Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

Effective Java, Effective C++, More Effective C++などEffectiveシリーズ。年寄りだから、昔話が長いわ、お前2014年09月28日 08時52分42秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 Effective C++, Effective Javaなど、Effectiveシリーズのリストを作って
なかったから、作る。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/26/7443432
Effective Modern C++, C++11, C++14。C++ Multithreading Cookbook。ICT業
界の技術者が、若いときにやっておくべきこと。
で、作るといってたリストです。珍しく、もう作った。
 このシリーズは、役に立ちますよ。個人的には、C++, Javaは役に立った。
 読んで理解ができない場合は、まだ、力が足りないので、もっと基礎からや
り直してください。
 翻訳本の原書を探す時間がないので、それは自分でお願いします。すみませ
ん。

 自分のブログには、Effectiveシリーズのこと書いてなくて、ブログをやる
前にウェブに書いていたときに少し書いていたので、そこから調べてみた。
 原書の出版社であるAddison-WesleyやPearsonは、最近、コンピュータ本を
出している気がしない。合併したり名前が変わったりいろいろあって、よくわ
からんし、サイトにいっても、なんか、よーわからんかったから。
 原書は時間がないから調べなかった。翻訳があるものだけです。
 改めて、おお、と思ったのが、Tcl/Tk。そうなんです。昔は、Tcl/Tkの本も
あったんです。しかも、Effectiveシリーズに。
 若い技術者は、Tcl/Tkは知らないだろうね。SNOBOLとかも。
 っていうかさあ、Perlは、最近、影が薄いから、Perlすら名前も聞いたこと
がないと若い技術者がいるかもしれない。

 そういえば、こんなツイートがあったので、思わず反応した結果。
https://twitter.com/shownakamura/status/513278628285521920
--- ここから ---
Pascal? :-) RT @mzsm_j: どっかのPで始まる言語「ver2とver3で互換性がな
い」別のどっかのPで始まる言語「ver5とver6で違う言語」
また別のどっかのPで始まる言語「互換性がないver6を作ろうとして失敗した」
--- ここまで ---

https://twitter.com/shownakamura/status/513280697826410496
--- ここから ---
PL/I?@shownakamura: Pascal? :-) RT @mzsm_j: どっかのPで始まる言語
「ver2とver3で互換性がない」別のどっかのPで始まる言語「ver5とver6で違
う言語」また別のどっかのPで始まる言語「互換性がないver6を作ろうとして
失敗した」
--- ここまで ---

 念のため、言っておきますが、PascalやPL/Iと答えているのは、ボケですか
ら。昔、そういう言語が人気があったんです。処理系はいまでもあるけど。
 改めて読むと、

「ver2とver3で互換性がない」は、Pythonですね。
 問題なんだよね。2と3であれこれ違って、知り合いは、全然、3に移行して
ない。本、特に洋書は3で書いているのが増えていると思うが、現場の移行は
進んでない。少なくともぼくの周りは。
 とはいえ、以前指摘したように、Pythonは、ビッグデータ、データマイニン
グ、機械学習などで、統計処理で、最近は人気沸騰。定番のRさえ抜くのでは
ないかといわれている。それらは3に移行している気がする。
 ゲノム、生命科学では、バイオ・インフォマティクスが話題になったときは、
Perlでいろんなソフトが書かれて、Perlが人気だったけどね。それらをJavaで
書き直すだけで、スピードが何倍にもなって、その方面の研究者に喜ばれた話
は以前書いたね。

「ver5とver6で違う言語」は、Perlですね。弾さん(小飼弾)が、大久保でやっ
たLLで、Perl6の話をして、もうすぐ出るなどといってたのは、もう10年くら
い前になるじゃないか。あのときは、Lispの神様の一人、竹内郁雄先生がLisp
の話をした。帰りの電車が一緒で少しお話ししたが、竹内先生は、これから、
家で禊ぎをして国立競技場にサッカー日本代表の応援に行くのだとおっしゃっ
ていた。
 あった。これだ。2004年だから、もう10年経ってる。\(^O^)/
http://ll.jus.or.jp/llw2004/
Lightweight Language Weekend
http://ll.jus.or.jp/llw2004/program.html
Lightweight Language Weekend プログラム
にある資料をみると、
「んで、いつ出るのか? -- 北京オリンピック頃?」
となってる。北京オリンピックって、いつだっけ?\(^O^)/
 おれも、新木場でやったLL Ringのときは、たしか、Ringつながりで出ろっ
て話で出たんだ。
http://ll.jus.or.jp/2006/
LL Ring
http://ll.jus.or.jp/2006/event/session.html
セッション内容

「互換性がないver6を作ろうとして失敗した」は、PHPですね。
http://news.mynavi.jp/news/2010/03/17/053/
PHP6開発 UTF-16化を断念、5.3へロールバック
http://slashdot.jp/story/10/03/19/0136250/開発中の-PHP-6、UTF-16-化に
失敗。開発ブランチも-5.3-系に巻き戻し
開発中の PHP 6、UTF-16 化に失敗。開発ブランチも 5.3 系に巻き戻し
を参照。

 企業やプロが作って提供している言語と、多くのLLのようにアマチュアが作
っている言語と比べると、こういう不安定さが仕事で使う上では心配事。
 もっというと、公的な規格になっている言語と、実装が仕様ですみたいな言
語は、仕事で使うときの安心感が違う。
 10年以上前かな。すでに国際化、多国語対応のフレームワークがあったJava
に比べ、Ruby, Perl, Python, PHPも、国際化、多国語化が不安定で、製品を
書くには使えないなあと思って、JavaやC++ならIBMのICUを使うようにしてき
た。
 JVM(Java仮想マシン)の言語なら、Javaの国際化、多国語対応の機能は使え
るので、Scalaでも書いている。Clojureは仕事ではまだ使ってないね。

 ますます余談だけど、当時聞いた話では、ICUはIBMがやっていたTaligentと
いうOSの遺産で、IBMがJavaを担ぐことにしたときに、SunにICUのノウハウを
提供して、それがJavaの国際化、多国語化につながったとのこと。
 あ、ちゃんとその辺ことが書いてあるね。そうか、AppleのPinkもあったね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Taligent
http://ja.wikipedia.org/wiki/Taligent

関連:
http://www.asahi-net.or.jp/~KI4S-NKMR/wabijo85.html
の乳の詫び状(2004/11/27)、標題: Lispミーハー猿、しょの2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/27/501304
LL Ring、サイコー

 いつもながら、脇道が長いわ、お前。
 はいはい、すみません。年寄りなので、昔話が長いんです。
 やっとEffectiveシリーズのリスト。

 Effective C++は、今年になってソフトカバーで出し直してるね。知らなかった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894714515/showshotcorne-22/
Effective C++ 原著第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES) 大型本
スコット・メイヤーズ (著), 小林 健一郎 (翻訳)
2006/4/29
 今年出たソフトカバー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621066099/showshotcorne-22/
Effective C++ 第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTI) 単行本(ソフトカバー)
スコット メイヤーズ (著), 小林 健一郎 (翻訳)
2014/3/18

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621066064/showshotcorne-22/
新訂版MORE EFFECTIVE C++ (ADDISONーWESLEY PROFESSIONAL CO)
単行本(ソフトカバー)2014/2/28
スコット メイヤーズ (著), 安村 通晃 (翻訳), 伊賀 聡一郎 (翻訳),
飯田 朱美 (翻訳), 永田 周一 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894714108/showshotcorne-22/
Effective STL―STLを効果的に使いこなす50の鉄則 単行本
スコット メイヤーズ (著), Scott Meyers (原著), 細谷 昭 (翻訳)

 C++11, C++14は、先日紹介したように、まだ洋書のみ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1491903996/showshotcorne-22/
Effective Modern C++:
42 Specific Ways to Improve Your Use of C++11 and C++14 (英語)
ペーパーバック
Scott Meyers (著)

 Effective Javaもソフトカバーで出し直してるね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621066056/showshotcorne-22/
EFFECTIVE JAVA 第2版 (The Java Series) 単行本(ソフトカバー)
Joshua Bloch (著), 柴田 芳樹 (翻訳)
2014/3/11

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798131113/showshotcorne-22/
Effective JavaScript JavaScriptを使うときに知っておきたい68の冴えたやり方 大型本
David Herman (著), 吉川 邦夫 (監修, 翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756130577/showshotcorne-22/
Effective Perl (ASCII Addison Wesley Programming Series) 単行本
ジョセフ・N. ホール (著), ランドル・L. シュワォーツ (著),
Joseph N. Hall (原著), & 2 その他

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756131654/showshotcorne-22/
Effective Tcl/Tk (ASCII Addison Wesley Programming Series) 単行本
マーク ハリソン (著), マイケル マックレーン (著), Mark Harrison (原著),
& 2 その他

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/26/7443432
Effective Modern C++, C++11, C++14。C++ Multithreading Cookbook。ICT業界の技術者が、若いときにやっておくべきこと。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/06/05/393464
古典的バイナリサーチアルゴリズムにバグ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/08/4108038
Javaスタイルブック、Effective Java 第2版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/05/24/5108741
C++テンプレートメタプログラミング
http://www.asahi-net.or.jp/~Ki4s-nkmr/wabijo61.html
乳の詫び状
の2002/11/06, 2002/11/07, 2002/11/08あたり。

はやぶさ2のプラネタリウム用映画が完成。府中ほか、各地のプラネタリウムで上映2014年09月28日 08時53分19秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今年12月に打ち上げが予定されている小惑星探査機「はやぶさ2」。
 その全貌を描く、プラネタリウム用映画が完成しています。
http://www.sorae.jp/030599/5234.html
『HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-』が完成
「はやぶさ2」の旅の全貌描く映画

 府中でも上映が始まっている。観に行かないと。
http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/event/planet.html
府中 郷土の森博物館 プラネタリウム

 大阪市立科学館や、JAXAのある相模原市でもあるね。
http://www.sci-museum.jp/program/schedule.php?ym=201410
大阪市立科学館プラネタリウム スケジュール

http://www.remus.dti.ne.jp/~sagami/30-03tenjiannai-plazenten.htm
相模原市立博物館 プラネタリウム・全天周映画

 お、はやぶさ2打ち上げ便乗作品がある。
 「はやぶさ」の旅が日本中で感動を呼び起こしたので、いくつも映画が作ら
れましたが、その1つのスペシャル版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00NIKE98I/showshotcorne-22/
はやぶさ/HAYABUSA はやぶさ2打ち上げ記念スペシャルBOX<3枚組>
(川口淳一郎教授スペシャルインタビュー映像付) [DVD]
竹内結子 (出演), 西田敏行 (出演), 堤 幸彦 (監督) 形式: DVD

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/06/17/7346459
別冊宝島「はやぶさ2と日本の宇宙開発」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/12/7308495
小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/22/7318600
小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦、その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/14/6690439
人工衛星まいど1号は、虚構。はやぶさ2予算不足でピンチ

 初代の「はやぶさ」については、上の検索窓に「はやぶさ」と入れて、検索
してください。

実験マクロ経済学、実験ミクロ経済学2014年09月28日 08時54分04秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 実験マクロ経済学という本が出ています。
 ここで何回も紹介した川越敏司さんが関係していますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492314512/showshotcorne-22/
実験マクロ経済学 単行本
川越 敏司 (著), 佐々木 俊一郎 (著), 小川 一仁 (著)

 関連本。すでに名前は出したことがある関連本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492314288/showshotcorne-22/
実験ミクロ経済学 単行本
小川 一仁 (著), 川越 敏司 (著), 佐々木 俊一郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/413040234X/showshotcorne-22/
実験経済学 単行本
川越 敏司 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/10/06/7001408
経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める、実験ミクロ経済学、ゲーム理論の思考法
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/26/6701751
量子ゲーム理論。実験経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/02/6797126
科学哲学から見た実験経済学、川越敏司さん、障害学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/26/6701751
量子ゲーム理論。実験経済学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/18/4371311
経済学のロボカップ、U-Mart、人工市場、人工社会、数理社会学、アイオワ電子市場
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/23/1674171
「投信バブルは崩壊する!」「行動経済学」「実験経済学入門」

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠2014年09月28日 08時54分36秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 食品業界、サプリメント、健康食品業界、外食産業、化粧品業界。
 法律違反ぎりぎりやら、はみだしたり、なんとかして消費者に買わせようと、
やりまくってますからね。
 放射能に無知で風評加害(風評被害)を起こしているバカを揶揄する放射脳と
いう言葉があるが、危なくなくても添加物怖い怖いだったり、逆にそこを狙わ
れて、天然、自然という言葉にだまされるのも、よくあるパターン。
 女性、特にお母さんは、天然成分配合などに弱いから、ころっと騙される。
仕掛けているメーカーや広告代理店は、心理学やらなんやら、計算尽くだもの。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250091/showshotcorne-22/
フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠 単行本
マイケル モス (著), 本間 徳子 (翻訳)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00KLY3M9G/showshotcorne-22/
フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠 [Kindle版]
マイケル モス (著), 本間 徳子 (翻訳)
紙の本の価格:¥ 2,160
Kindle 価格:¥ 2,000
OFF:¥ 160 (7%)

 こういうのもある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794220480/showshotcorne-22/
加工食品には秘密がある 単行本
メラニー ウォーナー (著), Melanie Warner (原著), 楡井 浩一 (翻訳)

 その他、関連本は、関連をみてください。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/09/03/7427351
日本人を脅かす中国毒食品、中国「猛毒食品」に殺されるほか、中国食品問題
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/07/7408296
食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物。食品添加物でわかる情報省支配
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/06/7407412
「「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。」。クリビツテンギョウ、外食の闇、裏側
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/01/7403539
人気食品危険度まるわかり。加工食品、プライベートブランド食品の危険度調べました。体を壊す10大食品添加物。買ってはいけないお菓子、食べてはいけないお弁当、飲んではいけない飲みもの
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/31/1358133
食の裏側、食品のカラクリシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/22/1864779
全国偽装食品うまいもの大会
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/14/523175
鷺一雄著「また、「あるある」にダマされた」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/10/479109
フードファディズム
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索