Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

生態認証破り。すごいのぉ、中国人は2009年12月08日 05時18分22秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091204-OYT1T00782.htm
生体認証破り、初摘発へ…指紋変造で入国容疑
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091207-OYT1T00603.htm
指紋変造の女供述「中国で130万円払い手術」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091207/crm0912071248007-n1.htm
「指は中国で手術した」 生体認証破った女が供述

 この勢いなら、早晩、中国からクローン人間、いくらでもやってくるな。\(^O^)/

プロジェクトマネジメントの格言カルタ2009年12月08日 05時18分57秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/13/4692249
マンガに府中のかるたの会。武蔵府中郷土かるた
を書いて、思い出したけど、商品名までは思い出せず、やっとわかったのが、
プロジェクトマネジメントの格言カルタ。
 これ、九大にありました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0011LH75S/showshotcorne-22/
名内泰藏 PM格言カルタ (文庫)
名内泰藏 (著), 日立システムアンドサービス、翔泳社 (編集)
 詳しい内容は、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=6450
名内泰藏 PM格言カルタ
http://japan.zdnet.com/news/itm/story/0,2000056188,20091036,00.htm
プロマネ論をカルタで覚える--日立システムがプロマネ「格言カルタ」を発売

 名内氏は、ほかに、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798109053/showshotcorne-22/
曖昧性とのたたかい―体験的プロジェクトマネジメント論 (単行本)
名内 泰蔵 (著)
 目次などは、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=5834
曖昧性とのたたかい
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798111430/showshotcorne-22/
曖昧性との共存 (単行本)
名内 泰藏 (著)
 目次などは、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=6906
曖昧性との共存
を出していますね。
 目次をみると、「曖昧性とのたたかい」は、受注から見積もり、設計、開発、
管理から顧客との信頼関係構築までと、幅広く扱ってますね。「曖昧性との共
存」のほうが、見積もりや計画に絞ってある印象。こちらのほうが、見積もり
や計画のことを学びたい人には向いているかもね。ま、「曖昧性とのたたかい」
で出ている項目は、全部必要ですけどね。

 いま、以前
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/07/4485502
フォーエバー21(Forever 21)、花畑牧場カフェ、神宮外苑花火大会
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/06/4617302
赤間世紀本、Java, 人工知能(AI), 暗号、PERT, PMBOK
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061176358/showshotcorne-22/
計画の科学―どこでも使えるPERT・CPM (ブルーバックス 35) (新書)
加藤 昭吉 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062575523/showshotcorne-22/
「計画力」を強くする (ブルーバックス) (新書)
加藤 昭吉 (著)
が、アマゾンのアフィリエイトで、よく売れています。みなさん、関心が高い
んだと思う。
 同じくそこで、紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489100522X/showshotcorne-22/
ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす (単行本)
スティーブ マコネル (著), Steve McConnell (原著), 田沢 恵 (翻訳), 溝口
真理子 (翻訳), 久手堅 憲之
を読むと、綿密に作ったつもりでも、プロジェクトの最初期の見積もりや計画
がいかにおおざっぱで、はずれているものにならざるを得ないか、それなのに
それに固執して失敗するかがよくわかります。
 つまり、地球人が作る最初の見積もりや計画なんて、未来を高精度で予測す
る能力がないんだから、ほとんど使い物にならないんですよ、本来は。でも、
何もないと先に進めないからそれでも何か作って始めるんだけど、なぜか、そ
の見積もりや計画が絶対視されて、コミットしたことになっちゃって、あとで、
約束が守れない、納期が守れないという話になって大騒動になるんですよね。
 無駄なダムなどをはじめ、公共事業なんてほとんどこれでしょ。当初、予算
と工期を大幅超過ばかりだもんね。

 名内さんがいう「曖昧性」は、結局、確率的なことだと思うのね。未来は不
確実で確率的なものでしかないから、プロジェクトの見積もりも計画も推進も
確率的に考え、把握することしかできない。
 我々、おとめ座銀河団、情報省の人間のように自由自在に波動関数を観測、
操作できない地球人の限界です。\(^O^)/
 だから、その限界があることを踏まえて、先読み、先回りして行動できるよ
うにしておいて、変化があったらすばやく対応できるようにしていないとだめ。
そのための指針があれこれ書いてあるのではないかという推測。
 こういう意識をもって、仕事を進めるとよさげなのは、何もソフトウェア開
発に限らない。人生のあらゆることが確率的なことでしかないから、こういう
意識をもっていれば、人生のあらゆる局面で役立つことは多いはず。
 肝は、未来は不確実で確率的なものでしかないということ。それだけは意識
しておかないとね。もう1つは、プロは逆算するということ。これ、書くと長
くなるから股の機械に。

 「PM格言カルタ」の関連商品は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798116130/showshotcorne-22/
SE出世双六 (単行本)
日立システムアンドサービス (著), 翔泳社 (編集), 名内泰藏 (監修)
 目次などは、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=8557
SE出世双六

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000RVQ808/showshotcorne-22/
セキュリティかるた (文庫)
日立システム「情報セキュリティブログ」 (著), 情報セキュリティ大学院大
学板倉征男教授 (監修)
 目次などは、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=7555
セキュリティかるた

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001NK7QTY/showshotcorne-22/
セキュリティいろはかるた (文庫)
武田 圭史 (著, 監修), 伊藤 ガビン (著), 倉田 タカシ (著, イラスト), 日
立システム 情報セキュリティブログ編集部 (編集)
 目次などは、
http://www.seshop.com/detail.asp?pid=10072
セキュリティいろはかるた

 SE出世双六は、小学校高学年のころ大ヒットして、おれも毎日のように近所
の友達とやってた「人生ゲーム」みたいなものか。やると苦笑いしそうなこと
ばっかりだったりしてね。けっこう、ウケそうですね。

日経サイエンス記事データベース復活。今度はDVD-ROMだ\(^O^)/2009年12月08日 05時20分22秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 日経サイエンスのメルマガ「日経サイエンスメールニュース」 第152号 
[2009-11-26]から。
--- ここから ---
■復活!DVD-ROM
何だか,今回は妙に宣伝めいた作りになってしまいましたが,ならばいっそ,
徹頭徹尾……。
2006年版以来,発行を停止していたROM版の記事データベースを再開します。
ROMの発行停止以来たくさんのお問い合せをありがとうございました。皆さま
のお問い合せの多さで再開した企画と言えましょう。2月下旬の発売を予定し
ておりますので,今しばらくお待ち下さい。2005年1月号から2009年12月号ま
での5年間全60冊分を収録したDVD-ROMになります(臨時増刊号は入っておりま
せん)。価格はだいたい2万円くらいを予定していますが今回も定期購読者の
方々にはお安い特別優待価格を設定いたします。定期購読をされていない方は
この機会にぜひ。(詫摩)
--- ここまで ---

 やったー。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/17/4582622
ちょーショック。日経サイエンスの記事CD-ROMがもう出ない!
で嘆いただけに、マンモスラリP。
 しかも、大掃除前のナイスなタイミング。\(^O^)/
 おいおい、発売は来年2月だぜ。
 ガクッ orz.

 「妙に宣伝めいた作り」といってるのは、次の2冊の別冊を紹介しているか
らだろう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511674/showshotcorne-22/
見えてきた 太陽系の起源と進化(別冊日経サイエンス167)
 目次などは、
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51167

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511658/showshotcorne-22/
素粒子論の一世紀―湯川、朝永、南部そして小林・益川(別冊日経サイエンス
165)
 目次などは、
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51165

 関連でおれがお薦めするのは、165の1つ前、164の別冊。ノーベル賞候補で
したが、惜しくも亡くなられた戸塚洋二先生の遺作といっていい内容。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453251164/showshotcorne-22/
ニュートリノで輝く宇宙(カミオカンデから始まった物理学の革新)(別冊日経
サイエンス164)
 目次などは、
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51164

 次も関連で、おれのお気に入りの1冊。これを読んで、ボース・アインシュ
タイン凝縮したポストモダン(いまは量子化したポストモダンといってる)を思
いついた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532511615/showshotcorne-22/
不思議な量子をあやつる―量子情報科学への招待 (別冊日経サイエンス 161)
 目次などは、
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=51161

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/22/4198380
南部陽一郎「南部陽一郎 素粒子論の発展」、戸塚洋二先生のことも
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/20/4588845
命名 量子化したポストモダン(QPM)

攻殻機動隊、大人買いだ\(^O^)/ 西垣通「デジタル・ナルシス」も2009年12月08日 05時21分28秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 攻殻機動隊のTVシリーズを総集編というか、特別編として再構成、安くして
買いやすくしたDVDが出たんですね。大人買いしてくださった人がいました。
ありがとうございます。
 シリーズの流れとして、順番は、以下で合ってある?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002KLKXU4/showshotcorne-22/
EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [DVD]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002KLKXUE/showshotcorne-22/
EMOTION the Best 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man [DVD]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002KLKXUO/showshotcorne-22/
EMOTION the Best 攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven [DVD]
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002KLKXUY/showshotcorne-22/
EMOTION the Best 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
[DVD]

 最初以外は、押井守監督じゃなくて、神山健治監督なんだね。
 ビデオグラムという言葉、初めて知った。
 TVシリーズは、ケーブルテレビJ:COMのアニメのチャンネルで断片的にしか
観てないから、おれも買うべきかな。
 マニア、コレクター、お金がある人は、攻殻機動隊で検索すると、DVDやブ
ルーレイのボックスセットがいろいろ出てくるので、そちらをどうぞ。

 おれが映画館で観て、こりゃ、すごいわと思ったが、劇場作品のイノセンス。
 香港みたいなところで、祭りの山車が出てくるシーンは圧巻だった。映像が
実に美しかったし、音もよかった。それがかえって、虚無感を感じさせるのが、
押井守の世界観なんだろうね。
 イノセンスは、なんか、すごいのが出てますね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0018BL6SU/showshotcorne-22/
イノセンス アブソリュート・エディション [Blu-ray]
 出たあ! 業界お得意のメディアのフォーマットや画質、音質を変え、ディ
レクターズカットやらコンプリートエディションやら、何度でもしゃぶる商法。
 しかし、アブソリュートは初めてみた。次は何だ。アルティメット
(Ultimate)か、シュプリーム(Supreme)か。
 「メタルケースを採用(初回限定)」というのもすごいなあ。

 DVDのスタンダード版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000APYMZ/showshotcorne-22/
イノセンス スタンダード版 [DVD]
にある素人評に、
--- ここから ---
かつて読んだ「デジタル・ナルシス」という本とこの映画の内容が似ていて驚
きました。
難解といわれているテーマですが同書が理解の一助となると思います。
--- ここまで ---
と書いている人がいるね。
 西垣さんの「デジタル・ナルシス」だな。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/24/496985
朝日のWeb 2.0記事と西垣通の著作
でも紹介してるね。
 どひー、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4002602931/showshotcorne-22/
デジタル・ナルシス
をみると、いま、コレクター商品が12600円からで、最高は、18900円だよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791753062/showshotcorne-22/
ペシミスティック・サイボーグ
は、18900円。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480051341/showshotcorne-22/
秘術としてのAI思考
は、12600円。
 どれもこれもすごい値段を付けてるね。おれ、大金持ちじゃん。
 セドリの人でしょう? でも、どういう根拠で、値段を付けてるのかな。
 ま、おれがここで褒めたら、高くなることだけはわかっているが。\(^O^)/
 お前は、ワインのロバート・パーカーか。
 いいえ、サンダーバードのパーカーです。\(^O^)/

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/05/1556512
「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/06/1559095
Re: 「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/10/1568912
Re: 「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報化社会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/23/
「Web2.0の嘘」参考図書

逆デノミと逆人頭税2009年12月08日 05時24分20秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 民主党の経済政策について、自民党の世耕弘成議員がテレビで、「自民党は
公共事業で金をばらまいてきた。民主党は直接家庭にばらまこうとしている。
経済の壮大な実験だ」などと発言していたそうですね。
 正しい認識でしょう。
 変動為替相場の元では、公共事業の乗数効果は効きにくいし、公共事業は特
定の業者やその周辺が潤うから、直接家庭にばらまくほうが公平という話があ
るよね。
 でね、子供手当は、子供のいない家庭にお金がいかないから、不公平だ。職
にあぶれて食えない若い奴が救えないなどという話もある。
 だったら中途半端は止めろ! 人頭税ってあるでしょ。あれの逆バージョン
をやれ。生きているだけでお金がもらえる。\(^O^)/
 いわゆるヘリコプターマネーね。
 そうそう。北朝鮮がデノミを突如断行して、騒ぎになってるね。
 よし、これに便乗して、逆人頭税をやるついでに、逆デノミもやれ!
 旧1円を新100円にしろ。そしたら、月給20万円が、月給2000万円、年収2
億4000万円だ。これなら、ばんばん金を使う気になるだろう。\(^O^)/
 物価も100倍で、牛丼1杯が3万円だぞ。
 いいじゃないか。超高級牛丼みたいで。\(^O^)/

 ということで、2010年1月1日から、新円に切り替わります。
 手持ち現金は、使えなくなります。タンス預金は全部パーになります。いま
すぐ使いなさい。
 ってなことを、ブログやTwitterを使って、情報操作すれば、クリスマス商
戦も盛り上がるぞ。
 勝間和代と茂木健一郎が、逆デノミを知って、いまファンに、早くお金を使
わないと紙くずになると、こっそり教えているらしいと流せば、カモリーマン、
みんな、引っかかるよ。
 バブル時代みたいに、セックスしたい奴らの予約で、クリスマス・イブはど
このホテルも予約がいっぱいになるぞ。
 1泊500万円くらいかかるかな。
 いいねえ、中東の王族みたいな気分だぞ。\(^O^)/

 ということで、亀井静香よ、暴走ついでに、逆デノミと逆人頭税もやってく
れ。\(^O^)/

高校数学基礎、「数学センスをみがこう」など秋山仁の数学入門本2009年12月09日 07時02分45秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/07/1238277
NHK教育、高校数学基礎
のテキストといっていい本があることを発見。
 さっそく注文しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812346/showshotcorne-22/
秋山仁 数学センスをみがこう 基礎編 (単行本)
秋山 仁 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812354/showshotcorne-22/
秋山仁 数学センスをみがこう 生活応用編 (単行本)
秋山 仁 (著)

 前記「NHK教育、高校数学基礎」では、すでに追記として、2009年分は、
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/suugakukiso/
数学基礎
で観られることを書いている。
 ぜひ、観てください。特に文系の人で、数学が苦手という人ほど観たほうが
いいと思うよ。

 関連本として、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140110805/showshotcorne-22/
秋山仁のおもしろ数学発想法 戦略編〈1〉―中学生から大人まで (単行本)
秋山 仁 (著), 門間 明 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140110813/showshotcorne-22/
秋山仁のおもしろ数学発想法 戦略編〈2〉―中学生から大人まで (単行本)
秋山 仁 (著), 門間 明 (著)
もどうぞ。
 次の
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4092535023/showshotcorne-22/
算数がメチャとくいになれる本―秋山仁のおもしろ授業 (わかる!できる!のび
る!ドラゼミ・ドラネットブックス) (単行本)
秋山 仁 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4092535309/showshotcorne-22/
算数のなやみがたちまちなくなる本―岸本裕史のスッキリ授業 (ドラゼミ・ド
ラネットブックス) (単行本)
岸本 裕史 (著), 学力の基礎をきたえ、どの子も伸ばす教師の会 (著)
は、アマゾンで売れていた。
 たぶん、お子さんが小学生で、算数が苦手という状態で、メチャとくいにな
ってほしいと願う親御さんがお買いになられたのではないかと。

 ドラネットブックスって何だと思ったら、
http://super.doranet.ne.jp/
ドラネット
という、ドラエモンと勉強するところがあるのね。
 門司のゆるキャラ、じーも君もこういうやったらいいね。

 本日、最大の驚きは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062570076/showshotcorne-22/
秋山仁の遊びからつくる数学―離散数学の魅力 (ブルーバックス) (新書)
秋山 仁 (著), 吉永 良正
の説明。
 「人も知る通り、グラフ理論の世界的数学者秋山仁」の部分。秋山さんは、
グラフ理論の世界的数学者だったのか。おれ、初めて知った。^^;
 吉永さんは、以前、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574551/showshotcorne-22/
吉永良正著「新装版 数学・まだこんなことがわからない (ブルーバックス)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061493280/showshotcorne-22/
吉永良正著「「複雑系」とは何か (講談社現代新書)」
の名前を出していますね。

 なんか知らんが、「情報系に行くなら離散数学をやったほうがいいよ。ビジ
ネスパーソンも役に立つよ」などと、これまで何度も書いてきたが、やっぱり、
おれは正しかった。\(^O^)/
 離散数学やアルゴリズムをかじると、「野口悠紀雄の超整理法なんて、おれ
にとっては、最初から当たり前だもん」というくらい、個別のハウツーはシス
テマティック、系統的に発生させることができるようになる。それもあって、
かつて、超整理法は厚かましいよねという話になったんだけど、それは股の機
械に。年内に書けるかな。
 身に付けると、「個別のハウツーはシステマティック、系統的に発生させる
ことができる」、つまり応用が利くというのが、個別ハウツーを大げさに売り
込む、勝間和代、神田昌典、中谷彰宏、本田直之などのカモリーマン本と違っ
て、数学のように体系化された学問をかじる妙味。

参考:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/14/4175507
レバレッジ勉強法よりこつこつ勉強法
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/25/4719843
カモリーマン向けお勉強本の批判本

 あ、前記「NHK教育、高校数学基礎」に、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000074660/showshotcorne-22/
黒川信重著「オイラー、リーマン、ラマヌジャン―時空を超えた数学者の接点」
を出してるね。
 リーマン予想関係、黒川信重さんのも、また出てるのよね。リスト作ろう。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/23/4714015
本屋で気になった数学関係の雑誌や本
で、名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002U22YZK/showshotcorne-22/
数学セミナー増刊 2009年11月号 リーマン予想がわかる 2009年 11月号 [雑誌]
は、この前、買ってきた。やっぱ、難しい。
 もう1つ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/04/4675181
無限を読みとく数学入門、リーマン予想は解決するのか?など小島寛之本
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044091021/showshotcorne-22/
無限を読みとく数学入門 世界と「私」をつなぐ数の物語 (角川ソフィア文庫)
小島 寛之 (著)
も買ってきた。ちらっと眺めたら、経済学のケインズまで登場していたぞ。ど
ういうこっちゃ。
 それと、
--- ここから ---
 おれ、もう、この前のNHKの番組観て、ものすごいセレンディピティが来ち
ゃって(爆笑)、大変よ。
 時間があったら書きたいけど、この宇宙のすべてがわかりました。\(^O^)/
--- ここまで ---
は、早く書きたいね。
 これね、ほんとに、あまりの結論に、おれ自身、発表していいのかどうか迷
っている(笑)。地球人の歴史に大きく介入しかねない歴史的大発見だから。\(^O^)/
 お前、早起きしたら、朝ガイキチかよ。

クラウド関連2009年12月09日 07時05分08秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 まず、リンク。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/13/news079.html
MicrosoftのT-Mobile向けクラウドでユーザーデータ消失
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/series/infostand/20091019_322710.html
クラウドに疑問を突きつけた“大惨事”-「Sidekick」のデータ消失
http://www.ciojp.com/contents/?id=00005997;t=0;CIOW091119;02
レガシー・アプリケーションのクラウド移行を阻む、5つの問題
幻滅期に入りつつあるクラウド・コンピューティング
http://www.computerworld.jp/topics/saasw/162589.html
グーグル、「連邦政府向けクラウド・サービス」を2010年から開始予定

 おれは、クラウドのよさは全然否定しないけど、いまのテレビや日本の経済
週刊誌の煽り方はバカを引っかけるものですね(英エコノミストの採り上げ方
はさすがに違う)。クラウドの現状と限界を伝えてない。誇張ばかりでイケイ
ケドンドン。引っかかるのは、バカですよ。

 この前、NHKで土曜日かな、朝にやってる経済の番組で、クラウドを採り上
げていて、野口悠紀雄が「クラウドの達人」として紹介されて、最後に、「日
本経済が再生できるかどうかは、クラウドを使いこなせるかどうか、他社にデ
ータを渡す度量があるかどうかだ」などといい、頭が割れそうだった(笑)。カ
モリーマン向けの番組か。
 他社に渡す度量じゃないのよ。他国に渡す度量があるかどうかなの。
 そんな度量は、覇権を握っている国以外の企業にはないだろう。覇権を握っ
ているアメリカ企業だって、どうだか。自国の国権が及ばないところに重要デ
ータは置けないよ。
 だから、前述、連邦政府向けクラウド・サービスの記事にあるように、アメ
リカは、
--- ここから ---
政府機関を対象としたクラウド・サービスには、例えば、データは米国内に保
管し、適切な政府セキュリティ認可を受けた技術者に管理されなければならな
いなどの規制があるという
--- ここまで ---
ということをすでに定めているわけですよね。
 日本政府はこういうの、もう決めてるの? 野口悠紀雄があんなことをいっ
てるレベルじゃ、決めてない可能性が高いんじゃないか。

 トラブルや問題も、徐々に解消されていくだろうけど、クラウドに飛びつく
前に、よく何がどうなってるか調べて、考えるべき。メディアや野口悠紀雄の
煽りを信じずにね。
 大体、野口悠紀雄は、金融立国やらをさんざん煽っておきながら、リーマン
ショックで金融危機になって、調子がよかったイギリスやアイルランドがボロ
ボロになったら、謝罪も反省もなく、煽ったことは知らぬ存ぜぬ。今度は、ク
ラウドでしょ。「クラウドの達人」ならぬ「ブームのつまみ食いの達人」。
 こんなの、フツー、「たいがいにせえよ、お前は」だ。
 でも、こんなのが通用しちゃうんですよ。カモリーマンがうじゃうじゃのい
まの日本社会は。
 事業仕分けで、スーパーコンピュータ予算凍結をするような科学に理解がな
い社会、「理系白書」にあるような理系搾取社会で、それなのに技術立国など
と嘘をいい、挙げ句、カモリーマンを食い物にする勝間和代、神田昌典、中谷
彰宏、本田直之、野口悠紀雄といった連中が幅を利かせて、食い物にされてい
るのに気づかず、逆に彼らを崇めるカモリーマンというバカがいっぱいいて、
知的には5流国に堕ちているのが日本だから、理系、特に若い理系は、早く日
本を捨てることを考えたほうがいいよ。大規模頭脳流出したら、さすがに日本
はヤバいと気づくだろうし(笑)。

関連:
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090828/177276/
Windows7発売、Google「Chrome(クローム)」の勝算は?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/04/4561370
Windows7発売、Google「Chrome(クローム)」の勝算は?
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/25/3846074
「人任せ」の代償:Google Appsの障害が意味するもの
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/28/3851835
Re: 「人任せ」の代償:Google Appsの障害が意味するもの
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/05/22/4318138
クラウドコンピューティングの幻想
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/06/09/4354407
梅田望夫や勝間和代はなぜだめか、「クラウドコンピューティングの幻想」
の続き
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/30/4464182
ミラーニューロン、クラウドソーシング、ハヤカワ新書juice、ビジネス書の
作られ方、売られ方
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/05/14/4302841
クーリエ・ジャポン2009年6月号、クラウド・コンピューティング
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/01/07/2549390
理系搾取使い捨て社会、日本
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/08/20/3700494
日本の屋台骨を揺るがす「技術者使い捨て」の大罪
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/24/3842471
iPS細胞、理系のための人生設計ガイド、理系の女の生き方ガイド

大数学者の数学シリーズ、岩澤健吉著「代数函數論 増補版」2009年12月10日 09時18分08秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 「大数学者の数学」というすごい名前のシリーズで2冊、本が出ています。
 ガウスとコーシーです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4768703852/showshotcorne-22/
ガウス 整数論への道 (双書―大数学者の数学) (単行本)
加藤 明史 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4768703860/showshotcorne-22/
コーシー 近代解析学への道 (双書―大数学者の数学) (単行本)
一松 信 (著)
 目次などは、
http://www.gensu.co.jp/book_print.cgi?isbn=978-4-7687-0385-4
ガウス/整数論への道
http://www.gensu.co.jp/book_print.cgi?isbn=978-4-7687-0386-1
コーシー/近代解析学への道
をどうぞ。

http://www.gensu.co.jp/
現代数学社
というのは、初めて知った出版社です。
 現代数学社から出たばかりの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476870400X/showshotcorne-22/
数理哲人の闘う東大数学 ’09 (2009) (単行本)
数理哲人 (著), 米谷達也 (監修)
 最初、これ、覆面レスラーが表紙だから、キワモノの受験参考書で、単に受
験テクニックを教えるものかと思ったの。
 でも、
http://www.gensu.co.jp/book_print.cgi?isbn=978-4-7687-0400-4
数理哲人の闘う東大数学09 講義DVD2枚つき
をみると、そうじゃないみたいですね。
--- ここから ---
(東大の数学の)問題の発するメッセージは,数学の正しい学び方や,懐疑的精
神を獲得することの重要性を伝えるものである。このように東大入試は,日本
の高校数学を牽引する社会的影響力をもつ。
--- ここまで ---
 これをDVD2枚の講義で、解説するそうです。
 「覆面の貴講師・数理哲人のデビュー戦である」だって。
 貴講師というのがベタだけど、いいなあ、これ。ボーナスが出たら、発作的
に、ご祝儀で買うかも。^^;
 数学の本で、覆面レスラーは初めてでしょう。というか、理系の本で覆面レ
スラーってあるのか。
 オライリーの動物シリーズみたいに、覆面レスラーのシリーズっていいかも
ね。それぞれ覆面が違うの。
 おれ、「けっこう仮面」の表紙の本ならすぐ買う。\(^O^)/

 現代数学社は、数学の月刊誌も出しているんですね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002UPDYZ6/showshotcorne-22/
理系への数学 2009年 12月号 [雑誌]
 この雑誌900円みたいですが、バックナンバーは入手不可か、軒並み2000円
以上になってますね。2009年5月号なんて、5000円もする。そんなにすごい雑
誌なのか。よーわからん。

 それから、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/07/09/4420190
岩波の自然科学の復刊
で名前を出した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000056328/showshotcorne-22/
代数函數論 増補版 (単行本)
岩澤 健吉 (著)
が売れていました。
 最初は1952年だから50年以上前に出た本ですが、不朽の名著の呼び声高い本
だそうです。
 岩澤健吉先生の名前は、知っています。その内容はさっぱりわからんけど、
岩澤理論に名を残す数論で大きな業績のある先生ですよね。
 フェルマーの最終定理(ワイルス・フェルマーの定理)でも、ワイルスが証明
に使ったそうだし、リーマン予想の本を読んでも名前が出てきました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/岩澤健吉

 ほかにも、数学の本がよく売れているんです。たけしのコマ大数学科DVDも
売れていたし。みなさん、がんばってますね。おれもがんばります。基幹物理
学を再開しないと。
 見ていると、いろんなシリーズがあって、いろんな切り口で数学の世界をシ
リーズ化してあると思いますね。
 時間ができたら、リストを作って紹介しようかと思います。

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/11/4686937
たけしのコマ大数学科DVD、円周率サーバ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/14/4693739
Re: たけしのコマ大数学科DVD、円周率サーバ

クラウドの負の側面2009年12月10日 09時19分21秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 すごいねえ、やっぱり、クラウドは。
 圧倒的な計算パワーを使えば、パスワードクラッキングがあっという間。
 実際、どんどん使われているそうです。
 「Amazon EC2は、安価にパスワードをクラックすることが可能な"画期的な
手段"と言える」だって。
 詳しくは、
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/12/09/lac/?rt=na
クラウドは諸刃の剣、Amazon EC2を悪用した攻撃が増加 - ラック・新井氏
をどうぞ。
 中国製のトロイの木馬「Grey Pigeon」は、すごいね。
--- ここから ---
無償版はウイルス対策ソフトに検知されてしまうが、有償版はサポートが付属
しているうえ、ウイルス対策ソフトに検知されないための更新機能を備えてい

--- ここまで ---
だって。至れり尽くせりだ。\(^O^)/

 ほかにも、以下のような記事が。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20091204/341551/?ST=management
[指南役の提言]クラウドでも”囲い込み”のリスクはつきまとう
http://japan.internet.com/busnews/20080822/6.html
「クラウドコンピューティング」がくだらない理由
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080909/314437/
調べれば調べるほど分からなくなる「クラウド」

 ね、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/12/09/4747812
クラウド関連
でも書いたように、「クラウドの達人」(嗤)である野口悠紀雄のレベルの話、
勝間和代のハウツー話、NHKのカモリーマン向け番組の話を真に受けてるよう
じゃ、現実には話にならない。そんな人は、使い物にならないんですよ。
 だから、カモリーマンなんですけどね。

障碍児と教育の関連2009年12月10日 09時20分11秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 以下が以前売れていました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062800403/showshotcorne-22/
発達障害の子どもたち (講談社現代新書) (新書)
杉山 登志郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344981421/showshotcorne-22/
アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2) (新書)
岡田 尊司 (著)

 関連には、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054018904/showshotcorne-22/
アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート―よりよいソーシャルス
キルを身につけるために (ヒューマンケアブックス) (単行本)
杉山 登志郎 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054025056/showshotcorne-22/
アスペルガー症候群と高機能自閉症―青年期の社会性のために (学研のヒュー
マンケアブックス) (単行本)
杉山 登志郎 (著)
がありますね。
 ほかにも、アマゾンで学研のヒューマンケアブックスで検索すると、たくさ
んありますね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054040888/showshotcorne-22/
ケータイで障がいのある子とちょこっとコミュニケーション (学研のヒューマ
ンケアブックス) (単行本)
坂井 聡 (著), 宮崎 英一 (著)
は、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/11/07/4681885
障がいのある子どもたちのための携帯電話を利用した学習支援マニュアル
で紹介した話とも関係がありそうですね。
 学研のヒューマンケアのサイトは、以下です。
http://www.gakken.jp/human-care/
学研のヒューマンケア、実践障害児教育のサイト

関連:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/18/1192301
ダウン症の日イベント、ミネルヴァ書房、発達と障害を考える本シリーズ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/07/18/3633510
ICT業界とアスペルガー障害
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/10/07/1841817
生「じーも」君に、会えた\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/09/4163984
ミネルヴァ書房「発達と障害を考えるシリーズ」

 あ、上記関連記事にある「発達と障害を考える本」シリーズのリンクは、リ
ンク切れになってる。2009/10/21にサイトをリニューアルしたのね。新しいリ
ンクは、
http://www.minervashobo.co.jp/search/s2292.html
発達と障害を考える本
です。
 気づいた分は、修正しました。