Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

ラグビー日本選手権準決勝。府中ダービーはサントリーの快勝。2012年03月16日 05時21分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のkick/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 府中に本拠を置く、東芝とサントリーの府中ダービーとなった、ラグビー日
本選手権準決勝。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/10/6369659
ラグビー日本選手権、準々決勝。東芝圧勝。NECナドロ大噴火\(^O^)/

 試合開始から、お互いトップギアのぶつかり合いになりました。
 詳しい試合経過は、以下を読んでもらうとして、いくつかポイントになった
ことを。
 まず、東芝は、大大大ベテランの松田努選手が先発。日本選手権の最年長出
場記録を更新したと思います。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/10/6369659
ラグビー日本選手権、準々決勝。東芝圧勝。NECナドロ大噴火\(^O^)/
で書いたように、1991年のラグビーワールドカップの日本代表なんだもんね。
 41歳でも、ますます元気。
 試合開始早々に東芝が得たペナルティ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/19/6340083
ラクビー、府中ダービー、プレーオフ、東芝、サントリー、がんばれ!
で書いたように、この前の府中ダービーは、ゴール正面なのにペナルティゴー
ル(PG)を狙わず、観衆がどよめきましたが、さすがに今回は、PGを狙って先制
しました。
 その後は、東芝の激しい攻撃に防戦一方のサントリーが、ワンチャンスでト
ライを取りました。この辺は、試合巧者。
 スクラムハーフ(SH)のフーリー・デュプレア選手がうまく粘って、空いたス
ペースにフルバック(FB)の有賀剛選手が見事な判断で走り込んでパスを受けて、
そのままトライ。二人のセンスが光るプレーでした。
 有賀選手は、府中市内で間近で見たことあるよ。サントリーでは、佐々木隆
道選手も、間近で見たことがある。どちらも畏れ多くて、声などかけられない。
おれって、体も弱いし、気も弱いから。\(^O^)/

 前半は、2回、東芝にトライかと思われるプレーがあったけど、ビデオ判定
(TMO, テレビマッチオフシャル)で、いずれもトライならず。前半の最後は、
5分以上だと思ったが、サントリーゴール前での攻防だった。東芝が攻めに攻
めるんだけど、サントリーが、なんとか凌ぎきった。これが大きかった。
 後半、サントリーの攻撃にさらされて、東芝には自陣での反則が増えた。サ
ントリーがPGを決めて、流れは、徐々にサントリーに。
 東芝は攻めるんだけど、サントリーの懸命のディフェンスに攻めきれず、そ
うこうするうちに、サントリーの青木佑輔選手が、インターセプトから独走ト
ライというビッグプレーが出ました。
 これは、東芝が、パナソニックにトップリーグのプレーオフで負けたときと
同じパターン。反則が増えたことといい、この大きなミスといい、東芝は自滅
しましたね。これで2年連続で無冠。悔しいでしょうが、現実です。巻き返し
に期待ですね。

http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/19/6340083
ラクビー、府中ダービー、プレーオフ、東芝、サントリー、がんばれ!
で書いたように、府中市内で、家族連れで歩いているのを近くで見たことがあ
るサントリーのニコラス・ライアン選手は、キックを全部決めました。対照的
に、東芝のデイビット・ヒル選手は、何本かはずして、それが流れを決めまし
た。
 特に、後半、PGでサントリーが逆転した直後に得たPGがはずれたのが、大き
かった。あれで、逆転していれば、まだ、わからなかったと思います。
 トップリーグでは、国立競技場を、まず使わないので、慣れてないから、デ
イビット・ヒル選手は、試合前の練習で入念にキックをチェックしていたけど、
本番では生かせなかったですね。

http://www.rugby-japan.jp/national/japan/2012/id13421.html
TOPマッチレポート特別編「日本選手権・準決勝」レビュー(サントリー 23-8
東芝)
http://www.rugby-japan.jp/national/japan/2012/id13401.html
日本選手権・準決勝 マッチ&会見レポート(サントリー 23-8 東芝)

 エディー・ジョーンズ監督が、
--- ここから ---
ジョージ・スミス選手は手に石鹸をつけていたのかな(笑)。トップリーグMV
Pの賞を返さなくてはいけませんね。
--- ここまで ---
と語っているのは、ジョージ・スミス選手が、滅多にないことですが、前半早
々から、2回もノックオンした(ボールを落とした)ことを指しています。
 東芝は、うまくジョージ・スミス選手を封じていました。
 そのせいもあって、サントリーは、華麗にバックスに展開するアタッキング
ラグビーはできませんでした。特に前半は、防戦一方でした。
 それでも、ワンチャンスでトライをとり、さらにPGで着実に差を広げて勝ち
きるあたりが、エディー・ジョーンズ監督になってからのサントリーの強さ。
 リーグ戦で、唯一の黒星を喫したのが東芝との試合でしたが、後半20分過ぎ
からサントリーはフィットネスが落ちるので、逆転できると思っていたと東芝
側からいわれたのが、エディー・ジョーンズ監督には、カチーンと来たらしく
て、しっかり準備したそうです。それで、後半20分を過ぎても、サントリーの
ディフェンスは乱れませんでしたね。
 東芝は、前半、連続攻撃の中でのサインプレーで、実に鮮やかなトライを決
めましたが、後半の攻撃は単調な力攻めになって、ああいう変化をつけた攻撃
ができず、サントリーのディフェンスが対応しやすくなってましたね。
 東芝は、帝京大との試合で、SHの吉田朋生選手がケガをして、この試合はス
タンド観戦だったのも痛かったでしょう。後半途中からのインパクトプレーヤ
ーとして、吉田朋生選手を投入して、彼のスピードとパス回しで、攻撃をテン
ポアップして、相手を粉砕するのが勝ちパターンでしたから。
 JSportsの中継では、解説の藤島大さんが、「アタッキングラグビーという
キャッチフレーズのラグビーができなくても、勝ってしまう。それが王者の強
さ、底力だ」と言ってました。まさにそういう試合でした。

 試合後のサントリーの畠山健介選手インタビューはよかったですね。途中、
声をつまらせるシーンもありました。
 畠山選手は、宮城県気仙沼の出身で、実家が津波で流されたそうです。
 ラグビーで獲得した数々のトロフィーやカップも流されて、残ったのは、日
本代表のユニフォームだけだったそうです。その後、流されていたトロフィー
やカップもいくつか見つけて届けてくれた人がいるそうですが、大変な被害に
遭ったのは間違いないですね。声を詰まらせたときは、この試合にかける思い
が、心の中で、一挙に去来したんでしょうね。
 JSportsの中継で話が出たと思うが、ぼくが大好きな東芝の大野均選手は、
サントリーのダニー・ロッソウ選手と、生年月日が同じ1978年5月6日。
 時は、1年前に大震災のあった3月11日。しかも、相手は、同じ府中市に本
拠を置くサントリー。
 今シーズンは、ラグビーワールドカップがあった関係で、日程が1ヵ月くら
い後ろにずれているので、3月11日に公式戦、それも日本選手権という大舞台
の試合があるわけです。
 大野選手は、そんなこんなの因縁を感じて、東北の人たちに、前に突き進む
力を感じてほしいという思いで、この試合を戦うと語っていたそうです。

 NHKの中継の最後は、東芝の大野均選手とサントリーの畠山健介選手が、試
合後に抱き合っているシーンでした。東日本大震災で被災した東北出身のこの
二人が、被災地に届けた思いを印象づけるラストでした。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120311/oth12031119520034-n1.htm
東北出身のサントリー畠山と東芝の大野「何か熱いものが伝われば」
2012.3.11 19:51

 準決勝のもう一試合は、NECとパナソニック。
 これは、パナソニックがやり放題。NECは、見せ場なし。パナソニックから
すれば、大楽勝。NECからすれば大惨敗です。
http://www.rugby-japan.jp/national/japan/2012/id13411.html
TOPマッチレポート特別編「日本選手権・準決勝」レビュー(NEC 3-41 パナソ
ニック)
http://www.rugby-japan.jp/national/japan/2012/id13442.html
日本選手権・準決勝 マッチ&会見レポート(NEC 3-41 パナソニック)

 トライ王の怪物、ナドロ選手も完全に封じられました。
--- ここから ---
トップリーグのトライ王ネマニ・ナドロ対策も万全だった。あえてナドロを狙
ってボールをキックし、背走させてキャッチさせたところで密集に巻き込み体
力を消耗させる。前を向いた状態ではボールを持たせなかった。
--- ここまで ---

 ということで、次は、いよいよ、サントリー対パナソニックの決勝。
 府中市民としては、なんとしてもサントリーサンゴリアスに勝ってもらいた
い。
 トップリーグのプレーオフ決勝では、サントリーが、パナソニックの密集付
近の守備に穴があることを見抜いて、トライを取りましたが、パナソニックは、
すでに対策済みですね。
--- ここから ---
際立っていたのは、パナソニックの出足のいいディフェンスである。トップリ
ーグプレーオフファイナルで、密集周辺をサントリーに何度も突破された反省
から、この周辺のディフェンスを分厚くし、個々の役割を再確認。
--- ここまで ---

 ロースコアの展開になったら、自陣でのペナルティ数とそれで得たPGが決ま
るかどうかが勝敗の分かれ目。
 東芝戦では、ニコラス・ライアン選手は、完璧でしたが、その前の試合は、
不調だった。その点、パナソニックは、田邉淳選手という絶対的なキッカーが
います。田邉選手は、どこからでも決めてくるというイメージがあります。
 サントリーとしては、自陣で反則をしないことですね。
 それと、ジャック・フーリー選手のインターセプト狙いに要注意。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/27/6349502
サントリー、トップリーグ優勝\(^O^)/ 東芝は自滅で惨敗^^; タグラグビー
のフォーリスカップのことも
で書いたように、彼は、すごく狙っているし、自分の判断で予想外のところに
ポジションチェンジして、パスを受けて、快足で切り裂いてくる点も要注意。
 ケガで今シーズンをほとんど棒に振っていたキャプテンの霜村誠一選手も戻
ってきたし、たしか、トップリーグプレーオフ決勝では、ケガでいなかったダ
ニエル・ヒーナン選手も戻ってきたし、トップリーグプレーオフ決勝でのパネ
ソニックより数段パワーアップした相手だと思わないといけないですね。
 しかし、サントリーに勝ってほしい。
 サントリーサンゴリアス、がんばれ!

 府中市は、3年連続で、東芝とサントリーが、トップリーグか日本選手権で
優勝できないと、市長が責任を取って辞めないといけないんですよ。
 ほんとか、おい。
 ほんと、ほんと。三洋電機(いまのパナソニック)が、一昨年まで日本選手権
で3連覇したときは、市長が替わったよ。
 おいおい。正三郎は、また宇宙人にさらわれて、偽の記憶を植え付けられと
るんやないか。\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索