Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

大飯原発、敦賀原発の活断層、断層列島日本。深層崩壊、南アルプス崩壊2012年11月25日 05時04分12秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 再稼働した大飯原発の活断層の話題、ちょっと前に、ずいぶんニュースにな
ってたでしょ。でも、すでに1ヵ月も前の放送だけど、NHKのサイエンスZEROは、
もっとすごかった。

http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp404.html
シリーズ 原発事故 (9) 原発直下に活断層?“断層列島”とどう向き合うか

 番組では、敦賀原発を採り上げていたが、東日本大震災でそれまで連動しな
いといわれていた断層が連動したことを考えて、ちょっと視野を広げると、も
うね、福井県にある原発、全部、終わっとるわ。というか、日本にある原発、
全部、終わっとるわ。\(^O^)/
 濃尾地震という大地震を起こした断層と、敦賀湾のほうの断層が、連動する
可能性があって、かつて、ものすごく大規模な断層の横ずれが起きている可能
性が指摘されていた。あれじゃ、少々、耐震補強してもだめだね。ちょっとし
た山というか丘ができちゃう断層の動きだもん。
 海溝型地震に比べると、内陸型地震は、わかってないことが多いんだってね。
 それと、原発を作るときに、地面を削るので、元の地層がどうだったかわか
らないから、活断層かどうかの判定も非常に難しいんだってね。

 おれは、原子力技術は必要派だが(だって、廃炉にするにも原子力技術がな
いと廃炉にできない)、ろくな検査も対策もしてないのに、ろくでもない関電
の言う通り、大飯原発を再稼働したのは、論外だよね。

 さらにいえば、敦賀湾を含む若狭湾は、原発銀座でしょ。上述のような大規
模な断層の連動が起きると、敦賀湾を含む若狭湾の原発、全部、アウトだろう。
 以前、「もし福島県人が福岡県人なら絶対東電にテロを計画し、中には実行
する奴も出てくる。一文字違うだけで、こんなに県民性が違うのか」などと書
いたが、福井県も一文字違いなので、もし、福井県で福島みたいな原発事故が
起きたら、福井県人がどう行動するか、個人的にはそれが興味深い。
 じゃ、大規模な地震、あの辺で起こしましょうか。スイッチひとつで、あの
辺の重力分布や応力は自由に変更できますから。
 おいおい、待て待て。\(^O^)/

 それと、日本列島、いま、山が壊れつつあるところがあって、南アルプスも
崩壊しつつあるんだって。これもすごかった。
 研究者が、定点観測しているんです。見事に山が壊れている。
 「深層崩壊」という現象。
 昨年、和歌山の豪雨で山が壊れて川の対岸の集落が一瞬にして全滅した悲劇
があったが、あの検証・再現もやっていた。あれじゃ、逃げようがないわ。

http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp405.html
山が消滅!? 深層崩壊の破壊力

コメント

_ たまどん ― 2012年11月25日 10時10分06秒

山体崩壊。これの最大のものが、北米で起きているわけですね。富士山に似たセント・へレンズ山、見事に崩壊する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%BD%93%E5%B4%A9%E5%A3%8A

大飯原発の調査委員会では、断層か地滑りかでもめているのですが、基本的に断層であっても地滑りであって、地盤そのものが脆弱であるわけです。

断層連動の知見というのは、地質学者などの間では普通に語られていたわけですが、しかし地震学者は違って「予知可能」だといい続け、国から研究費と称して金を搾り出した結果の東日本大震災ですからねぇ。東工大の衣笠善博という偉いセンセーは、断層の調査そのものを妨害した人です。あの週刊新潮にすら「断層切り」の名手として名が挙げられていました。多くの学者が繋がりを疑う断層を「繋がっていない」と断じ、その衣笠善博のお墨付きを得て、各電力会社は大飯にも鶴賀にも浜岡にも泊にも、現在建設中の大間にも、原発を建てていたわけです。

自己都合による科学的検証拒否という態度ですよ。それが利権である原発の構造です。その利権構造がそのまま原発ムラと称されるわけで、現在の規制委員会の委員の多くは、結局原発ムラ住民ですから、大飯原発の活断層調査などは、そもそも結論付けることすら及び腰。大飯に活断層があると断じている東洋大学の渡辺先生などは、反原発運動などとは無関係。反原発派でも何でもないニュートラルな人が、反原発に見えるほど、今の原発の在り方そのものが歪んでいるわけです。こうした小さな「変」が積み重なった上での福島事故です。世論が反原発に傾くのは当たり前の反作用。今までの積み重ねですから。親の因果が子に報い・・・。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年01月14日 10時05分25秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 たまさんが、書いていたのをたまたまみて、いまどき、また、これ