Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

アマゾンKindle本 30%ポイント還元キャンペーン。村上春樹「ノルウェイの森」、綾辻行人「十角館の殺人」、綾辻行人は情報省のスパイ\(^O^)/ 木下是雄「理科系の作文技術」のマンガ版、川喜田二郎「発想法 改版」、フォン・ノイマン、西垣通の本など。2021年07月18日 23時27分10秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 アマゾンが、電子書籍Kindle本 30%ポイント還元キャンペーンをやってますね。
https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=10328776051
Kindle本 30%ポイント還元キャンペーン
期間:2021年7月9日(金)~2021年7月22日(木)(日本時間)

 全部じゃないのが残念。
 名著として評価が高いものを中心にちょっとリスト。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07KVTV42B/showshotcorne-22/
ノルウェイの森 (講談社文庫) Kindle版
村上春樹 (著) 形式: Kindle版
 単行本は、グリーンとレッドの装丁で、まるで、クリスマスプレゼントでした。
 売れまくって、私も読んで感動しました。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CE3T6OC/showshotcorne-22/
十角館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫) Kindle版
綾辻行人 (著) 形式: Kindle版
 十角館の殺人は、綾辻行人のデビュー作。舞台は大分。重要人物の名前が、中村。
https://ja.wikipedia.org/wiki/十角館の殺人
--- ここから ---
『十角館の殺人』(じゅっかくかんのさつじん)は、推理作家・綾辻行人のデビュー作品である長編推理小説。1987年に出版され、「館シリーズ」の第1作となる。
日本のミステリー界に大きな影響を与え、新本格ブームを巻き起こしたとされる[要出典]。この小説の登場を期に、本格ミステリ界では「綾辻以降」という言葉が使われるようになった[要出典]。2017年7月時点で累計発行部数は100万部を突破している[1]。
「十」は「じっ」と読むのが正しいが、講談社文庫版によれば、「じゅっ」と読む。
清原紘作画による漫画版が、『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、2019年10月号から連載中[2]。
--- ここまで ---
--- ここから ---
青屋敷の関係者
中村 青司(なかむら せいじ)
建築家。十角館の設計者。半年前の事件で死亡している。当時46歳。
中村 和枝(なかむら かずえ)
青司の妻。半年前の事件で死亡している。旧姓は花房。
中村 千織(なかむら ちおり)
青司の娘。1年前に急死している。
--- ここまで ---
 はい、綾辻行人は情報省のスパイ\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07BRT5372/showshotcorne-22/
まんがでわかる 理科系の作文技術 Kindle版
木下是雄 (著), 久間月慧太郎 (著) 形式: Kindle版
 文字の本は、名著、必読書。30%対象じゃないみたいので、マンガ版を。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07PMC128C/showshotcorne-22/
発想法 改版 創造性開発のために (中公新書) Kindle版
川喜田二郎 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LMB0FLK/showshotcorne-22/
続・発想法 KJ法の展開と応用 (中公新書) Kindle版
川喜田二郎 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B08W53GXF1/showshotcorne-22/
フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔 (講談社現代新書) Kindle版
高橋昌一郎 (著) 形式: Kindle版
 天才中の天才、フォン・ノイマン。ノイマン型コンピュータは、いまでも主流のコンピュータ。
 フォン・ノイマンは、電子計算機(コンピュータ)ができたとき、やっとおれの次に計算が速いものが出てきたといったとか、彼の天才をたたえる逸話が多すぎる人。

 西垣通さんの本も30%対象。これまでここで何冊も紹介しているので、上の検索窓に「西垣通」と入れて検索してみてください。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9ZXHQN/showshotcorne-22/
ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める (中公新書) Kindle版
西垣通 (著) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N7LYTKI/showshotcorne-22/
集合知とは何か ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書) Kindle版
西垣通 (著) 形式: Kindle版

 次は、ビル・ゲイツがAI時代の必読書だと絶賛していたらしい。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B092VFW58V/showshotcorne-22/
マスターアルゴリズム 世界を再構築する「究極の機械学習」 Kindle版
ペドロ・ドミンゴス (著), 神嶌敏弘 (翻訳) 形式: Kindle版

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B08Y8NS1CN/showshotcorne-22/
日本の構造 50の統計データで読む国のかたち (講談社現代新書) Kindle版
橘木俊詔 (著) 形式: Kindle版

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック