Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

プログラミングElixir, Programming Elixir 1.3, Programming Phoenix, Elixir/Phoenix 初級12016年12月16日 08時40分57秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 Erlang仮想マシン(VM)で動くプログラミング言語Elixirの本です。

http://amzn.to/2gPt52t
プログラミングElixir 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/19
Dave Thomas (著), 笹田耕一 (翻訳), 鳥井 雪 (翻訳)

 Scala, Erlang, Elixirなど、パターンマッチが強力な言語をみると、そのパターンマッチは、Prologのユニフィケーション(単一化)の簡易版みたいな感じがして、ヨーロッパで設計・開発されたプログラミング言語は、Prologの伝統が引き継がれているなあと思う。
 Prologのユニフィケーションは、とても強力だから、パターンマッチくらいに力を弱めて使うのが、ちょうどいいのかもね。

 いまから35年以上前、20歳前後に、それまで、FORTRANとPascalしか知らなかったおれは、Lisp, Prolog, Smalltalkを知って衝撃を受けた。
 コンピュータが計算するための、計算モデル、実行メカニズムって、こんなやり方もあるんだと。あの発想の広がり、プログラミングや計算に対する見方のあまりの違い。でも、みんな、ちゃんと動くんだよね。すごいのぉと思った。
 この発想の広がり、視野を広くもつことの重要性は、その後、プログラミング、ソフトウェア技術者としてのおれだけではなく、人生全般にわたって、広く深く影響を与え続けてきている。
 20歳前後で、そういう体験をできたのは、その後を考えると、非常に貴重で重要だったと、キャリアの終わりが近づいたいま、振り返って思う。
 いろんなパラダイムのプログラミングを、なるべく若いうちに知っておく、経験しておくとは、重要と思う。

http://qiita.com/HirofumiTamori/items/441cb854967b46ca2055
[翻訳] Elixirの作者、José Valimへのインタビュー
HirofumiTamori
2015年12月14日に更新

 Elixirのくだらんネタを。
 エリクサと言われると、博多弁で
「お前、どこ、つかんどると?」
「襟くさ」
と言われているみたいに思います。
 どうでも、ええわ。

 改めて本のリスト。
http://amzn.to/2gPt52t
プログラミングElixir 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/19
Dave Thomas (著), 笹田耕一 (翻訳), 鳥井 雪 (翻訳)

http://amzn.to/2gH2LCD
プログラミングElixir Kindle版
Dave Thomas (著), 笹田耕一・鳥井雪 (翻訳)

 原書が出て、けっこうすぐ翻訳して、値段も抑えて、出版社の編集者も翻訳者もがんばってくれたなあと思うけれど、原書は、すでに、次のElixir 1.3の本が出ているんですよね。

http://amzn.to/2gPmpBt
Programming Elixir 1.3: Functional Concurrent Pragmatic Fun (英語) ペーパーバック – 2016/11/3
Dave Thomas (著)

http://amzn.to/2gPygj0
Programming Elixir 1.3: Functional |> Concurrent |> Pragmatic |> Fun Kindle版
Dave Thomas (著)

 我々の業界の専門書、原書の電子版を買うなら、その出版社に行く方がいい。通常、電子書籍は、PDF, EPUB, Kindleの3種類を、アマゾンで買うKindle版1冊くらいの値段で買えるし、DRMフリーだから。

 The Pragmatic Bookshelfにある紹介。
https://pragprog.com/book/elixir13/programming-elixir-1-3
Programming Elixir 1.3
Functional |> Concurrent |> Pragmatic |> Fun
by Dave Thomas

 Elixirを使ったウェブアプリの開発は、Phoenixを使うのが定番らしいです。

http://amzn.to/2gPx3Ij
Programming Phoenix: Productive, Reliable, Fast (英語) ペーパーバック – 2016/4/30
Chris Mccord (著), Bruce Tate (著), Jose Valim (著)

http://amzn.to/2gPnskX
Programming Phoenix: Productive |> Reliable |> Fast Kindle版
Chris McCord (著), Bruce Tate (著), Jose Valim (著)

 これも、The Pragmatic Bookshelfにある。
https://pragprog.com/book/phoenix/programming-phoenix
Programming Phoenix
Productive |> Reliable |> Fast
by Chris McCord, Bruce Tate, and José Valim

 あ、Phoenixは、日本で書いた本がある。出たばかり。しかも、紙とKindleでずいぶん値段が違う。Kindle版は、半額だ。

http://amzn.to/2gPsjm9
Elixir/Phoenix 初級1: はじめの一歩 (OIAX BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/15
黒田 努 (著)
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,296

http://amzn.to/2gPxPFk
Elixir/Phoenix 初級①: はじめの一歩 (OIAX BOOKS) Kindle版
黒田 努 (著)
Kindle版
¥ 0 Kindle Unlimitedのロゴ
Kindle Unlimited では、このタイトルや100万冊以上の本をお楽しみいただけます。
¥ 648 Kindle 価格

 ソフトウェアデザインでも、Elixir, Phoenixの紹介記事が2回ありました。
http://amzn.to/2gPEBLp
ソフトウェアデザイン 2016年 11 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/10/18
http://amzn.to/2gPCs2a
ソフトウェアデザイン 2016年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/11/18

 技術評論社にある紹介。
https://gihyo.jp/magazine/SD/archive/2016/201611
Software Design 2016年11月号
https://gihyo.jp/magazine/SD/archive/2016/201612
Software Design 2016年12月号

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/04/07/8066797
なぜ関数型プログラミングは難しいのか? ソフトウェアデザイン 2015年8月号
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/11/6898237
プログラミング言語Elixir
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/01/02/2541270
Erlang, Oz/Mozart, Prolog, 単一化

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック