Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Life on the Edge: The Coming of Age of Quantum Biology. 量子力学で生命の謎を解く 量子生物学への招待、ペンローズの“量子脳”理論―心と意識の科学的基礎をもとめて2016年06月14日 08時22分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 英語のKindle版のお買い上げ。調べたら、実は、日本語版が出ている。それは、あとで。
 Quantum Biologyだから、量子生物学。
 生物が量子力学を使っているという話は、鳥とか植物の光合成とか、ぼくもいくつか知っていて、日経サイエンスにも出ていたと思う。
 一番過激なのは、著名な理論物理学者だけではなく、ペンローズ・タイルでも有名なロジャー・ペンローズと、アリゾナ大学の意識研究センターのセンター長で麻酔医のスチュワート・ハメロフによる仮説。その話は、最後にして、リストを先に。

 アメリカは、障碍者法があるから、視覚障碍者のために、オーディオブックもよく出してますよね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0307986810/showshotcorne-22/
Life on the Edge: The Coming of Age of Quantum Biology (英語) ハードカバー – 2015/7/28
Johnjoe McFadden (著), Jim Al-Khalili (著)
ハードカバー
¥ 3,162
¥ 5,157 より 3 中古品の出品
¥ 2,770 より 6 新品

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0593069323/showshotcorne-22/
Life on the Edge: The Coming of Age of Quantum Biology (英語) ペーパーバック – 2014/11/6
Jim Al-Khalili (著), Johnjoe McFadden (著)
ペーパーバック
¥ 2,412
¥ 1,960 より 3 新品

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RKO0KWM/showshotcorne-22/
Life on the Edge: The Coming of Age of Quantum Biology Kindle版
Johnjoe Mcfadden (著), Jim Al-Khalili (著)
Kindle版
¥ 1,600

 オーディオブックもある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1681413183/showshotcorne-22/
Life on the Edge: The Coming of Age of Quantum Biology (英語) CD – Audiobook, 2015/7/28
Johnjoe McFadden (著), Jim Al-Khalili (著), Pete Cross (ナレーション)
CD
¥ 6,018
¥ 8,019 より 1 中古品の出品
¥ 5,346 より 5 新品

 さて、日本語版は、これ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797384360/showshotcorne-22/
量子力学で生命の謎を解く 量子生物学への招待 単行本 – 2015/9/16
ジム・アル-カリーリ (著), Jim Al-Khalili (著), ジョンジョー・マクファデン (著), Johnjoe McFadden (著), 水谷 淳 (翻訳)
単行本
¥ 2,592

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B015FKYIAC/showshotcorne-22/
量子力学で生命の謎を解く Kindle版
ジム・アル=カリーリ (著), ジョンジョー・マクファデン (著), 水谷 淳 (翻訳)
Kindle版
¥ 2,333

 ジム・アル-カリーリさんの本は、けっこう日本語の本が出ている。
 「見て楽しむ量子物理学の世界」は、評判がいいね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822283402/showshotcorne-22/
見て楽しむ量子物理学の世界 単行本 – 2008/9/25
ジム・アル・カリーリ (著), 林田 陽子 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883935981/showshotcorne-22/
30秒で学ぶ科学理論 示唆に富んだ50の科学理論 (Series 30 Seconds) 単行本 – 2013/3/5
ジム・アル・カリーリ (著), スーザン・ブラックモア (著), マイケル・ブルックス (著), ジョン・グリビン (著), クリスチャン・ジャレット (著), ロバート・マシューズ (著), ビル・マグワイア (著), マーク・リドリー (著), ポール・パーソンズ (編集), 佐良土 茂 (翻訳), 佐良土 茂樹 (翻訳), 佐良土 賢樹 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479736937X/showshotcorne-22/
物理パラドックスを解く 単行本 – 2013/3/9
ジム・アル=カリーリ (著), 松浦 俊輔 (翻訳)

 次の原書は、日本語版がないみたい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CC8B96Q/showshotcorne-22/
Quantum Evolution: Life in the Multiverse Kindle版
Johnjoe McFadden (著)
5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
Kindle版
¥ 500

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0393050416/showshotcorne-22/
Quantum Evolution (英語) ハードカバー – 2001/1/15
Johnjoe McFadden (著)
ハードカバー
¥ 2,056 より
¥ 2,056 より 5 中古品の出品
¥ 2,570 より 3 新品

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0393323102/showshotcorne-22/
Quantum Evolution: How Physics' Weirdest Theory Explains Life's Biggest Mystery (Norton Paperback) (英語) ペーパーバック – 2002/4
Johnjoe McFadden (著)
ペーパーバック
¥ 2,232
¥ 2,029 より 4 中古品の出品
¥ 1,926 より 8 新品

 冒頭に書いた、ペンローズとハメロフによる仮説。
 脳は、量子の不可思議な現象である量子エンタングルメント(からみあい)によって、宇宙全体とつながっている量子コンピュータだと。意識は、そんな量子コンピュータから生まれるので、死ぬとエンタングルメントが解けて、宇宙に帰って行く感じになる。
 ということを書いていたら、情報省、恐ろしいわ!
 ディスカバリー・チャンネルのモーガン・フリーマンの番組で、ちょうど、死後の世界、意識について、放送しやがった。\(^O^)/
 これ、何度か、観たことがあるから、再放送も何回かやってるんだろうね。
 NHKもいま、モーガン・フリーマンの同じ番組を違うタイトルで放送している。それでも、あったかもしれない。
 あった。
http://www4.nhk.or.jp/P3452/
モーガン・フリーマン 時空を超えて

http://www4.nhk.or.jp/P3452/x/2016-07-22/31/66074/1988018/
モーガン・フリーマン 時空を超えて・選「死後の世界はあるのか?」
ですね。
 ちなみに、この番組、原題は、「Through the Wormhole」。
 ディスカバリー・チャンネルでは、「モーガン・フリーマンが語る宇宙」というタイトル。

 あ、ウィキペディアにちゃんとある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/量子脳理論

 フォン・ノイマンの説は知っていたが、治部・保江アプローチは、知らないなあ。すごいね、この辺の話。
 あ、ブルーバックスで出ていたんだ。知らんわ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062572168/showshotcorne-22/
脳と心の量子論―場の量子論が解きあかす心の姿 (ブルーバックス) 新書 – 1998/5/20
治部 眞里 (著), 保江 邦夫 (著)

 ペンローズ・ハメロフの理論の本。
 次は、竹内薫と茂木健一郎がからんでいるので、話題になった。
 竹内薫と茂木健一郎が東大で同期で一緒に物理学を勉強した仲だと知ったのは、最近だもんね。あ、関連にあるように、それは、2011年12月だ。もう5年。嘘だろう。絶対、東日本大震災の後だと思ったのに。
 もう、記憶や時間感覚がめちゃくちゃ。
 そろそろ、お迎えが来とんやないか。\(^O^)/
 脳量子コンピュータのエンタングルメントが解けかけとるわ。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480090061/showshotcorne-22/
ペンローズの“量子脳”理論―心と意識の科学的基礎をもとめて (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2006/9
ロジャー ペンローズ (著), Roger Penrose (原著), 竹内 薫 (翻訳), 茂木 健一郎 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061542389/showshotcorne-22/
心は量子で語れるか 単行本 – 1998/3
ロジャー ペンローズ (著), ナンシー カートライト (著), アブナー シモニー (著), スティーヴン ホーキング (著), Roger Penrose (原著), 中村 和幸 (翻訳)

 あ、ブルーバックスで出し直しているみたいね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062572516/showshotcorne-22/
心は量子で語れるか―21世紀物理の進むべき道をさぐる (ブルーバックス) 新書 – 1999/4/20
ロジャー・ペンローズ (著), 中村 和幸 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/02/6228832
茂木健一郎、日経サイエンス、竹内薫、ダライ・ラマ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/22/7440597
ブルーバックス、カラー図解アメリカ版大学生物学の教科書の第5巻が出ている。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/02/26/8030611
バイオ実験法&必須データポケットマニュアル、カラー図解 EURO版 バイオテクノロジーの教科書、カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2017年02月05日 20時28分49秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 番組表で、偶然、みかけて、録画しておいたNHK Eテレ(教育テレビ)、「心の時代」。面白かった。
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2017-02-11/31/1087

_ ホットコーナー - 2018年08月30日 06時41分54秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 全然、気づいてなかった。
 昨年2017年の今頃、定番中の定番教科書、「細胞の分子生物学 第6版」の日本語版が出ていました。

http