Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

竹内薫の新刊が続々2010年03月18日 02時29分45秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 竹内郁雄さんのこともよく書くので、竹内だけでは、おれ自身が訳がわから
なくなってくるので、フルネームを書く。
 竹内薫さん、仕事しまくり島倉千代子だね。新刊が続々出てたり、これから
出ますね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569776779/showshotcorne-22/
ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論 (単行本(ソフトカバー))
竹内 薫 (著), 藤井 かおり (著), 松野 時緒(漫画) (著), 松野 時緒 (イラ
スト)

 これは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/13/4172347
ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学
で名前を出した
ねこ耳少女の量子論 萌える最新物理学 (単行本(ソフトカバー))
竹内 薫 (著), 藤井 かおり (著), 松野 時緒 (漫画) (著), 松野 時緒 (イラ
スト)
の続編になりますね。
 これで、「ねこ耳少女」シリーズができたということですね。
 そこにある、「マンガでわかる」シリーズについては、だいぶ前に発見した
ことがあるんだけど、書いてる時間がないので、股の機械に。日本のこの影響
は、こんなところまでと思いましたよ。

2011/01/05 追記:
 だいぶ前に発見したことは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/27/5251183
Land of Lisp、英語版「マンガでわかる~」シリーズ、英語のオタク研究本
に書いた。
-- 追記終わり --

 関連で、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/01/22/4829081
ツンデレ相対性理論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/29/4462360
現代萌衛星図鑑

 あ、関連で、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/19/4190504
ブライアン・グリーン「宇宙を織りなすもの」、その他宇宙の謎関連
をみて、思い出した。おれ、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794217005/showshotcorne-22/
宇宙を織りなすもの 上 (単行本)
ブライアン・グリーン (著), 青木 薫 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794217013/showshotcorne-22/
宇宙を織りなすもの 下 (単行本)
ブライアン・グリーン (著), 青木 薫 (翻訳)
は、途中までで読み終わってないわ。やっと時間ができそうなので、読もうっ
と。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569776485/showshotcorne-22/
ブレイクスルーの科学者たち (PHP新書 659) (新書)
竹内 薫 (著)

 「火山のマグマを透視」(田中宏幸)は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/21/3777210
東レ科学振興会講演、J-PARCとミュオンによるラジオグラフィー
で書いた、東京大学名誉教授 永嶺謙忠先生のミュオン(ミューオン、ミュー粒
子)を使って何でも透視する話なのだろうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576759/showshotcorne-22/
量子重力理論とはなにか (ブルーバックス) (新書)
竹内 薫 (著)
は、おれ、好きでいろいろ読んでるから関連が多いよ。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/01/14/4812251
物質のすべては光、重力の再発見
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/23/4714015
本屋で気になった数学関係の雑誌や本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/17/4248741
科学雑誌「ニュートン」2009年5月号は、時間論特集
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/01/21/220707
超ひも理論、思考実験、宇宙論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/05/1230474
因果的ダイナミック単体分割(CDT)
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/08/29/3716738
日経サイエンス2008年10月号、戸塚洋二先生追悼特集、その他

 前記「超ひも理論、思考実験、宇宙論」で、竹内さんのループ量子重力の本
といってるのは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777511499/showshotcorne-22/
ループ量子重力入門―重力と量子論を統合する究極理論 (単行本)
竹内 薫 (著)
のことです。
 「量子重力理論とはなにか」には、ループ量子重力理論もホジャヴァ重力理
論も因果的ダイナミック単体分割(CDT, あるいは因果的動的単体分割)も入っ
ているのかな。期待したい。

http://kaoru.to/
竹内薫 公式サイト
に行って、びっくり。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334033415/showshotcorne-22/
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書) (新書)
は、40万部突破なのか。すごいじゃん。チョーお金持ち。
 おれ的には、上記の本もそうだけど、竹内さんの科学系の本がそれくらい売
れてほしいし、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/09/4934204
高橋洋一、竹内薫「鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済
学)」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/03/17/4952736
Re: 高橋洋一、竹内薫「鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー
経済学)」
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/488380917X/showshotcorne-22/
バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5) (新書)
竹内 薫 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861908299/showshotcorne-22/
鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学) (新書)
高橋 洋一 (著), 竹内 薫 (著)
が、それくらい売れてほしいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年07月09日 05時43分24秒

標題: 宇宙の未解明問題、サイクリック宇宙論、質量はどのように生まれるのか
---
 ブルーバックスの新刊で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062576872/showshotcorne-22/
宇宙の未解明問題

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2011年01月09日 05時27分50秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2011/01/08/5628724
大人の科学マガジン、二挺天符式和

_ ホットコーナー - 2017年08月15日 01時58分52秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonから。
---
 アマゾンのコンピュータが、お前、これ、好きやろ。はよ、買って読めや。と言ってきた。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2017/08/13/8646169
シンギ