Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

血液型と性格「関連なし」2014年07月22日 09時27分13秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 血液型で差別したり、いじめたり、ひどい例がいまだにある。
 捏造で番組がつぶれた、関西テレビ・フジテレビ系の「あるある大辞典」
なんか、ひどいもんだった。
 血液型性格診断や血液型占いやらを信じている奴はバカだし、まあ、自分が
信じるだけなら、バカはそこで終わるが、他人に毒牙を向けることをするなよ。

https://twitter.com/shownakamura/status/491027207351853056
--- ここから ---
九大だから情報省の研究成果ですね。^^;
九州大の縄田健悟講師(社会心理学)が発表。血液型と性格「関連なし」
…日米1万人超を調査 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140719-OYT1T50087.html?from=tw
@Yomiuri_Onlineさんから
--- ここまで ---

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/20/6341131
トマトを食ってもメタボはメタボ。フードファディズムの典型
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/30/6079948
科学的根拠ないのに…シューカツで企業が血液型質問
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/28/4030156
日経サイエンス2009年02月号、ブレインマシンインターフェース(BMI), DNAコンピュータ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/24/86501
悪用される科学とあるある大辞典などの嘘
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/20/1126347
発掘!あるある大事典、ついに捏造発覚
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/21/1127496
Re: 発掘!あるある大事典、ついに捏造発覚
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/14/523175
鷺一雄著「また、「あるある」にダマされた」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/10/01/544789
また「あるある」にダマされた。その2

ヤマハシンセ40周年記念アプリ無料ダウンロード、ついでに、ジョブズがGoogle共同創業者によく注意していたこと2014年07月22日 09時27分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これは、すごい。ヤマハ、ありがとうございます。
http://jp.yamaha.com/news_events/music-production/apps/
ヤマハシンセ40周年記念アプリ無料ダウンロード

 ツイートしたのは、これ。
https://twitter.com/shownakamura/status/490988516445134849
--- ここから ---
期間限定だが、ヤマハの無料化はすごいね。ダウンロードしたら、おれでも使
えるだろうか。
¥1,600→無料:ヤマハのシーケンサーアプリ「Mobile Music Sequencer」ほ
か【7月18日版】セール・新着アプリ情報
http://touchlab.jp/2014/07/iphone-ipad-app-sale-20140718/
--- ここまで ---

 アプリつながりで、このツイートも。
https://twitter.com/shownakamura/status/490223897829064708
--- ここから ---
携帯電話アプリが製薬として認定されたなんてあるんだ。
「君らは手を広げすぎだ」ジョブズがGoogle共同創業者によく注意していたこ
と| ログミー[o_O]
http://logmi.jp/17360
@logmijpさんから
--- ここまで ---

 スペリオールで連載が始まった二人のジョブズのマンガについて、言いたい
ことがあったのを思い出した。
 書く時間があれば。

すごいジャズには理由(ワケ)がある 音楽学者とジャズ・ピアニストの対話2014年07月22日 09時28分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 偶然見つけ、中身検索でちょっと中身を読んだだけだが、ものすごいことが
書いてあるね。
 読んだのは、アート・テイタムの章だが、採譜した楽譜が出ていて、非常に
詳しく分析している。こんな調子で、
チャーリー・パーカー
マイルス・デイヴィス
オーネット・コールマン
ジョン・コルトレーン
ビル・エヴァンス
もやっているのかな。そうなら、すごいな、これ。
 さっそく次回注文する。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865590005/showshotcorne-22/
すごいジャズには理由(ワケ)がある
──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話 [単行本]
岡田暁生 (著), フィリップ・ストレンジ (著)

 ジャズやフュージョンの話は、上の検索窓に「ジャズ」や「フュージョン」
と入れて検索してください。

LCSA: 学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール、「きこえとことばの発達と支援」シリーズ2014年07月22日 09時28分56秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 LCSAは、「文や文章の聴覚的理解」「語彙や定型句の知識」「発話表現」
「柔軟性」「リテラシー」といった領域の課題から支援の方向性を示す評価法
なんですね。
 初めて知りました。
 私の息子は、ダウン症ですが、小さいとき、こういうので評価してもらった
んですかね。
 自治体の療育支援で、言語の先生から、指導も受けましたが、妻は、妊娠中
からずっと話しかけていて、生まれてダウン症とわかってからは、より一層、
言葉もわからないうちから、ずっと話しかけていました。ほとんど独り言に近
いんですが、あれが、結果的によかったんだろうと思っています。妻の努力に
は、ほんとに頭が下がったし、母の愛の強さ、大きさを実感しましたね。
 ダウン症の子は筋肉の動きが弱いので、口がうまく動かせなくて、息子は言
葉がなかなか出なかったけれど、何が言いたいのか、こちらが手伝いながら聞
いてやると、大人が何をいっているかは、早くからかなりちゃんと理解してい
るようでした。
 だから、夫婦やお母さんたちの会話でも、うかつなことは言えない。ちゃん
と覚えている。たとえば、言葉が出るようになったら、「あら、いやだ」とか、
お母さんたちの会話の真似をして話すんです。
 お母さんたち、ほんと、「あら、いやだ」\(^O^)/
 以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/23/6422764
ことばをつくる―言語習得の認知言語学的アプローチほか、子供と言語関連
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/10/04/6592817
信じて、ぼくの言葉 重い障害の少年が伝えたかったこと
で書いたが、「おじいさんとパンダ」という童話を即興で披露したし。

 我が子に知的障碍がある、言葉が出ないと思っている親御さん。声かけはい
いと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407506/showshotcorne-22/
LCSA: 学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール [単行本]
大伴 潔 (著, 編集), 林 安紀子 (著, 編集), 橋本 創一 (著, 編集),
池田 一成 (著, 編集), 菅野 敦 (著, 編集)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407522/showshotcorne-22/
LCスケール増補版: 言語・コミュニケーション発達スケール [単行本]
大伴潔 (著), 林安紀子 (著), 橋本創一 (著), 池田一成 (著),
菅野敦 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407158/showshotcorne-22/
言語・コミュニケーション発達の理解と支援プログラム [単行本]
大伴 潔 (著, 編集), 林 安紀子 (著, 編集), 橋本 創一 (著, 編集),
菅野 敦 (著, 編集)

 学苑社にある紹介。正誤表や記録用紙もあります。
http://www.gakuensha.co.jp/cn27/pg364.html
LCSA 刊行 - 学苑社

 関連書でこういうのが出てきました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407468/showshotcorne-22/
特別支援教育における構音障害のある子どもの理解と支援
(シリーズ きこえとことばの発達と支援) [単行本]
加藤正子 (著, 編集), 竹下圭子 (著, 編集), 大伴潔 (著, 編集)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407549/showshotcorne-22/
特別支援教育における吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援
(シリーズ きこえとことばの発達と支援) [単行本]
小林宏明 (著, 編集), 川合紀宗 (著, 編集)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761407395/showshotcorne-22/
特別支援教育における言語・コミュニケーション・
読み書きに困難がある子どもの理解と支援
(シリーズ きこえとことばの発達と支援) [単行本(ソフトカバー)]
大伴潔 (著), 大井学 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/12/6409024
障碍児をお持ちの方へ。札幌市の「発達障がい支援情報のページ」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/18/6781202
ミネルヴァ書房、新しい発達と障害を考える本、もっと知りたい!シリーズ、プロチチ、犬神もっこす、天才柳沢教授の生活
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/10/6569773
発達障害のある子どもができることを伸ばす! 幼児編、発達障害の子の感覚遊び・運動遊び
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/23/6422764
ことばをつくる―言語習得の認知言語学的アプローチほか、子供と言語関連
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/12/6571538
発達障碍の本。講談社健康ライブラリー
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/12/4938841
講談社「健康ライブラリーイラスト版」の発達障碍、障碍児教育、うつ関係
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/12/4938849
ミネルヴァ書房「発達と障害を考えるシリーズ」コンプリート版
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/12/4938857
ミネルヴァ書房「発達障がいと子育てを考える本」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/07/5781577
世界に大自慢したい日本の会社。障碍者雇用の先駆者「日本理化学工業」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/25/5983292
吉祥寺「小ざさ」の羊羹。銀座「空也」の最中。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/18/6577106
発達障碍、大人も苦悩、理解あれば働ける
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/07/6438301
大阪維新の会、「発達障碍は予防できる」の大バカで大炎上
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/06/20/6486241
東尾理子の告白にダウン症の子を持つ松野明美が複雑胸中吐露
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索