Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

笑う女。笑われる男62005年11月19日 07時58分14秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 劇団「BIG FACE」の定例公演が来週始まります。
 2005/11/22から11/27、場所は両国のシアターカイです。
 作・演出 伊沢弘「笑う女。笑われる男」のシリーズでもう6です。
 23日と25日は昼の公演があります。夜は、上演後、劇団の役者さんたちと乾
杯できます。\(^O^)/
 おれも一度懇親会がある夜に行って、伊沢さんや女優さんたちと一緒に写真
撮ってもらいました。完全に酔っ払いハゲデブオヤジが女優にセクハラの写真
でした。\(^O^)/
 でも、宝物です。
 おいおいおい。

 公演内容やチケットなど、詳しいことは、
http://www.d2.dion.ne.jp/~bigface2/
BIG FACE
をどうぞ。

リッチテキストコンバータ、USB FDドライブセット2005年11月21日 23時40分54秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 リッチテキストコンバータのUSB FDドライブセットが販売開始になりました。
 詳しくは、
http://www.antenna.co.jp/sales/shop/rtc.htm
リッチテキストコンバータのUSB FDドライブセット
をどうぞ。
 リッチテキストPDF、自在眼9のキャッシュバックキャンペーンについては、
http://www.antenna.co.jp/sales/cp/index.htm
キャッシュバックキャンペーン
http://www.antenna.co.jp/RTC/RtcPDF/
リッチテキストPDF
http://www.antenna.co.jp/Jan/
自在眼9
をどうぞ。

つばめどん、ブログ2005年11月21日 23時41分27秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 つばめどんがここに書いたのと同じこと書いたトラックバックがあったので、
どこのバカがパクったんだろうと思ったら、つばめどんご本人のブログなのね。

http://d.hatena.ne.jp/tsubamedon/

 やたらと、テレビネタ多いね。各局のプレスリリースまでフォローしている。
 林家らぶ平なんて、知らないよ。\(^O^)/

中村(show)

===
標題: Re: つばめどん、ブログ
---
いやあ、テレビっ子なもんで。

そういえば今週も飛ばしてますぜ、例の人。
http://nikkeibp.jp/sj2005/column/a/12/

>「テレビのCMなんて、誰も見たいとは思わない
>でしょう。ネットワーク時代には、自分のほし
>い商品があれば、グーグルで検索して自分から
>調べに行けばいいのです。

そりゃあネットワークに誰でも思うようにアクセス
できればそれもいいかもね。
そういうこの人も誰も見たいとは思わないであろう
自著のチラシをまいているではないの。ムダだから
ヤメロと言ってるのかなあ。

まあ、各自読んで大笑いしてもらうということで。


前回の記事も大爆笑を各地で巻き起こしたようで、
お笑い業界参入を果たした日経BPなのでした:-)

--
つばめどん

===
標題: Re: つばめどん、ブログ
---
 読みましたけど、なんか、あることないこと、煽る煽る。
 でも、なんか、話がせこいね。その場、その場のつまみ食いでしかないもんね。
 21世紀をリードすると、本気でいうなら、もっと大きな話できないんでしょ
うかね。
 本気で21世紀をリードするなら、科学技術、それも基礎科学以外ないのにね。
 企業って、どんなにがんばっても時価総額100兆円くらいでしょ? 累計で
も、1京円、超えたことある?
 基礎科学の大発見は、未来永劫人類に役に立つから、累計、1京円くらい軽
く突破するんじゃないかと思うんだけど、計算おかしい?
 相対性理論と量子力学の生み出した富は、累計でもう1京円、超えてたりし
てね。\(^O^)/

中村(show)

Lisp特別イベントその22005年11月22日 22時37分54秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/11/17/145926
Lisp特別イベント
の続き。
 数理システムとフランツ社によるLisp特別イベントの第2日の模様を簡単に。

http://www.msi.co.jp/
数理システム
http://jp.franz.com/
フランツ社

 イベントの内容については、
http://jp.franz.com/base/seminar-2005-11-18.html
をどうぞ。
 六本木ヒルズの49階にあるアカデミーヒルズであったんだけど、いいね、こ
こ。49階から外をみると絶景ね。夜は夜景がきれいだし。
 会員制ライブラリもあるけど、年会費何十万円かするみたいだから、高いね。
ボンビー中村は入れません。\(^O^)/

 他のトラックの予稿集をみると、S-PLUSって、けっこうすごいね、リスク管
理の数理ってすごいななどというのもあって、やっぱ数理システムだけあって、
数理の世界ですね。でも、今回は、Lispの話。

 竹内郁雄先生の特別講演「どう転んでもLisp?」は、やっぱ面白い。
 聴衆は、昨年のLight Languageのイベントとは違って、年齢層が高いのでノ
リはイマイチだったけど、ウケはちゃんととってましたし、内容も深いんです
よね。予稿集にある竹内先生の文章は、内容は講演と通じるものがあるけれど、
ライブ感は全然違う。話芸と間がいいから。
 いまを去ること40年くらい前?の大昔、竹内さんが最初に奥野さんと作っ
たLispは、4次元セルのLispだったんですね。すごいこと考えるなあ。
 Lispの生みの親、マッカーシー先生が来日したときにこの話をしたら、実は
最初期のLispには、car, cdr以外にIBM704のアーキテクチャを反映して、cir,
csr, ctrとかいろいろあったという話があったそうです。知らなかった。
 マッカーシー先生との話といえば、Lispのベンチマークに使われて世界的に
有名な、竹内関数。たらい回しのtarai関数ともいいますし、tak関数ともいい
ますが、実はtak関数はオリジナルの竹内関数とは、ちょっと違っていて、マ
ッカーシーがyとzを間違えてアメリカで広めちゃったtarai関数のバリエーシ
ョンだそうです。マッカーシーが広めた関数でも大変計算に時間がかかるんで
すが、オリジナル竹内関数のほうがもっと時間がかかるんだそうです。で、い
まではオリジナルの関数はtakeuchi関数というんだそうです。

http://www.nue.org/nue/#tak-function

をみると、yを返すかzを返すか、たしかに違いますね。

 この関数、あれ、手元にメモがない。正確な日時がわかりませんが、ある日
の午前中、ふと思いついてできちゃったんだそうです。人生、会心の一撃だっ
たでしょうね。
 筒井康隆さんは、あるホテルだったかな、昼寝から目覚めたら?、「熊の木
本線」が下りてきて、数分か15分か忘れたけど、あっという間に「熊の木本線」
全体が頭の中では書きあがっていたそうですけど、あれと同じなんでしょうね。
 あと、面白い話、いっぱいあったけど、全部、忘れた。\(^O^)/
 そのときだけ、えらい面白くて、スカッと忘れる。いい落語を聴いたときと
同じ。
 あ、ちょっと思い出した。ライフゲームの新バージョンみたいなものを紹介
してくださいました。なんか、数字の入った箱がいくつもエッジでつながって
いて、それがうねうね動きながら、箱が分裂したり合体したり、でもって箱の
中の数字が変わっていくんです。すごい生き物感があるデモでした。しかし、
この新ゲーム生物の名前もURLもメモってない。\(^O^)/
 すみません。いずれ、竹内さんの講演資料が公開されれば載ってるんじゃな
いかと思いますが。

 萩谷昌己と阿部正佳さんによる「Lisp によるリターゲッタブルコードジェ
ネレータの実装」は、萩谷先生担当分は、Kyoto Common Lisp(KCl)を作ったと
きの話。
 1985年のソフトウェア科学会での発表OHP(の写真?)を使ったもの。これ、
当然、手書きで、萩谷さんは丸っこい字書くんですね。すごい頭が切れるから、
直角系の字かと思ったら、大はずれ。
 当時京大の萩谷先生、湯浅先生、日本データゼネラルの矢部さん、原田さん
の4人で作ったそうです。昔のことだけど、なるほどなあと思う面白い話がい
ろいろあったけど、省略。
 ともかく、Common Lispの世界最初の実装、それもインタープリタ、コンパ
イラ、ライブラリまで作ったんだもんね。全ライブラリがロードされたときに
システムの大きさは2MBだったそうです。いまからすれば、ゴミみたいなメモ
リ量ですよね。昔の人は偉いねえ。萩谷さんも、「私も昔は優秀だったんです」
などといって、笑いをとってました。
 なお、KClは後にFSFに寄贈されてGCLとなりました。
 阿部さんの話もすごく面白かった。任天堂のファミコンやスーファミなど、
ゲーム業界で実はLispを使いまくりだったという話。AGLというゲーム記述言
語のコンパイラやCコンパイラやリンカ、デバッガなど全部KClで書いていた
と。
 ぼくは知らないんですが、ゲーマーの中ではいまでも評価が高い、ファミコ
ン用のグローリーというゲームは、Lispで実装したAGLで書いたそうです。そ
のほかLispで実装したCコンパイラで、マザー2、シムシティなどいろいろ書
いたそうです。
 そのときに、リターゲッタブル、つまり、ターゲットCPUが変わってもすぐ
コンパイラが作れるようなコードジェネレータをもつコンパイラを作ったそう
です。
 この前まで、COINSという、日本のコンパイラ研究の第一人者である中田育
男先生のプロジェクトに参加されていたそうです。そこでも、Lispを使った中
間表現を作ったりしたそうです。COINSのサイト

http://www.coins-project.org/
COINS 並列化コンパイラ向け共通インフラストラクチャ

に行って、プロジェクトメンバーをみると、LSI-Cを作った元日経mix仲間の
kmoriさんこと、森公一郎の名前もありますね。angieさんが亡くなったときの
メールで、COINSのこと教えてもらってたんですけど、やっとCOINSのことを紹
介することができましたね。これは、angieさんのお導きでしょうか。^^;
 それと驚いたのは、ぼくが最初に就職した管理工学研究所の人が2人います
ね。福岡岳穂さんは知らない(おれのド忘れ?)。高橋正人さんて、高橋君のこ
とかな、それとも別人かな。高橋君はプログラミング言語処理系大好きだった
から、そうなのかな。うー、わからん。

 そうそう、以前も紹介したかと思うけど、中田先生のコンパイラの本、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254121393/showshotcorne-22/ref=nosim
中田育男著「コンパイラの構成と最適化」(朝倉書店)
は、コンパイラに興味があるなら必読。1万円以上してそれだけみれば高いけ
れど、内容を考えたら安いもんです。この本が出るまで、いわゆるドラゴンブ
ック
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781905854/showshotcorne-22/ref=nosim
A. V. エイホ、R. セシィ、J. D. ウルマン著、原田賢一訳「コンパイラ―原
理・技法・ツール」
の原書が個人的にはバイブルでしたが、中田先生の本を見てからは、これです
ね。ドラゴンブックも上下買うと1万円以上になりますからね。日立時代を含
めて、中田先生のいろんなアイデアも随所に書いてあります。

2009/11/23 追記:
 中田育男先生の「コンパイラの構成と最適化 第2版」が出ています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254121776/showshotcorne-22/
コンパイラの構成と最適化 (単行本)
中田 育男 (著)
 詳しくは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/23/4714067
中田育男著「コンパイラの構成と最適化 第2版」、タイガーブックも
をどうぞ。

 最後になりましたが、萩谷先生のサインをもらいました。\(^O^)/
 もう古くて、だいぶぼろぼろになっちゃった
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400007685/showshotcorne-22/ref=nosim
萩谷昌己、湯浅太一著「Common Lisp入門 岩波コンピュータサイエンス」(岩
波書店)
にサインしていただきました。やったー。六本木ヒルズ49階からうれしくて飛
び降りるかと思いましたね。\(^O^)/
 でも、萩谷先生は、この本は湯浅先生との共著なので、湯浅先生のサインも
ちゃんともらってくださいとのこと。おれ、湯浅先生のサイン、昨年、別の本
でもらっているんですが、京都大学までもらいに行かないといけないのか。^^;

 つーか、コレクターとしては、近山隆先生のサインもほしいなどと、いま、
急に思ったが、近山先生、amazonでは著書が見つからないし、近山研究室のウ
ェブもみても書いてないし、困ったなあ。昔、近山先生が作ったUTI-Lispのソ
ースコードをどこかから手に入れてプリントアウトしてそれにサインもらえば
いいんだろうか。
 なんか、Lisperを訪ねて幾千里みたいな話だな。
 司馬遼太郎「街道をゆく」か。
 いや、そんないいもんじゃない。でも、マッカーシー先生はじめLispハッカ
ーを訪ねてアメリカまで行ったりして。
 流れからすると、その途中で、ミョーな話を小耳にはさむね、それは。
 どんな?
 ん? いや、実はマッカーシー先生が発明するずっと以前に、インドから
Lispがボストンに渡ってきていたと。たぶん、ボストン茶会事件のときだな。
 インドLisp。Lisp、インド起源説。\(^O^)/
 でもって、インドに行くんだよ。そしたら、インドが起源じゃないんだ。仏
教がアフリカに渡ったとき、お礼にアフリカから伝わったのがLispだったと。
 出たあ。アフリカ仏教、アフリカLisp! 夢枕獏か、お前は。ついにLisp、
アフリカ起源説になったか(笑)。
 でもって、アフリカまで行ってLispが伝わるという村を訪ねたら、村人が、
実はLispは猿から教わったと。\(^O^)/
 ほぉ、そう来たか(笑)。
 でもって、ずんずん奥地の密林に分け入っていくと、急に開けたところに出
て、そこではLisp猿と呼ばれる猿軍団が、木の枝を接いだり、切り離したりし
てLispを実行していたと。\(^O^)/
 ほんとの木の枝で二進木の演算をやってるんだな(爆笑)。
 読み込みを担当する一群はリーダー猿、出力を担当する一群はプリント猿、
評価するのはエバる猿などと、職能集団に分かれていて、高度な分業化によっ
て猿たち自身がLispマシン化している!\(^O^)/
 そこは、猿たちが空を飛び交うように跳ね回って計算を実行する、高度に発
達した驚異の猿コンピュータ世界だった。\(^O^)/
 それをおれが、見聞録として出版したのが、

「驚異の猿コンピュータワールド 副題:Lispは猿が発明した!」

 トンデモ本大賞、間違いナス。キュウリがパパ、ナスがママ。\(^O^)/
 おれ様は、もう、司馬遼太郎を超えたな。\(^O^)/

Re: Lisp特別イベントその22005年11月23日 06時48分32秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
>  ぼくは知らないんですが、ゲーマーの中ではいまでも評価が高い、ファミコ
> ン用のグローリーというゲームは、Lispで実装したAGLで書いたそうです。そ
> のほかLispで実装したCコンパイラで、マザー2、シムシティなどいろいろ書
> いたそうです。

今は任天堂の子会社になっているHAL研究所のゲーム「メタルスレイダーグローリー」
ですね。頓挫していたゲーム「MOTHER2」を1からやり直して完成させたHAL研究所の
プログラマーの岩田聡氏は現在は任天堂の社長です。

「MOTHER2」のガイドブックを読んでいたら、あるプログラマーがデバックプレイ用
に付けた主人公達の名前が「カー」「クダー」「アトム」「イク」「マップカー」
「ラムダ」とあり、Lisperだなと思った記憶があります(その方はスーパーファミコ
ン用Cコンパイラの開発、メンテナンス担当)。
--
ryo

===
標題: Re: Lisp特別イベントその2
---
 すみません。正式名称は、「メタルスレイダーグローリー」でした。ありが
とうございます。
 主人公たちに「カー」「クダー」などとつけたプログラマーが、阿部正佳さ
んだったんでしょうかね。

 ところで、萩谷先生は、我々の間では、このところ、DNAコンピュータや分
子コンピュータの研究で有名です。
 それで懇親会のときに、「どういう流れで分子コンピュータの研究を始めら
れたんですか」とお訊ねしたら、「ぼくも最初はバイオインフォマティクスの
ほうをやり始めたんですけど、どうにも落ちこぼれちゃって」などと、ものす
ごいことをおっしゃいました。
 萩谷先生が落ちこぼれなら、バイオインフォマティクスの端っこの端っこで
ごそごそ仕事している頭の悪いおれらスピロヘータは、スピロヘータブルー
スを歌うしかないですね。^^;

 スピロヘータブルースは、ジャズサックス奏者坂田明の名曲? あれ、ひょ
っとして中村誠一の曲?

http://www.warabi.ne.jp/~daphnia-pulex/
坂田明公式サイト
に行って、スピロヘータブルースが入っていたと記憶している
http://cgi01.warabi.ne.jp/~daphnia-pulex/works/works.cgi?no=5&mode=
20人格
をみても、入ってないね。あれれ? このアルバム、学生のときに買って大ウ
ケだったんだけど。ピアノの弾きながら田中角栄の物真似とかね。
 この中の曲のどれかで、「スピロヘータァァ」と絶叫していた記憶があるん
だけど、あれはスピロヘータブルースじゃないのか。
 いま、レコード聴ける状態じゃないんですよね。レコードもしまいこんじゃ
ってるし、レコードプレーヤーもしまいこんでつないでないし。中村誠一のど
れかのアルバムなのかな。ググっても出てこないし。
 だれか、スピロヘータブルースのこと、知ってる人いませんか?

 そうそう、坂田さんはNHKの科学番組でも活躍してて、ミジンコ研究家とし
ても有名なんですよね。NHKが制作したナノスペースの番組のビデオを府中の
図書館から借りてきて観たことがあるんですけど、音楽は坂田さんがやってて、
ミジンコ研究家としても登場してるんですよね。
 それにしても、坂田明の公式サイト、お言葉がいきなり
「老婆は一日にして成らず」
だもんね。\(^O^)/

中村(show)

Re: 笑う女。笑われる男62005年11月23日 20時53分02秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 劇団「BIG FACE」の定例公演、「笑う女。笑われる男6」、暇ができた今日
しか行けるときがないので、ソッコー行ってきました。\(^O^)/
 昨年、行ってないから、制作の由美さんと会ったとき、「去年、来なくてす
みません」と謝ったら、由美さん、体くねくねしながら、「そうよぉ。おっぱ
い吸ってくれなくてさびしかったわ」。\(^O^)/
 そんなこと、言ってないだろ。お前、勝手に作るなよ。
 すみません。

 客席は満員。
 芝居が始まる前の鐘の連打。謎が最後に解けました。
 最後の流れ星。なるほど。
 今回は葬儀屋のお話です。宇宙葬やらなんやらいろいろ出てくるんですが、
たぶん、全部、実際にあるんじゃないかな。おれ、月に遺骨7グラムを打ち込
んでくれる月面葬がいいかな。\(^O^)/

 何度か書いたように、この数年、礼服を着るのは葬式か法事ばかりで、しか
も年に何回もあって、身の回り、死んだ話ばっかりだったから、思い出すこと
もありましたね。
 たとえば、北九州市は全国一、葬儀屋が多くて競争が厳しいと、父の葬儀を
担当した葬儀屋さんがいってました。全国の10%以上だったかな、葬儀屋が
あるんだって。たしかに北九州市内、車で走っているとコンビニより葬儀屋が
多いです(ま、大げさにいってみました)。
 担当した葬儀屋の担当者は若い男性だったけど、花は葬儀が終わっても四十
九日過ぎるまで、もってきてくれてましたし、ほかにもよく気の利く人で、前
職はホストだといってたから、マメなんだなあとかね。

 芝居でも、笑わせ所、泣かせ所が随所にあって、泣かせるところは、ちょっ
と、この数年の経験から、うるうるしましたね。

 そうそう、このシリーズで毎回感心するのが、立体的な舞台装置と場面転換
の入れ替わりの妙。場面転換は、右奥に消えたかと思うと、次の場の役者が左
上から現れてといった具合。これと立体的な舞台装置によって、1つの舞台の
同じ舞台装置なのに、劇中劇の稽古場、死亡する演出家の家、葬儀屋のオフィ
ス、病院、警察、船の上などを全部表現するんです。
 あ、登場人物が、オブジェのように組まれた椅子を、芝居しながら違う形に
組み替えるんですが、あれは次の場面用に、組み替えていたんだろうか。それ
とも、あれは、暗号?\(^O^)/

 このシリーズ、劇中劇と歌とダンスが定番になってきて、昨年、観てないけ
ど、今年も劇中劇歌ダンスがあります。
 今回の処理はなかなかシャレていると思いました。最後には、観客も実際に
芝居に参加できるし。それが何かは行った人だけのお楽しみ。

 あ、そうだ。ボレロって、歌詞があるんですか?
 それとも、今日、ボレロの曲で歌っていたのは、この芝居のために付けた歌
詞なんでしょうかね。ともかく、ボレロで歌って踊ってました。

 上演後、宇宙唯一の筒井康隆研究家かつ評論家の平石さんと、ばったり会っ
たので、いろいろ近況などお聞きしつつ、帰って来ました。
 伊沢さんには、ごあいさつもせず、申し訳ございませんでした。ここで宣伝
しますのでお許しください。

 「笑う女。笑われる男6」の公演内容やチケットなど、詳しいことは、
http://www.d2.dion.ne.jp/~bigface2/
BIG FACE
をどうぞ。
 11/27までなのでお早めに。25日は昼の公演もあります。

スピロヘータ・ブルース2005年11月24日 00時14分34秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 スピロヘータ・ブルースについて、誰か何か知りませんかと書いたら、さっ
そく連絡がありました。
--- ここから ---
 中村さんこんにちは、石橋と申します。いつもホットコーナーを楽しく読ま
せて戴いています。

 さて、11月23日付けの「スピロヘータブルース」ですが、中村誠一氏のアル
バム「取りみだしの美学」のサイド・ワン(A面)6曲目に「スピロヘーター・ブ
ルース」という記載があります。
●「取りみだしの美学」WTP-90161 東芝EMI 1982

 20人格などと同じ頃に買った記憶がありますから、勘違いされたのだと思い
ます。調べてみたら、こちらは1980年でした。

 あの頃は、筒井さんの「家」だとか「文明」だとか、小松左京さん(星新一
さんも?)などがレコードを出していて、何かブームがあった様にも思えまし
た。
--- ここまで ---

 ありがとうございます。
 そうそうそ。「取りみだしの美学」だ!
 中村誠一さんでググっても、わかんなかったんですよね。ディスコグラフィ
ーが。
 おれも、このレコード買ってるんです。坂田明の20人格とともに。でも、い
ま、レコード、探せない状態。聴けないし。^^;
 こういうのCDで復活しないのかな。iTunesじゃ、売ってないのかな。探して
もみないけど。^^;
 つーことは、スピロヘータァと叫んでいるヴォーカルは、誠一さんご当人で
すね。

 誠一さんのすごさは、山下洋輔さんの「風雲ジャズ帖」だったか、「ピアニ
ストを笑え」だったか、そもかくあの辺の初期のエッセイに出てくるんです。
 タモリを一躍有名にしたハナモゲラ語も、オリジナルアイデアは、誠一さん。
 すごいんですよ。
 「初めて日本語を耳にした外国人に聞こえる日本語の物真似」
というアイデアなんです。これを日本人がやるわけで、なんか、自己言及的で
面白いですね。

 そういえば、平石さん、洋輔さんのNYトリオの青山草月ホールのライブに行
ったそうですが、ベさん、行ってましたか? ベさんに似た人がいたんだけど、
声かける機会がなかったなんて平石さんが、言ってましたけど。
 ほとんど、私信だな。\(^O^)/

日本は全部S式でOK?2005年11月24日 00時33分03秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ブログのほうに、kmoriさんが、

ところでshowさん、今月から日本では事実上lisp以外の言語は使えなくなった
んですが、御存知?↓

とコメントしていて、えっ、おれの周りではそんなことになってないのにと思
ったら、なるほど、そういうことですか。kmoriさんのブログみてわかりまし
た。
http://d.hatena.ne.jp/kmori58/20051009#p1
です。
 石和なんかも、まとまって甲州市になったんですよね。この前、山梨に行っ
たときに聞きました。

# ブログのコメントにあるように、これ、大嘘で、石和町などは笛吹市になりました。

 この前のLispセミナー。ある大学の司法大学院の教授もいらしていて、話を
うかがうと、法体系のコンピュータ化や知識表現、知識探索の話に興味がある
ようなお話でした。
 おれさまは、えらそーに、最近の持論である、法律はすべて計算機で実行可
能な形式で記述すべき。すなわち、法律はS式で書かないとだめなどと、トン
デモをいってしまいました。\(^O^)/

 内閣法制局とか、一所懸命、法律に矛盾がないかなど手作業、職人技で調べ
てるんでしょう? そんなの計算機にやらせればいいのにねと思う。
 矛盾がいっぱい見つかるでしょうけれど、それでも効率的になりますよね。
 官報も全部S式で書けば、実行可能になっていいね。\(^O^)/
 役所の提出書類なども、全部S式で書けば、全部実行可能、チェック可能に
なって、楽勝になって、役人、減らせるんじゃないか。
 公務員の首切りにつながるから抵抗すごそうだけど。^^;

はやぶさ、がんばれー!2005年11月25日 23時24分49秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 日本ロケット工学の父、故糸川英夫博士の名を冠した小惑星イトカワに着陸、
サンプルを収集して地球に持ち帰るミッションに挑戦している「はやぶさ」。
 この前は、着陸に失敗しただの、行方不明になっただのと報道されていまし
たが、着陸はしたものの岩石は採取できてないそうです。
 で、明日26日の朝7時ごろに最後の着陸を試みるそうです。
 はやぶさ、がんばれー!
 みんなで、念力を送ろう!

 おれ、ああいう探査機には非常に感情移入するんです。
 だって、遠く地球を離れて絶対零度に近いマイナス270度以下の世界を延
々と、途中、太陽フレアの磁気嵐だとか太陽風だとかいろんな妨害にもめげず、
たった一人で旅して、ようやくイトカワに接近して、いまも、けなげにも一人
で一所懸命にミッションを果たそうと奮闘しているわけでしょ。
 もう、涙、出てくるよな。人類のために自らの命を投げ打って、つらい旅に
耐えて使命を果たそうとしているんだよ。無事帰ってきたら、国民栄誉賞10
0個くらいやれよってなもんだよ。それくらい素晴らしいことをやろうとして
いるんですよ。

 kmoriさんのブログにも書いてあって、kmoriさんも応援しているんだ。
http://d.hatena.ne.jp/kmori58/20051120#p2
http://d.hatena.ne.jp/kmori58/20051124#p1
をどうぞ。
 kmoriさんのブログ読んで驚いたのは、日本のロケット工学の偉人、糸川先
生の名前すら知らない奴がいるんだね。それと、この大偉業に挑戦している
「はやぶさ」をほとんど放送しないマスコミ、特にテレビのバカさ加減、「マ
スコミの犯罪」には同感。
 ま、この前、ケーブルで観たTBSの24時間ニュースでは、着陸失敗かという
ときは「はやぶさ」のことやってましたけどね。

 ともかくね、テレビ屋さんよ。
 お前ら、人間のクズみたいなテレビ屋より、「はやぶさ」のほうが生命体と
してよほど優秀で気高く偉いんだぞ。少しは敬意を払えよ。それと川口淳一郎
プロジェクトマネージャはじめJAXAのスタッフの超人的努力にも。
 明日の朝の着陸挑戦時は、JAXAから、はやぶさのことをライブでずっと中継
してもいいくらいだぜ。テレビ屋よ。お前ら、知ってるか。この前の、小惑星
への着陸は、人類史上初の快挙なんだよ。
 こんな有様で、放送の公共性なんてことを、フジテレビもTBSもいうんだか
ら、お笑いだっての。これで科学立国の国のテレビ放送局なのかよ、お前ら。
 ほんと、科学がわからない低脳の人間のクズが放送談合で権力もつとロクな
ことはないね。

 はやぶさに関しては、
http://www.jaxa.jp/index_j.html
をどうぞ。
 kmoriさんのブログで知ったけど、Hayabusa Liveというページがありますね。
http://www.isas.jaxa.jp/home/hayabusa-live/
Hayasusa Live
をどうぞ。
 それから、
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/
松浦さんのブログ
をどうぞ。松浦さんのブログをみて知りましたが、JAXAが管制室からストリー
ミングを明日午前3時からやるんですね。
 ほうら、みろ。テレビ屋がバカだから、みんなテレビなんか信用せずに、勝
手にストリーミングやって、国民の知る権利に応えるようになるんだよ。テレ
ビに比べ、スケーラビリティにはまだ問題はあるけれど、でも、ネットがあっ
てよかったねえ。

 最後にもう一度、みんなで、念力を送ろう!
 はやぶさ、がんばれー! はやぶさ、がんばれー! がんばれー!

はやぶさ、がんばれー! がんばれー!2005年11月26日 07時47分28秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 朝5時半から、
http://www.jaxa.tv/
Hayabusa Live
みてました。
 順調に降下していて、7:15に高度40メートルまで降りて、しばらくウェブの
更新がなかったんです。
 7:27くらいかな。ストリーミングの画面で人が立ち上がって集まったんで、
てっきり着陸したのかと思ったら、なんと、なんらかの理由で「はやぶさ」が
上昇を始めたとなって、ががーん。

 どうしたんだ、はやぶさ!
 がんばれ、がんばれ。あと少しだぞ。
 だれか、イトカワに、はやぶさの好きな餌をおいてやれば、はやぶさ、安心
して着陸するんじゃないか。\(^O^)/
 怖くないんだから、勇気をもって降りてくれ。
 がんばれ、はやぶさ。がんばれー!
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索