Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「mixi疲れ」の次は「Facebookうつ」2013年09月04日 08時58分43秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 もう、アホとしか言いようがない。
http://blogos.com/article/67020/
「mixi疲れ」卒業したのに今後は「facebookうつ」?!

 この前、書いた「LINEいじめ」、「LINE疲れ」と同根。
 人生、先に行ったらわかるけど、そんな友達なんかカスなんだから、相手に
すんなって。無視できるだけの強さが必要よ。
 孤立したと思うと不安になるだろうが、世界は広いよ。ちょっと視野を広げ
ると、いろんな人がいて、あなたのことを大切に思ってくれるよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904899334/showshotcorne-22/
ソーシャルもうええねん (Nanaブックス) [単行本(ソフトカバー)]
村上福之 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166608673/showshotcorne-22/
フェイスブックが危ない (文春新書) [新書]
守屋 英一 (著)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/28/6961386
facebookアカウントの乗っ取りとヤフオク詐欺が発生中
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/18/6694185
ソーシャルもうええねん、フェイスブックが危ない
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/27/6960398
広がるLINEいじめ、ネットいじめ疑似体験、LINE疲れ、モラルハラスメント、サイコパス
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/05/08/6803725
LINEの危険性と対策、トラブル事例、ブロックすべき危険な人物
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/24/6520393
LINEは危ないのね。スマホのユーザのセキュリティ意識、低いのね。バカばっかなのね
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/14/6690410
進む、情報省支配。ソフトな大量監視社会。あなたを狙う顔認証技術

RとRubyによるデータ解析入門2013年09月04日 08時59分13秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/02/6968767
データサイエンス・スターターキット
は、欧米の世界なので、使われているプログラミング言語は、スクリプト言語
のPython。
 日本でスクリプト言語といえば、作者が日本人のまつもとさんであるRubyの
ほうが人気。
 というわけで、こういう本があった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873116155/showshotcorne-22/
RとRubyによるデータ解析入門 [大型本]
Sau Sheong Chang (著), 瀬戸山 雅人 (翻訳), 河内 崇 (翻訳),
高野 雅典 (翻訳), 橋本 吉治 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116150/
RとRubyによるデータ解析入門

 原書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1449315151/showshotcorne-22/
Exploring Everyday Things With R and Ruby [ペーパーバック]
Sau Sheong Chang (著)
参考価格:¥ 3,109
価格:¥ 1,875
OFF:¥ 1,234 (40%)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008FPJRBU/showshotcorne-22/
Exploring Everyday Things with R and Ruby [Kindle版]
Sau Sheong Chang (著)
紙の本の価格: ¥ 3,109
Kindle 価格: ¥ 1,324
OFF: ¥ 1,785 (57%)

 O'Reilly Mediaにある紹介。
http://shop.oreilly.com/product/0636920022626.do
Exploring Everyday Things with R and Ruby

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/02/6968767
データサイエンス・スターターキット

入門 ClojureScript2013年09月04日 08時59分54秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 新世代LispのClojureをJavaScriptにコンパイルするClojureScript。
 以前紹介した、ClojureScript解説書の日本語版が出ていました。

■入門 ClojureScript
 これは、オライリー・ジャパンの電子書籍しかありませんね。
 まあ、ClojureScriptは、まだまだマイナーですからね。紙の本までは出せ
なかったのでしょう。電子書籍で、翻訳が出ただけでも、儲けもの。出版社の
編集者、かなりがんばってくれたんだと思います。ありがたいことです。

http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116129/
入門 ClojureScript

 原書は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1449327435/showshotcorne-22/
ClojureScript: Up and Running [ペーパーバック]
Stuart Sierra (著), Luke Vanderhart (著)
参考価格:¥ 2,072
価格:¥ 2,030
OFF:¥ 42 (2%)

 以前、紹介したときは、価格:¥ 2,017か。でも、Kindle版の表示にあった
紙のほんの価格は、¥ 1,947だった。どっちにしろ、ちょっぴり値上がりか。

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B009WXWXPG/showshotcorne-22/
ClojureScript: Up and Running [Kindle版]
Stuart Sierra (著), Luke VanderHart (著)
紙の本の価格: ¥ 2,072
Kindle 価格: ¥ 986
OFF: ¥ 1,086 (52%)

 O'Reilly Mediaにある紹介。
http://shop.oreilly.com/product/0636920025139.do
ClojureScript: Up and Running
Functional Programming for the Web
By Stuart Sierra, Luke VanderHart

https://github.com/clojure/clojurescript
ClojureScriptのサイト。

 Lisp的なコードがいやな人は、CoffeeScriptをどうぞ。
http://jashkenas.github.com/coffee-script/
CoffeeScriptのサイト

 なぜ、ClojureScriptやCoffeeScriptが出てきたというと、JavaScriptが、
PCからケータイからスマホから、どこにでもある。JavaScriptのインタープリ
タを仮想マシンだと思えば、これほど普及している仮想マシンは、なかなかな
い。
 それと、素のJavaScriptは言語仕様や意味論的によくない部分、危険な部分
がある。
 そういう2つの意味で、2010年代のアセンブラなわけ。
 いま、アセンブラで書く人はほとんど絶滅して、高水準言語で書いてアセン
ブラというか、機械語にコンパイルするのが当たり前。
 JavaScriptは、それと同じ話の現代版。

 とはいえ、素のJavaScriptの奥義を究めたいなら、これを読んで忍者になれ。\(^O^)/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798128457/showshotcorne-22/
JavaScript Ninjaの極意 ライブラリ開発のための知識とコーディング
(Programmers’ SELECTION) [大型本]
ジョン・レシグ (著), John Resig (著), ベア・ビボー (著),
Bear Bibeault(著),
勝亦 勇 (イラスト), 吉川 邦夫 (翻訳)

 そうそう。ClojureScriptではなく、Clojureそのものを知りたいなら、これ
をどうぞ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4274069133/showshotcorne-22/
プログラミングClojure 第2版 [単行本(ソフトカバー)]
Stuart Halloway and Aaron Bedra (著), 川合 史朗 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/18/6724096
ClojureScriptのebook、衝動買い。CoffeeScriptのebookも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/02/6765352
メンテナブルJavaScript, JavaScriptは2010年代のアセンブラ。CoffeeScript, ClojureScript
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/20/6517411
ClojureをJavaScriptにコンパイルするClojureScript, おまけDatomic
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/27/6265783
CoffeeScript
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/06/05/6835919
JavaScript忍者、JavaScriptジェダイになりたいなら、これを読め!
「JavaScript Ninjaの極意」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/04/27/6792173
プログラミングClojure第2版が出ていた。\(^O^)/

「読者プレゼント」の怪2013年09月04日 09時00分18秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 秋田書店の雑誌懸賞当選者水増しの関連。
 世の中、すごい話がいっぱいよ。
 食品偽装だって、ばれなかっただけだったでしょ。
http://takahisamori.blogspot.jp/2011/07/blog-post_9.html
2011年7月9日土曜日
「読者プレゼント」の怪

 そういえば、どの漫画雑誌だったかな。
 読者プレゼントのページで、実際の当選確率やらを公開してもいいみたいな
こと書いてあったよ。
 講談社か集英社か、もう忘れたけど。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/21/6953120
秋田書店の雑誌懸賞当選者水増しで思い出したこと
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/03/17/6748405
「ギャングース」、東日本大震災直後の建設現場窃盗団、闇の震災マーケット、ニッポン地下市場大全

アマゾン・クラウド祭り。オライリー・ジャパン、また、混乱しそうや2013年09月05日 06時50分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今日は、発作的に、アマゾン・クラウド祭り。\(^O^)/

 Amazonのクラウドが、どんどんデファクト・スタンダードになってきて、各
社、対抗馬のクラウドを懸命にやっているが、「日立やNRIがAmazon上のSIを
本格化」をみてもわかるように、お客さんから、Amazonを指定されたら、
Amazonでやらざるを得ない。
 Amazonのクラウドは、かつてのIBMメインフレーム、IBM-PCとその互換機、
そして、Windowsのようなポジション、業界を支配し、ルールを決められるよ
うになりつつある。

日経ITPro Activeから。
--- ここから ---
■Amazon互換クラウドを徹底解説
「Amazon Web Services(AWS)」がIaaSのデファクトスタンダードとなった今、
様々なベンダーが「Amazon互換クラウド」の提供にしのぎを削っている。
 そこで、今回は日本で16社が提供するAmazon互換クラウドの実力を検証しよ
う。
 併せて、AWSの最新動向とその基本を解説する。
--- ここまで ---

▼急増するAmazon互換クラウド
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130718/492282/
国内16社の実力を徹底検証
急増するAmazon互換クラウド
2013/07/31
中田 敦=日経コンピュータ

▼[Amazon Redshift]性能と容量を柔軟に追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130808/497462/
[Amazon Redshift]性能と容量を柔軟に追加
大規模DWHのクラウドサービスが登場
2013/08/19
矢口 竜太郎=日経SYSTEMS

▼日立やNRIがAmazon上のSIを本格化
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130614/485269/
日立やNRIがAmazon上のSIを本格化
自社サービスメニューにAWSを追加
2013/06/28
中田 敦=日経コンピュータ

▼急成長するAmazon Web Servicesの全体像
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20120828/418822/
急成長するAmazon Web Servicesの全体像
2012/09/18
石川 勝弘=ITプロフェッショナル

 ということで、おれもアマゾン・クラウドこと、Amazon Web Services, 略
してAWSの大特集。
 アマゾン・クラウド祭りの始まり始まり。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822211967/showshotcorne-22/
Amazon Web Services クラウドデザインパターン 設計ガイド [単行本]
玉川 憲 (著), 片山 暁雄 (著), 鈴木 宏康 (著)

 日経BPにある紹介。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/199650.html
Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822211983/showshotcorne-22/
Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド [単行本]
大澤 文孝 (著), 玉川 憲 (監修), 片山 暁雄 (監修), 鈴木 宏康 (監修)

 日経BPにある紹介。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/214680.html
Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド

 AWSのデザインパターンのサイトがある。AWS CDPというのか。
http://aws.clouddesignpattern.org/index.php/メインページ
AWS-CloudDesignPattern

 ああ、オライリー・ジャパン、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/08/6715201
Hadoop MapReduce デザインパターンで混乱したわ
のときみたいに、混乱しそうなことやってる。

 表紙の絵に注目してください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115817/showshotcorne-22/
Amazon Web Servicesプログラミング
―APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで [大型本]
Jurg van Vliet (著), Flavia Paganelli (著), Steven van Wel (著),
Dara Dowd (著), 玉川 憲 (監修), Sky株式会社 玉川 竜司 (翻訳)

 オライリー・ジャパンにある紹介。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115818/
Amazon Web Servicesプログラミング
――APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで

 アマゾンの紹介でも、オライリー・ジャパンの紹介でも、表紙は魚の絵。
 でも、オライリー・ジャパンが原書だといってる本は、蛇の絵なの。

 原書。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1449393683/showshotcorne-22/
Programming Amazon EC2 [ペーパーバック]
Jurg van Vliet (著), Flavia Paganelli (著)
参考価格:¥ 3,627
価格:¥ 2,724
OFF:¥ 903 (25%)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004V9MR5M/showshotcorne-22/
Programming Amazon EC2 [Kindle版]
Jurg van Vliet (著), Flavia Paganelli (著)
紙の本の価格: ¥ 3,627
Kindle 価格: ¥ 1,515
OFF: ¥ 2,112 (58%)

 O'Reilly Mediaにある紹介。表紙は、蛇の絵。
http://shop.oreilly.com/product/0636920013228.do
Programming Amazon EC2
Run Applications on Amazon's Infrastructure with EC2, S3, SQS,
SimpleDB, and Other Services

 とまあ、ここまでなら、日本では、蛇だと売れないから魚にしたということ
で話がすむかもしれないが、実は、ほかにも、アマゾンのウェブサービスのプ
ログラミング本を、本家オライリーは出していて、しかも、その表紙が魚の絵。
 体の模様は違うが、魚の向きも同じだし、混乱しそう。
 おれだけか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0596515812/showshotcorne-22/
Programming Amazon Web Services: S3, EC2, SQS, FPS, and SimpleDB
[ペーパーバック]
James Murty (著)
参考価格:¥ 5,182
価格:¥ 4,402
OFF:¥ 780 (15%)

 Kindle版。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004OR1JF0/showshotcorne-22/
Programming Amazon Web Services: S3, EC2, SQS, FPS, and SimpleDB
[Kindle版]
James Murty (著)
紙の本の価格: ¥ 5,182
Kindle 価格: ¥ 2,164
OFF: ¥ 3,018 (58%)

 O'Reilly Mediaにある紹介。表紙は、魚の絵。
http://shop.oreilly.com/product/9780596515812.do
Programming Amazon Web Services
S3, EC2, SQS, FPS, and SimpleDB
By James Murty

 もう一度、確認してみましょうね。みなさん、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873115817/showshotcorne-22/
Amazon Web Servicesプログラミング
―APIの基礎からElastic Beanstalkの利用まで [大型本]
Jurg van Vliet (著), Flavia Paganelli (著), Steven van Wel (著),
Dara Dowd (著), 玉川 憲 (監修), Sky株式会社 玉川 竜司 (翻訳)
の原書は、1と2のどちらでしょう。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1449393683/showshotcorne-22/
Programming Amazon EC2 [ペーパーバック]
Jurg van Vliet (著), Flavia Paganelli (著)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0596515812/showshotcorne-22/
Programming Amazon Web Services: S3, EC2, SQS, FPS, and SimpleDB
[ペーパーバック]
James Murty (著)

 本のタイトルや表紙をみると、2が原書に思えるけど、正解は1なんですね。
 おれ、頭、悪いし、老眼でよーわからんけ、訳わからんわ。\(^O^)/

 次は、オライリー・ジャパンでの電子書籍のみ。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115436/
Python & AWS クックブック
Mitch Garnaat 著、成田 昇司、株式会社トップスタジオ 訳

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844329804/showshotcorne-22/
Amazon Web Services ガイドブック クラウドでWebサービスを作ろう!
[単行本(ソフトカバー)]
Jeff Barr (著), 玉川 憲 (監修), 株式会社クイープ (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844328549/showshotcorne-22/
AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―
[単行本(ソフトカバー)]
李 昌桓 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883376680/showshotcorne-22/
Amazon EC2/S3/EBS クラウドコンピューティングによる仮想サーバ構築
[単行本]
清水 正人 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774142840/showshotcorne-22/
よくわかるAmazonEC2/S3入門 ―AmazonWebServicesクラウド活用と実践
(Software Design plusシリーズ) [大型本]
藤崎 正範 (著), 深海 寛信 (著), 五十嵐 学 (著), 馬場 俊彰 (著)
カスタマーレビューを書きませんか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822234371/showshotcorne-22/
クラウド Amazon EC2/S3のすべて 実践者から学ぶ設計/構築/運用ノウハウ
(ITpro BOOKs) [単行本(ソフトカバー)]
並河祐貴 (著), 安達輝雄 (著), ITpro/日経SYSTEMS (編集)

 ひー、こんな雑誌がアスキーから出ている。初めて知った。アスキークラウド
だって。表紙からして、この号は、アマゾン特集っぽいね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CDVT95Q/showshotcorne-22/
アスキークラウド 2013年 06月号 [雑誌]

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/15/6947312
農協に襲いかかるアマゾン\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/06/18/6869627
アマゾンは、植木まで売っている。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/11/28/6645250
週刊 東洋経済:新・流通モンスター アマゾン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/12/02/6649357
新・流通モンスター アマゾンその2、アマゾン、かんじきまで売ってる\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/31/6966513
ビッグデータの処理に不可欠。Hadoop 第3版、Hadoop Hacks、HBase、Hive
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/02/6968767
データサイエンス・スターターキット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/02/20/6725754
アマゾンをたたきつぶす企業は、ここだった

なぜ、富士通は「色覚障がい者のための診断ソフトウェア無償提供」を終了したのか2013年09月05日 06時51分26秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 この前、こういうのがあった。
 JIS規格の変更やら、社内事情やらあっただろうが、助かっていた視覚障碍
者が多かっただけに、とっても残念ですね。
 オープンソース化するなり、どこかのNPOに渡すなり、ほかのやり方はなか
たんでしょうかね。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1308/26/news115.html
なぜ、富士通は「色覚障がい者のための診断ソフトウェア無償提供」を終了し
たのか
2013年8月20日に提供を終了した「富士通アクセシビリティ・アシスタンス」
の担当者に、その真相を聞いた。
[太田智美,@IT]
2013年08月26日 18時35分 更新

http://jp.fujitsu.com/about/design/ud/assistance/
富士通アクセシビリティ・アシスタンス
--- ここから ---
2013年8月20日

ウェブアクセシビリティの規格であるJIS X 8341-3:2004が JIS X 8341-3:
2010に改正されて、3年が経過しました。

当社は、JIS X 8341-3:2004/WCAG 1.0に対応した富士通アクセシビリティ・ア
シスタンス(WebInspector, ColorSelector, ColorDoctor)日本語版を約10年
間、英語版、中国語版、韓国語版を約6年間提供し、多くの方々にご利用いた
だきました。この提供を通して、ウェブアクセシビリティの理解・普及の役割
を果たしたと考え、本日、ダウンロードサービスを終了させていただきます。
長きにわたりご利用いただき、誠にありがとうございました。

なお、JIS X 8341-3:2010/WCAG 2.0に対応したチェックツールは以下を参照下
さい。
総務省 みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker
webA11y.jp Webアクセシビリティのチェックツール
--- ここまで ---

http://hyper-text.org/archives/2013/08/goodbye_fujitsu_accessibility_assistance.shtml
富士通アクセシビリティ・アシスタンスが提供終了。
感謝と共に代替手段も紹介してみる

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/16/5290332
色覚異常、色弱、色盲、カラーユニバーサルデザイン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/09/07/514647
哺乳類の色覚
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/09/23/6581860
障碍者バラエティ「バリバラ」、最新!福祉機器、ライオンの音で読むメールマガジン「音メール」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/05/03/3450550
視覚障害者のIT利用
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/05/07/3480911
Re: 視覚障害者のIT利用
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/07/4681885
障がいのある子どもたちのための携帯電話を利用した学習支援マニュアル
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/03/6318399
「福岡アクセシビリティセミナー Vol.1」』の案内
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/22/6062740
色弱、カラーユニバーサルデザイン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/13/4432673
電子書籍。障碍者向けのマルチメディア書籍関連。DAISY規格。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/15/4435894
電子書籍。障碍者向けのマルチメディア書籍関連。DAISY規格。その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/07/5003278
進む電子書籍化、「忘れられていた」バリアフリーの取り組み
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/02/23/5699871
EPUB 3にDAISYが入った。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/07/5781577
世界に大自慢したい日本の会社。障碍者雇用の先駆者「日本理化学工業」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/04/02/5770965
被災した子どもにマイクを向けないで! 社会的弱者に対する被災支援情報リンク

Rによるデータサイエンス、データサイエンティスト養成読本、データサイエンティスト完全ガイド2013年09月06日 09時11分30秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 以前、名前を出したものだが、お買い上げありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4627096011/showshotcorne-22/
Rによるデータサイエンス - データ解析の基礎から最新手法まで
[単行本(ソフトカバー)]
金 明哲 (著)

 世の中、いまごろ、データサイエンス、データサイエンティストなどと騒ぐ
が、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/22/4963308
「Rで学ぶデータサイエンス」シリーズ。経営工学、マーケティングその他Rの本
をみると、データサイエンスという言葉、もう3年半も前よ。
 なんでも、おれの言うとおりにしとったら、ええんよ。
 人生、誤るよ。\(^O^)/

 以下は、最近の、もっと入門的な軽めの本。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774158968/showshotcorne-22/
データサイエンティスト養成読本
[ビッグデータ時代のビジネスを支えるデータ分析力が身につく! ]
(Software Design plus) [大型本]
佐藤 洋行 (著), 原田 博植 (著), 下田 倫大 (著), 大成 弘子 (著),
奥野 晃裕 (著), 中川帝人 (著), 橋本 武彦 (著), 里 洋平 (著),
和田 計也 (著), 早川 敦士 (著), 倉橋 一成 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822230422/showshotcorne-22/
データサイエンティスト完全ガイド (日経BPムック) [ムック]
日経情報ストラテジー (編集)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/02/6968767
データサイエンス・スターターキット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/09/04/6970699
RとRubyによるデータ解析入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/07/12/6899323
ビッグデータ、統計学ブーム、データサイエンティスト、クローズアップ現代
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/22/4963308
「Rで学ぶデータサイエンス」シリーズ。経営工学、マーケティングその他Rの本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/16/6377243
R言語逆引きハンドブック、「Rで学ぶデータサイエンス」で新刊が出ていた
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/07/04/6500149
「計算統計学の方法」ほか「予測と発見の科学」シリーズ、Data Analysis with Open Source Tools

クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場2013年09月06日 09時12分20秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022735155/showshotcorne-22/
クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場
(朝日新書) [新書]
小林雅一 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00DZC0SI4/showshotcorne-22/
クラウドからAIへ [Kindle版]
小林 雅一 (著)

 「クラウドからAIへ」は、技術の歴史的には、話の流れは逆。
 おれが学生時代だった30年以上前でも、AI(人工知能)と呼ばれた技術がすで
にあって、いま、AIを実用的に実装できるくらいに、やっと、時代が追いつい
てきたということ。
 このブログやウェブでも、おそらく、軽く5年以上は前から、これからは、
かつて、AIと呼ばれた技術が花開くから、IT系に就職したいエンジニアは、
やっておいたほうがいいよということを、何度も書いた。
 当時、すでに実例が明らかになっていた例では、Amazonのレコメンド、
Googleの検索に使われている、自然言語処理や統計処理の技術。
 ここでも、AI関係のお買い上げもいろいろあるし、いままで紹介してない
AIの本も売れていた。そのうち、紹介します。いつになるなら。

 ちゅうことで、
 世の中、いまごろ、AIなどと騒ぐが、ここで指摘したのは、もう軽く
5年以上前よ。
 なんでも、おれの言うとおりにしとったら、ええんよ。
 人生、誤るよ。\(^O^)/

フィールズ賞で見る現代数学(ちくま学芸文庫)2013年09月06日 09時12分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 数学界のノーベル賞といわれるフィールズ賞の本。
 ノーベル賞のノーベルは、恋敵が数学者だったから、ノーベル賞に数学を
入れなかったという説が出回ってますが、あの真偽はどうなんでしょうか。

 数学ができない数学コンプレックス、かつ、
 みーちゃんはーちゃんなミーハー正ちゃんなおれは、これ、絶対、買う。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480095438/showshotcorne-22/
フィールズ賞で見る現代数学 (ちくま学芸文庫) [文庫]
マイケル モナスティルスキー (著), Michael Monastyrsky (原著),
眞野 元 (翻訳)

 筑摩書房にある紹介。
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480095435/
フィールズ賞で見る現代数学
マイケル・モナスティルスキー 著 , 眞野 元 翻訳

 ほかにも、数学の本がいろいろ売れているんですよね。
 そのうち、まとめますね。いつになるやら。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/01/23/6699395
ちくま学芸文庫、高等学校の微分・積分、基礎解析、確率・統計
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/19/6249933
フォン・ノイマン「計算機と脳」甘利俊一「情報理論」など、ちくま学芸文庫
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/29/6117301
B.マンデルブロ「フラクタル幾何学」が、ちくま学芸文庫で。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/18/4583891
ちくま学芸文庫、シャノンの「通信の数学的理論」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/01/11/4052892
ちくま学芸文庫の数学と物理関係(Math & Science)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/01/09/4048347
L.S. ポントリャーギン著、坂本實訳「やさしい微積分 (ちくま学芸文庫)」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/01/21/220708
ちくま学芸文庫 Math & Science
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/09/3617104
ちくま学芸文庫 Math & Scienceやら物理学の名著が続々復刊

ラグビー・トップリーグ、開幕戦。サントリー、東芝、勝った\(^O^)/2013年09月07日 10時22分11秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のkick/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今シーズンから、2ステージ制になって、開幕ダッシュに失敗したら、即、
シーズン終了になりかねないトップリーグ。
 我が町、府中に本拠地があり、府中が誇るラグビーの強豪かつ名門、
サントリー・サンゴリアスと東芝ブレイブルーパスは、開幕戦に勝ちました。\(^O^)/

 サントリーは、練習試合、7連敗だったけど、本番はさすがでした。
 大ベテランになってきたトライゲッター、小野澤選手もトライしてくれたけ
ど、ケガしちゃったのが心配。
 日本に帰化してくれて、この前のラグビーワールドカップでは、日本代表と
して活躍してくれたニコラス・ライアン選手は、トップリーグ史上初の1000得
点の快挙を達成しました。\(^O^)/

 東芝は、昨シーズンも苦戦したキヤノン・イーグルスに、大苦戦。やっとこ
さ、勝ちました。
 キヤノンの永友監督は、元サントリー。サントリーが以前日本一になったと
きのスクラムハーフで、たしか、キャプテンだったと思う。キヤノンをあと数
年以内に優勝を狙えるチームにしたいとがんばっています。
 永友さんも、府中でみかけた記憶がある。
 そうなんです。府中は、日本ラグビーのすごい選手を、ひょっこり町でみか
けちゃうんですよね。うれしい、うれしい。

 東芝の廣瀬選手、日本代表、エディー・ジャパンのキャプテンでもあるんで
すが、トップリーグ出場100試合を達成。\(^O^)/
 試合後のセレモニーで、奥様とお子さんたちがグランドに降りてきて、一緒
に、東芝の選手・関係者のみならずキヤノンの選手・関係者からも祝福され、
写真に収まってました。
 そうそう。J:Sportsの中継で観ましたが、東芝が、トップリーグ、日本選手
権、マイクロソフトカップなど優勝しまくっていたときのキャプテンだった冨
岡鉄平さんが、いま、東芝にバックスコーチとして戻ってきているんですね。
 また、冨岡選手のお姿を、府中でみることができるでしょうか。
 冨岡さん、廣瀬選手、大野選手の3人が並んで歩いているのを府中でみちゃ
ったりしたら、おれ、うれしくて、失神しそう。

http://www.sanspo.com/rugby/news/20130831/top13083105050003-n1.html
2013.8.31 05:04(1/3ページ)
さすがの王者!サントリー、不安“快勝”/TL

http://www.sanspo.com/rugby/news/20130831/top13083105030002-n1.html
2013.8.31 05:03
史上初!サントリー・ニコラス1000得点/TL

http://www.sanspo.com/rugby/news/20130831/top13083105010001-n1.html
2013.8.31 05:01
サントリー・小野沢、左肩負傷で病院直行/TL

http://www.sanspo.com/rugby/news/20130901/top13090105020003-n1.html
2013.9.1 05:02
冷や汗1勝…東芝、後半は防戦一方/TL

http://www.sanspo.com/rugby/news/20130829/top13082905030000-n1.html
2013.8.29 05:02(1/2ページ)
東芝・広瀬、メモリアルトライ決める!/TL

 ぼくが大好きな大野選手の写真があった。\(^O^)/
http://www.sanspo.com/rugby/photos/20130831/top13083121140005-p1.html
後半、タックルする東芝・大野=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

 廣瀬選手の写真もあった。\(^O^)/
http://www.sanspo.com/rugby/photos/20130829/top13082905030000-p1.html
TL通算100試合出場にあと1と迫る広瀬。開幕戦でトライを決め、大台達
成に花を添える

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2013/08/26/6958330
ラグビー、トップリーグ開幕
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/26/1209887
東芝ブレイブルーパス、ラグビー日本一連覇
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/12/24/187553
東芝府中圧勝、トップリーグ・府中ダービーマッチ

http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/12/24/187553
東芝府中圧勝、トップリーグ・府中ダービーマッチ
をみると、このとき、まだ、キヤノンの永友監督は、サントリーで現役。東芝
の廣瀬選手は、司令塔のスタンドオフからウィングにコンバートされたばかり
だったんですね。
 もう8年も前なんだ。