Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

魔術師本(SICP)、ガウディ本(CTMCP)。どっちを先に読むべきか2006年06月11日 23時09分15秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ブログに、40の手習いさんから、質問がありました。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/06/01/389616#c394788
をみてください。

「今SICPを40歳を目前にして読み始めてますが(本当に読み始めたところです)
、お勧めのCTMCPとどちらを先に読むのが良いのでしょうか。SICPの内容を理
解しながら進むのが脳体力的に厳しく、でも感心や驚きを感じられるのでこの
まま進みたいとも思い悩んでおります。CTMCPを先にしたほうがSICPを読むの
が楽とかまた、その逆とかがあるのでしょうか」

というもの。
 まず、略号の説明。
 SICPは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262510871/showshotcorne-22/ref=nosim
Harold Abelson, Gerald Jay Sussman, Julie Sussman著「Structure and
Interpretation of Computer Programs」
のこと。
 SICPの翻訳は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489471163X/showshotcorne-22/ref=nosim
Harold Abelson, Gerald Jay Sussman, Julie Sussman著、和田英一訳「計算
機プログラムの構造と解釈」
CTMCPは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262220695/showshotcorne-22/ref=nosim
Seif Haridi, Peter Van-Roy著「Concepts, Techniques, and Models of
Computer Programming」(MIT Press)
です。

 ぼくは、SICPは言いやすいけどCTMCPは言いにくいので、CTMCPをその表紙か
らガウディ本と呼ぶことにします。ガウディで有名なサグラダ・ファミリア聖
堂が表紙だからです。
 逆に、SICPはその表紙から魔術資本、お、面白い誤変換。魔術資本。いいな
あこれ。魔術的金融工学で資本を生み出すんでしょうか。ハリー・ポッターも
びっくり。\(^O^)/
 もとい、魔術師本と呼ばれていますが、これ、ぼくには発音しにくいんです
よね。滑舌悪いから。
 あ、ググッたら、YouTubeに「滑舌の悪いニュースキャスター」と題して、
自分の練習?をアップロードしている人がいる。しかもNewYork Timesを読み
上げて、英語版まで作ってる。日本語の紹介では、自分は本物のニュースキャ
スターにはなれないなんて書いてあるのに、英語の紹介では、「I'm famous
newscaster in Japan. My dream is to become a newscaster in the United
States.」なんて書いている。経歴詐称?^^;
 詳しくは、
http://youtube.com/watch?v=9i6CocTiDKM
をどうぞ。
 SICPは、書くときは指がどうしてもSCIPとなっちゃいます。この前も指摘さ
れて全部直しました。だもんで、書くときは魔術師本、話すときはSICPにした
ほうがいいかも。
 今回は、魔術師本(SICP)、ガウディ本(CTMCP)と書きましょう。かえって、
面倒くさくなったけど。

 さてやっと本題。
 魔術師本(SICP)とガウディ本(CTMCP)のどっちが先がいいかといえば、スタ
イルも扱うジャンルもアプローチも違うし、補完関係があるので、どっちも読
んだほうがいいし、どっちが先ともいえません。
 それに両方とも分厚いし、計算の本質とは何かというけっこう難しい概念を
扱っているので、独学だと最後まで読み通すのに時間がかかると思います。だ
から、適当なところで、もう一方の本を読むのもいいのではないでしょうか。
 両方の違いを簡単にまとめると、

・魔術師本(SICP)
 利用する言語は、Scheme。
 プログラミングの対象は、数学や工学から多くの例をとっている。説明は細
かい記述が多い。扱うのは、逐次的(シーケンシャル)な世界。

・ガウディ本(CTMCP)
 利用する言語は、Oz。
 計算の概念やモデルをきれいに腑分けしてある。ある概念やモデルを象徴す
るような特徴的な言語として、Java, Prolog, Erlang, Haskellなどの言語も
扱う。
 シーケンシャルな世界のみならず、並列(パラレル)/並行(コンカレント)な
世界、分散(ディストリビューテッド)な世界も扱う。
 つまり、Ozは並列分散マルチパラダイム言語。

 印象でいうと、魔術師本(SICP)は、深くそこそこ広く、ガウディ本(CTMCP)
は広くそこそこ深くという感じ。
 したがって、魔術師本(SICP)は、数学的な話も苦にならず、細かい話もいと
わない人なら、先に読んでいいし、ある程度読んで計算の本質的な話やプログ
ラミングのアイデアがわかってくると、ガウディ本(CTMCP)はかなりすらすら
読めるし、概念の整理になるはず。そして、並列分散のモデルも身につく。
 逆に、ガウディ本(CTMCP)を先に読むと、広い視野が身につくので、魔術師
本(SICP)で深く探るという感じでしょうか。
 分量と内容からすると、ガウディ本(CTMCP)のほうが読み終えるのは早いか
もしれません。でも、先に書いたように両方いい教科書なので、あっち行った
り、こっち行ったりで勉強してもいいんじゃないでしょうか。
 どっちかというと、ガウディ本(CTMCP)が先のほうがとっつきやすいかも。
ただ、魔術師本(SICP)は日本語がありますが、ガウディ本(CTMCP)はありませ
ん。その辺、英語が苦手だと、日本語訳がある魔術師本(SICP)がとっつきやす
いかも。

 あと、SICPを勉強し始めた人のコメントがもう1つありましたよね。あれも
コメントしてあげたいことがあったんですが、ちょっと、今日はもうすみませ
ん。

 あ、オランダが先制。
 明日はいよいよ日本対オーストラリアですね。今日、スーパーでオージービ
ーフが安売りしていました。これは、オージービーフを食って日本代表を応援
せよという配慮だろうと勝手に解釈して、オージービーフ買って来ました。
 明日の夕食は、オージービーフです。\(^O^)/

コメント

_ 40の手習い ― 2006年06月13日 22時12分55秒

ありがとうございます。とりあえず「日本語から」読むことに・・・(笑)。JAVA、PHPやSQLでサンデープログラマをする身ですが、SICPを読み進むにつれ「ああ他人のソースを利用するだけで、自分で考えてないよなあ」と嘆くばかりです。若かりし頃は、すべて自分で考えて(これが楽しく)Z80アセンブラ(これがしんどい)だったんですがねえ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/06/11/401548/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年12月27日 09時23分08秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
--
 まだ、グーグル本が出てますね。
 しかも、スティーブン・レヴィ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2015年04月07日 10時08分23秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これまで何度も紹介してきた、TAOCP, SICP, CTMCPなどコンピュータサイ