Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

こんなところに筒井康隆が。第4回2016年01月08日 08時26分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のtti/salon(筒井康隆会議室)から。
---
 何にでも筒井康隆を観てしまう中村(show)です。
 上野の東京国立博物館に、特別展「始皇帝と大兵馬俑」を観に行ったんです。
http://heibayou.jp
特別展「始皇帝と大兵馬俑」

 そしたら、あなた、そこで、大発見。\(^O^)/
 秦の始皇帝が、中国を統一したのは、紀元前221年だった。
 221、すなわち、「つつい」!
 特別展の説明によると、世界史的、文明史的にもあれほど重要な人物でありながら、始皇帝は、謎が多いんだそうです。
 ということは、始皇帝は実は筒井康隆だった可能性もありますね。\(^O^)/

 「こんなところに筒井康隆が」シリーズ。前回の第3回が、2011年11月だって。
 書いたおれも、忘れていたシリーズ。祝復活。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/16/6904206
動くダンサーに、プロジェクションマッピング。こんなところに筒井康隆が
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/06/6189704
週刊ツツイストークのトップ記事に「こんなところに筒井康隆が」シリーズが
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/02/6183234
こんなところに筒井康隆が。第1回
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/02/6183236
こんなところに筒井康隆が。第2回
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/02/6183237
こんなところに筒井康隆が。第3回
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/29/6222537
「国文学 解釈と鑑賞」筒井康隆大特集の柘植光彦さん亡くなる

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2016年02月17日 10時35分58秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 もう、早く書かんけ、先を越されたわぁ。バカタレが。
 もう、早く書かんけ、「あれ」が終わってしまうわ。バカタレが。
 すみ