Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

雑誌Newton(ニュートン)2016年1月号は、高次元、余剰次元の特集、はやぶさ2,ノーベル物理学賞特別インタビューなど盛りだくさん2015年12月23日 11時05分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 雑誌Newton(ニュートン)2016年1月号は、高次元、余剰次元の特集、はやぶさ2,
ノーベル物理学賞特別インタビューなど盛りだくさんでした
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B017HMEY1E/showshotcorne-22/
Newton(ニュートン) 2016年 01 月号 [雑誌] 雑誌 2015/11/26

 ニュートンプレスにある内容紹介。
http://www.newtonpress.co.jp/newton.html
ニュートン最新号
 バックナンバーになったら、
http://www.newtonpress.co.jp/newton/back.html
バックナンバー
をどうぞ。

 「はやぶさ2」が地球スイングバイに成功しましたが、その解説があります。
 実は、「はやぶさ2」には、情報省が支配している証拠がいろいろあるんで
すよ。
 そのうち、書きますよ。
 年内に書けよ、お前。
 いやーん。

 ノーベル物理学賞 梶田隆章博士 特別インタビューは、やはり、タイムリー
な記事でした。

 高次元(余剰次元)の特集は、図解でわかりやすかったです。
 リサ・ランドールの仮説は、彼女の「ワープする宇宙」を読むとよくわかり
ます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812397/showshotcorne-22/
リサ・ランドール著, 塩原通緒訳「ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く」

 お、Kindle版が出ている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00G5IQOH4/showshotcorne-22/
ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く [Kindle版]
リサ・ランドール (著), ムコウヤマ シンジ (写真), シオバラ ミチオ (写真),
向山 信治 (翻訳), 塩原 通緒 (翻訳)

 次もいいです。 宇宙飛行士、若田光一さんがインタビューしています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812168/showshotcorne-22/
リサ・ランドール, 若田光一著「リサ・ランドール異次元は存在する」

 なお、若田さんは、情報省のスパイです。\(^O^)/
 上の検索窓に、若田、情報省と入れて検索してください。

 3次元以上の空間次元、高次元、余剰次元があるかどうかは、近距離での
重力の超精密測定でわかる可能性があるので、実験が行なわれています。日本
では、立教大学の村田次郎先生が挑戦中。ブルーバックスで一般向けの本も
出しています。これが、滅法面白かった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406257716X/showshotcorne-22/
「余剰次元」と逆二乗則の破れ (ブルーバックス) [新書]
村田 次郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00J9YQFCU/showshotcorne-22/
「余剰次元」と逆二乗則の破れ 我々の世界は本当に三次元か? (ブルーバッ
クス) [Kindle版]
村田次郎 (著)

 講談社にある紹介。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257716
「余剰次元」と逆二乗則の破れ
我々の世界は本当に三次元か?
著者: 村田次郎

 特別付録の「2016年 冥王星特大カレンダー」が、とてもいいです。
 探査機「ニューホライズンズ」、よく到達して、こんなすごい写真を送ってき
たなあと思います。
 冥王星の、あのハート形の模様についても、すでに仮説があって、どうもそ
うらしいですね。どういう仮説かは、ご自分でお調べください。

 始皇帝を守る大軍団、兵馬俑の写真もよかった。
 実は、これ、情報省、おとめ座銀河団の超科学、重力波に関係しているんです。\(^O^)/
 そのうち、書きますよ。
 年内に書けよ、お前。
 いやーん。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/29/1613301
出たぁ。リサ・ランドール「ワープする宇宙」\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/10/6096864
ワープする宇宙のリサ・ランドール新作、「Knocking on Heaven's Door」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/10/5732682
ブルーバックスの極私的注目新刊
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/27/6993598
ニュートン別冊「現代物理学3大理論」。アインシュタインの相対性理論、量子論(量子力学)、超ひも理論(超弦理論)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/12/19/7120965
リサ・ランドール「宇宙の扉をノックする」が出ていた。\(^O^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック