Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Effective Python, Pythonチュートリアル第3版, Go言語によるWebアプリケーション開発, スターティングGo言語2016年04月06日 08時12分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 ほんとは、Lisp, 関数型言語、Prologといった新刊やお買い上げのことを書きたいと思ったけど、けっこういろいろあって、まとまらない。ということで、矛先を替えます。

 オライリー・ジャパンの矢野さん、いつも、献本ありがとうございます。
 もう2ヵ月くらい前?
 「Effective Python」と「Go言語によるWebアプリケーション開発」を献本してくださったんですが、時間が取れず、なかなか読めず、感想も書けずで申し訳ございません。
PythonとGoの新刊が出たついでに少し書きます。

 まず、最初に言っておくべきは、Effectiveシリーズは、どれもよくて、プログラミング、ソフトウェア開発をやる者にとっては、初級者から中級者、上級者を目指すためには、must buy, must readな本ばかりだということ。
 ぼくは、Python使いじゃないので、Effective Pythonのありがたみを実感してはいないけれど、なるほどと思うことは、書いてあるし、否応なく、Pythonを書くか、Pythonで書いたコードを読んで改良したりしなければならなくなりそうなので、本格的にPythonをやり始めたら、ありがたみが実感できるだろうと思っています。
 なぜ、否応なく、Pythonを書くか、Pythonで書いたコードを読んで改良したりになりそうかといえば、これも何度も書くけど、Pythonは、いま、あらゆるジャンルで幅広く使われていて、ビルドシステムなど開発系ツール、DevOps系の運用管理ツールはもちろん、最近の適用分野としては、たとえば、ビッグデータ&データサイエンス、AI(人工知能)、機械学習、以前仕事をやっていたゲノム・バイオ、生命科学(ライフサイエンス)といったサイエンス系など、Pythonのライブラリの充実度は、スクリプト言語としては、PerlやRubyをダントツに引き離しているからです。
 簡単にいうと、Pythonが読み書きできれば、仕事に困らない。読み書きできないと、仕事にあぶれる。そういう感じになってます。
 その辺は、ここでも、何度も紹介しているので、関連をみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117569/showshotcorne-22/
Effective Python ―Pythonプログラムを改良する59項目 大型本 – 2016/1/23
Brett Slatkin (著), 石本 敦夫 (監修), 黒川 利明 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。目次などもあります。
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117560/
Effective Python――Pythonプログラムを改良する59項目

 次は、Pythonの作者、Guido van Rossumさんによるチュートリアルの第3版。
 Python 3対応です。これは、Pythonを本格的にやる前に、ぜひ、読みたいと思っています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117534/showshotcorne-22/
Pythonチュートリアル 第3版 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/24
Guido van Rossum (著), 鴨澤 眞夫 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。目次などもあります。
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117539/
Pythonチュートリアル 第3版

 Goは、最近、人気がどんどん出てきたプログラミング言語。ここでも、何度か紹介してるので、関連をみてください。
 次の本は、初めてみる、すごい事があって、それは、監修者、鵜飼文敏さんによる、原書のコードの添削。\(^O^)/
 いや、ほんと、そういうしかない。もっとGoらしい書き方とこうなるといって、かなりのページを割いて、コードを示している。
 これだけでも、原書ではなく、日本語版を読む価値があります。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873117526/showshotcorne-22/
Go言語によるWebアプリケーション開発 大型本 – 2016/1/22
Mat Ryer (著), 鵜飼 文敏 (監修), 牧野 聡 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。目次などもあります。
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873117522/
Go言語によるWebアプリケーション開発

 翔泳社からは、次が出ます。
 目次をみると、最新のGo入門書として、いま、これしかない感じですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798142417/showshotcorne-22/
スターティングGo言語 (CodeZine BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2016/4/15
松尾 愛賀 (著)

 翔泳社にある紹介。
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798142418
スターティングGo言語

Python関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/14/7990063
Effective Python ―Pythonプログラムを改良する59項目
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/12/18/7952637
入門 Python 3, 実践 Python 3, ハイパフォーマンスPython, IPythonデータサイエンスクックブック、Caffeをはじめよう、Cython, Effective Python
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/12/15/7517049
Scikit-learn:またもPythonを使った機械学習だ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/11/22/7500127
情報処理学会学会誌の巻頭コラム。漫画家すがやみつるさん。バリバリのPython使いで統計やりまくってるんだ。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/01/09/7181156
データ・サイエンスのプログラミング言語はRからPythonに置き換わる
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/23/7142881
ビッグデータ時代のPython祭り\(^O^)/ SciPy, NumPy, iPython, SymPy, pandas
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/11/22/7064812
「Dive Into Python 3 日本語版」で100円トリオ完成
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/11/5799545
みんなのPython改訂版ほか、Python本

 その他、Python関連は、上の検索窓に「Python」と入れて検索してください。

Go関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2016/01/14/7990070
Go言語によるWebアプリケーション開発
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/28/7423307
プログラミング言語Go, Mastering Concurrency in Go

 その他、Go関連は、上の検索窓に「Go」と入れて検索してください。

Effectiveシリーズ関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/25/7812140
Effective Modern C++ ―C++11/14プログラムを進化させる42項目、C++11/14コア言語
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/28/7444837
Effective Java, Effective C++, More Effective C++などEffectiveシリーズ。年寄りだから、昔話が長いわ、お前
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/08/4108038
Javaスタイルブック、Effective Java 第2版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/26/7443432
Effective Modern C++, C++11, C++14。C++ Multithreading Cookbook。ICT業界の技術者が、若いときにやっておくべきこと。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/07/25/7716321
Javaとオブジェクト指向プログラミング(OOP)の入門書
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/09/25/7812131
マーティン・レディ著「C++のためのAPIデザイン」