Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

山下洋輔「ドファララ門」刊行記念トーク&ライブ2015年02月11日 01時11分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 日曜日、山下洋輔「ドファララ門」刊行記念トーク&ライブに行ってきました。
http://www.zakzak.co.jp/fujievent/news/20141121/evt1411211210001-n1.htm
山下洋輔「ドファララ門」トーク&ライブ
2014.11.21
 演奏後、だいぶ並びましたが、「ドファララ門」にサインも頂戴して、ご機嫌
でした。

 第1部は、山下洋輔、相倉久人、菊地成孔、お三方によるトーク。
 第2部は、山下洋輔(pf), 堀越彰(ds), 菊地成孔(ts)によるライブ。

 トークでは、母方のルーツを追ったのが、「ドファララ門」なら、父方の
ルーツを追ったのが、「ドバラダ門」という話が出て、なんと「ドバラダ門」
から、もう25年も経っているんだと、年の流れの速さに、改めて、恐ろしく
なりました。
 菊地さんは、大先輩お二人を立てて、見事な進行ぶりでした。
 菊地さんから、「ドファララ門」は、カート・ヴォネガット・ジュニアの
「スローターハウス5」もびっくりの、超時空小説の傑作だという話がありま
した。
 山下さんがフリージャズに目覚める前後の話もありました。当時のアンダー
グラウンド的文化状況や相倉さんの影響がいかに大きかったか。
 相倉さんの名前の由来と、先祖のご結婚の話は、びっくりですね。明治とい
う時代の激動が、どれほどすさまじかったか。
 そうそう。山下洋輔のエッセイは、ジョージ川口に代表されるジャズマンの
法螺話の伝統を受け継いでいるなんていう人は、ちっともわかってないという
話が、菊地さんと相倉さんからありました。山下さんのは、あまりに面白すぎ
るから法螺と思う人がいるが、法螺じゃなくて実際にあった出来事なんだと。
 それに応えて山下さん「周りに面白い人がいっぱいいたんですよ」。
 それだけ、人を惹き付ける魅力が山下さんにあるということでしょう。
 いまに至るまで、その吸引力が衰えないのが、素晴らしい。
 ダイソンの掃除機か。
 そうか。よし、決めた。今後は、ミドルネームをダイソンにして、
山下ダイソン洋輔
と呼ぶことにしよう。\(^O^)/
 それにしても、ジョージ川口さんの、ギャラが駆逐艦というのは、すごすぎる。
嘘に決まってるが、ジョージさんなら、ひょっとしたらと思わせるところが、
また、すごい。
 菊地さんから、「ドファララ門は、時空を自在に飛び回ってますが、この前、
時系列的に並べた自伝を出されましたよね。なんといったかなあ」という話が
あって、みなさん、ちょっと思い出せず、何かのムックかなという話がありま
したが、日経での連載をまとめた「即興ラプソディ―私の履歴書」じゃないで
しょうか。
 菊地さんから、「ドバラダ門」「ドファララ門」、そして時系列に並んだ本
(ぼくは「即興ラプソディ―私の履歴書」だと思います)の3冊は、セットなの
で、3冊読んでくださいというアドバイスがありました。

 第2部のライブ、このトリオでの演奏を聴くのは、初めてでしたが、素晴ら
しかった。
 セットリストは以下。
1 Jong's Jump
2 おじいさんの古時計
3 ドファララ即興曲
4 Everytime We Say Good bye
5 Spider
アンコール Kurdish Dance

 堀越彰さんのドラム。パワフルで変幻自在ですね。山下さんが、お気に入り
なのも、納得。
 菊地のサックス、断末魔のような、あるいは何か電子回路を引っかき回した
ような音まで出していて、一体、あれは何だ。ソプラノサックスもよかったで
す。
 ぼくは、ソプラノサックスとバリトンサックスの音が、大好きです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794968647/showshotcorne-22/
ドファララ門 単行本 2014/12/6
山下 洋輔 (著)

 晶文社にある紹介。
http://www.shobunsha.co.jp/?p=3402
ドファララ門

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103437030/showshotcorne-22/
ドバラダ門 単行本 1990/8
山下 洋輔 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101233063/showshotcorne-22/
ドバラダ門 (新潮文庫) 文庫 1993/9
山下 洋輔 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532168228/showshotcorne-22/
即興ラプソディ―私の履歴書 単行本 2012/2/23
山下 洋輔 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415010302X/showshotcorne-22/
スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302) 文庫 1978/12/31
カート・ヴォネガット・ジュニア (著), 和田 誠 (イラスト), 伊藤典夫 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/12/04/7509600
山下洋輔「ドファララ門」が出ますね
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/18/6749500
筒井康隆、大人買いと電子書籍。山下洋輔さんのエッセイ集も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/21/1863129
タモリ、坂田明、中村誠一、山下洋輔、ハナモゲラ語
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/20/4447113
感動で言葉にならない山下洋輔トリオ復活祭
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/04/08/7269900
山下洋輔、ソロピアノ・コンサート
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/24/7397049
山下洋輔スペシャル・ビッグバンド2014

http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/01/30/7559216
文學界、対談 筒井康隆×佐々木敦
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/12/04/7509601
筒井康隆コレクション発刊記念 『日本SFの幼年期を語ろう』
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/02/28/7233982
筒井康隆「創作の極意と掟」トークイベント。「ペニスに命中」のことも。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/12/24/7523219
ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰- 今週、金曜日まで

コメント

_ 阿童夢 ― 2015年02月11日 17時30分39秒

初めまして。
 私も「乳の詫び状」でトーク&ライブを教えてていただき即チケットをゲット。楽しい時間が過ごせました。TKS!
 「ドファララ門」と前作「ドバラダ門」を持参。会場で本を購入しないと整理券がもらえず、整理券組120人以上が済むのを待って、洋輔さんに「をっ!ダブルですね」と褒められつつ(?)サインをいただきました。
 しかし、あの三人でトークが纏まったのは奇跡!? 菊地成孔の手綱さばきが良かったのかなぁ~。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2015年04月09日 10時14分31秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 毎年恒例、春の山下洋輔ソロピアノコンサート、また行ってきまし
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索