Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

AI育成お笑いバトル 師匠×弟子 シーズン2。将棋世界 2019年7月号 下條信輔×羽生善治九段のAI対談のことも2019年07月04日 23時05分53秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のブログサービス、アサブロ(https://asahi-net.jp/asablo/ )を使っています。
---
 以前、NHK BSプレミアムで「AI育成お笑いバトル 師匠×弟子」という番組があって、好評だったんだね。
 シーズン2が始まるよ。

https://www4.nhk.or.jp/P4964/
AI育成お笑いバトル 師匠×弟子 シーズン2が始まるよ。
--- ここから ---
人工知能(AI)が千原ジュニアをはじめとするお笑い芸人に弟子入り!師匠となった芸人たちは日々出題される大喜利のお題に答え、弟子AIを育成。最後に弟子AIを持ち寄り大喜利対決!文章お題はもちろん、画像お題や10文字作文など、弟子AIは瞬時に爆笑回答を連発する!千原ジュニアの弟子AIがバイきんぐ小峠と街ぶらする新企画も登場!【出演】千原ジュニア 大久保佳代子 ロッチ中岡 梶裕貴(声優) 小峠英二
--- ここまで ---

 シーズン1の情報。
https://thetv.jp/news/detail/164462/
世界初!? AIでの大喜利対決に千原ジュニアらが挑戦
2018/10/05 18:00 配信

https://ogiri-ai-deshi.hatenablog.com
育成お題と「最優秀回答」決定までの流れ
2018-07-15

 シーズン1は、偶然観たが、AI(人工知能)が、いやほんと、凡百のお笑い芸人が大喜利で出す答えより、すごく深い答えを出すときがある。
 すごく深いと思うのは、人間の勝手な解釈で、AIは学習したものから、適当に出しているだけなんだろうけど、直接的なわかりやすいものだけじゃなくて、
「ん? どういうこと? あ、そうか。そういうことかあ」
と思うような答えを出すことがある。
 AIは先入観がないから、好き勝手にワイルドな答えを披露することもある。
 きっと、放送できないような答えも出しているんじゃないかと、妄想しているんだが。
 AIに何かをさせる番組は、よっぽど去勢したAI以外は、生放送は無理。放送事故が絶対起きるわ。\(^O^)/
 とにかく、凡百のお笑い芸人は駆逐されそうな勢いだった。

 将棋や囲碁のプロ棋士が、先入観のないAIの繰り出す手に、感心したりあきれたりしているが、トータルでは、たとえば、将棋はもう人間が勝てない。羽生さんたちのようなトッププロでも勝てない。
 だから、プロは、AIの指し手を参考にして研究している。
 かといって、AIの指し手を覚えて再生するだけじゃ、何のためのプロ棋士か。プロ棋士対AIの対決で、AIの指し手を実際に指した、デンソーの電王手くんでいいじゃんということになる。

http://www.denso.co.jp/ja/aboutdenso/sponsor/denoute/
電王手くん・電王手さん|株式会社デンソー - DENSO

 そういう過酷な状況なので、将棋も囲碁も、人間のプロ棋士は、人間として、プロとして、将棋を指す、囲碁を打つとは、何なのか。各自が悩みつつ、再定義している最中。

 人間のプロ棋士には圧勝する将棋AIも、Googleの超力業のAlphaZero(アルファ・ゼロ)には、さっぱり勝てなかった。エルモ囲いという、プロも採用する独特の囲いを産み出したElmoと100戦して、AlphaZeroは、90勝8敗2分だもんね。
 日本のプロの将棋指しが、研究に使っているAIより、はるかに強いAIもいるってことです。

 そんな中、将棋世界2019年7月号に載った
特別対談 下條信輔さん(認知心理学者)×羽生善治九段
「AIと将棋の未来像」  構成/田名後健吾
は、さすがは、羽生さん。
 経済学者を名乗る売文屋、野口悠紀雄辺りが書きそうな凡百のAI論なんかとは、次元が違う話をしている。
 これからAIに駆逐される職業とか、いろいろ話題になるが、プロとして生活していかなければならない現場で、AI将棋の発展、成長を体でひしひしと感じながら、期待と危機感を持ちつつ、対局をこなしている人ならでは。
 頭でっかちで、現場を知らない、身体性がない、皮膚感覚がない野口悠紀雄みたいな連中のAI論とは、桁外れ。
 なお、対談相手の下條信輔は、以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/09/4164002
下條信輔著「サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)」
で、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480064605/showshotcorne-22/
サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書) 新書 – 2008/12/1
下條 信輔 (著)
を紹介したことがある人。この人も面白い。
 それにしても、これを紹介したのが、2009年だから、もう10年も前だ。
 いやーん。時の流れが速すぎる。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07R76NGV7/showshotcorne-22/
将棋世界2019年7月号 雑誌 – 2019/6/3

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07SN9LFMQ/showshotcorne-22/
将棋世界 2019年7月号(付録セット) [雑誌] Kindle版

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/09/4164002
下條信輔著「サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索