Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

日経サイエンス2015年10月号は、暗黒物質(ダークマター)特集。南部陽一郎先生の追悼記事も。日本発の太陽電池新素材ペロブスカイト、南極の分厚い氷の下に生命! ニュートン2015年9月号2015年09月05日 14時20分44秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 日経サイエンス2015年10月号は、とんでもない話ばっかり!
 暗黒物質(ダークマター)特集がすごいでしょ。
 南部陽一郎先生の追悼記事がすごいでしょ。
 日本発の太陽電池新素材ペロブスカイトがすごいでしょ。
 しかし、なんといっても、驚き桃の木山椒の木で、びっくりたまがったのは、
南極の分厚い氷の下に生命、それも魚がいたこと!
 こりゃ、エウロパとか、他の惑星、衛星に生命、それも魚レベルの高等生物
がいても、不思議じゃない気がしてくる。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B010BX1D1K/showshotcorne-22/
日経サイエンス2015年10号 雑誌 2015/8/25

 日経サイエンスにある紹介。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201510.html
日経サイエンス 2015年10月号
特集:暗黒物質に異説

http://www.nikkei-science.com/201510_066.html
南極の氷下の闇に生物!
D. フォックス(サイエンスライター)
--- ここから ---
 深さ740mの縦穴が掘られ,氷の下で陸地が海と接している領域が調べられた。
縦穴から送り込まれた無人機は,氷の下にある厚みわずか10mの深海に,バタ
ーナイフくらいの大きさをした半透明の魚など,いくつかの動物を発見した。
外海から850kmも離れ,太陽光の届かない暗闇に微生物以外の生き物がいたの
は驚きだ。
--- ここまで ---

 暗黒物質については、おとめ座銀河団ではとっくにわかっていて、さまざま
に応用しているが、おれは地球人に遠まわしのヒントは与えることができても、
ずばり何かを教えてやることはできないもんね。すみません。\(^O^)/

 ついでに書いておく。
 先月号、つまり、日経サイエンス2015年9月号は、なんといってもボルバキア。
こいつとんでもないよ。
 名前もすごそうだし、実際、すごい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XVN1HIC/showshotcorne-22/
日経サイエンス2015年09号 雑誌 2015/7/25

 日経サイエンスにある紹介。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201509.html
日経サイエンス 2015年9月号
特集:宇宙の光を読み解く
http://www.nikkei-science.com/201509_046.html
日経サイエンス  2015年9月号
デング熱ストッパー
S. オニール(豪モナシュ大学)

 10月号の森山和道「読書日記」でも、ボルバキアは性決定に干渉するという
話がある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4759816666/showshotcorne-22/
消えるオス:昆虫の性をあやつる微生物の戦略 (DOJIN選書) 単行本 2015/7/3
陰山 大輔 (著)
に出ているそうです。
 なんか知らんけど、ボルバキアとおれの中で最強生物のクマムシとの対戦、
それもガチンコ、セメントマッチを観たいね。
 まさに、異種格闘技戦。\(^O^)/

 日経サイエンス2015年09号の関連で、ニュートン2015年9月号出るので、
そのことも。
 特集は、アンドロメダ銀河が、我々の天の川銀河に衝突する話。
 衝突は、今月らしいね。人類滅亡だって。
 ばかー、それは、バカが小惑星が9月に地球に衝突するといったデマを流し
て、これまたバカが信じてる話だろう。
https://twitter.com/shownakamura/status/635408068507926528
--- ここから ---
「9月に巨大小惑星が地球に衝突」説、NASAが否定
http://www.afpbb.com/articles/-/3058095?pid=0
… @afpbbcomさんから
--- ここまで ---
 コズミックフロントNEXTで、銀河の話をやっていて、我が天の川銀河にアンドロメダ
銀河が衝突する話も出た。
 シミュレーション映像では、地球の夜空に見えるアンドロメダ銀河が、どんどん大きく
なって衝突。やがて2つの銀河がかき混ぜられて星間物質から大量の新しい星ができる
時期が到来。爆発的に新しい星が誕生するスターバーストです。
 このとき、地球の夜空はるい星で埋め尽くされるくらいになるそうです。
 天の川銀河は、いま、おとめ座銀河団に向かって突進中。しかし、暗黒エネルギー
(ダークエネルギー)による空間の膨張スピードのほうが大きくなって、天の川銀河は、
おとめ座銀河団にたどり着けないので、おとめ座銀河団に吸収されることはないそうです。
 えーっ、そんなら、おれら、故郷のおとめ座銀河団に帰れんやん。\(^O^)/

http://www.nhk.or.jp/space/cfn/150903.html
「今も進化中?銀河系の奇妙な姿」
2015年9月3日(木)午後10時00分~
2015年9月9日(水)午後11時45分~(再)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XVN10SO/showshotcorne-22/
Newton(ニュートン) 2015年 09 月号 [雑誌] 雑誌 2015/7/25

 この号、個人的には、
探査機メッセンジャーの水星の写真
サメの写真
ゾウムシの写真
が素晴らしかった。サメやゾウムシって、あんなに種類がいるのね。
 サメは、人を襲うのはごくわずかな種類だって。
 探査機ニューホライズンズが撮影した冥王星もよかった。
 光で脳を操作するオプトジェネティクス、ロボットスーツHALは、以前、紹介
しているが、その後の発展がわかった。
 オプトジェネティクスは、お前らを好き放題に操るために、情報省が資金援
助しているもんね。嘘ぴょーん。\(^O^)/
 ニュートンプレスにある紹介。試し読みがある。
http://www.newtonpress.co.jp/newton/back/bk_201509.html
Newton(ニュートン) 2015年9月号

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック