Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「インテリジェンス―機密から政策へ」「ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス」「インテリジェンスの最強テキスト」「戦略的インテリジェンス入門」「現代の軍事戦略入門【増補新版】陸海空からPKO、サイバー、核、宇宙まで」2019年05月05日 11時21分28秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 これ、情報分析、インテリジェンス、スパイ、諜報方面で本気の人向けのテキストのようですね。
 情報省の推奨テキストにするか。\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766418263/showshotcorne-22/
インテリジェンス―機密から政策へ 単行本 – 2011/5/1
マーク・M. ローエンタール (著), Mark M. Lowenthal (原著), 茂田 宏 (翻訳)
--- ここから ---
米国で最も評価が高く、広く読まれているインテリジェンスのテキストの初の邦訳。インテリジェンスとは何か、米国のインテリジェンス機関の機能と役割、情報収集、分析、秘密工作、カウンターインテリジェンス、政策決定者および議会との関係などをバランスよく解説し、今後の課題を探る。最後に英国、中国、フランス、イスラエル、ロシアのインテリジェンス機関の紹介を付す。
--- ここまで ---

 もっと気楽に読めるものとして、情報省トップのおれは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/11/20/9001019
「ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス」。情報省のスパイは、みんな読め!\(^O^)/ 連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13
で紹介した次を、情報省の推奨テキストに指定している。\(^O^)/

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409388658X/showshotcorne-22/
ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス 単行本 – 2018/11/21
さいとう たかを (著), 佐藤 優 (著)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07L2S97BZ/showshotcorne-22/
ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス Kindle版
佐藤優 (著), さいとう・たかを (著)

 あ、佐藤優が推薦するテキストがある。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890633367/showshotcorne-22/
戦略的インテリジェンス入門 大型本 – 2016/1/5
上田 篤盛 (著)
--- ここから ---
佐藤優(元外務省主任分析官・作家)氏推薦!
陸軍中野学校の伝統を引く陸上自衛隊小平学校の教官をつとめた上田篤盛氏による優れたインテリジェンス教科書。
この一冊で、国際基準で一級の知識と技法を身に付けることができる。
国際政治、軍事、テロリズムに対する戦いに関心を持つ人の必読書。是非、手に取って欲しい。
--- ここまで ---

 手嶋龍一との共著で、インテリジェンスのテキストと称するものがある。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4490209169/showshotcorne-22/
インテリジェンスの最強テキスト 単行本 – 2015/9/11
手嶋 龍一 (著), 佐藤 優 (著)

 佐藤優と手嶋龍一の話は、長くなるので股の機械に。
 今は、手嶋龍一は情報省のスパイだということだけ、知っておけばいい。\(^O^)/
 と思ったら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/03/8037120
戦争は女の顔をしていない。ボタン穴から見た戦争。なぜか、ファインマン、手嶋龍一、佐藤優
で少し書いているね。しかも、
--- ここから ---
 手嶋龍一は、実は、情報省のスパイ。
 福岡市、博多の中洲と関係がある。その話は、股の機械に。
--- ここまで ---
と書いていて、いつものことながら、もう3年経っているのに書いてない。すみません。

 関連書。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829507578/showshotcorne-22/
現代の軍事戦略入門【増補新版】陸海空からPKO、サイバー、核、宇宙まで 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/11
エリノア・スローン (著), 奥山 真司 (翻訳), 平山 茂敏 (翻訳)
--- ここから ---
コリン・グレイをはじめ戦略研究の大御所がこぞって絶賛した話題の軍事戦略入門書がさらにグレードアップ!
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/11/20/9001019
「ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス」。情報省のスパイは、みんな読め!\(^O^)/ 連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/03/03/8037120
戦争は女の顔をしていない。ボタン穴から見た戦争。なぜか、ファインマン、手嶋龍一、佐藤優
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/12/28/192161
櫻井よしこの危うさ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック