Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

世田谷文学館、小松左京展―D計画―に行ってきた。やっぱ、すごいのぉ。\(^O^)/2019年10月22日 10時14分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 世田谷文学館で開催中の「小松左京展―D計画―」に行ってきた。

https://www.setabun.or.jp/
世田谷文学館
exhibition/exhibition.html
https://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html
開催中の企画展 小松左京展―D計画―
10月12日(土)~12月22日(日)

 創作のための資料や小さな字びっしり書かれた創作メモの量に圧倒されますね。
 生原稿も、推敲がいっぱいあって、これ、編集者と印刷所の人、大変だなあと思いました。
 小松さんが、ヴィオラを演奏するのは、知らなかった。
 語学が堪能なのも知らなかった。
 後述の「小松左京展」オープニング記念対談 筒井康隆×豊田有恒「小松左京とSF蜜月時代」で出てくる
--- ここから ---
楽屋口でカンツォーネをテープで聞かされ、それを日本語で歌えるように楽譜にすらすらと採譜しながら書いていて驚いた。
--- ここまで ---
は、イタリア語にも堪能で、おそらく絶対音感があるから、こんなことができるんだね。
 小松さんが、マンガをけっこう描いているのも知らなかった。

 あ、アマゾンにも、まとめたものが売ってあるね。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091794211/showshotcorne-22/
幻の 小松左京 モリ・ミノル 漫画全集 大型本 – 2002/1/30
小松 左京 (著)

 日本沈没第2部の構想メモで、日本人をどうやって世界に逃がすかの段取りや計算をしているものがあった。
 プロジェクト管理のCPM(critical path method)やPERT(Program Evaluation and Review Technique)という言葉が出ていた。
 さすが、小松さんというべきか、小松さんなら当たり前にそんなもの知っているでしょうというべきか。
 すごいのぉ。と思った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/クリティカルパス法
https://ja.wikipedia.org/wiki/Program_Evaluation_and_Review_Technique

 ぼくも、ちょくちょくやる。
 昔は、これらの手法は、手で計算して描いてといったことをやっていたが、今は、PCやウェブ上のアプリでやれるから、ずいぶん楽になった。
 PERTやCPMは、仕事でやる、ある程度の規模があるプロジェクトで使うものではなく、日常生活のちょっとしたことにも応用できるもの。
 旅行の計画もそうだし、家事だって、何からどう手を付ければいいのか、考えることができる。
 興味がある人には、次をお薦めする。
 1965年出版の古い本だけど、役に立つと思う。ぼくは、これで、PERTやCPMの感じをつかんだ。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061176358/showshotcorne-22/
計画の科学―どこでも使えるPERT・CPM (ブルーバックス) 新書 – 1965/4/18
加藤 昭吉 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00GHHYPR4/showshotcorne-22/
計画の科学 どこでも使えるPERT・CPM (ブルーバックス) Kindle版
加藤昭吉 (著)

 ロビーで、若き日の小松さんと筒井さんが、どこか海辺のホテルで対談しているテレビ放送を流していたけど、時間がなかったのでちゃんと見られなかった。今後、行く機会があったら、全部、見たい。

 筒井さんと豊田さんの記念対談は、ぼくは行けませんでした。
 ちょうどその時、母の13回忌を実家があった門司でやることになっていたから。
 でも、台風19号のせいで、取りやめ、延期。あれこれ、キャンセル島倉千代子して、延期した日に、あれこれ予約島倉千代子で大変でした。
 対談も、日付や時間をずらしたりしたようですね。
 いつもながら、詳しい報告が、銀河最強のツツイストの一人、flow2005さんのブログにあります。

https://flow2005.hatenablog.jp/entry/2019/10/15/150452
「小松左京とSF蜜月時代」(レポートその1)
「小松左京展」オープニング記念対談 筒井康隆×豊田有恒「小松左京とSF蜜月時代」
2019.10.13 17:00-18:00 世田谷文学館
出演/筒井康隆・豊田有恒

https://flow2005.hatenablog.jp/entry/2019/10/18/221035
「小松左京とSF蜜月時代」レポートその2
「小松左京展」オープニング記念対談 筒井康隆×豊田有恒「小松左京とSF蜜月時代」
2019.10.13 17:00-18:00 世田谷文学館
出演/筒井康隆・豊田有恒

 「日本沈没」の根底にあるアイデア、「プレートテクトニクス」や、日本列島の成り立ち、今後に興味があるなら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061883
ブルーバックス「フォッサマグナ」、雑誌ニュートンもフォッサマグナ特集、ブラタモリ 地質学会などの表彰、日本列島100万年史、日本列島の下では何が起きているのか、列島誕生 ジオ・ジャパン、日本列島5億年史
で紹介した一連の本は、お薦めです。

 そこに出てないものでは、次もお薦め。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062578344/showshotcorne-22/
図解・プレートテクトニクス入門 (ブルーバックス) 新書 – 2013/9/20
木村 学 (著), 大木 勇人 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ZR7XWQA/showshotcorne-22/
図解 プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか? 原理から学ぶ地球のからくり (ブルーバックス) Kindle版
木村学 (著), 大木勇人 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/06/30/9109758
NHK Eテレ「100分 de 名著」、2019年7月は小松左京スペシャル\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/07/14/9128691
ブルーバックス、「富士山噴火と南海トラフ」、ニュートンの「プリンシピア 自然哲学の数学的原理」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2019/04/19/9061883
ブルーバックス「フォッサマグナ」、雑誌ニュートンもフォッサマグナ特集、ブラタモリ 地質学会などの表彰、日本列島100万年史、日本列島の下では何が起きているのか、列島誕生 ジオ・ジャパン、日本列島5億年史

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック