」、有馬哲夫「CIAと戦後日本」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/14/6445345
アメリカに、はめられた?日米開戦、フーヴァー大統領、ルーズベルト大統領
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/14/6690410
進む、情報省支配。ソフトな大量監視社会。あなたを狙う顔認証技術

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/02/8638069/tb