Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

筒井康隆「時をかける少女」の実写ドラマ化でわかる世代間ギャップ2016年05月20日 08時05分01秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 筒井康隆の「時をかける少女」が実写ドラマ化されるそうな。
 それに対して、「またアニメのドラマ化かよ」と嘆く世代がいて、その世代に対して、原作は小説で、実写ドラマ化が最初で、その後にアニメ化されたんだと嘆く世代がいて、面白い。
 そうやって若い世代を嘆いている連中も、実は、一番最初の実写ドラマ化が、NHKの「タイムトラベラー」だったことは、知らないみたい。
 おれみたいに、「タイムトラベラー」を中学生のときにリアルタイムで観て、次の日に、学校で、教室の扉を開けたり、掃除道具入れの扉を開けたら、
「ラベンダーの香りが」
と叫んで、倒れるギャグをやっていた人間からすると、「タイムトラベラー」を知らないとは、嘆かわしい。\(^O^)/
 しかも、当時、バレーボール部で、ミュンヘンオリンピックで金メダルに輝いた男子バレーボール全日本の松平康隆監督のコンビネーションバレーに入れ込んでいたおれは、「タイムトラベラー」の原作、「時をかける少女」を書いたのは、筒井康隆ではなく、松平康隆だと思い込んでいたという、大笑いまでやらかしているんだ。
 どうだ、参ったか。
 いや、単にバカでしょ。
 そうですね。\(^O^)/
 その辺の話は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/18/6749500
筒井康隆、大人買いと電子書籍。山下洋輔さんのエッセイ集も
に書いているね。

 リツートしてくれた、おれのツイート。
https://twitter.com/shownakamura/status/730369453301452800
--- ここから ---
嘆いてる連中も、NHKのタイムトラベラーを知らないみたい。
時をかける少女が実写化→「またアニメのドラマ化かよ」と嘆く、原作が何なのか知らない今時の若者とその若者に驚きを隠せない世代の皆さん -
http://togetter.com/li/973353
@togetter_jpより
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/18/6749500
筒井康隆、大人買いと電子書籍。山下洋輔さんのエッセイ集も
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/16/1658841
アニメ「時をかける少女」と「ダンシング・ヴァニティ」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/21/1863127
NHK教育テレビ「日本のSF50年」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック