Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

首都直下型地震で東京は本当に壊滅するか2012年05月08日 10時01分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 Twitterでは、だいぶ前に流したが、自分のためのメモとして、ブログにも。

http://diamond.jp/articles/-/17862
下町“木密”エリアは「津波・倒壊・火災」の三重苦に
首都直下型地震で東京は本当に壊滅するか
――東大地震研究所 佐竹健治教授に聞く

http://twitter.com/#!/shownakamura

メタボの救世主か。特保のコーラ「キリン メッツ コーラ」2012年05月08日 10時02分17秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 この前、電車内の広告で見た。
 特保のコーラがある。
 夏に向けて、メタボのおれ用に、情報省が開発させたもの。\(^O^)/
 スーパーに行ったら、あったので、買って飲んだ。けっこういい味。
 売れまくりなんだね。
http://news.mynavi.jp/news/2012/04/26/069/
トクホのコーラ、売れ行き好調 - 発売2日で年間販売目標の5割達成

 あ、アマゾンにもある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007TFJAMS/showshotcorne-22/
キリン メッツ コーラ 480ml×24本
メッツ

中村(show)

===
標題: Re: メタボの救世主か。特保のコーラ「キリン メッツ コーラ」
---
あくまで、脂肪の吸収を抑えるだけですから(笑)
でも、結構飲んでます。高いけど(大爆笑)

持田(pochi)

マイクル・クライトンの遺作「マイクロワールド」2012年05月08日 10時08分07秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/08/6439875
Gene Expression Programming(遺伝子表現プログラミング)
を書いて思い出した。

 翻訳家の酒井さんから、クライトンの遺作の翻訳が送られてきていた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152092866/showshotcorne-22/
マイクロワールド (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ) [単行本]
マイクル クライトン (著), リチャード プレストン (著),
酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152092874/showshotcorne-22/
マイクロワールド (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ) [単行本]
マイクル・クライトン (著), リチャード・プレストン (著),
酒井 昭伸 (翻訳)

 クライトンのパソコンに残っていた遺稿をベースに、リチャード・プレストンが
書き継いで作品に仕上げたもの。

 クライトンのパソコンに残っていた遺稿といえば、「パイレーツ」がすでに
出ていますが、まだ、あったということなんでしょうね。
 探せば、もっと出てきたりして。
 実は、おれが霊界通信でクライトンから聞き取りながら、せっせと書いてい
たりして。\(^O^)/
 でも、おれが英語ができないから、めちゃくちゃだったりして。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415209091X/showshotcorne-22/
パイレーツ―掠奪海域 (ハヤカワ・ノヴェルズ) [単行本]
マイクル・クライトン (著), 酒井昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150412529/showshotcorne-22/
パイレーツ―掠奪海域― (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 以下、これまで紹介したことがある、クライトンの作品。

■ジュラシック・パーク、ロスト・ワールド
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/23/4772996
量子インターネット、量子グーグル、小型衛星、群知能、クライトン、酒井昭伸さん
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415207714X/showshotcorne-22/
ジュラシック・パーク〈上〉 (Hayakawa novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152077158/showshotcorne-22/
ジュラシック・パーク〈下〉 (Hayakawa novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150406960/showshotcorne-22/
ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) (文庫)
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150406979/showshotcorne-22/
ジュラシック・パーク〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) (文庫)
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 単行本のあとがきに、おれの名前を出してもらった経緯は、上記で書いたが、
文庫本のあとがきにも、おれの名前、出てるのかな。普通、単行本のあとがき
と文庫本のあとがきは、別だからね。
 文庫、買ってみるかな。あ、家にもうあるんじゃないか。でも、探す時間が
もったいない。^^;

 そうだ。ジュラシック・パーク2であるロスト・ワールドもあったね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152079738/showshotcorne-22/
ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク2〈上〉 (Hayakawa Novels)
[単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152079746/showshotcorne-22/
ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク2〈下〉 (Hayakawa Novels)
[単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150408378/showshotcorne-22/
ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク〈2 上〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150408386/showshotcorne-22/
ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク〈2 下〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

■プレイ-獲物-
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/23/4772996
量子インターネット、量子グーグル、小型衛星、群知能、クライトン、酒井昭伸さん
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/27/4780425
Re: 量子インターネット、量子グーグル、小型衛星、群知能、クライトン、酒井昭伸さん
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/30/5052695
空の次は、海、花、自然の中の数学、swarm
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/25/5983254
マルチエージェント、複雑系、シミュレーション、身体性、知能ロボット、ネットワークインテリジェンス、StarLogo, Swarm
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152084863/showshotcorne-22/
プレイ-獲物-(上) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (単行本)
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152084871/showshotcorne-22/
プレイ-獲物-(下) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (単行本)
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150411093/showshotcorne-22/
プレイ―獲物〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) (文庫)
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150411107/showshotcorne-22/
プレイ―獲物〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) (文庫)
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

■NEXT―ネクスト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/05/18/3522114
Re: 自分をグーグル化した情報サイボーグの末路 その2
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152088524/showshotcorne-22/
NEXT 上 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (単行本)
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152088532/showshotcorne-22/
NEXT 下 (ハヤカワ・ノヴェルズ) (ハヤカワ・ノヴェルズ) (単行本)
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150412073/showshotcorne-22/
NEXT―ネクスト〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) [新書]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150412081/showshotcorne-22/
NEXT―ネクスト〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) [新書]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

■恐怖の存在
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/12/17/180279
マイクル・クライトン「恐怖の存在」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/12/21/184445
Re: マイクル・クライトン「恐怖の存在」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/05/5470857
小松正之「クジラと日本人」、シー・シェパード、環境テロ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/31/5766354
原子力も自然エネルギーなのに。^^;
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152086688/showshotcorne-22/
恐怖の存在 (上) (ハヤカワ・ノヴェルズ) [単行本]
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152086696/showshotcorne-22/
恐怖の存在 (下) (ハヤカワ・ノヴェルズ) [単行本]
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150411468/showshotcorne-22/
恐怖の存在 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-25) [文庫]
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150411476/showshotcorne-22/
恐怖の存在 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV ク 10-26) [文庫]
マイクル・クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 あ、思いついた。
 「恐怖の存在」の存在に対抗して、「調布の存在」\(^O^)/
 おお、すごいのぉ。ホーキングの「宇宙を語る」に対抗した「府中を語る」
と並び称される傑作や。\(^O^)/

■タイムライン
 2005年にブログを始める前だと。
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo39.html
乳の詫び状(2000/12/26)
標題: 大江戸線と量子テレポーテーション
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo66.html
乳の詫び状(2003/04/23)
標題: ProjextX TRON
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo73.html
乳の詫び状(2003/11/27)
標題: 本物だぁ ^^;
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo75.html
乳の詫び状(2004/01/09)
標題: ファインディング・ニモ
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152082828/showshotcorne-22/
タイムライン〈上〉 (Hayakawa novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152082836/showshotcorne-22/
タイムライン〈下〉 (Hayakawa novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150410542/showshotcorne-22/
タイムライン〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150410550/showshotcorne-22/
タイムライン〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 映画も観たよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00017YVBG/showshotcorne-22/
タイムライン [DVD]
ポール・ウォーカー (出演), フランシス・オコナー (出演),
リチャード・ドナー (原著) | 形式: DVD

■エアフレーム
 次が一番古いかな。1997年だ。
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo03.html
乳の詫び状(1997/06/03)
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152080795/showshotcorne-22/
エアフレーム―機体〈上〉 (Hayakawa Novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152080809/showshotcorne-22/
エアフレーム―機体〈下〉 (Hayakawa Novels) [単行本]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

 文庫は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150409625/showshotcorne-22/
エアフレーム―機体〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150409633/showshotcorne-22/
エアフレーム―機体〈下〉 (ハヤカワ文庫NV) [文庫]
マイクル クライトン (著), Michael Crichton (原著), 酒井 昭伸 (翻訳)

Re: 大阪維新の会、「発達障碍は予防できる」の大バカで大炎上2012年05月09日 04時16分32秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/07/6438301
大阪維新の会、「発達障碍は予防できる」の大バカで大炎上
の続き。
 家庭教育条例案を撤回しましたね。

http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2012050701001375
維新の会、家庭教育条例案を撤回
2012年 05月 7日 19:46 JST

アップルのデザイン、インサイド・アップル2012年05月09日 04時17分04秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822264769/showshotcorne-22/
アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか
[単行本(ソフトカバー)]
日経デザイン (著)

 でも、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/05/03/6433120
金環日食、日食メガネ。福島の子供たちのために寄付を!
で書いたように、アップルのデザイン、ジョブズのデザインは、使う人によっ
ては、たとえば、視覚障碍者にとっては、クソでクズなんだよね。
 音声認識がもっとマシになればいいんだろうけど。

 評伝「スティーブ・ジョブズ」に載ってたのかな。
 アップルのデザインといえば、デザイナーのジョナサン・アイブが、
「ぼくのアイデアなのに、スティーブ・ジョブズは自分のアイデアのように、
しゃべりまくって頭に来る」
なんて言ってたね。
 ジョブズという人間は、他人の手柄を横取りしてのし上がり、そうやって自
分を神格化する、いやな奴なんですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョナサン・アイブ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062171260/showshotcorne-22/
スティーブ・ジョブズ I [ハードカバー]
ウォルター・アイザックソン (著), 井口 耕二 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062171279/showshotcorne-22/
スティーブ・ジョブズ II [ハードカバー]
ウォルター・アイザックソン (著), 井口 耕二 (翻訳)

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/07/6137623
さよなら&ありがとう、スティーブ・ジョブズ その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/07/6136772
さよなら&ありがとう、スティーブ・ジョブズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/12/22/5597357
ウェブ、ユーザインターフェースのデザイン論、ドン・ノーマンの本など
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/01/6120652
スティーブ・ジョブズのイノベーションの嘘。クーリエ・ジャポン更新せず。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/25/4026151
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/27/4141049
アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/28/4144547
Re: アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/19/5749034
マイクロソフト元社長の成毛が相変わらず軽いので、ツイッターで話題になっ
ていました。

 次は、Appleの組織、社内システムを取材したものなんですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152092831/showshotcorne-22/
インサイド・アップル [単行本]
アダム・ラシンスキー (著), 依田 卓巳 (翻訳)

 原書を探すときに、「Inside Apple」で検索したら、こんなのが出て、ちょ
ー懐かしかった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4795296170/showshotcorne-22/
Inside AppleTalk,Second Edition 日本語版 [大型本]
Gursharan S. Sidhu (著), Alan B. Oppenheimer (著),
Richard F. Andrews (著), アキューコミュニケーションズ (翻訳)

 AppleTalkをまだ使っているところってあるの?
 Apple社内は?
http://ja.wikipedia.org/wiki/AppleTalk
をみると、基本的には、もう廃止なのね。そりゃ、そうだね。

 原書は、ハードカバーもペーパーバックも、副題が違うのが2種類ずつあっ
て、値段が違う。どういうこと? アメリカ版とイギリス版?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/145551215X/showshotcorne-22/
Inside Apple:
How America's Most Admired--and Secretive--Company Really Works
[ハードカバー]
Adam Lashinsky (著)
参考価格:¥ 2,286
価格:¥ 2,073 通常配送無料 詳細
OFF:¥ 213 (9%)
ハードカバー: 240ページ
出版社: Business Plus (2012/1/25)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1848547218/showshotcorne-22/
Inside Apple: The Secrets Behind the Past and Future Success of
Steve Jobs's Iconic Brand [ハードカバー]
Adam Lashinsky (著)
参考価格:¥ 2,720
価格:¥ 2,492 通常配送無料 詳細
OFF:¥ 228 (8%)
ハードカバー: 240ページ
出版社: John Murray Publishers Ltd (2012/1/25)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1455516074/showshotcorne-22/
Inside Apple:
How America's Most Admired and Secretive-company Really Works
[ペーパーバック]
Adam Lashingsky (著)
価格:¥ 1,365 通常配送無料 詳細
ペーパーバック: 223ページ
出版社: Hachette Book Group USA (2012/1/25)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1848547226/showshotcorne-22/
Inside Apple: The Secrets Behind the Past and Future Success of
Steve Jobs's Iconic Brand [ペーパーバック]
Adam Lashinsky (著)
価格:¥ 1,402 通常配送無料 詳細
ペーパーバック: 240ページ
出版社: John Murray Publishers Ltd; Trade Paperback.版 (2012/1/25)

放送大学「データからの知識発見」2012年05月09日 04時18分15秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。
 アマゾンは、放送大学の教材も、売ってるのね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/459531373X/showshotcorne-22/
データからの知識発見 (放送大学教材) [単行本]
秋光 淳生 (著)

 目次を求めて、放送大学まで行って探しました。
http://www.ua-book.or.jp/cgi-bin/LaynaCart/Cart/LaynaCart.cgi?REQ=%8F%A4%95i%92%8D%95%B6&ORDER=&CD=1195&COLOR=&SIZE=&QUANTITY=
データからの知識発見

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/20/6341124
NTTデータが数理システムを買収
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/17/6338286
第1回クラウド勉強会、クラウドコンピューティングの未来形、サーバレス・
プログラミング、EXAGEN, Dripcast, Hadoop, Spark, Bagel, Lisp, Prolog,
Java, Scala, AS/400, SLS(単一レベル記憶)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/02/16/6337419
全文検索エンジンSolr。Lucene, Hadoopネタも。ビッグデータの時代
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/23/6257596
ソーシャルデータのリアルタイム解析会社
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/21/6108837
ビッグデータを征すクラウドの技術、Hadoop 第2版、
Hadoop MapReduceデザインパターン
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/30/5764490
樋口千洋「Rによるバイオインフォマティクスデータ解析 第2版」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/05/05/5846130
樋口千洋「Rによるバイオインフォマティクスデータ解析 第2版」その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/19/4956129
パターン認識、機械学習、データマイニング「朱鷺の杜Wiki」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/03/4222406
Satnam Alag著、堀内孝彦ほか訳「集合知イン・アクション」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/05/4228524
言語と計算[全5巻]
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/23/4260486
「集合知イン・アクション」その2、データマイニング、Weka

とんでもない大量CDボックス:Worlds Greatest Jazz Collection2012年05月09日 04時18分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 これまで、クラシックやジャズの大量CDボックスを紹介してきたが、これほ
どの大量CDボックスはなかった。
 お買い上げありがとうございます。
 なんと、CD 500枚。\(^O^)/
 わははははははははははははははははは。笑うしかないのだ。
 クラシックに比べ、ジャズのほうがCDの枚数が少なく、旗色が悪かったが、
これで一気に抜き去ったね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001G8P3KW/showshotcorne-22/
Worlds Greatest Jazz Collection [Import, from US]
Worlds Greatest Jazz Collection (アーティスト) | 形式: CD
CD (2008/12/9)
ディスク枚数: 500
フォーマット: Import, from US
Incredible 500 CD box (yes, five hundred CDs!) that contains five
separate 100 CD boxes

 こうなると、もう一生かかっても全部聴けないね。^^;
 このCDボックスだけで、ジャズ喫茶を始められそう。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/02/6005591
Perfect Jazz Collection, Perfect Blues Collection
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/14/6374515
またしても、バッハの大量CDボックスほか、マイルスも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/01/4731361
マイルス・デイビスとウラジミール・ホロヴィッツの大量CDボックス
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/09/27/6115687
Perfect Miles Davis Collection (20 Albums)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/02/6005576
マイルス・デイビスのCDが1枚100円台\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/11/22/5524946
ジャズ、ロックの名盤セット「Original Album Classics」はお買い得!
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/10/22/6165606
出たあ。Decca Soundのクラシックの大量CDボックスだ。\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/10/29/5455407
まだまだまだまだまだまだあるあるあるあるあるある、クラシックの大量CDボ
ックスセット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/11/6408100
今度は、ドラマの大量DVDボックスだ。\(^O^)/

ニュートン2012年6月号:南海トラフ巨大地震、でも、すばるのHSCがすごすぎ!2012年05月09日 04時19分37秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 第2特集の「南海トラフ巨大地震」を目当てで「ニュートン」2012年6月号
を買った。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007RFHLEO/showshotcorne-22/
Newton (ニュートン) 2012年 06月号 [雑誌] [雑誌]

 第2特集はもちろん、第1特集「まもなくやってくる100億人時代」もよか
ったし、NHKが「コズミックフロント」でやって、今度NHKスペシャルでもやる、
「宇宙の渚」で出てくるスプライトという現象の記事もカラーの写真や図解が
豊富でよかった。
http://www.nhk.or.jp/space/nagisa/
宇宙の渚

 だが、なんといっても、びっくりしたのが、
「生まれかわる すばる望遠鏡 視野10倍の高感度カメラがついに始動」
で解説があった、Hyper Suprime-Cam(HSC)のこと。
 もう、とんでもないよ。
 高感度CCDで約8億7000万画素のほかにも、レンズや駆動系やら、いろんな
ものがとんでもない。
 東日本大震災のときに、HSCを組み立て中で、天井が落ちてきたが、奇跡的
にレンズは無事だったそうな。よかったねえ。

参考:
http://www.naoj.org/Projects/HSC/j_index.html
Hyper Suprime-Cam

 前世代のSuprime-Camのときも、画素が1億画素くらいあって、ワンショッ
トで、何GB出るんだっけな。とにかく、とんでもない量のデータが出てくる。
 それを転送、保存するネットワークやら記録媒体やら、大変な話。
 富士通がやったんだっけ?
 ビッグサイエンスだなと思いましたよ。
 いま、ビジネス方面で、売り上げ動向やら個人情報やら集めまくって解析島
倉千代子のビッグデータが騒がれるが、科学では、以前からビッグデータとの
格闘ですよね。
 いまや、天文学者は、望遠鏡を覗いてないもんね。望遠鏡でどどーんと貯め
込んだ大量データの解析に没頭している。\(^O^)/
 生命科学だって、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/11/16/6204419
バイオ関係
で書いたように、テラバイト(TB)のデータがばんばん出てくる。
 生物学者も、顕微鏡を覗いてなくて、大量データの解析に没頭している時代。
 そんな巨大データを扱うには、いまのコンピュータもネットワークもハード
もソフトも遅すぎるんだよね。ほんと、きりがない。

 この「ニュートン」の記事で思い出したが、山根一眞「メタルカラーの時代」
で、すばる望遠鏡をやったことがあって、すばるの世界最大級の主鏡、直径が
約8メートルあるけど、この鏡の表面が、どれくらいなめらかで、でこぼこが
ないかの話があった。
 鏡が関東平野全体の大きさだとすると、どこをとっても、0.5ミリメートル
以下の、でこぼこなんだって。
 わはははははははは。
 5センチでもすごいと思うのに、5ミリでもなく0.5ミリだもんね。
 あまりの精度に、すごすぎて、もう笑うしかなかった。
 部屋を探したら、比較的すぐ見つかった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409408052X/showshotcorne-22/
メタルカラーの時代 (11) (小学館文庫) [文庫]
山根 一眞 (著)
に、
1億画素デジカメ相当の「すばる」超絶「データ処理」
ほか、すばるの超絶技術のことが、あれこれ載ってます。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/09/4684640
山根一眞「メタルカラーの時代」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/09/03/5321653
奇跡の環境都市 北九州の半世紀、役者揃いの北九州メタル都市
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/02/6005564
このままでは失われてしまう、日本独自の超技術「超高純度鉄」

 超高純度鉄の研究予算がつくつかないは、結局、どうなった?
 検索しても、よーわからん。

理研ニュース2012年5月号。やっぱ、SACLA、とんでもないわ。2012年05月09日 04時20分09秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 理研ニュースの2012年5月号が出ました。
http://www.riken.jp/r-world/info/release/news/2012/may/index.html
理研ニュース2012年5月号

 特集は、世界最高のSACLA(さくら)です。
 余談だが、何度見ても、プログラミング言語Scalaにみえるなあ。
 SACLAは、とんでもないことばっかり書いてあるわ。
--- ここから ---
SACLAのX線は、光の波の山と山、谷と谷がそろったレーザーで、SPring-8のX
線より10億倍以上も明るい
--- ここまで ---
 なに、それ。明るすぎるやろ。\(^O^)/

--- ここから ---
SACLAの特徴の一つに、発光時間が100兆分の1秒と極めて短いことがあります。
つまり、超高速で動いている原子や分子の様子を観ることができるのです。
--- ここまで ---
 フェムト秒のX線レーザーの世界。おっとろしいわ。\(^O^)/

--- ここから ---
物理の教科書を書き換える
―SACLAで、ノーベル賞級の成果が次々と出ると期待されていますね。

石川:化学反応の過程の解明も、画期的な成果です。ただし、SACLAの実力は、
それにとどまらないはずです。
―どんな成果が期待できるのですか。

石川:例えば、SACLAの光をさらに細く絞り込んで強い光にして真空に通すと、
真空が壊れてマイナスの電子とプラスの陽電子が対でできると予想されていま
す。電子と陽電子が衝突して光が出る現象は知られていますが、その逆の現象
を世界で初めて実証できる可能性があるのです。
 さらに、現在の物理学では予想されていない現象が起きる可能性もあります。
私はそれを一番期待しています。そもそも現在の物理学の理論は、SACLAが放
つような強い光は考えないものとして、つくられています。SACLAの光が物質
に当たったとき、現在の理論が成り立つのかどうか分かりません。理論で説明
できない現象が発見され、物理学の教科書を最初から書き換える必要が生じる
かもしれないのです。先人のまったくいない、手付かずの研究分野が広がって
くる可能性があり、若い人たちにとって大きなチャンスです。そのような新し
い研究分野を切り拓くことができれば、SACLAを苦労して完成させた甲斐(か
い)があります。
--- ここまで ---
 もう、なんか、言いたい放題や。\(^O^)/

http://www.riken.jp/r-world/info/release/news/2012/may/frol_01.html
“バイオものづくり+進化分子工学”で新しいものを生み出す
をはじめ、ほかの研究も、とんでもないわ。
 どうしたら、こんなことができるんや。こいつら、アホやろ。
 そうそう。アホ、アホ。男どアホウ甲子園や。\(^O^)/
 とんでもないやつらばっかりやな。
 ま、少しずつ、おとめ座銀河団の超科学を理研に流しているのは、情報省だ
けどね。\(^O^)/
 そうよね。おとめ座銀河団では、星を作って超新星爆発させて、ガンマ線バ
ースト(GRB)を発生させて、それを研究に使ってるものね。それを思えば、
SACLAもまだまだだわ。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/08/6366717
量子ビーム 世界最先端研究施設「SACLA(さくら)」供用開始
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/04/06/6402444
理化学研究所(理研)「平成24年度 一般公開」開催日のお知らせ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/08/6366720
理研ニュース、生命現象を数学で解く新理論「リンケージ・ロジック」、近藤効果
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/07/06/5945119
理研ニュース、放射線の基礎ほか、面白い記事がいっぱい
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/08/22/6062736
池田信夫、ネイビー通信の田代、武田邦彦、茂木健一郎

数学のDVDや本が、あれこれ売れてる2012年05月10日 04時32分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ここのところ、数学のDVDや本が、あれこれ売れています。
 お買い上げありがとうございます。
 DVDはNHK。本は、ほとんど、ちくま学芸文庫。
 調べてないけど、なんか、ゴールデンウィーク前からゴールデンウィーク中
にかけて売れていたんじゃないかな。
 今年のゴールデンウィークは、事前の天気予報と違って、天気が大荒れ。最
後には巨大竜巻で、中学生が死んだり、大変な騒ぎでしたよね。
 外出せずに、家でDVDを観たり本を読もうと思った人がいたんじゃないかと。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003AM2U6M/showshotcorne-22/
ポアンカレ予想・100年の格闘 ~数学者はキノコ狩りの夢を見る~ [DVD]

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003AM3BZG/showshotcorne-22/
リーマン予想・天才たちの150年の闘い ~素数の魔力に囚われた人々~ [DVD]
 素人評によると、これは、放送時の50分の短縮版ではなく、完全版なのね。
 うー、ほしくなるかも。

 ついでにリストしておくと、宇宙、地球、生命のDVDも売れてるのよね。
 シリーズものは、お買い上げは、一部だけのものあるが、シリーズをリスト。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005NYVT/showshotcorne-22/
宇宙 未知への大紀行 DVD SPACE BOX I
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Y19A/showshotcorne-22/
宇宙 未知への大紀行 DVD SPACE BOX II

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002UNEEAW/showshotcorne-22/
NHKスペシャル アインシュタインロマン DVD-BOX

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002K7BIC/showshotcorne-22/
NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 1
形式: DVD
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006UU7H0/showshotcorne-22/
NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 DVD-BOX 2
山崎努 (出演) | 形式: DVD

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008PTCB/showshotcorne-22/
NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体 DVD-BOX
小出五郎 (出演・声の出演), タモリ (出演・声の出演) | 形式: DVD
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001GR50UG/showshotcorne-22/
NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 DVD-BOX
山根基世 (出演・声の出演), 養老孟司 (出演・声の出演) | 形式: DVD
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000C9VC2/showshotcorne-22/
NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子DNA DVD-BOX
谷川俊太郎 (出演), 古屋和雄 (出演) | 形式: DVD
 「驚異の小宇宙 人体」は、放送時は、飛び飛びにしか観てないと思う。

 これらを揃えようと思うと高いね。
 府中の図書館にあるかな。あるんだよ、きっと。でも、大体、貸し出し中か、
図書館内でだけしか観られないんだよね。

 本は、以下。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254110715/showshotcorne-22/
偏微分方程式―科学者・技術者のための使い方と解き方 [単行本]
スタンリー ファーロウ (著), Stanley J. Farlow (原著),
伊理 正夫 (翻訳), 伊理 由美 (翻訳)
 ほぉ。伊理正夫先生だ。
 偏微分方程式どころか、微分方程式も、もう何年も解いてないから、解き方
がわからなくなったね。困ったもんや。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448009413X/showshotcorne-22/
計算機と脳 (ちくま学芸文庫) [文庫]
J.フォン ノイマン (著), John von Neumann (原著), 柴田 裕之 (翻訳)
 ノイマンに、こんな本があったのか。表紙だけみると、早川のSFみたいだね。
 ノイマンが主張した量子力学の解釈問題にまつわる話とは違うんだろうな。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092226/showshotcorne-22/
通信の数学的理論 (ちくま学芸文庫) (文庫)
クロード・E. シャノン (著), ワレン ウィーバー (著),
植松 友彦 (翻訳)
 我らがシャノン大先生の、歴史的業績ですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480093583/showshotcorne-22/
情報理論 (ちくま学芸文庫) [単行本]
甘利 俊一 (著)
 我らが甘利俊一先生だ。甘利先生の九大(九州大学)時代がそうだったのか、
おれにとって甘利先生は、情報幾何学、計算幾何学の先生のイメージしかない。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480093036/showshotcorne-22/
確率論の基礎概念 (ちくま学芸文庫) [文庫]
A. N. コルモゴロフ (著), 坂本 實 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092412/showshotcorne-22/
幾何学入門〈上〉 (ちくま学芸文庫) (文庫)
H.S.M. コクセター (著), Harold Scott MacDonald Coxeter (原著),
銀林 浩 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092420/showshotcorne-22/
幾何学入門〈下〉 (ちくま学芸文庫) (文庫)
H.S.M. コクセター (著), Harold Scott MacDonald Coxeter (原著),
銀林 浩 (翻訳)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480094172/showshotcorne-22/
代数的構造 (ちくま学芸文庫) [文庫]
遠山 啓 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480092838/showshotcorne-22/
ガロア理論入門 (ちくま学芸文庫) [文庫]
エミール・アルティン (著), 寺田 文行 (翻訳)

 ガロアの群論といえば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576848/showshotcorne-22/
ガロアの群論 (ブルーバックス) (新書)
中村 亨 (著)
は、ずっと積ん読だったが、この前、読んだ。
 頭悪いから、途中からわからん。というか、話を追っていくのが面倒になっ
た。
 大体、お前は、群・環・体と聞けば、軍艦隊だもんね。そりゃ、ついていけ
んわ。
 そうそう。環状線と聞けば、感情線だし。
 それでも、本書で、ユニット・ガロア理論と呼んでいる操作を繰り返しやる
と、性器部分群が、おお、とんでもない誤変換、もとい、正規部分群というの
が、だんだん小さくなっていって、そのときに、順列の数の比が素数だったら、
代数的に方程式が解けるけど、素数じゃないと解けないというのは、なん
となくわかった。こんなところにも、素数が出るんだと思った。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622072262/showshotcorne-22/
ガロアと群論 [単行本]
リリアン リーバー (著), Lillian Rosanoff Lieber (原著), 浜 稲雄 (翻訳)

のリリアン・リーバーさんといえば、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797365005/showshotcorne-22/
数学は世界を変える あなたにとっての現代数学 [単行本]
リリアン・R・リーバー (著), Lillian R.Lieber (著),
ヒュー・グレイ・リーバー (イラスト), Hugh Gray Lieber (イラスト),
水谷 淳 (翻訳)

がよく売れているが、高橋洋一も、

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569800424/showshotcorne-22/
数学を知らずに経済を語るな! [単行本(ソフトカバー)]
高橋 洋一 (著)

で、推薦していたよ。
 担当編集者が、リーバーさんの本を読んで感激した話があって、それを聞い
た高橋洋一が、そういういい本を読むのは、ええこっちゃ、ええこっちゃみた
いなことを本書で言ってた。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/05/11/2473
女性専用車両とポアンカレ予想
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/19/1736166
ポアンカレ予想を解いた数学者
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/16/1856390
ポアンカレ予想
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/29/1877162
Re: ポアンカレ予想
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/02/4989495
ポアンカレ予想のDVDが出ます\(^O^)/とそのNHKスペシャルの本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/04/4994776
その2: ポアンカレ予想のDVDが出ます\(^O^)/とそのNHKスペシャルの本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/06/05/5139501
Lisp関係、リーマン予想DVD、ポアンカレ予想DVD、体験する幾何学、幾何学入門
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/01/19/6297054
リッチフローと幾何化予想 (数理物理シリーズ)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/14/4510753
オイラー、無限級数、ゼータ関数、リーマン、ラマヌジャン、ポアンカレ予想

http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/15/4698498
NHK「魔性の難問 ~リーマン予想・天才たちの闘い~」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/04/4675181
無限を読みとく数学入門、リーマン予想は解決するのか?など小島寛之本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/02/27/4910560
少女素数、リーマン予想、数学セミナー増刊「リーマン予想がわかる」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/31/4985328
リーマン予想のDVDが出ます\(^O^)/

http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/22/4712709
Lispセミナー、甘利俊一先生の数理脳科学、情報幾何学
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/12/19/6249933
フォン・ノイマン「計算機と脳」甘利俊一「情報理論」など、ちくま学芸文庫
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/03/05/5722517
「なっとくする群・環・体」、「量子力学 着実に学ぶための手引き」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/18/4583891
ちくま学芸文庫、シャノンの「通信の数学的理論」

http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/09/5207167
ガロアの群論の入門書、名著復刊「集合と位相」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/11/5212012
ガロアの群論の入門書、名著復刊「集合と位相」 その2
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/06/02/5893179
リーバー夫妻「数学は世界を変える あなたにとっての現代数学」ほか
http://iiyu.asablo.jp/blog/2012/03/01/6355098
基礎からの経済数学。「現代経済学の数学基礎」の新版。
高橋洋一「数学を知らずに経済を語るな」