Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

北九州:門司が誇るパンの王様「キングパン」。メロンパンと全然違うよ。小倉は「サニーパン」。どっちもずっと食べてない(>_<)2022年01月03日 10時52分30秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
https://tacphen.exblog.jp/15400146/
北九州の黄色い風と共に(1日目中編):門司港周辺サイクリング-ブロンプトンと行く九州12日間⑤
に、キングパンが出てきて、懐かしい。もう1000年以上食ってない\(^O^)/
 60年以上生きてきて、小倉にもキングパンがあるのは初耳。
 門司のキングパンこそ、本物のキングパン。\(^O^)/
 小倉は、シロヤベーカリーのサニーパンで決まり。サニーパンももう100年以上食ってない\(^O^)/

https://news.mynavi.jp/article/20140316-kingpan/
メロンパンじゃない!! 北九州が誇るパンの王様「キングパン」の謎に迫る
2014/03/16 07:00
著者:観月陸
--- ここから ---
「キングパン」の名で地元の人々に親しまれているそのパンの謎を解き明かしてくれたのは、元祖キングパンの店として知られる「ベーカリーヤング」(通称「ヤングパン」)の店主・時永昌二さんだ。時永さんによると、キングパンが誕生したのは今から約60年前。門司港で営業していた「ひさのパン」の一番弟子が考案したのだとか。

「当時の港は非常に栄えていて、門司には外国から来た富裕層が多く暮らしていたんです。そこで、『彼らにも喜んでもらえるハイカラなパンを作ろう!』と意気込んだ先代が、その頃高級だったクッキー生地を使い、プレミアム仕様のパンを作ったんです」。

「キングパン」の名前にはもちろん、パンの王様になってほしいとの願いが込められていた。先代の意志を継ぎ、今でも昔ながらの製法で変わらぬ味を提供している2代目が、「ベーカリーヤング」店主の時永さんというわけだ。
--- ここまで ---

 えっ、いま、キングパンは、大里の上馬寄にあるヤングTODAで売ってるのか。
 ヤングベーカリーは、ずっと上馬寄? おれ、キングパンは、門司港の栄町商店街のパン屋で買って食ってた記憶がある。
 キングパン発祥のパン屋といわれるヤングベーカリーの名前が変わったの?
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400501/40033494/
ヤングTODA
ヤングベーカリー@北九州市門司区 キングパン発祥のパン屋さん
https://www.ekiten.jp/shop_58489939/
ヤングTODA
 ヤングベーカリーじゃなくて、キングパンを売っているヤングパンというのが大里原町別院にある。両方、食べログに出てるのね。
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400501/40050480/
ヤングパン
 ぼくが高校時代門司港で買ってたパン屋じゃないと思うけど、門司港でもキングパンを買えるね。
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400501/40035433/dtlrvwlst/B424517444/?lid=unpickup_review
ベーカーバイツェン 門司港店

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック