Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

世界文化遺産登録勧告でわかる情報省支配2015年06月19日 08時51分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 もうね、あなた、大変大変大変態変態変たーい、止まれ!
 止まりませーん!
 というくらい、安倍ちゃん(安倍晋三首相)の長期政権化が進むにつれ、安倍
ちゃんヨイショ、大政翼賛報道が増えている。テレビはひどいよ。特にNHK。
 これは、もちろん、情報省の命令、すなわち、情報省トップのおれの意向を
反映しておるわ。\(^O^)/

 明治日本の産業革命遺産を世界文化遺産に登録すべしという勧告が出た件。

https://ja.wikipedia.org/wiki/九州・山口の近代化産業遺産群
http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/sub/sub26.html
日本の世界遺産・暫定リスト(明治日本の産業革命遺産)

 韓国が、朝鮮人の強制労働があったから、だめだと文句をつけているので、
今後、世界遺産に登録されるかわからないが、勧告だけに韓国という、オヤジ
ギャグレベルの動きだったので、びっくりやね。
 韓国の論理はどうなの? 強制労働させた場所だからだめとか言い出したら、
世界中の古代文明、全部アウトじゃないの? ギリシアやローマの遺産もアウ
トでしょう? 奴隷制がベースだもん。
 実は、そんなことは、どうでもよくて、情報省ウォッチャーが注目すべきは、
この遺産に登録される場所が、九州・山口中心だということ。
 こんなに露骨に、情報省支配が国民にわかっていいのかと思うが、もちろん、
いいんです。\(^O^)/
 ただね、名前に露骨に九州・山口と入っていたのは、さすがにおれが、勧告
をする「イコモス」に霊界通信して、削除するようにしたよ。\(^O^)/
 吉田松陰の松下村塾が遺産登録に入っているでしょ。あれ、産業革命に直接
関係ないのに、なぜ、入ったの?
 ばかー。吉田松陰先生を呼び捨てにするな! 山口県で、松陰先生を「松陰」
と呼び捨てにすると、それだけで死刑だぞ。\(^O^)/
 うわあ、そんな世界なんやね。気をつけよう。
 まあ、松下村塾が入ったのは、吉田松陰先生に心酔しとる安倍ちゃんの強い
願いよ。正ちゃん、なんとか入れてくれと泣いて頼むけ、仕方なかったわ。お
父さんの晋太郎さんからも、生前、晋三のことを何卒よろしくと頼まれとった
からね。\(^O^)/
 でもさあ、吉田松陰は、革命思想でしょ。
 ばかー。吉田松陰先生だろ。
 あ、はい。すみません。吉田松陰先生は、革命思想なんだから、安倍ちゃん
が目指す、明治維新再び、明治期への先祖返り、富国強兵、天皇中心の日本へ
の回帰とは、相容れないんじゃないの?
 安倍ちゃんが目指すのは、おれの言葉でいうと、アベチャンレジーム。
 あれ?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/09/7306057
安倍ちゃん(安倍晋三)の戦後レジームからの脱却、おれはこう呼んどるよ
をみると、以前は、あんちゃんレジームといってたけど。
 わはは。おれも進化しとるんよ。いまは、アンシャンレジームをもじって、
アベチャンレジームよ。
 まあ、ええわ。でね。革命思想なら、明治期に回帰はないやろ。徳川幕府や
当時の日本の支配層からすれば、吉田松陰は、
 松陰先生!
 あ、はい。松陰先生と長州は、テロリスト集団そのものや。いまでいえば、
イスラム国(IS)みたいなもんや。安倍ちゃんがやっとることは、全然、松陰先
生の思想を受け継いでないぞ。
 お前、あんまり、鋭い分析を披露すると、情報省に口封じされるぞ。
 どうなるん?
 こうなるんや。
(といって、正三郎が、がばっと、男を抱きしめ、強引に接吻し、ダイソンの
掃除機もびっくりの吸引力で、男の内臓を吸い取ってしまう)
(正三郎、口をぬぐいながら、視聴者に向かって)
 あのね。この技、ウルトラセップンの必殺技よ。
 赤塚不二夫だったか、別のギャグマンガだったか、子供の頃かな。ウルトラ
セブンのギャグで、ウルトラセップンというのがあったんよ。その必殺技が、
これで、怪獣に接吻して、内臓を吸い取って倒すんよ。すごい必殺技だと感心
して、以来、厳しいトレーニングに励んで、我が必殺技にしたんよ。\(^O^)/
 知らんわ。

http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/sub/sub26.html
明治日本の産業革命遺産-九州・山口及び関連地域

関連ツイート:
https://twitter.com/shownakamura/status/590703382156992512
--- ここから ---
安倍ちゃん(安倍晋三首相)へのごますりだったのを、見透かされたのか。
安倍ちゃんの頭の中は、明治維新再びだ。これをアベチャンレジームという。\(^O^)/
https://twitter.com/shukan_bunshun/status/590702904258011136
--- ここから ---
【週刊文春デジタル】〈花燃ゆ〉視聴率一ケタで“腫れ物”扱いされる〈井上真央〉
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar775617
… #blomaga
--- ここまで ---
--- ここまで ---

 そうなんよね。あんまり、露骨にやると、反感を買うよといったのに、安倍
ちゃんは、どうしてもやってくれというから、NHKの会長を情報省のスパイで
ある籾井会長にすげ替えて、去年の大河ドラマは、黒田勘兵衛で福岡をやって、
今年は、山口をやったんやけど、やっぱ、国民はバカやないわ。本能でうすうす
感づいているね。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/09/7306057
安倍ちゃん(安倍晋三)の戦後レジームからの脱却、おれはこう呼んどるよ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/28/6309286
ウルトラセブンDVD
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/03/4339627
金城哲夫、ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブン

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/19/7671923
世界記憶遺産・山本作兵衛の世界、福岡市博物館開館25周年記念

世界記憶遺産・山本作兵衛の世界、福岡市博物館開館25周年記念2015年06月19日 08時52分24秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 先日、九大(九州大学)に講義に行ったとき、福岡市博物館で、開館25周年記
念として、山本作兵衛さんの原画の展示をやっていたので、観てきた。
 山本作兵衛さんについては、以下のリンクをみてもらえば、おおよそはわか
ると思う。

http://museum.city.fukuoka.jp/exhibition/yamamotosakubei.html
福岡市博物館開館25周年記念
「世界記憶遺産・山本作兵衛の世界 ~記憶の坑道~ 」開催概要
http://rkb.jp/kioku_no_koudou/
山本作兵衛の世界

https://ja.wikipedia.org/wiki/山本作兵衛
https://ja.wikipedia.org/wiki/田川市石炭・歴史博物館

 ぼくが、山本作兵衛さんを知ったのは、世界記憶遺産になって、NHKで
NHKアーカイブスの山本作兵衛さんのことを放送したとき。
 ぼくが観たのは、
http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/past/2000/h000702.html
平成12年度の放送
炭坑史
放送:7月2日(日)23時35分~翌1時00分(85分)
--- ここから ---
100年にわたり、日本の成長を支えてきた石炭産業。
そこに関わり、生きてきた人々の生活を写した写真と絵画から、炭坑史を読み
とっていきます。
--- ここまで ---
のうち、
--- ここから ---
ある人生「ぼた山よ…」
25分/1967年(昭和42年)
8歳でヤマに入り、50年間にわたり炭坑で生きた山本作兵衛さんは、60歳にな
って絵筆をとり、肉体に染みついた地底の生活を描き続けた。その作品の世界
には、炭坑の中に生きた人々の歴史が読みとれる。
--- ここまで ---
だね。
 そこには8歳と書いてあるけど、7歳というのもある。

 番組の記憶だと、作兵衛さんは、小学校の時から、炭坑で働いていて、ここ
ままでは、読み書きもろくにできないまま大人になって、自分の人生はだめに
なると思って、漢和辞典をもらったか買ってもらって、最初のページから漢字
の書き取りをしながら、漢和辞典を読んでいったという。わからない字は、そ
の漢和辞典で調べるという自給自足だったんだろう。
 そうやって、字を覚えて、炭坑の生活を日記に書くようになり、これが、後
に、66歳から独学で炭坑の絵を描くときに役に立ったという話だった。
 きつい炭坑の仕事を終えて、毎晩、漢和辞典に向かって勉強するなんて、並
の精神力じゃ続かない。それだけ自分の将来に危機感があったのだろうが、意
識が高いね。やはり、将来、大きな事を成す人は、栴檀は双葉より芳しなんだね。
 そこのあなた。自分の人生を反省しなさい!
 お前が、反省しろ!
 そうですね。\(^O^)/

 展示の前半3分の1くらいは、筑豊の炭鉱地帯の古い絵図や地図、そして
炭坑とは何かという展示。いまどき、炭坑といっても知らない人が多いからね。
 昔の筑豊の展示は、どこか懐かしかった。母の実家が、筑豊の直方にあって、
そこで生まれた私としては、筑豊一帯には、シンパシーがある。
 作兵衛さんの絵は、ヘタウマみたいな独特の絵。テレビで観たことはあった
が、原画は、やはりパワーがある。
 元々のオリジナルは、墨絵だけど、後に水彩画としてカラーで描き直したも
のもあった。そっちのほうが、一般にはよく観られていると思う。
 原画は、当時の粗末な画用紙に描いているから、劣化が激しくて、なかなか
展示できない。そういう作品をどう保存するかの技術開発も展示してあった。

 へぇぇと思ったのが、大きな壁画の展示。これ、作兵衛さんの作品を大量に
模写して、それを大きな壁画にしたもの。制作した美学校の学生の中に、イラ
ストライター(イラストレーター+ライター)南伸坊さんのサイン代わりの似顔
絵があった。えっ、伸坊さんは、作兵衛さんとつながりがあったんだと驚いた
次第。

 以前、釧路市立博物館でも展覧会があったんだね。
http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2008/0008.html
田川市石炭・歴史博物館=釧路市立博物館 交流企画展
祝・ユネスコ記憶遺産国内初登録(2011年5月)

http://d.hatena.ne.jp/cool-hira/20120731/1343682598
じじぃの「世界記憶遺産・山本作兵衛の炭坑画!石炭の時代」
に、南伸坊さんとの関わりがある。
--- ここから ---
『文藝春秋』 2011年10月号

山本作兵衛さんと「世界記憶遺産」 【執筆者】南伸坊 イラストレーター・
エッセイスト (一部抜粋しています)
--- ここまで ---

 世界記憶遺産に登録されたときは、作兵衛さんの知名度も一気に上がり、田
川にも人が押し寄せたが、いまは、そうでもないらしい。この展覧会でまた多
くの人が知るようになればいいけれど。

 そうそう。この展覧会には、「ほほぉ」という説明があった。
 最初は、筑豊の炭鉱地帯を世界文化遺産に登録する動きがあったが、筑豊は
すでに炭坑が閉山され(石炭から石油へのエネルギーシフトで、わずか25年く
らいでほぼ全部の炭坑が閉山)、建物などもほとんど残ってないから、登録は
却下されたそうな。その後、作兵衛さんの絵を世界記憶遺産に登録する動きが
あった。筑豊の世界文化遺産登録を却下したユネスコには忸怩たる思いがあっ
たんだろうね。作兵衛さんの炭坑画は、世界記憶遺産として残しておこうとい
う流れがあったらしい。そして、いま、世界文化遺産として、「明治日本の産
業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」を登録する勧告が出ているが、作
兵衛さんの炭坑画も合わせて、全体象として考えるべきなどと書いてあったよ。

 あ、山本作兵衛さんのサイトがあるね。
http://www.y-sakubei.com/index.html
山本作兵衛

 いくつか画集など。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062171716/showshotcorne-22/
新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録 単行本 2011/7/29
山本 作兵衛 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874158277/showshotcorne-22/
筑豊炭坑絵巻 新装改訂版 大型本 2011/10/17
山本 作兵衛 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816708391/showshotcorne-22/
ヤマの記憶 山本作兵衛聞き書き 大型本 2011/10/3
西日本新聞社 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006022131/showshotcorne-22/
筑豊炭坑絵物語 (岩波現代文庫) 文庫 2013/1/17
山本 作兵衛 (著), 森本 弘行 (編集), 田川市石炭資料館 (その他)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2015/06/19/7671918
世界文化遺産登録勧告でわかる情報省支配