Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

テレビ情報省汚染:香川照之の昆虫すごいぜ!第1回トノサマバッタの再放送から、仮面ライダー大特集、100分de名著医師の森正太郎への番組編成が恐ろしい。バックは情報省\(^O^)/ クマゼミ、ワシワシのこともあれこれ2022年01月14日 10時35分07秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/12/31/9452349
ほんとにひどいテレビの情報省支配、もはやテレビ情報省汚染というべき惨状。主に年末、年始番組からリスト
で書いた
--- ここから ---
 香川照之の昆虫すごいぜ!は、第1回、トノサマバッタを秋かな、今年、再放送してくれたんです。おれ、それ観てなかったから、うれしかった、ありがたかった。
 その後のNHKの番組編成がすごいのよ。仮面ライダー番組をやって、石ノ森章太郎特集までやったよ。どう考えても、バックは情報省\(^O^)/
 あー、クマゼミ、おれらはワシワシと呼んでいたが、ワシワシのこと、書いたはずなんだけど、検索で出てこない。また書くか。
 あ、今日は出た。\(^O^)/


ワシワシ、クマゼミ関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/06/1708464
ワシワシ
--- ここまで ---
の補足。
 まず、ワシワシ、クマゼミ関連で書き忘れ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/06/1708464
ワシワシ
のエピソードに追加。

 妻が北九州から上京してきた最初の夏に言ったことを思い出した。こう言った。
「東京の夏は、静かやね。ワシワシがおらんのやね」
 ぼーっとしているおれは、指摘されるまで、気づかなかった。たしかに、ワシワシがいないから静かだった。とにかく、ワシワシはうるさいもんね。

 福岡のテレビで、メインの繁華街、天神で街頭インタビューしてたら、ワシワシがうるさすぎて、声がよく聞こえないの。あれには、笑った。
 でも、ワシワシは元気がいいから、大好き。
 小学生のころは、ほんとによくワシワシに遊んでもらった。
 ワシワシは、小学生のころ、仲間内では拷問道具だった。
 うるさいワシワシを耳元にもっていくと、
「わー、死ぬ死ぬ。許してくれ。何でもしゃべるから、ワシワシだけはやめてくれ」
と懇願するのが、仲間内の定番ギャグ。
 その他の話は長くなるので、股の機械に。

 トノサマバッタの回の途中で、香川照之がクマゼミの話を始めて止まらない。この番組ではしばしばあることだが、その回のテーマの昆虫をそっちのけで、ロケ先で見つけた昆虫について熱く語り始めて、早送りされたり、オンエアでカットされたりして、後に未公開シーンなどと放送されることがある。
 クマゼミに関して香川照之は、昔は、西日本しかいなかったが、今は、全国にいるという話をしていた。
 2011年の東日本大震災の前には、東京電力がスポンサー、メイン司会が高橋英樹で、ほかにクワバタオハラ(くわばたりえ・小原正子)がが出ていた、「トコトンハテナ」という番組が、日曜日の夕方にテレビ東京(テレ東)で放送されていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トコトンハテナ

 ある夏、箱根に行って小田原で、ワシワシの声を耳にして、ああ、小田原にはワシワシが来ていると思った、次の週かな、トコトンハテナで、クマゼミをやったのよ。
 今思えば、情報省トップのおれに忖度して、番組内容を変更したな。\(^O^)/
 番組では、大阪のどこかの駅のタクシー乗り場で客待ちのタクシーの運転手たちにインタビューしていて、運転手たちが子供の頃は、クマゼミは啼いてなかったという話だった。
 香川照之がいう、昔よりもっと昔は、九州にしかいなかったわけ。
 それが、平均気温が東日本でも高くなったのか、北上して、関東のほうまで進出してきたわけ。
 でも、今、府中でワシワシの声を聞くかといえば、聞かない。いるんですか?
 蝉は、地中に7年間もいるから、その間に、開発でビルが建ったり、道路が舗装されたりで、生きて地上に出てこられないケースが多いらしいのね。
 府中もそうなのかも。

https://www.nhk.or.jp/school/sugoize/
香川照之の昆虫すごいぜ!
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=32108
お正月!カマキリ先生の初授業は、越冬する昆虫の奇跡に迫ります!
香川照之の昆虫すごいぜ!「ザ・完全変態」

昆虫すごいぜ!関連:
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/12/31/9452349
ほんとにひどいテレビの情報省支配、もはやテレビ情報省汚染というべき惨状。主に年末、年始番組からリスト
https://iiyu.asablo.jp/blog/2021/08/29/9416593
NHK ものすごい図鑑。NHK Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」と連動。これ、いいわあ。ぜひ、お子さんに見せてあげてください。NHK for School、アニ×パラ あなたのヒーローは誰ですか、ワイワイプログラミング、Why!?プログラミング、戦後75年 戦争について考えてみよう
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/08/14/9410087
NHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」図鑑、カマキリ先生 (著), NHK「昆虫すごいぜ!」制作班 (著)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2021/08/14/9410015
夏休み! カマキリ先生と3週連続昆虫祭り!香川照之の昆虫すごいぜ!「カマキリ先生といた夏は ベスト・オブ・すごいぜ!を打ち上げ祭」。奥本大三郎「完訳 ファーブル昆虫記」のことも。

■仮面ライダー、石ノ森章太郎
 なぜ、「昆虫すごいぜ!」から仮面ライダーにつながるかといえば、上記のように、昆虫すごいぜ!の第1回トノサマバッタの回を特別放送したが、仮面ライダーのデザインのモチーフはトノサマバッタだから。

 その後のNHKの番組編成について。
https://www.nhk.or.jp/anime/kamen-rider/index.html
全仮面ライダー大投票
にあるように、
--- ここから ---
歴史秘話 仮面ライダー ヒストリア
10月2日(土) 午後10時50分
10月10日(日) 午後3時05分【再】
11月3日(水・祝) 午後4時57分【再】
仮面ライダー50年のあゆみを映像で振り返りながら、その魅力に迫ります。
投票の中間結果も発表!
--- ここまで ---
--- ここから ---
「仮面ライダー」第1話
10月10日(日) 午後4時00分
1971年に放送されたTVシリーズ第1話を放送します。
--- ここまで ---
--- ここから ---
発表!全仮面ライダー大投票
11月6日(土) 午後10時30分
作品、仮面ライダー、音楽の各カテゴリーでファンの支持を最も集めたのは?
2時間の生放送でお送りします。
--- ここまで ---
 上記日付は、いずれも2021年。
 「歴史秘話 仮面ライダー ヒストリア」はすごかったね。歴代ライダーを時代のムード、世相別に分類して、いかに制作陣が模索しながら、世相や視聴者の好みの変化に対応していったか、苦労がよくわかる内容だった。
 そして、仮面ライダーの原作者、100分de石ノ森章太郎をアンコール、再放送。おかしいやろ、これ。バックは情報省\(^O^)/
https://www.nhk.jp/p/meicho/ts/XZGWLG117Y/episode/te/RNRZ2J6P2Q/
100分de石ノ森章太郎
初回放送日: 2021年10月17日

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4144072746/showshotcorne-22/
別冊NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎 (教養・文化シリーズ 別冊NHK100分de名著) ムック – 2021/7/26
ヤマザキ マリ (著), 名越 康文 (著), 夏目 房之介 (著), 宇野 常寛 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B099ZS2Y34/showshotcorne-22/
別冊NHK100分de名著 果てしなき 石ノ森章太郎 Kindle版
ヤマザキ マリ (著), 名越 康文 (著), 夏目 房之介 (著), 宇野 常寛 (著) 形式: Kindle版

 おれの中では、仮面ライダーは、V3が最高!
 というか、V3の後は興味が薄れて、観てないです。すみません。
 おれ、50年経った今でも、V3の変身シーンと、必殺技の逆ダブルタイフーンのアクションできるぞ。
 やってみた。できんかった。忘れとる(>_<)

 ここ、よく集めてるね。
http://monrider-ultra.blog.jp/archives/6124870.html
仮面ライダーV3 逆ダブルタイフーン

石ノ森章太郎関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/05/04/9068085
世田谷文学館「萬画家・石ノ森章太郎展」。サイボーグ009で、50年ぶりに、また、泣いた
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/08/28/6557122
雑誌「Pen(ペン)」のサイボーグ009完全読本、最高\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック