Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

新型コロナウイルスの今、ペスト菌、天然痘でわかる情報省支配。ナイチンゲール。なぜか、「マンガ 統計学入門(ブルーバックス)」も2020年05月05日 06時48分35秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 2020/05/03にテレ東(テレビ東京)で放送された
「日曜ビック 緊急生解説!池上彰の「人類VS新型コロナ」」
 とんでもないことがわかったわ。やっぱりバックは情報省\(^O^)/
https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/202005/25892_202005031954.html
日曜ビック 緊急生解説!池上彰の「人類VS新型コロナ」最新ニュースも解説字幕放送
テレビ東京テレビ東京
ニュース・報道
2020年5月3日(日) 19時54分~21時54分

 今回の新型コロナウイルスの世界的なパンデミックで昔の感染症が取り上げられることが多いが、ペストもその一つ。新型コロナウイルスの影響で、文学作品である、カミュの「ペスト」も売れているという。
 そのペスト菌を発見したのが、北里柴三郎。

 テルモにこんな連載記事がある。北里柴三郎は、テルモの創立者。
 北里柴三郎が第一発見者であることが認められ、しかし、学名に名前が残らなかったことには、大変な紆余曲折があったのね。
https://www.terumo.co.jp/challengers/challengers/32.html
ペスト菌の発見①
https://www.terumo.co.jp/challengers/challengers/33.html
ペスト菌の発見②
https://www.terumo.co.jp/challengers/challengers/34.html
ペスト菌の発見③
https://www.terumo.co.jp/challengers/challengers/35.html
ペスト菌の発見④

 さて、大事なことはそんなことではない。
 「日本の細菌学の父」と呼ばれる北里柴三郎は、熊本出身。
 はい、情報省のスパイ\(^O^)/
 ペスト菌の発見者のバックは情報省\(^O^)/

 さらに重要なことは、2024年に発行予定の新千円札に北里柴三郎の肖像画が使われることが決まっている。
 新千円札のバックは情報省\(^O^)/
 これで、みんなもポケットに情報省のスパイを入れて持ち歩けるぞ。\(^O^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/北里柴三郎
をみると、「きたさと」か「きたざと」か、ほんとは「きたざと」なのに、「きたさと」と呼ばれる理由があるのね。面白い。
 慶應義塾大学医学部の創立者、慶應義塾大学病院初代病院長なのか。
 ダウン症である我が息子は、3歳のとき、長い歴史の慶應病院でも3例目くらいの心臓の大手術を慶應病院でやった。そのことは、いつか書くかもしれないが、今思えば、情報省つながりだ。\(^O^)/

 もう一人、紹介したいスパイがいる。
 数ある感染症の中で、人類が撲滅できたのは、天然痘のみといわれる。
 その天然痘撲滅に、世界保健機関(WHO)の天然痘撲滅プロジェクトリーダーとして活躍、多大な貢献をしたのが、蟻田功。
 蟻田功も、北里柴三郎と同じく、熊本出身。熊本中学、熊本医科大学卒業。
 はい、情報省のスパイ\(^O^)/

https://ja.wikipedia.org/wiki/蟻田功

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsv1958/43/1/43_1_1/_pdf
天然痘の根絶に関する、蟻田功の論文
(財)国際保健医療交流センター
 NHKのプロジェクトXでもやってたのね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008YOIKC4/showshotcorne-22/
「決戦 人類最強の敵」~日本人リーダー 天然痘と闘う ―命輝け ゼロからの出発 プロジェクトX~挑戦者たち~ Kindle版
NHK「プロジェクトX」制作班 (編集) 形式: Kindle版

 なぜ、蟻田功が情報省のスパイではないかと思ったかといえば、番組で使われていた蟻田さんの若い頃の写真を提供したのが、国立病院機構熊本医療センターだったから。
 これ、怪しいやろ、と思って調べたら、ビンゴ。

 ということで、ペスト菌、天然痘でも情報省支配が進んでいました。
 ペストより、天然痘より、新型コロナウイルスより、情報省が恐ろしい。\(^O^)/

 さて、ついでに紹介するのは、申し訳ないが、ナイチンゲールのこと。
 番組では、ナイチンゲールの話も出ていた。

 ナイチンゲールは、クリミア戦争での活躍で、「近代看護学の母」や「クリミアの天使」と呼ばれるので、偉大な看護師とだけ思っている人が多いが、実は、統計学者でもあって、統計を駆使して、クリミアの野戦病院を見事に機能させた人なんだよ。
 彼女が生きた時代は、ビクトリア女王の時代、ビクトリア朝、イギリスの黄金期。ナイチンゲールは、当時の最先端の数学者や科学者とも交流があって、統計学の知識も身につけていたそうだ。
 女性への差別、偏見がすさまじい中、クリミア戦争に行き、医療、看護で大活躍。
 そもそも、当時のイギリス軍は、どこに何人の負傷者がいて、医療器具や薬がどこにどれだけあるかも把握できてない有様で、ナイチンゲールは、そういう基本的な数字をきちんと把握、管理するところから始めたそうです。
 ナイチンゲールのエピソードをはじめ、統計学に関する歴史的なエピソードが読めるのが、ブルーバックス「マンガ 統計学入門」。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55409
5月12日 英国の看護師、ナイチンゲールが生まれる(1820年)
科学 今日はこんな日
ブルーバックス編集部科学シリーズ

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576813/showshotcorne-22/
マンガ 統計学入門―学びたい人のための最短コース (ブルーバックス) (日本語) 新書 – 2010/4/21
アイリーン・マグネロ (著), 神永 正博 (監修), ボリン.ファン・ルーン (イラスト), 井口 耕二 (翻訳)

 この本、日本のマンガに慣れている感覚だと、マンガというよりイラスト。そして、統計学以外の部分、そのイラストに、いろいろ突っ込みたくなる。長くなるので股の機械に。
 と言い続けて、もう10年くらいになるね。(>_<)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/27/5251183
Land of Lisp、英語版「マンガでわかる~」シリーズ、英語のオタク研究本

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2020年05月15日 04時55分28秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 「疫病と世界史」のお買い上げありがとうございます。
 新型コロナウイルス特

_ ホットコーナー - 2020年05月18日 07時55分48秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 最近、以前紹介した、世界的な定番教科書のお買い上げ、それも高額な本のお買