Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

「The Definitive Guide to Lift」は本としてはひどい。2010年08月10日 07時14分04秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/16/4368021
やっと出たClojure本、Scala本。ScalaのウェブフレームワークLift本も
で、出版の混乱を書いて、でも、面白そうだから買ってみようかなと書いた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1430224215/showshotcorne-22/
The Definitive Guide to Lift: A Scala-based Web Framework (Expert's
Voice in Open Source) [ペーパーバック]
Derek Chen-Becker (著), Tyler Weir (著), Marius Danciu (著)
が売れていた。
 お買い上げありがとうございます。
 おれも、この本、買ってるの。
 買った先輩として(笑)、思い出したことを書く。
 書いてある内容はいろいろといいと思うんだよね。しかし、本としてみた場
合、ひどい。なぜか。
(1) 文中にAppendix A(付録 A)を参照などと書いてるが、Appendix(付録)がな
い!
(2) Indexx(索引)がない!
(3) 本の柱(ページのヘッダ、フッタ部分)に、章節などの見出しがない!

 これらは、本としては致命的。
 これまで何度も書いたが、まだできてもないものを売ってたり、書きかけを
いち早く読みたい人向けなどといってPDFなど電子書籍で売ってたり、まあ、
アメリカの出版社はすごい商売だねといっても、これはひどいと思って、出版
社のApressにある本書のページ
http://apress.com/book/view/1430224215
に行って調べたら、
http://apress.com/book/errata/1228
Errata
をみると、やっぱり文句を言ってる人がいる。AppendixやIndexはどこにある
のかと。
http://apress.com/book/downloadfile/4390
Resources
に行けば、AppendixesのPDFファイルをダウンロードできる。しかし、Indexは
ない。

 速読術は、おれはどうでもいい。そんなのをやる時間があれば、本は目次、
索引、柱があれば、非常に効率よくスピーディに深く読めることを知った方が
いい。
 目次、索引、柱にやはり人類が長く本を改良してきて行き着いたひとつの形
だと思うのね。
 目次と索引を眺めれば、内容はおおまかにわかるから、読むべきかどうかも
わかる。
 特に索引があれば、買う前に、気になっている用語をいくつかみて、そのペ
ージに飛んで、どう説明してあるかを読めば、自分が読むべき本かどうか、自
分に合う本かどうか、そして著者の筆力も大体わかる。
 だから、索引がない本なんて、本来は本じゃない。
 ところが、日本のビジネス書や新書は、索引がついてない本がとても多い。
これは、著者と編集者の怠慢。読者は、それを厳しく指摘し続けて、索引をつ
けさせるようにしないといけない。
 手作業で索引に載せる用語をゲラから拾っていた20年前ならいざ知らず、い
まや索引作成は、コンピュータがすぐやってくれる。
 それなのに、やらない本が多い。これが怠慢でなくてなんだ。
 もちろん、小説や詩集など文芸書は索引がないが、これは、早く効率よく読
むべき本ではないから。作品世界をじっくり探検してその世界を自分の心に染
み込ませるタイプの本だから。
 しかし、ビジネス書、新書で索引がないのは、手抜きと断言していい。そん
な本ばかり読んでいるから、いつまで経ってもカモリーマン。
 ましてや専門書で、索引がないなんて、さらには、柱に章節などの見出しが
ないなんて、本じゃない。
 だから、本書は、実に使いにくい。
 でも、書いてあること自体は、いいこと書いてあるんだよね。

 本書に限らないが、注意すべきは、すでにScalaもLiftもバージョンアップ
したということ。
 だから、本書やいま出ているScala本は、少し古いバージョンでの記述にな
っている。大きな変化はそんなにないかもしれないが、サンプルコードが動か
ないといったことは考えられる。その辺、注意。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/10/4935831
Scala本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/12/4938896
また出るScala本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/04/5199234
ボクらのScalaなど、Scala本、Google App Engine for Java本

子供への教育、授業の作り方の本、学習科学2010年08月10日 07時15分33秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4186983003/showshotcorne-22/
小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法 (楽しいクラスづくりフレ
ッシュ文庫) [単行本]
深谷 圭助 (著)
が売れていた。ありがとうございます。

 これはよさけですね。小さいときに辞書や辞典に親しんで、引くのをおっく
うに感じないようになると、一気に知識量が広がりますからね。
 これ、社会人も、特にカモリーマンは買って、辞書や辞典を引く練習から始
めたほうがいいんじゃないか。
 しかし、貯め込んだ知識が、知恵や世界観の発達につながるかは別問題で、
そこは教養が身に付くかどうかの話ですからね。だめな人、読解力がない人は、
勝間和代みたいにたくさんの本を読んでも、単に知識データを貯め込んだだけ
で、知恵や教養にならない。当然、世界観も豊かにならず、人間力も伸びない。
 その辺は、幼いときにうまく意識付けができて、体でわかっているかどうか
が効いてくる気がする。大人になってからでも遅くはないだろうが、相当意識
してやらないとね。さぼる癖、悪い癖が染み込んでるから。

 深谷圭助さんは、ほかにも辞書引き本をあれこれ出してますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883995062/showshotcorne-22/
7歳から「辞書」を引いて頭をきたえる [単行本(ソフトカバー)]
深谷 圭助 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828863567/showshotcorne-22/
チャレンジ辞書引き道場 はじめての辞書引きワーク [単行本]
深谷圭助 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569705324/showshotcorne-22/
自習ドリル 辞書引き名人 小学1年~4年生 [単行本(ソフトカバー)]
深谷 圭助 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569706096/showshotcorne-22/
自習ドリル 辞書引き名人 小学5年~6年生 [単行本(ソフトカバー)]
深谷 圭助 (著)

 明治図書出版の「楽しいクラスづくりフレッシュ文庫」のシリーズは、ほか
にもよさげなものがあるんじゃないかと思って調べたら、現在、141冊も出て
る。よさげな本を探している暇はない。\(^O^)/
 というわけで、ご自分で。一覧は、
http://www.meijitosho.co.jp/kensaku/kensaku.html?series=%81w%8Ay%82%B5%82%A2%83N%83%89%83X%82%C3%82%AD%82%E8%83t%83%8C%83b%83V%83%85%95%B6%8C%C9%81x&state=%82%B7%82%D7%82%C4&order=%96%BC%8F%CC%8F%87

 とかいいつつ、以下は、社会人でも営業の人間なんか役に立つヒントがあり
そうだね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4181134083/showshotcorne-22/
低学年の親との連絡帳―苦情・トラブルにどう応えるか (楽しいクラスづくり
フレッシュ文庫) [単行本]
大場 寿子 (著), 外川 典子 (著)
 目次などは、
http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4%2D18%2D113408%2D3
低学年の親との連絡帳

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/418113606X/showshotcorne-22/
荒れた学級にしたくない人が読む本 (楽しいクラスづくりフレッシュ文庫 (96)
) [単行本]
TOSS相模原 (著)
 目次などは、
http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4%2D18%2D113606%2DX
荒れた学級にしたくない人が読む本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4186991057/showshotcorne-22/
教師発:保護者・親への“禁句集”―言ってはマズイ言葉61例 (楽しいクラス
づくり フレッシュ文庫) [単行本]
明石 要一 (著)
 目次などは、
http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/shosai.html?bango=4%2D18%2D699105%2D7
教師発:保護者・親への“禁句集”

 それから、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/06/26/5184773
特別支援教育をすすめる本シリーズ
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780301408/showshotcorne-22/
たのしくあそんで感覚統合―手づくりのあそび100 (単行本)
佐藤 和美 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780303230/showshotcorne-22/
感覚統合を生かしてたのしく学習―読む力・書く力を育てる (単行本)
佐藤 和美 (著)
が売れていました。名前を出したときにも書いたが、感覚統合は、障碍児じゃ
なくても役立ちそうですね。

 もうひとつ、次が売れていました。おれには、授業デザインという言葉が新鮮。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4762824232/showshotcorne-22/
授業デザインの最前線―理論と実践をつなぐ知のコラボレーション [単行本]
高垣 マユミ (著)
 続編は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4762827088/showshotcorne-22/
授業デザインの最前線〈2〉理論と実践を創造する知のプロセス [単行本]
高垣 マユミ (著)

 授業をするというのは、当然のように、心理学、脳科学なども駆使しないと
だめなのね。
 そういうのを統合した学問として学習科学というジャンルができているんで
すね。その全貌を解説したハンドブックがこれ。ハンドブックらしく高いね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456305206X/showshotcorne-22/
学習科学ハンドブック [単行本]
R.K. ソーヤー (編集), R.Keith Sawyer (原著), 森 敏昭 (翻訳), 秋田 喜代美 (翻訳)

 培風館のウェブは、相変わらずろくでもない。この本の目次を探そうとして
も、検索に引っかからない。^^;

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/04/05/4995562
電池ハンドブック。ハンドブックは季節商品?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/28/4979542
ロボット情報学ハンドブック、新版ロボット工学ハンドブック、その他ロボッ
ト本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/27/4780427
計算力学のハンドブック各種
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/23/4450599
ケンブリッジ物理公式ハンドブック, Pocket Ref, Scala, Clojure, AIMAなど

地球なう。おれのサンプルリターンは大成功\(^O^)/2010年08月10日 07時17分13秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/09/5274922
はやぶさ関連情報
で早く書けとけしかけられて、珍しく、早く書いたぞ。
 小惑星フクオカ、ナカス、キュウダイなどを探査し、サンプルリターンに挑
んだ今回のミッション。
 大成功だった。\(^O^)/

http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/04/5266643
おれも、また、サンプルリターンに挑むぞ。ワケあり商品のことも。
で書いた、「ひよ子の雛子餅」「ひよ子のやきもち 甘夏みかん」を見事ゲッ
ト。すでにぱくぱく食べた。うまうま。
 今回、小惑星ナカスで、飲んだ締めにカレーを食うという予想だにしなかっ
た大発見。
 ナカスの生物は、これまで飲んだ最後はトンコツラーメンで締めるというの
が、科学的な常識とされていたら、それを覆す発見に、世界の研究者が驚いて
いる。
 このカレー、うまうま。量がけっこうあるので、おれは、ごはん半分にして
もらった。それでも普通の1人前に近いと思った。このカレーをなんと4皿、
5皿とペロリと平らげる大食いのお姉ちゃんがいるそうな。
 現地種族の長アラキが、彼女を店に呼ぼうかといってくれたが、あんた、そ
れ、彼女がいる店がはねてからだから、午前0時ははるかに過ぎるだろう。そ
れまで数時間飲み続け、カレー食ったら、彼女と一緒にまた飲みに行くつもり
だろうから、勘弁してもらって、次回のミッションの課題とした。
 だって、前夜もホテルというホームポジションに帰ったのが午前2時だもん
ね。年だから、体がもたんよ。リアクションホイールは故障、化学エンジンも
不調、かろうじてイオンエンジンで動いている状態だったもん。
 ま、これでも、昔に比べれば、早く帰るようになったよ。
 昔は、ホテルに帰るのが午前6時とかさ。すぐチェックアウトして、ハカタ
エキからモジへと探査を続行して、何のためにホテルを取ったのかわからんこ
ともよくあった。\(^O^)/

 それから、カレー屋のそばにあるバーで飲んだ、季節限定「スイカのソルテ
ィドッグ」もうまかった。
 もっとすごい大成果もあった。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/29/5254545
VDM++によるオブジェクト指向システムの高品質設計と検証
で登場したフェリカネットワークスの栗田太郎さんが小惑星キュウダイに来て
いて、なんと、この人、ザベのころからのおれのファンだって。そして、なん
となんと、フェリカの透明なカードとチップをプレゼントしてくださった。
 フェリカの透明なカードは写真を載せようかと思ったけど、時間がないし、
面倒だから、止めた。すみません。
 中の部品や配線が透けてみえるようになっている。一番外側をぐるりと回る
配線があって、何かと思ったらアンテナだって。ロジック関係の部品がある部
分がなんだか目にみえるし、目とアンテナ部分の形から、おれ、ぱっとみたと
き、これ、ミジンコかと思った。

 真面目な話。イトカワのサンプルの分析のこと。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/08/09/5274922
はやぶさ関連情報
で書いた、NHKのサイエンスZEROで解説していたが、アルミニウム(Al)の同位
体26Alの量を調べると、その小惑星がいつできたかわかるんだって。
 すごいよねえ。よくそんな指標をみつけてるよね。

 というわけで、「ひよ子の雛子餅」「ひよ子のやきもち 甘夏みかん」「小
惑星ナカスのカレーとカクテル」のサンプルを分析しよう。
 自分は、小惑星ナカスにあるという謎の液体、冬虫夏草を使った金霧島が微
量でも検出されないか、わくわくしてます。
 ちょっと待ってください。おれ、もう、うんこもしっこもしたから、サンプ
ルは残ってないと思うんです。
 だから、これからお前の腹をかっさばいて、調べるんだよ。
 えっ、なんで? そんな野蛮なことをするんですか。いきなり、おれ、殺さ
れちゃうの?
 なんでって、お前。お前は、探査のために作られた探査体だもん。サンプル
リターンしたら、腹でも何でも開いて、調べるわ。
 えっ、ぼくは人間じゃないんですか?
 えっ、こいつ、知らないの?
 ええ、知らせてないんですよ。一応、人間だけど、探査体として作られたク
ローンだってことは。
 そうなの?
 ええ、なまじメタ認知能力をもってるから、自分がクローンだと知ると、悩
んだり、落ち込んだり、自殺したりして、いろいろまずいんですよ。何も知ら
せず、いきなり麻酔をかけて、バラバラにするほうが、探査体も幸せだという
親心でして。
 そんな親心、いらんわ。
 そうはいっても、さばかんことにゃ、科学的分析ができないんだから。じゃ、
話は以上。直ちに分析にかけてくれ。
 ラジャ、ラジャ\(^O^)/
 いやーん。\(^O^)/
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索