Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

異星人の宇宙船と思われたりもした観測史上初の恒星間天体、オウムアムアは、とんでもないです。ワープ航法ができる生物、パーギル、地球に来てほしい。\(^O^)/2018年12月23日 10時30分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 オウムアムアは、太陽系の外からやってきて、通り過ぎていった天体。観測史上初の恒星間天体です。
 つい先日、「ディスカバリーチャンネル」で、オウムアムアをやっていた。
 ぼくは最初、「コズミック フロント☆NEXT」で知って、びっくりした。
 これがまたとんでもないんだ。
 世界一高いビル、ブルジェ・ハリファと同じ長さ800メートルの細長い天体が、斧を投げつけたときみたいに、回転しながら時速15万キロで太陽系に飛来して、飛び去っていったんです。
 こんなのが地球に衝突したら、人類絶滅の危機でしたね。

 Wikipediaには、
--- ここから ---
ʻOumuamua とは、ハワイの言葉で斥候を意味する言葉で、この小天体を発見したパンスターズの提案によって命名された[4]。
--- ここまで ---
と書いてあるけど、
https://kotobank.jp/word/オウムアムア-1829598
オウムアムア(英語表記)‘Oumuamua
デジタル大辞泉の解説
には、
《ハワイ語で「最初の使者」の意》
とあって、「コズミック フロント☆NEXT」では、これを紹介していた記憶がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オウムアムア_(恒星間天体)

http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10316_oumuamua
赤外線観測で調べたオウムアムアの特性
 この記事には、オウムアムアの想像図と、回転して飛んでいる動画がある。

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10198_oumuamua
ガイアが明かすオウムアムアの故郷
天文位置衛星「ガイア」のデータから、太陽系外からやってきたとされる天体「オウムアムア」の故郷として4つの恒星が候補に浮上した。
【2018年10月2日 ヨーロッパ宇宙機関】

https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/06/alien-probe_a_23581278/
「オウムアムア」の正体は異星人の探査機? ハーバード大の研究者が驚くべき論文
太陽を離れても減速しなかった理由は、ソーラーセイルか。
安藤健二
2018年11月07日 15時14分 JST | 更新 2018年11月07日 19時52分 JST

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/122000493/
飛来天体オウムアムアに炭素の膜、宇宙船説を否定
太陽系の外からやってきた謎の天体について新たな観測結果を発表
2017.12.20

 ぼくの関連ツイート。

https://twitter.com/shownakamura/status/1059889264308105216
--- ここから ---
オウムアムア、とんでもない。コズミックフロントNEXTでもやった。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1861/2120218/index.html
コズミック フロント☆NEXT「すべてが想定外!太陽系外から来た訪問者」
2018年10月4日(木) 午後10時00分(60分
--- ここから ---
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/112200451/
太陽系に飛来した天体オウムアムア、極端な楕円形
回転しながら進む巨大な鉛筆、今後も観測続ける
2017.11.2
--- ここまで ---
4:24 - 2018年11月7日
--- ここまで ---

 コズミック フロント☆NEXTのオウムアムアは、次で、もう少し詳しくわかる。
 でも、バックナンバー扱いで、PDFになってるのね。
http://www4.nhk.or.jp/program/cosmic/archives/181004.pdf
コズミック フロント☆NEXT「すべてが想定外!太陽系外から来た訪問者」

https://twitter.com/shownakamura/status/1048918511806889984
--- ここから ---
@planet_film_ 映像制作会社Planet Filmさんは、コズミックフロント☆NEXTを制作してる会社。オウムアムアの回の最後に、クレジットされていた。
世界一高いビル、ブルジェ・ハリファと同じ長さ800メートルの細長い天体が、縦回転しながら時速15万キロで太陽系に飛来したんだからすごいよね。
21:50 - 2018年10月7日
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/1048411000976826369
--- ここから ---
コズミックフロントNEXTでやったオウムアムアだ。長さ800メートルの棒状の細い天体が回転しながら時速15万キロで移動、マジ、クラークのSFかと思われたそうな。
--- ここから ---
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/103100124/
太陽系の外から飛来した天体を初観測、歴史的発見
「重力波観測のニュースに匹敵」と天文学者は歓喜、だが残り時間はあとわずか
2017.11.01
--- ここまで ---
2:13 - 2018年10月6日
--- ここまで ---

 オウムアムアで思い出すのは、宇宙大作戦、すなわち、最初のスタートレック。これ、今から45年くらい前の高校生の頃、KBC九州朝日放送の毎週水曜日午前3時頃、放送していた時期があって、これがスタートレックとのファーストコンタクト。
 たしか、同級生の阿南君が教えてくれて観るようになったと思う。なかなから午前3時に起きられなくて、見逃す回もあったけど。
 ある回に、宇宙を航行している超巨大生物が出てくる。細長い生物で、エンタープライズ号よりはるかにでかい。たしか、フェーザー砲も光子魚雷も通用しなかったと思う。
 一番、びっくりしたのは、そんなにでかいのに、単細胞生物だったこと。
 宇宙、やっぱ、すげえわ、と単純に興奮した。\(^O^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙大作戦
には、KBCの放送は載ってないね。

 「スター・ウォーズ 反乱者たち」には、ワープ航法で宇宙を飛び回る生物が出てくるんだよね。タコとイカとエイを足して3でわかったよう軟体動物系の生き物だったと記憶しているけど。
 宇宙、やっぱ、すげえわ、と単純に興奮した。\(^O^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/スター・ウォーズ_反乱者たち

 わかった。その生物は、パーギルだ。
http://ja.starwars.wikia.com/wiki/パーギル
--- ここから ---
パーギル(Purrgil)は深宇宙に生息し、星系から星系へと旅するクジラのような巨体クリーチャー。パーギルはハイパースペースを航行することができ、銀河系の知的種族はこの生物に影響を受けてハイパードライブ・テクノロジーを発明した。しかしヘラ・シンドゥーラによるとパーギルには宇宙船に接近して進行方向を塞ぐ習性があり、ハイパースペース航行中の船との衝突事故も起きることから、ほとんどの宇宙航行者はパーギルを厄介者扱いしていた。多数の航行者がパーギルが原因の事故で命を落としたため、この生物を目にするなり発砲する者が多かった。
--- ここまで ---

 パーギル、地球に来てほしい。\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索