Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

レオナルド・サスキンド「ブラックホール戦争」に関連して2009年10月05日 00時58分21秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/02/4609427
ブラックホール戦争、なぜか、福岡ソフトバンクホークスも
の関連。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822283658/showshotcorne-22/
ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い (単行本)
レオナルド・サスキンド (著), 林田 陽子 (翻訳)
で、書き忘れ。
 本書のテーマである、ブラックホールによる情報喪失問題について、ホーキ
ング博士は、賭けをしていて、結局、負けたんですよね。たとえば、
http://blogs.yahoo.co.jp/cat_falcon/24774293.html
ブラックホールとホーキングとキップ・ソーンの賭け
をどうぞ。
 ほかにも、賭けをしていて、
http://sci-tech.jugem.jp/?eid=1022
ホーキング博士の賭け癖、またしても…
に、少し、書いてありますね。
 おれ、知らなかったんだけど、LHCではヒッグス粒子は見つからないという
賭けをしているんですね。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2515286/3313292
ホーキング博士、「LHC実験で神の素粒子は見つからない」に100ドルの賭け

 ヒッグス機構については、たびたび紹介したけど、書きたい感想はまだ書い
てない(泣)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140812397/showshotcorne-22/
リサ・ランドール著, 塩原通緒訳「ワープする宇宙―5次元時空の謎を解く」
が、一番面白かった。

 「ブラックホール戦争」について、アマゾンの商品説明に出てくるホログラ
フィック原理については、ホログラフィック宇宙論として、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/01/21/220707
超ひも理論、思考実験、宇宙論
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/16/
アニメ「時をかける少女」と「ダンシング・ヴァニティ」
で紹介しています。
 日経サイエンスの記事へは、
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0311/hologram.html
ホログラフィック宇宙
J. D. ベッケンスタイン
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0602/gravity.html
重力は幻なのか? ホログラフィック理論が語る宇宙
J. マルダセナ
をどうぞ。

 ところで、「ことばこ」の
http://59.106.109.168/index.php/超弦理論
は、Wikipediaを引用しているという、すごい他人のふんどしなんだが、いま

http://ja.wikipedia.org/wiki/超弦理論
とは、全然、内容が違うね。履歴を追っかける時間がないから、やらなかった
けど、「ことばこ」のは、だいぶ、古いバージョンみたいね。
 すでに削除されてなくなったのであろうエピソードが、嘘かほんとか面白い
ね。
 「ブラックホール戦争」の著者、サスキンド博士の名前も出てくる。

--- ここから ---
エピソード

最初の超弦理論に相当する理論は、1968年ジュネーブにあるCERNに居た若き物
理学者ガブリエーレ・ヴェネツィアーノと鈴木真彦によって、オイラーのベー
タ関数から見出され(ミチオ・カク p.227)、その後アメリカの物理学者レナー
ド・サスキンド(現スタンフォード大学教授)によって振動する弦と結びつけ
られた。The Elegant Universe によれば、サスキンドの論文[1]ははじめは査
読の際に却下され、出版されるまで時間がかかったようである。また、現在超
弦理論の父とも呼ばれるジョン・シュワルツにしても、そのアイディアをカリ
フォルニア工科大学大学院時代にリチャード・ファインマンに語ったところ、
後々まで「シュワルツ君、君は今何次元に居るんだい?」と笑われたそうであ
る[要出典]。実際、1980年代初頭に超弦理論が台頭し出すまで、4次元より高
次の次元を理論に盛り込もうとする学者は皆、トンデモ(crackpot)扱いされ
ると言う風潮があったとElegant Universeでは説明されている。
--- ここまで ---

 ウィキペディアのノートには、ベータ関数じゃなくて、ガンマ関数じゃない
かなどと、やり取りがありますね。おれの数学力では、当然、理解不能だが、
ここでも、オイラーかと。
 文中、ミチオ・カクで参照されているのは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140810866/showshotcorne-22/
ミチオ・カク著, 斉藤隆央訳「パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ」
です。
 これは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/12/28/4030161
日経サイエンスで見つけた注目本
に、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/11/1501518
サイエンスZERO。すごーい\(^O^)/
など、この本をネタにした書き込みへのリンクがあります。

 またまた、ところで、「ブラックホール戦争」の著者、サスキンド博士は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482228252X/showshotcorne-22/
宇宙のランドスケープ 宇宙の謎にひも理論が答えを出す (単行本)
レオナルド・サスキンド (著), 林田 陽子 (翻訳)
の著者なのね。
 調べたら、おれ、買って積ん読だった。\(^O^)/
 すぐ飛びつくだけ飛びついちゃう。猫にマタタビ、おれに宇宙論だね。
 そんなだから、積ん読ばっかりだし、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/19/4190504
ブライアン・グリーン「宇宙を織りなすもの」、その他宇宙の謎関連
などで紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794217005/showshotcorne-22/
宇宙を織りなすもの 上 (単行本)
ブライアン・グリーン (著), 青木 薫 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794217013/showshotcorne-22/
宇宙を織りなすもの 下 (単行本)
ブライアン・グリーン (著), 青木 薫 (翻訳)
も途中で止まってるし(苦笑)、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/08/13/4507960
基幹物理学、やっと第2章終了

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886990177/showshotcorne-22/
基幹物理学 こつこつと学ぶ人のためのテキスト
星崎 憲夫著 町田 茂著 町田 茂監修
も1ヵ月以上、止まってるもんね。情けない。
 いま、幾何学にえらい興味が出ちゃって、そっちを大人買いしたりしてるし。
それもまた積ん読なんだけど。
 お前、カモリーマンと一緒じゃんよ。
 ほんとだよねえ。時間がほしいのぉ。
 母の3回忌を終えて今月を乗り切れば、だいぶ時間ができると思うけど、そ
れまでは週末九州との往復です。

日経サイエンス2009年11月号、下村先生のノーベル賞関連の講演など2009年10月05日 01時02分56秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/25/4596099
日経サイエンス2009年11月号、主に物理学関係の新刊
の関連。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002OCF2SW/showshotcorne-22/
日経サイエンス2009年11月号
には、ほかにも読みどころがあって、圧倒的で感銘を受けたのが、昨年のノー
ベル化学賞受賞者である下村脩先生の講演録。
 紹介は、
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0911/200911_080.html
天の導くままに 発光生物と半世紀
下村脩(ウッズホール海洋生物学研究所)
をどうぞ。

 上記には、
--- ここから ---
ノーベル賞に輝いた緑色蛍光タンパク質GFPの発見が,いかに多くの困難を乗
り越えた末に成し遂げられたものかよくわかる。
--- ここまで ---
と、短く書いてあるが、ものすごい話ですよ。あり得ない奇跡的な世界です。
歴史の歯車がほんのちょっと狂ってたら、もう、下村先生のノーベル賞なんか
ないですね。
 それにしても、超人的な努力です。おれなんか、想像しただけで想像を絶す
る世界。もう、それくらいすさまじい。
 だから、
--- ここから ---
東京での講演で若い参加者から「研究で成果が出ず,壁に突き当たったときど
うすればよいか」という質問があった。博士は少し沈黙した後,「ガンバレ,
ガンバレ」と言った。会場は満場の拍手に包まれた。
--- ここまで ---
にある、「ガンバレ,ガンバレ」の言葉の重みは、言葉にできないくらい重い。
 もっと詳しいことを書くつもりだったけど、時間がなくなったので、ぜひ、
この講演録を読んでください。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0911/200911_048.html
高温超電導 鉄が握る解明のカギ
G. P. コリンズ(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)
は、「2006年,東京工業大学の細野秀雄教授らが鉄系超電導物質を発見」から、
また大ブームになっているという高温超電導の話。

 茂木健一郎と愉しむ科学のクオリアは、IBMのフェローで視覚障碍者である
浅川智恵子さん。視覚障碍者でもネットを使えるように、「ホームページリー
ダー」などの開発をし、長年奮闘してこられた人。これまた、大変な話ですよ。
 浅川さんについては、
http://www.trl.ibm.com/people/chie/
浅川 智恵子
をどうぞ。
 で、こういう取り組みを続けてきて、いま、大変に問題になっているのが、
最近のウェブがアドビ(Adobe)のフラッシュ(Flash)全盛で、画面からテキスト
を読み取れないこと。だから、視覚障碍者は、どんどんウェブから排除されて
いる。
 大企業でさえ、というか、大企業だからこそなのか、デザイン優先でFlash
が多く、テキストの情報を置いてないことも多い。あっても、視覚障碍者がス
クリーンリーダーを使って、テキストにたどり着くまでに大変な手間と時間が
かかる。
 たまに、同等の内容をもったFlash版のページとHTML版のページを置いてい
るところもあるけど、まれだもんね。コストがかかるからね。
 技術の進歩に豊かで便利になったようにみえて、なんか、とても貧しいね。

日経ITProの偽ソフト記事一覧2009年10月05日 07時08分57秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 セキュリティの話です。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/10/04/4614603
Aviraが日本法人の設立を準備
で、偽ソフトの記事を数本紹介しましたが、一覧がありますね。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090916/337371/
次々繰り出される偽ソフト,手口を知って自己防衛を
をどうぞ。

まだまだまだあるあるある、クラシックの大量CDボックスセット2009年10月05日 07時36分00秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/09/4109485
モーツァルトのCD170枚組\(^O^)/、デジタル・プレイ・バッハ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/24/4137522
まだある、クラシックの大量CDボックスセット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/04/16/4247279
まだまだあるある、クラシックの大量CDボックスセット
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/05/08/4291656
レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、グランド・ファンク・レイルロ
ード
で紹介してきた、大量CDボックスセット。
 買ってくださった人がいて、新しいのが出ているというか、予約中なのを知
りました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002DZX95I/showshotcorne-22/
111 Years of Deutsche Grammophon/Various (Coll) [Box set] [Collector's
Edition] [Limited Edition] [Import] [from US]
 ドイツ・グラモフォンの創立111周年を記念した55枚組のCDボックスです。
 これはアメリカからの輸入になりますが、CD 55枚で、いま、9,136円ですか
ら、1枚166円ですね。

 あと、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/24/4137522
まだある、クラシックの大量CDボックスセット
で、紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0014RIULO/showshotcorne-22/
Deutsche Harmonia Mundi: 50 Years (1958-2008) [Box Set] [Box set]
[Import] [from US]
~ Frans Huijts (Baritone), Gordon Jones (Bass), Harry van der Kamp
(Bass), Siegmund Nimsgern (Bass), Anner Bylsma (Cello)他
も売れていました。
 あれ? 以前紹介したときは、
Deutsche Harmonia Mundi: 50 Years (1958-2008) [Box Set] [Box set]
[Import] [from UK]
と、from UKだったのに、いま、From USになってる。
 アマゾンのデータ、やっぱ、けっこういい加減で、気づいたら訂正している
のかな。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索