Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

テレビ情報省汚染:退職者相次ぐ、フジテレビの凋落。落日のフジテレビ宮内会長は情報省のスパイか\(^O^)/ フジサンケイ帝国の内乱、メディアの支配者2021年12月12日 23時17分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 フジテレビが凋落しているという記事
 我が家でフジテレビが凋落した原因は、はっきりしている。地デジ(地上デジタル放送)になって、チャンネルの順番が変わったから。
 以前は、テレ朝(テレビ朝日)が10チャンネル、テレ東(テレビ東京)が12チャンネルで、フジテレビの8チャンネルより、数字的に後ろにあり、電子番組表でも右側にあった。
 それが地デジになったら、テレ朝が5チャンネル、テレ東が7チャンネルにあり、フジテレビの8チャンネルより前になった。これでほんとに、テレ朝とテレ東を観る機会が増えだ。
 おかげで、テレ朝の羽鳥慎一モーニングショーには情報省のスパイが多いこと、テレ東も、情報省のスパイが多く、NHKに次いで情報省支配、情報省汚染が進んでいることもわかった。\(^O^)/

 フジテレビに朗報(笑)。
 日テレ「news every.」、テレ朝「スーパーJチャンネル」、TBS「Nスタ」3つは、同じネタをやっていて、ネタがかぶっていることが多い。
 その点、フジテレビの「イット!」は、同時間帯にやっている他局の番組とは、取り上げるニュースが違うので、面白いなと思って観ることが増えている。

 フジサンケイグループは、2代目の鹿内春雄が、早くに亡くなったことが迷走の原因になった気がする。
 なお、元NHKの人気アナウンサーで鹿内春雄の妻、頼近美津子さんと、おれは接近遭遇したことがある。それは、神戸で1981年に開催された「ポートピア」の会場。
 取材に来ていた頼近さん、おれの方に近づいて来たので、インタビューされるかなと思ったら、通り過ぎていきました。\(^O^)/
 ま、そんだけのこと。(>_<)

https://ja.wikipedia.org/wiki/神戸ポートアイランド博覧会
神戸ポートアイランド博覧会

 以下、ぼくのツイートから。

https://twitter.com/shownakamura/status/1469085558446370819
--- ここから ---
フジテレビ問題、前編。
宮内会長は日枝社長時代の秘書。2007年に系列の岡山放送の社長として出向
ということは、宮内正喜フジテレビ会長は、情報省のスパイ\(^O^)/
年収2000万円は今や昔 落日のフジテレビに見切りをつけた若手社員たちの本音
@gendai_biz
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/90159
#現代ビジネス
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/1469086255883649025
--- ここから ---
フジテレビ問題、後編。
昔は年収2000万、いまや700万 どん底に落ちたフジテレビ社員たちの肉声
@gendai_biz
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/90160
#現代ビジネス
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/1469088449777246208
--- ここから ---
フジサンケイの権力闘争、問題があぶり出されていて、いずれも面白いです。
フジサンケイ帝国の内乱―企業ジャーナリズム現場からの蜂起
https://amzn.to/31NtLxu
メディアの支配者(上) (講談社文庫)
https://amzn.to/31JweZY
メディアの支配者(下) (講談社文庫)
https://amzn.to/3oELL6c
--- ここまで ---

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784514473/showshotcorne-22/
フジサンケイ帝国の内乱―企業ジャーナリズム現場からの蜂起 単行本 – 2005/6/1
松沢 弘 (著)
--- ここから ---
ホリエモンより12年も早く、フジサンケイグループに挑んだ男──。
「三度目の産経残酷物語」で、配転・首切りを受けた論説委員が立ち上がった。
--- ここまで ---

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B014QSTXVS/showshotcorne-22/
メディアの支配者(上) (講談社文庫) Kindle版
中川一徳 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062763834/showshotcorne-22/
メディアの支配者(上) (講談社文庫) 文庫 – 2009/6/12
中川 一徳 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062124521/showshotcorne-22/
メディアの支配者 上 単行本 – 2005/7/1
中川 一徳 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B014QSTY7Q/showshotcorne-22/
メディアの支配者(下) (講談社文庫) Kindle版
中川一徳 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062763842/showshotcorne-22/
メディアの支配者(下) (講談社文庫) 文庫 – 2009/6/12
中川 一徳 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062130033/showshotcorne-22/
メディアの支配者 下 単行本 – 2005/7/1
中川 一徳 (著)

#テレビ情報省汚染
#テレビでわかる情報省支配

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/11/09/7897129
週刊ダイヤモンド、フジテレビが初の赤字転落、欠陥マンションの見抜き方
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422631
絶望のテレビ報道、「見たいテレビ」が今日もない メディアの王様・崩壊の現場、テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書、テレビコメンテーター「批判だけするエラい人」の正体
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/28/7163258
高杉良「乱気流―小説・巨大経済新聞」、日経新聞の黒い霧、フジサンケイグループの闇、官報複合体、タブーの正体、メディアの正体
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/11/6898228
民放が、パナソニックの新型テレビCM拒否、テレビをこんなにつまらなくし
た真犯人は誰だ!? テレビ断末魔
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/24/6455513
川端幹人「タブーの正体!」、牧野洋「官報複合体」ほか、マスコミ批判本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/24/6455500
ニッポン地下市場大全、ブラックビジネスの罠、日本「地下経済」白書、りそな銀行の闇
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/29/6428271
小沢一郎、無罪。「人物破壊 誰が小沢一郎を殺すのか?」「官報複合体」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/05/6233419
マスコミが「政治報道」できなくなった理由
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/18/5688168
週刊東洋経済2011/02/19号テレビ新世紀、電波利権
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/08/5628727
「押し紙」という新聞のタブー、テレビの問題。新聞・テレビは生き残れるか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/22/4898161
週刊東洋経済「新聞・テレビ断末魔」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/25/4535357
小沢一郎 虚飾の支配者、メディアの支配者、日本国の正体、日本 権力構造の謎
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/10/4503373
ザ・テレビ欄シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/10/4355718
雑誌「リベラルタイム」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/12/15/1030157
吉野次郎著「テレビはなぜインターネットが嫌いなのか」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/10/519062
テレビ屋は日本一の高給取りなのに、口外禁止
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/02/24/266452
テレビ屋のでたらめ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/02/60512
日経新聞の黒い霧
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/02/60511
メディアの支配者(上下)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック