Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

日経サイエンス:数学は楽しい。数学復習本:授業で教えて欲しかった数学、教科書では教えてくれない! ほんとうに使える数学、中学の数学・方程式が超わかる本、忘れてしまった高校の数学を復習する本、読んで身につく数学的思考法2014年08月14日 09時28分09秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 先月、今月は、数学の本がまたよく売れていました。夏休みにやるというこ
となのかな。いいことです。
 数学的思考法が身につくと、先入観に惑わされずに正しい判断ができるとい
った実利もあるが、ぼくとって数学は、単純に、なんか、不思議で玄妙な世界
があって楽しい。素数や円周率の世界もそうだけれど、数学に触れると、いつ
も、「この宇宙は、どうしてこういう数理構造になってるんだろう?}と思う。
 今回は、高等数学はなしで、お買い上げのあった数学復習本のリスト。
 といいつつ、日経サイエンスの数学関連を2つ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511690/showshotcorne-22/
数学は楽しい (別冊日経サイエンス 169) [大型本]
日経サイエンス社 (著), 瀬山 士郎 (編集)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511720/showshotcorne-22/
数学は楽しい part 2(別冊日経サイエンス172) (別冊日経サイエンス 172)
[大型本]
瀬山 士郎 (編集)

 そうそう。今月の日経サイエンスには、「ラマヌジャンの予言」という記事
があって、これ、面白かった。3歩歩いたから忘れたけど、日系人のケン・オ
ノという数学者が、ラマヌジャンのアイデアからある分野の数学を発展させた
話だった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00LNHTPEG/showshotcorne-22/
日経サイエンス2014年09月号 [雑誌]

 あれ? いま、日経サイエンスのサイト、
http://www.nikkei-science.com/
は、反応がないね。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/25/5307064
日経サイエンス 数学は楽しい Part2、こころと脳のサイエンス

 では、お買い上げのあった数学復習本のリスト。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408335134/showshotcorne-22/
教科書では教えてくれない! ほんとうに使える数学 基礎編
(じっぴコンパクト新書) [新書]
芳沢 光雄 (著)
 芳沢光雄さんの本は、いろいろ紹介している。関連をみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152089806/showshotcorne-22/
分ける・詰め込む・塗り分ける―読んで身につく数学的思考法 [単行本]
イアン スチュアート (著), Ian Stewart (原著), 伊藤 文英 (翻訳)
 イアン・スチュアートさんは有名数学者であり一般向けの本も人気。これま
でも紹介している。関連をみてください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794217145/showshotcorne-22/
中学の数学・方程式が超わかる本 [単行本(ソフトカバー)]
飯田圭一 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806116920/showshotcorne-22/
忘れてしまった高校の数学を復習する本
―高校数学ってこんなにやさしかった!? [単行本]
柳谷 晃 (著)

 次は、シリーズもの。お買い上げは、67と68。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4654082115/showshotcorne-22/
恥ずかしくて聞けない数学64の疑問 (授業で教えて欲しかった数学) [単行本]
仲田 紀夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4654082123/showshotcorne-22/
パズルで磨く数学センス65の底力 (授業で教えて欲しかった数学) [単行本]
仲田 紀夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4654082131/showshotcorne-22/
思わず数えたくなる数学66の神秘 (授業で教えて欲しかった数学) [単行本]
仲田 紀夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/465408214X/showshotcorne-22/
意外に役立つ数学67の発見 (授業で教えて欲しかった数学) [単行本]
仲田 紀夫 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4654082158/showshotcorne-22/
本当は学校で学びたかった数学68の発想 (授業で教えて欲しかった数学 (5))
[単行本]
仲田 紀夫 (著)

イアン・スチュアート関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/18/5294082
「運は数学にまかせなさい」、イアン・スチュアートほか、数学の読み物、新

http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/26/3975854
数学的思考法は、そんなお勉強じゃ身に付かないってば
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/25/6992108
NHKスペシャル「神の数式」。もっとも美しい対称性、大栗先生の超弦理論入
門ほか、もっと知りたい人向けの本

芳沢光雄、数学の復習関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/15/6411737
芳沢光雄「新体系・中学数学の教科書」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/25/5648840
新体系・高校数学の教科書
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/27/5045521
芳沢光雄「新体系・高校数学の教科書」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/10/5631715
「人はなぜ数学が嫌いになるのか」など芳沢光雄の本と、三角関数入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/27/6426615
G. ポリア「いかにして問題をとくか」、芳沢光雄「いかにして問題をとくか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/21/6697640
出題者心理から見た入試数学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/23/6699395
ちくま学芸文庫、高等学校の微分・積分、基礎解析、確率・統計
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/08/6282931
大人のためのとってもやさしい中学数学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/12/02/6649361
ふたりの微積分。増補改訂版 語りかける中学数学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/15/4880032
数学の広場、手を動かす幾何学、小平邦彦「幾何への誘い」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/25/5534930
数学の復習本、リハビリ本、社会人が数学をやり直す本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/08/6282937
数研のチャート式の白。シグマベスト。もういちど読むシリーズ。
サイエンス・アイ新書の大人のやりなおしシリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/08/6282935
対話で分かるマルコフ過程と確率統計、マセマ出版

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナー - 2017年02月10日 07時02分36秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 最近また、数学の本のお買い上げが多い。すでに紹介したものも多いので、それは基本的に割愛させていただくが、瀬山士郎さんの本