Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

図解・内臓の進化、図解・感覚器の進化、人体から学ぶ地球の歴史、「退化」の進化学、進化から見た病気、分子からみた生物進化2014年02月27日 10時40分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062578530/showshotcorne-22/
図解・内臓の進化 (ブルーバックス) [新書]
岩堀 修明 (著)

 講談社にある紹介。あ、弾さん(小飼弾)が水仙になっている。もとい、推薦
になっている。最近、弾さん、いろんな本のオビに登場しているね。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257853
図解・内臓の進化

 第1弾は、これだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062577127/showshotcorne-22/
図解・感覚器の進化―原始動物からヒトへ水中から陸上へ
(ブルーバックス) [新書]
岩堀 修明 (著)

 講談社にある紹介。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2577127
図解・感覚器の進化

 似た路線は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406257537X/showshotcorne-22/
「退化」の進化学―ヒトにのこる進化の足跡 (ブルーバックス) [新書]
犬塚 則久 (著)

 講談社にある紹介。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257537X
「退化」の進化学

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576260/showshotcorne-22/
進化から見た病気―「ダーウィン医学」のすすめ (ブルーバックス) [新書]
栃内 新 (著)

 講談社にある紹介。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2576260
進化から見た病気

 この前、紹介したのは、これ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062578492/showshotcorne-22/
分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史 (ブルーバックス) [新書]
宮田 隆 (著)
 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IJ6V060/showshotcorne-22/
分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史 (講談社ブルーバックス)
[Kindle版]
宮田隆 (著)

 講談社にある紹介。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2578492
分子からみた生物進化

と思ったら、紹介してない。^^; 検索しても出てこない。
 自分で買って読んで、紹介したつもりになっただったか。
 名前を出したのは、この2つだった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406257800X/showshotcorne-22/
ゲノムが語る生命像 (ブルーバックス) [新書]
本庶 佑 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062578298/showshotcorne-22/
エピゲノムと生命 (ブルーバックス) [新書]
太田 邦史 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/01/19/7197120
これからのバイオインフォマティクスのためのバイオ実験入門、バイオインフォマティクス―生命情報学を考える、ゲノムが語る生命像、エピゲノムと生命、生命科学、文系のための生命科学、理系総合のための生命科学

 日経サイエンスでも、人体の進化が、いきあたりばったりだったり、病気は
進化のせいでもあるという話があったけど、この前、ヒストリーチャンネルで、
人体に地球の歴史が刻み込まれているという番組があったよ。

 日経サイエンスは、これ。うわあ、もう5年も前? 2年前くらいと思って
いた。記憶、おかしいなあ。
 また、宇宙人にさらわれて、偽の記憶を植え付けられたんやろうか。\(^O^)/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001RQ13CU/showshotcorne-22/
日経サイエンス2009年4月号
 これ、別冊になってないのかな。
 しかし、たまがったな。
「日経サイエンス 人体 進化 病気」
で、検索したら、日経サイエンスを差し置いて、おれの書いたものが2番目に
出た。大丈夫か、日経サイエンス。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/15/4180754
日経サイエンス2009年4月号進化論大特集、病気の起源、驚異の昆虫

 番組はこれこれ。
http://www.historychannel.co.jp/detail.php?p_id=00719
人体から学ぶ地球の歴史
--- ここから ---
地球誕生後のおよそ45億年の謎に迫る。私たちの惑星はどのように、またなぜ
このような変化を遂げてきたのだろうか。新たな手掛かりが、火山跡や峡谷の
中でもない私たち一人一人の身体の中にあることが分かった。ヒトがしゃっく
りをするとき、デジャブを感じた瞬間、フットボールを投げるときなど、人の
精神構造や人体のメカニズムが、何百万年、何十億年前に遡る壮大な地球の形
成と深くつながりがあることが分かってきた。惑星衝突や地球規模の大量絶滅、
大陸移動にまつわる鍵が、私たちの身体の中に隠されている。地球の辿った歴
史を解き明かしながら、同時に人体の歴史も紐解いてゆく。
--- ここまで ---

 あ、こういうのもやってるね。ビル・ゲイツが推薦している。
http://www.historychannel.co.jp/bighistory/
ビッグ・ヒストリー
科学の眼でみる壮大な歴史
「ビッグ・ヒストリーは、今までで、私が一番好きな授業だ。」

 小飼弾も推薦。ビル・ゲイツも推薦。ちゅうことは、おれも何が推薦せんと
いけんやろうね。
 せんでええ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/02/27/7233187/tb

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2014年03月17日 09時59分06秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 当日で、すみません。
 NHK BS1で「病の起源」が4夜連続でありま