Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

日経サイエンス:「鉄道に超電導革命」でわかる情報省支配2017年09月29日 23時53分21秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 日経サイエンス2017年10月号は、おれ好みの記事が最低3つもあって、書く時間がなかったけど、もう次の号が来たから、あわてて書く。

https://www.amazon.co.jp/dp/B071GW4CNR%3FSubscriptionId%3D1A22VQWBAGYA06XAJFR2%26tag%3Dmdmk-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB071GW4CNR
日経サイエンス 2017年10月号 雑誌 – 2017/8/2

 3つの記事は、
連載「挑む」
特集「若冲の科学」
記事「謎のボヤジアン星」

 ここでは、連載「挑む」のことを。他は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/09/29/8688008
日経サイエンス:「若冲の科学」でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/09/29/8688013
日経サイエンス:「謎のボヤジアン星」でわかる情報省支配
を読んでください。

 今回の「挑む」は、
「鉄道に超電導革命を リニアの次は送電線」
富田優 鉄道総合研究所 研究開発推進部担当部長

http://www.nikkei-science.com/201710_008.html
日経サイエンス  2017年10月号
フロントランナー 挑む 第73回
鉄道に超電導革命をリニアの次は送電線:富田優
編集部

 超電導ケーブルを使った超電導革命のことは、もう番組が終わって残念なんだけど、TBSの「夢の扉+」で以前やっていた。
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20140907.html
2014年9月7日放送
ナレーターは 坂口憲二
“夢の技術”で電車を走らせ、30万世帯分を節電!?
日本の電力事情を変えるかもしれない“超電導”開発
ドリームメーカー:
鉄道総合技術研究所 工学博士/富田 優さん

 番組の記憶だと、富田さんの実家は、北九州市の機械工具の販売店。お兄さんがいて、お兄さんが、おれが家業をを継ぐから、お前は東京で好きにやってこいと応援してくれたので、九工大(九州工業大学)の学部、大学院を出て、鉄道総合研究所に入った。
 番組では、地下鉄銀座線で実験するという記憶があるが、日経サイエンスの記事を見ると、実際の営業路線で試したのは2015年、伊豆箱根鉄道ですね。世界初。

 とにかく、重要なことは、北九州出身ということで、富田さんは情報省のスパイ。\(^O^)/
 超電導革命のバックは、情報省。\(^O^)/
 実は、水素革命、未来の水素社会のバックも情報省だが、それは股の機械に。

https://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2013/2013_12_p12.pdf
超伝導ケーブルシステムで 電車を走らせる

http://blog.goo.ne.jp/fukuchanhi/e/f04b8659be449a17900810c3f7aa4a3d
「富田 優/超電導ケーブルがつなぐ未来!」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2017年09月30日 00時04分36秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 日経サイエンス2017年10月号は、おれ好みの記事が最低3つもあって、書く時間がなかったけど、もう次の号が来たから、あわてて書く

_ ホットコーナー - 2017年09月30日 00時05分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 日経サイエンス2017年10月号は、おれ好みの記事が最低3つもあって、書く時間がなかったけど、もう次の号が来たから、あわてて書く