Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「さよなら,マイクロソフト」を始めよう2007年06月06日 07時57分49秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20070521/271744/
「さよなら,マイクロソフト」を始めよう
という、タイトル通りのお話なんですが、そろそろ、

   「さよなら、グーグル」を始めよう

でもおかしくないんですけどね。

「セキュリティはなぜやぶられたのか」「暗号解読」2007年06月06日 07時59分05秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 美人から送られてきて、歓心を買うために、すぐ紹介しようなどと思ってい
たのに、早4ヵ月。\(^O^)/
 XXさん、すみません。やっと書きました。今度、デートしましょう。\(^O^)/
 おいおい、お前、ちょっと無敵すぎ。相手の迷惑考えろって。
 迷惑といえば、出会い系メールで、いますぐ会いたい、会えないと死んじゃ
うみたいなメールを夜11時過ぎにみたとき、「じゃ、明日、朝6時に、平壌
(ピョンヤン)で」と返事したら、ぱったり来なくなったね。\(^O^)/

 バカはおいといて、読んでいる暇がないけれど、これは、まず間違いないで
しょう。
 なぜなら、書いているのがセキュリティ業界では超有名人かつしっかりした
人であるブルース・シュナイアーだから。
 その本とは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822283100/showshotcorne-22/
ブルース・シュナイアー著, 井口耕二訳「セキュリティはなぜやぶられたのか」

 シュナイアーさんを一躍有名にして、セキュリティのバイブルといわれたの
が、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797319119/showshotcorne-22/
ブルース・シュナイアー著, 山形浩生訳「暗号技術大全」

 「暗号技術大全」が売れたのはいいけど、シュナイアーさん、困惑してたの
ね。「暗号技術大全」で伝えたかったことがうまく伝わってない。あまりに技
術的なことだけがセキュリティのように思われて、この誤解が危険だと思った
んだっけな。もう忘れちゃったけど。^^;
 ま、ともかく、「暗号技術大全」で伝えられなかったことを、もっと噛み砕
いて書いたのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4881359967/showshotcorne-22/
ブルース・シュナイアー著、山形浩生訳「暗号の秘密とウソ」

 「セキュリティはプロセスである」というのは、本当に大事なこと。
 何か、万能薬があって、それを使ったら、もう安全というなどということは
ない。だから、日々、対応しないといけないし、その対応も日々進化していか
ないとだめなのよ。
 よくあった、かつ、いまでもあるでしょ。企業や官公庁や個人を問わず、フ
ァイアウォール入れたからと、もう安心しきっちゃう例。これがバカな例です。
 ウイルス対策ソフトも、データを更新しないとすぐだめになるわけだし。

 シュナイアーさんのブログは、
http://www.schneier.com/blog/
Bruce Schneier Blog
をどうぞ。ここはセキュリティ関係者は要チェックなんですよ。
 ここで、
http://www.mpuni.co.jp/product/category/stamps/dialbank/index.html
三菱鉛筆のダイヤルバンク印
が、大丈夫なのかと、話題になってたんですよね。
http://www.schneier.com/blog/archives/2006/08/hanko_security.html
Hanko Security
http://asia.cnet.com/reviews/blog/mobileojisan/0,39050793,39390184,00.htm
A futile effort to prop up hopeless Hanko system?
をどうぞ。

 関連して一緒に紹介するが、インプレスがけっこうな量をPDFで公開してい
たのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844323164/showshotcorne-22/
ケビン・ミトニック, ウィリアム・サイモン著, 峯村利哉訳「ハッカーズ そ
の侵入の手口 奴らは常識の斜め上を行く」

 ケビン・ミトニックは、いわずとしれた伝説のクラッカー(犯罪者としての
ハッカー)。そのミトニックも感心するような、「奴らの上を行け」をさらに
ひねって、「奴らの斜め上を行け」というお話がいっぱい。
 社会に穴はいっぱいあります。逆にいえば、いかに人間社会が信頼で成り立
っているかがよくわかります。
 この本、今年の初めに出たと思ってたのに、去年の9月だ。そのうち紹介し
ようとして、もう、9ヵ月くらい経ってるのか。
 おれの周りだけ、時間の進み方がおかしくないか。\(^O^)/

 暗号といえば、はずせないのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105393022/showshotcorne-22/
サイモン・シン著, 青木薫訳「暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで」

 なぜ、はずせないかといえば、やっぱり、サイモン・シンが書いているから
としかいいようがない。\(^O^)/
 サイモン・シンの出世作は、いわずとしれた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4105393014/showshotcorne-22/
サイモン・シン著, 青木薫訳「フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、
ワイルズが証明するまで」
です。
 あまりに鮮烈なデビュー作。見事な書きっぷりで、一気に読めます。これは
絶対読んだほういい。数学が嫌いな人、苦手な人にこそ、読んでほしい。
 数の不思議、数学の魔術が、すんなり、でも、怒涛のごとく押し寄せてきて、
ある種のランナーズハイみたいになります。\(^O^)/
 おれなんか、「あ、話題のサイモン・シンのフェルマーだ」と興奮して、間
違って2冊も買ってるんだもん。\(^O^)/
 ほとんど忘れてるけど、この分野でも、女性は大変な思いをしていたんだな
と思った記憶はある。
 でね。あるとき、大きな本屋に行ったら、文庫本が出ていて、ますます入手
しやすくなったので、フェルマー本をまとめて紹介しようと思っていたら、は
うあ!!
 文庫版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102159711/showshotcorne-22/
サイモン・シン著, 青木薫訳「フェルマーの最終定理」
が出たのは、去年の5月になってる。もう、あれから1年?
 なんか、情報省がおれを発狂させるために、amazonのデータ、操作している
んじゃないか。\(^O^)/
 お前が情報省のトップだろう。自分で引っかかってどうするんだよ。
 バカー。人間は自分の得意分野、得意技で大失敗するんだぞ。油断、驕りが
生じるから。
 よい子のみなさん。これ、ほんと。よく覚えておきましょう。大人になった
とき役に立ちます。

 ま、ともかく、「フェルマーの最終定理」と「暗号解読」で、サイモン・シ
ンの鮮やかな書きっぷりを堪能してください。
 フェルマー本、まとめて紹介は、またいつかね。^^;

 あと、お前、書くといってから、半年書いてないのが、バイオ・インフォマ
ティクス入門本だよ。先生方、怒ってるらしいよ。
 いやーん。\(^O^)/

Lightweight Language Spirit 開催のお知らせ2007年06月06日 07時59分36秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 早く書かないと期日を過ぎてからになっちゃうからね。^^;
 今年もやって参りました。スクリプト言語の大祭典。Lightweight Language XXX。
 今年は、XXXにSpiritが入って、LL魂として登場。詳しくは、
http://ll.jus.or.jp/2007/
をどうぞ。
 あいにく、この時期、東京にいないので、出演も観戦もできないけど。

ステファニー「君がいる限り」、応援してね。\(^O^)/2007年06月07日 06時33分23秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 大学の同級生、野々下君の娘さんがデビューしました。
 ステファニーさんといいます。みんな、応援してね。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000P28RDK//showshotcorne-22/
ステファニー「君がいる限り」

は、テレビ東京の深夜アニメ「キスダム」の歌になってるそうです。
 おれ、観たことない。馬場君はさすがにチェックしてた。
 「はうあ!!! あの歌、歌ってるのが、野々下の娘!?」なんてのけぞってたけ
ど。\(^O^)/

http://www.steph.jp/
公式サイト
をみると、
 明日2007/06/08にテレ朝系ミュージックステーションに出演決定だって。
 何年も観たことないけど、録画しよう。^^;

Re: ステファニー「君がいる限り」、応援してね。\(^O^)/2007年06月10日 09時39分44秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 やっと観ました。こういうお嬢さんなんだ。\(^O^)/
 全然知らなかったけど、アニメオタク間やネットで、ずいぶん、人気だった
んですね。
 コンサートでもあれば、オタクたちを締め上げて、オヤジたちが一番前に陣
取って盛り上げようなどと、バカなことをいってましたが、その必要なしだな。

 ステファニーさんのあとは、湘南乃風が出たでしょ。おれ、湘南乃風の
Shock Eye君とは無限大に薄い縁があるんですよ。\(^O^)/
 隠し子とか?
 ぎくっ。\(^O^)/
 ほんと?
 隠し子だったら、薄い縁じゃないねえだろ(怒)。Shock Eye君のお母さんと。
 いい仲だったとか。
 いや、そういう方向に行くなって。おれ、清く正しく薄汚く生きてるんだか
ら。\(^O^)/

 あのね、某所でやっていた喫茶店(すでに閉店)のママさんから、「同級生の
息子さんがCDデビューしたといって、応援してねといって、CDを置いていった
からあげる」とかいって、もらったのが、湘南乃風だったんですよね。

 おお、情報省の魔手は、J-POP界、芸能界にも深く浸透しているんですね。\(^O^)/
 そうそう。音楽は情報操作、特に若い奴を情報操作するために使ってますよ。
誘導したい方向の作詞をしてヒットさせて大衆に染み込ませてますもん。
 実態はバレていませんが、ヒット曲の多くは情報省の作詞作曲なんです。表
向きは、適当に作詞家や作曲家が作ったことにしてますけどね。\(^O^)/
 そういえば、「モーニング娘。」も情報省のプロデュースだったというウワ
サを聞いたけど、ほんと?
 もちろん!\(^O^)/ バレないように、ニセ情報も流してるけどね。
 どういうの?
 そのウワサは、情報省が使っている「朝から今日は蒸すなあ」という暗号
「モーニング、蒸すね」を「モーニング娘。」と勘違いした奴がいってる根拠
なしの都市伝説という都市伝説。\(^O^)/

Re: 「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」2007年06月10日 09時40分11秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/05/1556512
「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」
の続き。
===
標題: Re:「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」
---
 福田先生にメールしたら、その前に、実は、
http://cl.is.kyushu-u.ac.jp/qito/wiki.cgi?page=%BF%E4%C1%A6%BF%DE%BD%F1%A4%C8%BC%AB%BD%AC%B6%B5%BA%E0%A1%CAe%2Dlearning%A4%CA%A4%C9%A1%CB
には、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393332423/showshotcorne-22/
西垣通著「情報学的展開- IT社会のゆくえ-」
が追加されていました。
 いま、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004310741/showshotcorne-22/
西垣通著「ウェブ社会をどう生きる
も追加されました。\(^O^)/

http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/24/496985
朝日のWeb 2.0記事と西垣通の著作
で書いたように、「情報学的展開」は未読でしたが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/08/1101250
今日、買ってきた本
で書いたように、ざっとは読みました。「ウェブ社会をどう生きるか」にエッ
センスはだいぶ入っている気もしています。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/01/1084332
現代における作家とは何か
に書いたことの補足だけど、筒井さんは、西垣さんの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4002602931/showshotcorne-22/
デジタル・ナルシス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791753062/showshotcorne-22/
ペシミスティック・サイボーグ
のどちらかか、両方だったか、昔、ちゃんと読みましたよなどとおっしゃって
ました。
 超一流の人は、他分野のことでも、押さえるべきところはきっちり押さえて
いるなんだなと思いましたね。

 そういえば、前述の推薦図書に、以前は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140807431/showshotcorne-22/
アルバート・ラズロ・バラバシ著, 青木薫訳「新ネットワーク思考―世界のし
くみを読み解く」
が入っていたと思う。ちゃんとしたもの薦めてるなと思ったが記憶がある。な
くなったのなら、残念。これは読むべき本。

 来週、九大新キャンパスで、ソフトウェア開発の現状や業界裏話、なぜ、日
本のソフトウェア産業がどうだめかどうなるべきか、Web2.0がどうだめでどう
なるべきか話をしてきます。

新ネットワーク思考、ネットワーク科学、複雑ネットワーク2007年06月10日 10時08分37秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/27/1537626
永妻君教授就任おめでとう、プラズモン、プラズモニクス、テラヘルツ
で、少し紹介するとかいったし、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/10/1568912
Re: 「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度
情報化社会」
で、「新ネットワーク思考」がなくなった?のは残念と書いたので、ちょっと
だけ羅列。
 まず、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140807431/showshotcorne-22/
アルバート・ラズロ・バラバシ著, 青木薫訳「新ネットワーク思考―世界のし
くみを読み解く」
は、スモールワールドネットワークなど新しいネットワーク科学の研究分野を
作ってきたご本尊アルバート・ラズロ・バラバシ氏による一般向け解説書。
 人気プログラミング言語の開発者自らが書いた本をバイブル本と称するが、
それでいけば、これがこのジャンルのバイブル本。
 ぼくはこの本は、高木利久先生のバイオインフォマティクスの講義が九大で
あったとき、帰省も兼ねて聴きに行って、高木先生が講義で推薦していたので
知った。
 生命のシグナル伝達ネットワークとか、バイオ関係でもこの新しいネットワ
ーク概念があるんですよね。あとべき乗則とかね。へぇと思いました。

 これと並んで、よく読まれていて、そして面白いのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794213859/showshotcorne-22/
マーク・ブキャナン著, 阪本芳久訳「複雑な世界、単純な法則 ネットワーク
科学の最前線」
 一般向けには、バラバシ本より、こっちのほうが読みやすいかもしれない。

 でも、もっと手軽に概観を知りたいなら、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062575116/showshotcorne-22/
増田直紀, 今野紀雄著「「複雑ネットワーク」とは何か―複雑な関係を読み解
く新しいアプローチ」
を薦める。
 不思議な世界があることが、よくわかります。

 こういうのもバイオインフォマティクス本の紹介に入れようと思っていたか
ら、発散しちゃって終わらないんだ。これで少しは書いたことになるな。\(^O^)/

祝NECブルーロケッツ優勝、府中ボールふれあいフェスタ2007年06月10日 21時12分52秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 さっき、J:COMの府中の情報番組(得ちゃんこと得井さんがずっとやってる)
で、初めて知ったが、府中に本拠を置くバレーボールのNECブルーロケッツ、
第56回黒鷲旗全日本バレーボール選手権で優勝して日本一になってるじゃん。
 おれに早く知らせろって、そういうこと。そしたら、ここで宣伝するから。
 これで、ラグビーの東芝ブレイブルーパス、サントリーサンゴリアス、バス
ケットボールのトヨタアルバルク、バレーボールのNECブルーロケッツと、府
中に本拠を置くチーム、みんな日本一じゃん。\(^O^)/
 こんな街、世界中にもないぜ。
 これまでも何度も書いてきたけど、こうなれば、東京スタジアム(現在味の
素スタジアム)を隣の調布市から軍事侵攻しても奪って(爆)、サッカーのFC東
京と読売ヴェルディを府中市のものにしよう。\(^O^)/

http://www.necsports.net/m_volley/news/archive/index.php?filename=070521.html
NECブルーロケッツ~ 府中市表敬訪問 ~
をみたら、表敬訪問までしてるじゃん。さらに
http://www.necsports.net/m_volley/news/archive/index.php?filename=070606.html
2007府中市ボールふれあいフェスタ開催について
をみたら、チームに「市民スポーツ優秀賞」」も与えているじゃん。
 おれ、やっぱ、府中市長に立候補しよう。\(^O^)/
 サッカーワールドカップの前はFC東京のGK土肥選手も表敬訪問してたし、府
中市長に一流スポーツ選手がやってくるんだよ。スポーツミーハーにとって、
府中市長になることほどいいことはない。\(^O^)/
 よし、公約は、表向きは銀河一のスポーツタウンにするため。ほんとは、お
れの野望達成のための立候補。
 野望達成には、やっぱ、調布から東京スタジアムを奪取ね。長くなるから、
今日は書かないけど、Lispセミナーで知り合った東芝府中の某氏から、東京ス
タジアム奪取の秘策を伝授されているんですよ。
 おれの野望は、球技は全部、府中に集めて全部日本一にすること。鎌倉時代
よりももっと前から馬と縁のある馬の街だからポロもいいと思うね。あとはラ
クロスとかも。水球もやるし、ゴルフもいいか、ハニカミ王子が出てきたし。
\(^O^)/
 スポーツ日本一コレクションのためには、市民生活が破壊されることも辞さ
ず。\(^O^)/
 いい選手は、生涯安楽に暮らせる街。\(^O^)/
 なんか、イラクのサダムフセインとその息子たちみたいだな。\(^O^)/

参考:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/04/29/1578
府中市スポーツチームふれあいイベント
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/04/08/319421
ラグビーネタ、あれこれ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/06/1096705
トヨタアルバルク、NECブルーロケッツ、そしておれの野望\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/12/1108354
バスケット、トヨタアルバルク初優勝

 で、今度の日曜日2007/06/17に府中市総合体育館で、ボールふれあいフェス
タがあります。地域密着、スポーツ文化発展、競技人口増大のため、これまで
も東芝府中、サントリーをはじめ選手たちが来ていましたが、今回はまたすご
いよ。
 東芝ブレイブルーパス、サントリーサンゴリアス、トヨタアルバルク、NEC
ブルーロケッツと、日本一のチームの選手たちがやってきて、一緒に子供と遊
んでくれるんだもん。
 さらにFC東京からもサッカーチームとバレーボールチームも来る。
 ありえんだろ、この豪華さ。いいよなあ、府中の子供たち。おれも子供にな
りたいよ。
 お前は、チンポが子供だろ。
 す、すみません。って、お前、そういうこというから、お母さんたちが、正
三郎さんのブログは子供に見せられないといって嘆くんだよ。
 まあ、それはしょうがない。子供が見てはいけない大人の世界があることを
教えなさい。\(^O^)/
 逆ギレかよ。
 なんにせよ、おれはその日九州にいて行けません(泣)。

 ボールふれあいフェスタの詳しいことは、
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/frame.asp?tm=20070610204156
ボールふれあいフェスタ
府中で活躍するアスリート達と一緒にみんなで楽しくスポーツ!
をどうぞ。
 ほかにも、各チームの公式サイトにも出ています。
http://www.necsports.net/m_volley/index.php
NECブルーロケッツ
http://www.necsports.net/m_volley/news/archive/index.php?filename=070606.html
2007府中市ボールふれあいフェスタ開催について
http://www.toyota.co.jp/company/event/sportsnews/alvark/
トヨタアルバルク
http://www.toyota.co.jp/company/event/sportsnews/alvark/news/index.html
ボールふれあいフェスタ

http://www.fctokyo.co.jp/
FC東京
は、調布が本拠だから仕方ないけど、
http://www.toshiba.co.jp/sports/rugby/index.htm
東芝ブレイブルーパス
http://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/
サントリーサンゴリアス
の2つには出てないなあ。お前ら府中のチームとして失格。\(^O^)/
 でも、東芝ブレイブルーパスの
http://www.toshiba.co.jp/sports/rugby/topics/index.htm#070606
2007.6.30 ラグビー祭開催
は行きたいかも。\(^O^)/

将棋名人戦、郷田九段大逆転勝ち! 決着は最終局へ2007年06月16日 00時32分54秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 毎日新聞単独主催最後の将棋名人戦。
 永世名人を狙う森内名人の3勝2敗で迎えた第6戦。
 郷田九段が、いつ投了してもおかしくないどん底から奇跡の終盤大逆転勝ち!
 決着は最終局に持ち込まれました。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/shougi/news/20070616k0000m040147000c.html

 NHK BS2のダイジェストを観ましたが、森内名人、時間に追われてうっかり
だったんですかね。
 どう転んでも勝ちと思われた局面から、唯一転んじゃいけないところに玉を
逃げてしまったんですね。香車の王手に5五金と出て、同香同馬だったら、も
う後手の郷田九段からの攻めはなく、後手玉はもうどうしようもない状態だっ
たので、森内名人の勝ちだったんですね。
 勝負はほんとゲタをはくまでわからない。怖いねぇ。
 森内名人、ちらと永世名人のことが頭をよぎって油断したんですかね。
 ぼくは森内名人に、羽生さんより先にとっとと永世名人になってほしいと思
ってるんですけど、先手で絶対勝ちから奈落の底なので、大ショックでしょう
ね。
 逆に郷田九段は、カド番かつ完全な負け将棋を歴史的大逆転勝ちなので、勢
いづくでしょうね。
 最終局、どうなるのかな。いずれにしても、歴史に残る大熱戦になってきま
したね。

 明日は朝からお寺さん。\(^O^)/

中洲にラムちゃん出現\(^O^)/2007年06月17日 21時56分40秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 中洲のイブというお店。
 飲んでとろーんとしていたら、いつの間にか、うる星やつらのラムちゃんが
登場しました。\(^O^)/
 さっきまで着物姿だったママが、大変身したのでした。\(^O^)/
 なぜ、ラムちゃん?という疑問符を300個くらい頭の周囲に飛び回らせつ
つ、もちろん、ラムちゃんとは、チークダンスで、歌詞の通り、へーんとへー
んを合わせてー、もーっと、へーんにしました。\(^O^)/
 ママ、大変身のもてなし、ありがとうございます。
 なお、この模様は、店内に潜入していた情報省のスパイによって証拠写真が
撮られています。これで明らかなように、情報省は親玉でも関係なく監視をす
る大変に民主的な組織です。\(^O^)/
 しかも、梅田の野郎、
http://www.cybersafety.go.jp/
警察庁
の中にアップロードしやがって。
 だもんで、情報省がすでに検閲して削除しました。\(^O^)/

 イブのシンボルマークは、ママのデザインだそうですが、すごい意味がある
んだね。
 とても書けない内容なので、わが情報省としては、ただちに、国家機密に指
定しました。\(^O^)/
 行きたい人は、ググればすぐわかります。といって、ググったら、
http://www.enakasu.com/out/tenpo/shop/eve/eve.php
が出ました。
 ただ、ラムちゃんが出るかどうかは、ママに気に入られるかどうかでしょう。
← なんか、優越感に浸ってる。\(^O^)/
 お前が気に入られたんじゃなくて、梅田先生の超能力にママが参って、ご祝
儀だったんじゃないか。
 つーか、ラムちゃんの衣装。ママのリクエストで、荒木先生が買ってきたと
いう話だったような。。。
 うろ覚えだけど、もしそうなら、荒木先生、お心遣い、ありがとうございま
す。
 マイアヒーとかいう歌、「恋のマイアヒ」だっけ。ママが歌った、あれの替
え歌が面白かった。替え歌の歌詞、覚えてないし、覚えていてもここには書け
ない。よって、ただちに国家機密に指定しました。\(^O^)/
 それにしても、一体、どういう店なんだ。\(^O^)/

 そういえば、脳科学者の茂木健一郎さん。中洲に来たとき、どこに行った
といったっけ。ここ? あ、いやいや、千石イエス、イエスの方舟の店だ、た
しか。^^;
 千石イエスの店については、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/10/11/104356
九州から、帰ってきました
をどうぞ。店のこと、書いてないけど。^^;