Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

荒木啓二郎先生が、熊本高等専門学校(熊本高専)の校長に!記念「形式手法とネットワーク技術」シンポジウム、改め「ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム 〜 機械学習とアジア太平洋地域を見据えて 〜」。後藤滋樹先生(早稲田大学教授)と玉井哲雄先生(東京大学名誉教授)の講演詳細2018年11月11日 19時23分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/30/8985607
テスト駆動開発(TDD)より、形式手法(フォーマルメソッド、形式仕様記述、Formal Methods)。九州大学(九大)の荒木啓二郎先生が、熊本高等専門学校(熊本高専)の校長に!記念、形式手法とネットワーク技術シンポジウム
で紹介した、熊本で開催される「形式手法とネットワーク技術シンポジウム」。
 名前を「ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム 〜 機械学習とアジア太平
洋地域を見据えて 〜」に変えて開催されるそうです。
 後藤滋樹先生と玉井哲雄先生の講演詳細が、南山大学の張漢明先生から送られて来たので、掲載します。

--- ここから ---
中村正三郎 様

「ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム」のご案内です。

重複してお受け取られた方はご容赦ください。

先日ご案内したシンポジウムの詳細が決まりましたので、お知らせさせて頂きます。

後藤滋樹先生(早稲田大学教授)と玉井哲雄先生(東京大学名誉教授)をお招きして、ご講演して頂くことになりました。

年末に向けてお忙しいとは存じますが、ご都合がつく方は、是非ご参加くださるよう、お願い申し上げます。

ご講演(1)
後藤 滋樹(早稲田大学教授)
タイトル(予定) :成熟した日本社会と競争激化するアジア諸国 --アジア太平洋地域のインターネットの変遷 --
概要(予定)
講師は、1985年から日本のインターネットの黎明期のJUNETの運営に協力した後に、1993年からアジア太平洋地域のインターネットの発展を促進してきた。
その活動の中で遭遇した話題を、シンポジウムにご参加の諸兄と共有したい。
ある時期には、日本をJapan as Number Oneと称賛する声がある一方で、アジア諸国は日本を良く研究した。現在では、中国のGDP(名目)が日本の2倍を超えている。経済の規模だけではなく、中国ではアメリカに比肩する新ビジネスが展開中である。このような状況の世界においても日本の役割があるのだろうか。
講師は次のように考えている。日本は今なお大きな国であり、日本の選択は世界に大きな影響を与える。

ご講演(2)玉井 哲雄(東京大学名誉教授)
タイトル:機械学習による品質要求の分類について
概要:
ソフトウェアの要求仕様の中でも,品質要求についての記述の重要さは広く認識されてきています.そこでわれわれは,実際的な要求仕様書を収集し,その中で品質要求が機能要求と比較してどの程度記述されているか,どのような種類の品質が扱われているかを調べることにしました.そのために,ネット上で公開されている主に公的機関が作成した要求仕様書を集め,またそれを分類・解析するツールを開発しています.
QRMinerと名づけたそのツールは,深層学習を用いて,要求文と非要求文,機能要求文と品質要求文を分類し,さらに品質要求をISO/IEC 25000で定められているセキュリティや信頼性などの8種類の特性に分類します.この講演では,このような研究の方法と成果を報告するとともに,機械学習の応用全般についても議論します.

ご参加くださる方は、下記のページよりお申し込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/45757981aba72538a0350d7029850572/

また、翌日には、「熊本高等専門学校見学会」および「VDM研究会」を企画しております。見学会のみの参加も結構ですの、関心のある方は、この機会に是非お立ち寄りください。参加くださる方は下記のページからお申し込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/cee7a38c720f3bde6cdaf652e87b3513/

なお、シンポジウムの名称を「形式手法とネットワーク技術シンポジウム」から「ソフトウェアとネットワーク技術シンポジウム 〜 機械学習とアジア太平洋地域を見据えて 〜」に変更しました。

--
張 漢明
南山大学 理工学部 ソフトウェア工学科
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2018/10/30/8985607
テスト駆動開発(TDD)より、形式手法(フォーマルメソッド、形式仕様記述、Formal Methods)。九州大学(九大)の荒木啓二郎先生が、熊本高等専門学校(熊本高専)の校長に!記念、形式手法とネットワーク技術シンポジウム

「ハードウェアハッカー 新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」2018年11月11日 22時49分22秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 山形浩生さん監修だから、面白いに決まっているけど、面白そう。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4297101068/showshotcorne-22/
ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険 単行本(ソフトカバー) – 2018/10/19
アンドリュー“バニー"ファン (著), 山形 浩生 (監修), 高須 正和 (翻訳)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07J28P6GN/showshotcorne-22/
ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険 Kindle版
アンドリュー“バニー”ファン (著), 高須 正和 (翻訳), 山形 浩生 (翻訳)

 技術評論社(技評)にある紹介。面白いね。
https://gihyo.jp/book/2018/978-4-297-10106-0
ハードウェアハッカー
~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険

 中国のサプライチェーンを使って安くハードウェアを作るのは、
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274500330/showshotcorne-22/
ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか? 単行本 – 2006/1/1
ロドニー ブルックス (著), Rodney Allen Brooks (原著), 五味 隆志 (翻訳)
にも出ていた記憶があるから、もう15年くらい前には当たり前になりつつあったんだろうね。
 著者のMITのロドニー・ブルックス先生が作った会社が、ロボット掃除機ルンバで有名になったiRobot社。iRobot社は、軍事部門もあったけど、のちに軍事部門を切り離したはず。

 この本はハードウェアハッカーというタイトルだけど、これからの世の中で生き残りやすいのは、ハードウェアにもソフトウェアにも精通したトータルハッカー、トータルエンジニアだと思う。
 ロボットなんかは、まさにトータルエンジニアが必要だろうし、IoTの世界もトータルエンジニアが必要だろうと思う。
 ってなことは、3年前の
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/01/21/7544600
FPGAブームでわかる、ソフト屋もハードがわからないと食えない、トータルエンジニア時代の到来か
で書いている。

 ハードウェアとソフトウェア両方に精通したトータルエンジニアとして、最初にぼくが思い出すのは、Apple Ⅰ, Apple Ⅱを作ったスティーブ・ウォズニアックと、次がPalm Pilotを作ったジェフ・ホーキンスかな。
 ウォズは、金儲けして何かをやりたかった訳じゃなくて、自分なりのコンピュータを作りたくて結果として大金持ちになったけど、ジェフ・ホーキンスがすごいのは、ほんとは脳の研究をしたくてその資金を作るために、Palm Computing社を作ってPDAの代名詞になるくらいPalm Pilotを大ヒットさせ、稼いだ金で実際に脳科学の研究所を作ったこと。最初から政府の研究資金に頼ったりしないのが、アメリカ的だなあと。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4270000600/showshotcorne-22/
考える脳 考えるコンピューター 単行本 – 2005/3/24
ジェフ・ホーキンス (著), サンドラ・ブレイクスリー (著), 伊藤 文英 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/01/21/7544600
FPGAブームでわかる、ソフト屋もハードがわからないと食えない、トータルエンジニア時代の到来か
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/27/4141049
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/01/3727996
考える脳 考えるコンピューター
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/25/4026152
ブルックスの知能ロボット論、柴田正良「ロボットの心」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/01/17/4818619
映画「サロゲート」、身体性、知能ロボット、iRobot、ルンバ、サブリミナル・インパクト

アイデア商品:防災にもモバイルバッテリー ソーラーチャージャー。「自衛隊防災BOOK」と「東京防災」2018年11月11日 22時50分03秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 アマゾンが、お前、停電になったとき、スマホの充電どうするんよ。これ、買えと言ってきた。
 なんかすごいのぉ、これ。ライターまで付いてる。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0792TZY51/showshotcorne-22/
【2018新登場】20000mAh超大容量 モバイルバッテリ ソーラーチャージャー 2USB出力ポート 防水・防塵・耐衝撃 旅行、ハイキング、防災に大活躍 LED電灯・ライター機能付き (ストラップ付き)(グリーン)
YU SHUN
価格:¥ 2,799

 次は、ベストセラー1位- カテゴリ 携帯電話用ソーラーチャージャーだって。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07HTP9CVL/showshotcorne-22/
【進化版 18LEDランタン照明】モバイルバッテリー ソーラーチャージャー20000mAh 大容量 コンパス付き 急速充電可能 二台同時充電でき 太陽光で充電可能 Android/Apple/iPad対応 地震/災害/旅行/出張/アウトドア/台風停電緊急対策 SOS発信 (ブラック)
PZX
5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー | 14人が質問に回答しました
参考価格: ¥ 14,280
価格: ¥ 3,999 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 10,281 (72%)

 次はソーラー4枚だって。すごいのぉ。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07DN9QWVV/showshotcorne-22/
モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 20000mAh 【2018年最新版】 Qi ワイヤレス充電器 大容量 急速充電 QuickCharge 2USB出力ポート LEDランプ搭載 太陽光で充電でき 4枚ソーラーパネル 折りたたみ式 iPhone/Andoroid 電源充電可 防水 耐衝撃 災害/旅行/アウトドアに大活躍に(黒)
Iusam Direct
参考価格:¥ 13,330
価格:¥ 5,799 通常配送無料 詳細
OFF:¥ 7,531 (56%)

 ほかにもいろいろあって、どれがいいかわからんわ。
 やっぱり、ライター付きより、ランタン照明かな。

 「自衛隊防災BOOK」と「東京防災」は、紹介したはずだけど、Googleがうまく拾ってなくてブログのエントリーがうまく出ないので改めて。
 自衛隊防災BOOKは、ベストセラー1位- カテゴリ 防災関連の本。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838730101/showshotcorne-22/
自衛隊防災BOOK 単行本(ソフトカバー) – 2018/8/9
マガジンハウス (編集), 自衛隊/防衛省協力 (その他)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07G59776R/showshotcorne-22/
自衛隊防災BOOK Kindle版
自衛隊 (著), 防衛省 (著), マガジンハウス (編集)

 東京都の各家庭には配られているのが、東京防災という本。これの出来がいいので、全国の自治体が真似したらしいけど。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B018RO3L24/showshotcorne-22/
東京防災 単行本(ソフトカバー) – 2015
東京都総務局総合防災部防災管理課 (著), 東京都 (著), かわぐちかいじ (寄稿)

 そうそう。通電火災は気をつけないとね。家を離れて逃げる前に、ブレーカーを落とす。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/23/7142904
地震発生時にブレーカーを落として、通電火災を防ごう

#アイデア商品
#モバイル
#防災

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/14/7791921
アイデア商品:ホンダ カセットガス使用インバータ発電機
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/17/7415846
アイデア商品:お湯を沸かしながら発電できるヤカン、キャンプストーブ、燃やしながら発電、スマホにUSB充電
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/12/09/7513096
アイデア商品:携帯トイレ、携帯ウォシュレット、防災グッズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/03/13/7243612
アイデア商品:旅行、出張に必携。物干し洗濯ロープ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/23/7142904
地震発生時にブレーカーを落として、通電火災を防ごう
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/27/6390375
防災グッズ、かたまーる(排泄物凝固剤)、ミリめし、その他
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索