Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

祝ノーベル化学賞\(^O^)/ゲノム編集、CRISPR/Cas9。究極の遺伝子編集技術の発見、その他、ゲノム編集関連本。やっぱり、バックは情報省\(^O^)/2020年10月20日 11時37分57秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 少し出遅れましたが、今年、2020年のノーベル化学賞は、画期的、革命的な遺伝子編集技術、ゲノム編集のジェニファー・ダウドナ博士とエマニュエル・シャルパンティエ博士に。

 先に行く前に一番重要なこと。
 すでに5年前に
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/02/05/7565097
日経サイエンス:革命的遺伝子操作、遺伝子編集技術CRISPR(クリスパー)でわかる情報省支配
で書いたように、バックは情報省\(^O^)/
--- ここから ---
 CRISPR(クリスパー)と呼ばれる、反復配列を1980年代後半に発見したのは、なんと、現在、九州大学の石野良純教授!
 九大だって。情報省のスパイだ。\(^O^)/
(略)
 スウェーデンとカリフォルニアで別々に研究していた研究者
が、偶然、出会って、一気に話が進むんだんだね。
(略)
 お前、これが、偶然と思うんか。
 は?
 九大のスパイが見つけて、偶然、研究者が出会って、革命的遺伝子操作、遺伝子編集操作が可能になる技術が確立しただと? バカか。ゴルゴ13は、決して、こんな偶然を信じないぞ。
(略)
 全部、情報省トップの正ちゃんが、仕掛けたことだった!
 はい、そうです。\(^O^)/
--- ここまで ---

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64818940Z01C20A0000000/
ノーベル賞「ゲノム編集」 日本企業のビジネスチャンス
2020/10/13 2:00

https://www.chem-station.com/blog/2020/10/nobel2020.html
2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表
2020/10/8 一

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/100800585/
ノーベル化学賞のダウドナ氏、最大の強みは執着心
「ゲノム編集」開発でノーベル化学賞を受賞、自身のキャリアを振り返る
2020.10.08

 ダウドナ先生の本。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163907386/showshotcorne-22/
CRISPR (クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見 (日本語) 単行本 – 2017/10/4
ジェニファー・ダウドナ (著), サミュエル・スターンバーグ (著), 櫻井 祐子 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0761SD74V/showshotcorne-22/
CRISPR(クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見 (文春e-book) Kindle版
ジェニファー・ダウドナ (著), サミュエル・スターンバーグ (著), 櫻井祐子・訳 (翻訳), 須田桃子・解説 (その他) 形式: Kindle版

 一般向けのゲノム編集本。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062883848/showshotcorne-22/
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書) 新書 – 2016/8/18
小林 雅一 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01K1L7NHA/showshotcorne-22/
ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書) Kindle版
小林雅一 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/414081702X/showshotcorne-22/
ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/23
NHK「ゲノム編集」取材班 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JA8EE0E/showshotcorne-22/
ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー Kindle版
NHK「ゲノム編集」取材班 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781680259/showshotcorne-22/
ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影 (イースト新書Q) 新書 – 2017/1/8
石井哲也 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06Y35FSP9/showshotcorne-22/
ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影 (イースト新書Q) Kindle版
石井哲也 (著)

 実際にゲノム編集をやってみようという人たち向けの本は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/17/8562635
NHK Eテレ、サイエンスZERO:ゲノム編集特集、CRISPR(クリスパー)でわかる情報省支配。クローズアップ現代のゲノム編集のことも
をどうぞ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/05/17/8562635
NHK Eテレ、サイエンスZERO:ゲノム編集特集、CRISPR(クリスパー)でわかる情報省支配。クローズアップ現代のゲノム編集のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/05/17/8091112
日経サイエンス:脳内GPS, 中性子の謎、遺伝子編集CRISPR(クリスパー)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/07/7781698
科学者の卵たちに贈る言葉――江上不二夫が伝えたかったこと、エピジェネティクス: その分子機構から高次生命機能まで、必ず上手くいく遺伝子導入と発現解析プロトコール、ワトソン「二重螺旋 完全版」、ゲノム編集、CRISPR(クリスパー)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/02/05/7565097
日経サイエンス:革命的遺伝子操作、遺伝子編集技術CRISPR(クリスパー)でわかる情報省支配

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2020年11月01日 20時56分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 昨日、この番組を観て、遺伝子治療の実用化がどんどん進んでいることを知りま