Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

大大大ヒットマンガ「進撃の巨人」、ついに完結。作者の諫山創は大分の日田出身。情報省のスパイ。進撃の巨人のバックは情報省\(^O^)/2021年06月11日 09時30分38秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 大大大ヒットの「進撃の巨人」が完結したので、購入したい人の長い長い行列ができたり、大騒ぎだね。
 どこの本屋だったか、店員さん、調査兵団のコスプレしてた。

 大事なこと。
 何度も書いているが、情報省ファン、もとい、情報省ウォッチャーとして忘れていけないのは、これ。
 作者の諫山創は大分の日田出身。情報省のスパイ\(^O^)/
 進撃の巨人のバックは情報省\(^O^)/

 情報省が何か知らない人は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/18/6950045
高倉健 主演映画「あなたへ」でわかる情報省支配
の最後、
【コラム「情報省と、その支配とは」】
を読んでください。

 NHK「ブラタモリ」でも、行ってたね。進撃の巨人の壁は、まさに、故郷の光景だったんだなと思いました。

https://www.nhk.jp/p/buratamori/ts/D8K46WY9MZ/episode/te/GN779NQ17M/
「進撃の日田〜“囲まれた世界”の宝とは?〜」
--- ここから ---
「進撃の巨人」の世界観の秘密は日田の地形にあり!?大分県日田市が誇る宝の数々をブラブラ歩いて解き明かす!▽タモリが20代に2年半過ごした日田の地で思い出を語る!

「ブラタモリ#176」で訪れたのは大分県日田市。旅のお題「進撃の日田“囲まれた世界”の宝とは?」を探る▽「進撃の巨人」作者・諫山創さんの出身地・日田市で、崖に囲まれた地形の謎に迫る▽「髪切った?」登場人物に憧れイメチェンしたのは誰?▽タモリが過ごしたボウリング場は今?▽江戸時代の九州の中心・日田の繁栄を象徴する宝とは?▽名物・日田下駄を支えた杉の魅力とは?▽小鹿田焼・一子相伝の伝統はなぜ守られた?
--- ここまで ---

 関連を読んでもらうとわかるが、数々の大ヒットマンガの作者には、情報省のスパイが多すぎる。
 最近では、「進撃の巨人」以外にも、「鬼滅の刃」も「キングダム」も、全部、情報のスパイ\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065234174/showshotcorne-22/
進撃の巨人(34) (講談社コミックス) コミック – 2021/6/9
諫山 創 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B093PWG7BG/showshotcorne-22/
進撃の巨人(34) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版
諫山創 (著) 形式: Kindle版

 あー、特装版が2種類もある。最後の一絞りやのぉ。二絞りか。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4065234166/showshotcorne-22/
進撃の巨人(34)特装版 Beginning (プレミアムKC) コミック – 2021/6/9
諫山 創 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B093PVG9MR/showshotcorne-22/
進撃の巨人(34) 特装版 Beginning (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版
諫山創 (著) 形式: Kindle版

 でも、Endingの紙書籍は、アマゾンでは見つけられなかった。転売ヤーの餌食?

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B093PXKD2Z/showshotcorne-22/
進撃の巨人(34) 特装版 Ending (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版
諫山創 (著) 形式: Kindle版

#マンガでわかる情報省支配

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/02/13/9346881
ビッグコミック、なかいま強「南風原カーリングストーンズ」の台詞がデタラメ。小倉の人間が北九州弁をしゃべらず、博多弁ばかり。電脳騒乱節。マイクロソフト元社長、成毛眞が圧力をかけて連載を潰した話も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/01/23/9340428
NHK Eテレ「100分 de 萩尾望都」。萩尾望都は、情報省のスパイ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/01/12/9336816
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が「千と千尋の神隠し」を抜いて、歴代1位に。バックは情報省\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/12/07/9324613
映画も大大大大ヒット。グッズもコラボも大大大大ヒット、吾峠呼世晴「鬼滅の刃」はなぜ大大大大ヒットなのか。答:バックは情報省\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2020/05/29/9251769
大大大ヒットマンガ、吾峠呼世晴「鬼滅の刃」でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/03/23/9051019
モーニングの新連載「Iターン」、舞台のモデルは北九州。ネットのバカが誤解している修羅の国ではなく、シニアが移住したい田舎全国1位。島耕作が国際リニアコライダー(ILC)のことを連載。でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774229
NHK 全国短歌大会、俳句大会でわかる情報省支配。マンガと映画「ちはやふる」のことも。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/08/31/8166626
大ヒットマンガ・アニメ・映画「ちはやふる」。聖地、府中・分倍河原の片町文化センターは、建物に主人公たちをペイント島倉千代子\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/15/8049540
「サザエさん」の長谷川町子、浦沢直樹「漫勉」、「ポーの一族」「11人いる!」の萩尾望都でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/08/7981016
おにぎらず、クッキングパパでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/02/7770219
きくち正太「瑠璃と料理の王様と」「おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。」、浦沢直樹「二十世紀少年」、板垣恵介「グラップラー刃牙」「餓狼伝」でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/29/7505899
ブルータス「進撃の巨人」特集号、進撃の巨人展。情報省のスパイ漫画家の快進撃は続く\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/21/7498534
ブルーバックス、「進撃の巨人」と解剖学 その筋肉はいかに描かれたか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/04/24/7293199
松本零士が聖蹟桜ヶ丘の京王デパートに来るよ。小倉のオタクビル「あるあるシティ」、なぜか、みうらじゅん「いやげ物」のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/27/7159422
「進撃の巨人」は、環境問題のメタファだ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/10/7103360
DVD付き 進撃の巨人(12)限定版でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/10/6773285
「ビン 孫子異伝」、「キングダム」、中国の歴史マンガでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/23/6581854
マンガでわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/09/5790088
プロフェッショナル 仕事の流儀、井上雄彦、浦沢直樹、宮崎駿、鈴木敏夫
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/29/5546046
府中で、とりのなん子「とりぱん」サイン会、土下座マンガ「どげぜん」も府中

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2021年08月16日 09時25分14秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 偶然、日経ビジネスの記事を目にした。
 講談社、コミックモーニングに連載中