Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

産経新聞の誤報逃れ? 歴史修正主義? 「日本人に深くお詫びしたい」原爆開発者オッペンハイマーは自死した… 」について2014年08月28日 10時32分53秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422627
日本に欠如する科学リテラシー、死ぬまでに学びたい5つの物理学、フロント
ランナー 挑戦する科学者、日本のカガク
を書いたせいか、こういうのを見つけてしまった。

http://togetter.com/li/707931
「【産経新聞】「日本人に深くお詫びしたい」原爆開発者オッペンハイマーは
自死した… 」について

 問題の記事は、これ。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140817/wec14081707000003-n1.htm
「日本人に深くお詫びしたい」、日本の「原発」生んだのは米物理学者たちの
「原爆贖罪意識」だった
2014.8.17 07:00
 記事の最後にあるプロフィールによれば、書いたのは、こういう人。
--- ここから ---
上田和男(こうだ・かずお)
昭和14(1939)年、兵庫県淡路島生まれ。37年、慶応大経済学部卒業
後、住友金属工業(鋼管部門)に入社。米シラキュース経営大学院(MBA)
に留学後、45年に大手電子部品メーカー、TDKに転職。米国支社総支配人
としてカセット世界一達成に貢献し、57年、同社の米ウォールストリート上
場を支援した。その後、ジョンソン常務などを経て、平成8年(1996)カ
ナダへ亘り、住宅製造販売会社の社長を勤め、25年7月に引退、帰国。現在、
コンサルティング会社、EKKの特別顧問。
--- ここまで ---

 上記、まとめから、引用。
--- ここから ---
記事名を変えて逃げようとしているな。 【国際ビジネスマンの日本千思万考】
「日本人に深くお詫びしたい」原爆開発者オッペンハイマーは自死した?…日
本の「原発」生んだのは米物理学者たちの「原爆贖罪意識」だった
--- ここまで ---
--- ここから ---
記事名がさらに変わったが記述はそのまま。 【国際ビジネスマンの日本千思
万考】「日本人に深くお詫びしたい」、日本の「原発」生んだのは米物理学者
たちの「原爆贖罪意識」だった
--- ここまで ---
--- ここから ---
■当初の記述
オッペンハイマーは「日本人に深くお詫びし、死をもって償いたい」と自死を
遂げました。
■現在の記述
オッペンハイマーにいたっては「日本人に深くお詫びし、死をもって償いたい」
と自死を遂げたと聞きました。
--- ここまで ---

--- ここから ---
伝聞形で責任逃れをしようとしてまで、間違った記述を撤回するのが嫌なのか。
ここまでくるとむしろ清々しいな。
--- ここまで ---
--- ここから ---
産経の歴史修正主義は留まるところを知らないな。個人の人生さえ書き換える
のか。
--- ここまで ---
--- ここから ---
個人の死亡理由に触れるなら、伝聞に頼らず、最低限who's whoデータくらい
確認しましょうと大学で習わなかったのかな?国際ビジネスマン氏
--- ここまで ---
--- ここから ---
藤永茂が描いたオッペンハイマーの人生なんて,このオッサンの想像力の及ぶ
ところではないでしょうね.
--- ここまで ---
--- ここから ---
当の部分は18時台まで伝聞形ではなかったので、間違いを指摘されてから、責
任逃れのために書き直したようです。
--- ここまで ---
--- ここから ---
しかも数時間前は「自死を遂げました」でしたよ。こっそり修正して言い逃れ
しやすくしてて大変みっともない。
--- ここまで ---

 藤永茂さんのオッペンハイマーの本は、これかな。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/402259649X/showshotcorne-22/
ロバート・オッペンハイマー―愚者としての科学者 (朝日選書) 単行本
藤永 茂 (著)

 産経新聞は、科学リテラシーがない科学的文盲だが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422627
日本に欠如する科学リテラシー、死ぬまでに学びたい5つの物理学、フロントランナー 挑戦する科学者、日本のカガク
で書いたように、ほかも似たようなもん。
 週刊ダイヤモンドだって、野口悠紀雄の技術的間違いを校閲できないんだも
ん。嘘入りを連載にして、さらに単行本にしているんだもん。
 野口悠紀雄のトンデモぶり、嘘ばらまきは、Javaが流行らなかったというの
が一番有名だろう。Javaで動いているAndroid端末が何億台も世の中にあって、
これだけ流行っているのに。
 産経新聞が歴史修正主義なら、Javaは流行らなかったをはじめ、野口悠紀雄
も歴史修正主義者だね。

 書く書くといって、もう5年も書いてないね。彼の技術的間違いについては、
まだまだネタがあるし、最近でもビットコインのことを書いた記事でも、間違
っていた。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/05/28/7327427
吉本佳生、西田宗千佳「暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり」

 野口悠紀雄のトンデモIT論については、代表してこれのみ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/12/3815127
野口悠紀雄のトンデモIT論その5
 といいつつ、Javaは流行らなかったの話は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/12/18/2518057
野口悠紀雄のトンデモIT論その2

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422627
日本に欠如する科学リテラシー、死ぬまでに学びたい5つの物理学、フロントランナー 挑戦する科学者、日本のカガク
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/27/7422631
絶望のテレビ報道、「見たいテレビ」が今日もない メディアの王様・崩壊の現場、テレビの裏側がとにかく分かる「メディアリテラシー」の教科書、テレビコメンテーター「批判だけするエラい人」の正体

トポロジカル絶縁体、トポロジカル量子コンピュータ、トポロジカル量子物理学、スピントロニクス2014年08月28日 10時34分30秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
https://twitter.com/shownakamura/status/503163602602180608
--- ここから ---
トポロジカル絶縁体って、すごいね。トポロジカル量子コンピュータと関係あ
るんだろうね。
異常量子ホール効果の量子化則を実験的に検証 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140818_1/
… @RIKEN_JPさんから
--- ここまで ---

 量子の世界は、ほんとに不思議。
 なんでもありに思えてくる。

http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140818_1/
異常量子ホール効果の量子化則を実験的に検証
-トポロジカル絶縁体を用いた省電力素子の基礎原理確立へ-

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/41/03.html
トポロジカル絶縁体

 トポロジカル量子現象を研究するプロジェクトのサイトがある。
http://www.topological-qp.jp/index.html
「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」

http://www.topological-qp.jp/purpose/
領域代表者からのメッセージ
~「トポロジカル量子物理学」に向かって~

 すでに本が出ている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406153288X/showshotcorne-22/
トポロジカル絶縁体入門 (KS物理専門書) 単行本(ソフトカバー)
安藤 陽一 (著)

 共立出版からも出ている。
「スピン流とトポロジカル絶縁体―量子物性とスピントロニクスの発展―」
だって。なんか、言葉だけで興奮するわ。\(^O^)/
 「基本法則から読み解く物理学最前線」というシリーズ。
 さっそく、リスト。

http://www.kyoritsu-pub.co.jp/series/183/
基本法則から読み解く物理学最前線
監修:須藤彰三・岡 真

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320035216/showshotcorne-22/
スピン流とトポロジカル絶縁体―量子物性とスピントロニクスの発展―
(基本法則から読み解く物理学最前線 1)単行本
齊藤 英治 (著), 村上 修一 (著), 須藤 彰三 (監修), 岡 真 (監修)

 共立出版にある紹介。
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320035218
スピン流とトポロジカル絶縁体―量子物性とスピントロニクスの発展―

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320035224/showshotcorne-22/
マルチフェロイクス ―物質中の電磁気学の新展開―
(基本法則から読み解く物理学最前線 2) 単行本
有馬 孝尚 (著), 須藤 彰三 (監修), 岡 真 (監修)

 共立出版にある紹介。
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320035225
マルチフェロイクス―物質中の電磁気学の新展開―

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320035232/showshotcorne-22/
クォーク・グルーオン・プラズマの物理 ―実験室で再現する宇宙の始まり―
(基本法則から読み解く物理学最前線 3) 単行本
秋葉 康之 (著), 須藤 彰三 (監修), 岡 真 (監修)

 共立出版にある紹介。
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320035232
クォーク・グルーオン・プラズマの物理―実験室で再現する宇宙の始まり―

「クォーク・グルーオン・プラズマの物理―実験室で再現する宇宙の始まり―」
なんてのもある。
 出たあ。クォーク・グルーオン・プラズマ! おれが、この宇宙を造るとき
に、使った奴だ。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/08/03/7405726
量子コンピュータ: トポロジカル量子コンピュータ、ホログラフィック原理、ブラックホールのエントロピー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/16/7390239
量子アニーリング、Googleも活用目指す、驚愕の量子コンピュータ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/13/1179605
量子コンピュータ入門書
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/24/1206867
入門量子コンピュータ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/04/6767910
量子情報科学入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/20/6752071
量子情報科学入門、双対性、量子もつれ(量子エンタングルメント)と超ひも理論(超弦理論)、ブラックホールのエントロピー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/10/07/7002146
東大、古澤明。完全な量子テレポーテーション。100倍以上高効率化
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/08/28/6557120
Excelで学ぶ量子力学、ネルソンの確率力学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/08/7383029
日経サイエンス「フロントランナー 挑戦する科学者」、立花隆、岩田陽子「「正しく思考する」技術を磨く 立花隆の「宇宙教室」」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/21/3777210
東レ科学振興会講演、J-PARCとミュオンによるラジオグラフィー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/27/1537626
永妻君教授就任おめでとう、プラズモン、プラズモニクス、テラヘルツ

コードレビューシステムGerritも、Prologで動いている\(^O^)/2014年08月28日 10時35分10秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/29/7400910
IBMのワトソン(Watson)も、Prologで動いている\(^O^)/
のコメント、
金行秀 ― 2014年07月29日 11時15分08秒
田村直之 ― 2014年07月30日 06時09分55秒
を、完全に見落としていました。すでに1ヵ月も経っている。
 申し訳ございません。
 お詫びをかねて、こちらにも再録。
 田村先生のコメントのおかげで、金行秀さんの問題も解決!と思う。
--- ここから ---
_ 金行秀 ― 2014年07月29日 11時15分08秒
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/paper/magazine/IPSJ-MGN430205.pdf
上のリンク、サイトリニューアルで移動してしまったそうです。現在のURLが
判れば、お教えください。

_ 田村直之 ― 2014年07月30日 06時09分55秒
神戸大学の田村直之です.

コメント紹介ありがとうございました.うれしくなって,再度コメントさせて
いただきます (^_^) よろしくお願いします.

実は,学生の時にそのPrologマシンを作っていました.Lispマシン, Forthマ
シンなどと合わせて以下で紹介しています.

http://bach.istc.kobe-u.ac.jp/s4-machines/

ついでに紹介です.Android開発等で利用されているコードレビューシステム
Gerrit には,同僚の番原さんが開発したJava版Prolog (Prolog Cafe)が使わ
れています.Project configuration の記述に利用されているようです.

https://code.google.com/p/gerrit/
https://gerrit-documentation.storage.googleapis.com/Documentation/2.9/prolog-cookbook.html
http://kaminari.istc.kobe-u.ac.jp/PrologCafe/

_ 中村(show) ― 2014年08月28日 09時34分25秒
金行秀さん。本文で示唆したように、ちょっと探したけど、もうわかりません
でした。

_ 中村(show) ― 2014年08月28日 10時10分38秒
金行秀さん。田村直之さんがコメントで紹介してくださった
http://bach.istc.kobe-u.ac.jp/s4-machines/
の中に、情報処理学会の論文へのリンクがありました。たぶん、これだったと
思います。PDFもダウンロードできます。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002764245
神戸大LISPマシンPROLOGマシン(特集知られざる計算機)
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/29/7400910
IBMのワトソン(Watson)も、Prologで動いている\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/07/28/7400231
ドコモは、Prologで動いている\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/23/2813545
日本のLispマシン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/11/1107622
全文検索とSBCによるサムネイル化デモ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/01/02/2541270
Erlang, Oz/Mozart, Prolog, 単一化
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/17/6338286
第1回クラウド勉強会、クラウドコンピューティングの未来形、サーバレス・プログラミング、EXAGEN, Dripcast, Hadoop, Spark, Bagel, Lisp, Prolog, Java, Scala, AS/400, SLS(単一レベル記憶)

プログラミング言語Go, Mastering Concurrency in Go2014年08月28日 10時35分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 WEB+DB PRESS Vol.82は、プログラミング言語Goの特集がありますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774166278/showshotcorne-22/
WEB+DB PRESS Vol.82 大型本
山口 徹 (著), Jxck (著), 佐々木 大輔 (著), 横路 隆 (著),
加来 純一 (著), 山本 伶 (著), & 21 その他

 技術評論社にある紹介。
http://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2014/vol82
WEB+DB PRESS Vol.82

 すでに、こういう本も出ている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4863541171/showshotcorne-22/
基礎からわかる Go言語 [単行本(ソフトカバー)]
古川 昇 (著)

 Goで、並行プログラミングをやる本も出ています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1783983485/showshotcorne-22/
Mastering Concurrency in Go (英語) ペーパーバック
Nathan Kozyra (著)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00M2L81NI/showshotcorne-22/
Mastering Concurrency in Go [Kindle版]
Nathan Kozyra (著)
紙の本の価格:¥ 5,676
Kindle 価格:¥ 2,099
OFF:¥ 3,577 (63%)

 Packtにある紹介。
https://www.packtpub.com/application-development/mastering-concurrency
-go?utm_source=Sentori&utm_medium=Email&utm_campaign=DotD+22nd+Aug+
2014
Mastering Concurrency in Go
Nathan Kozyra
July 2014

 複雑になりすぎたC++を捨てて、Goやプログラミング言語 Dで書くのも十分
ありですね。
 C++は、システムプログラミングができるレベルの頭のよさ、スキルがない
と、使いこなせないし、出来の悪い奴が使えば、バグがいっぱい出る、生産性
が低い、使いにくい言語だから。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2014/02/20/7227098
2014年のプログラミング言語ベスト10
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/04/4737992
Googleが新言語「Go」をオープンソースとして公開
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/14/2741992
恐るべし、新言語、織田信長\(^O^)/
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索