Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

OpenSSLの致命的脆弱性、ハートブリード(心臓出血)の影響がすごい2014年04月16日 09時27分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 先週、明らかになったOpenSSLの致命的脆弱性、ハートブリード(心臓出血)
の影響がすごいですね。
 通信内容が2年間も筒抜けになっていることがわかり、ネットは大騒ぎ。
 この報道があってから、この脆弱性(セキュリティホール)を狙った攻撃が増
えているそうです。
 最初に書いておくと、Google, Facebookなど有名サイトも軒並み対象なので、
ユーザはパスワードを変更した方が無難でしょう。
 ぼくが勤めるアンテナハウスのサーバは大丈夫でした。単にラッキーでした
けど。

http://www.gizmodo.jp/2014/04/googlefacebookheartbleed.html
Google、Facebookも。Heartbleedでパスワード変更推奨のサイト一覧

http://d.hatena.ne.jp/nekoruri/20140410/heartbleedrisk
OpenSSLの脆弱性で想定されるリスク
には、すごいことがいっぱい書いてある。パスワードやクレジットカード番号
なども筒抜けになるようです。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1404/10/news128.html
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性は2年前から存在、
「最悪のケースを想定して対処を」と専門家

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1404/09/news041.html
OpenSSLの脆弱性、影響は極めて重大――パスワードや秘密鍵の流出も

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1404/08/news134.html
OpenSSL 1.0.1/1.0.2系に脆弱性、秘密鍵漏えいの恐れも

 なお、世界最大最強のスパイ組織というか、盗聴と暗号解読組織である、
アメリカのNSA(国家安全保障局)は、この脆弱性を2年前から知っていて、情報
収集に利用していたそうです。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3VTZQ6VDKIA01.html
暗号化ソフト欠陥、NSAは2年前から認識-情報収集に利用

http://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/nsa_b_5149377.html?&ncid=
tweetlnkushpmg00000067
壊滅的バグ「ハートブリード」をNSAは知っていたのか

 ま、NSAなら、このバグ以外でも何か盗聴する術を知ってて不思議ではない。
 なぜなら、おとめ座銀河団の超科学をもつ、我が情報省が、必要に応じて、
盗聴方法をNSAに教えているからね。\(^O^)/
 ここで出すか、情報省ネタ。
 やっぱ、スパイネタだからね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック