Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「手を動かして考えればよくわかる 高効率言語 Rust」「コンセプトから理解するRust」2022年02月14日 10時23分03秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 人気急上昇中のプログラミング言語Rust、中級向けの本が出てます。
 洋書では、数年前から、中級向けのRust本がいろいろ出ていますが、日本でもようやくということでしょう。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4802613512/showshotcorne-22/
手を動かして考えればよくわかる 高効率言語 Rust 書きかた・作りかた 単行本 – 2022/1/21
クジラ飛行机 (著)

 出版社のソシムにある紹介。
http://www.socym.co.jp/book/1351
手を動かして考えればよくわかる
高効率言語 Rust 書きかた・作りかた
効率がよくて高速、そして今どきの言語!
豊富なサンプルでPythonユーザーに優しい移行点を解説!
これから始める人も、ちょっと挫折してしまった人にも。

 目次をみると、Rustのポインタの扱い、所有権の移動にもページを割いているようだし、とても、よさげ。
 面白いのは、Pythonプログラマ向けに、Pythonでこう書いていたのは、Rustではこんな風に書けるよという視点があること。

 Haskellなど関数型プログラミング(FP)では、モナドが難関と思われているのと同様、Rustのポインタの所有権の移動は、難関だと思われているらしい。
 何度か書いているけど、C/C++でポインタの所有権を意識できない人は、C/C++でプログラムを書く資格はない。ポインタの扱いを間違えると、メモリが壊れてシステムが止まる深刻なバグになるから。
 C++11以降のいわゆるModern C++のスマートポインタで、所有権の扱いは楽になったけど、それでもやはりある程度、意識はしないといけない。それはRustでも同じ。
 それが理解できない人は、ガベージコレクション(GC)があって、ネイティブコンパイルができるGo言語にしたほうがいいと思います。

 この本、紙書籍だけなんですよ。著者のツイートが偶然流れてきて、出版を知ったが、うち、もう、本が多すぎて断捨離しろ、紙書籍はだめという状態なので、著者に、電子書籍はないですか?と訊ねたら、出版社に相談してみますということだった。
 しかし、出版社のソシムに行ったら、全然、電子書籍を出してないし、今後も出そうな気配がないから、期待薄。
 紙書籍を、ご祝儀で買おうと思ったけど、
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/12/22/9449903
プログラミングRust 第2版、並行プログラミング入門―Rust、C、アセンブリによる実装からのアプローチ、JavaScript 第7版
で、紹介した、「プログラミングRust 第2版」を買ったばかりだし、紙書籍を買うとしても来月かな。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873119782/showshotcorne-22/
プログラミングRust 第2版 単行本(ソフトカバー) – 2022/1/19
Jim Blandy (著), Jason Orendorff (著), Leonora F.S. Tindall (著), 中田 秀基 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。電子書籍は、こちらで買えます。
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873119786/
プログラミングRust 第2版

 もう1冊。技術評論社から「コンセプトから理解するRust」が出ますね。
 電子書籍があるけど、これもご祝儀で買うとしても、来月かな。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297125625/showshotcorne-22/
コンセプトから理解するRust 単行本(ソフトカバー) – 2022/2/12
原 旅人 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B09RQGMYKZ/showshotcorne-22/
コンセプトから理解するRust Kindle版
原 旅人 (著) 形式: Kindle版

 技術評論社(技評)にある紹介。PDFなど電子書籍も買えます。
https://gihyo.jp/book/2022/978-4-297-12562-2
コンセプトから理解するRust
[表紙]コンセプトから理解するRust
2022年2月12日紙版発売
2022年2月7日電子版発売
原旅人 著
B5変形判/360ページ
定価3,520円(本体3,200円+税10%)
ISBN 978-4-297-12562-2

関連:
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/12/22/9449903
プログラミングRust 第2版、並行プログラミング入門―Rust、C、アセンブリによる実装からのアプローチ、JavaScript 第7版
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/08/29/9416582
LispのコードをRustに移植したら、Lispより遅かった件

 ブログに書くといって、まだ書き上げてないのは、これのこと。
https://twitter.com/nhk_docudocu/status/1482125374515564547
--- ここから ---
15日夜10:40】
【ストーリーズ】ノーナレ
変かんふうふ
コンピューター史に残る
伝説の夫婦の物語

スマホやパソコンでも欠かせない #漢字変換の誕生秘話。ビル・ゲイツも認めたコンピューター史に残る伝説の夫婦の物語。
--- ここまで ---

 この番組は、大嘘。歴史、技術史の捏造。
https://twitter.com/shownakamura/status/1482404046610698242
--- ここから ---
当時現場にいた人間として抗議。この番組の仮名漢字変換の歴史は大嘘。浮川夫妻が最初ではない。パソコンでは管理工学研究所の日本語ワードプロセッサが世界初。その前に専用機では東芝のJW-10。研究は九大の栗原先生が1967年に論文発表。
参考
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/09/28/8966194
長尾真(情報工学者)新井紀子(数学者)対談:意味が「わかる」とはどういうことか。九州大学、栗原俊彦先生の仮名漢字変換のことも。
ブログで批判を書く予定。
--- ここまで ---
 よろしければ、このツイートをリツイートしてください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック